グンダーマン 優しき裏切り者の歌の作品情報・感想・評価・動画配信

「グンダーマン 優しき裏切り者の歌」に投稿された感想・評価

何気なく最後まで見ました。ドイツの歴史を学びました。コニーと子供は可愛かったのが救い。ハリネズミはまさに主人公なのだと暗示させられます。
MikiN

MikiNの感想・評価

3.4
けっこう描写が飛ぶから文脈わかってないとよくわからないかも笑 とはいえ冷戦期の東ドイツのリアルな状況と人々の価値観や生活感が垣間見れて興味深い作品でした。
昼は炭鉱で働き夜はシンガーとして生きる彼は秘密警察に協力しているという一面もあった。
映画になってるだけあって少しは特別なのかもだけど一般人の生活がこれってすごいな。
スパイ的なポジションだし友人を裏切りながら平然と接してるの怖い。
意外と周りにもいたってのも怖いけど。

この時代のドイツだからこそあり得た生活なのかもしれない。

主義がどうとか西が東がって話が多かったけど難しいわ。
どういう気持ちで秘密警察に協力してたのかとか分かんなかった。
バンドで成功する夢を追うだけじゃダメだったのかな。

まあでも実際にこういう人たちがいたってことを知ることがポイントでもあるか。

映画としては盛り上がりに欠けるし微妙でした。
歌があったからまだ見やすかったかもだけど特に何も起きたりせず退屈にも感じた。
そして登場人物の関係性がよく分からん。
自分の知識がないことや真剣に見れてないのも問題だけど説明が少なすぎて。
てか長い。

とりあえず覚えてるのはコニー役の女優さんが可愛いのと髪型とメガネのせいでダサく見えてるけど実際結構イケオジなグンダーマン役の俳優さんのおちんちんです。
実在した歌手の話。すべて実話なのか分からないが、とにかくドイツっぽかった。当たり前だが、普段ドイツと接することがないので、主人公の顔やファッションはダサく感じ、ずっと奥さんだと思ってた女性がよく似た別人だったとか、感覚をローカライズするのに時間がかかった。

ある意味ミュージカルっぽい展開の仕方だが、時系列が割と飛ぶうえ、当時の歴史的な知識もないので、いま物語がどの段階にいるのか、何に苦しんだり議論したりしているのかついていくのに必死だった。

ずっと重苦しい雰囲気の作品で、これが当時の東ドイツの空気感なのか。いまの北朝鮮にも似たような、あんな時代がドイツにあったなんて信じられない。

優しき裏切り者という言葉の裏には、報告者という面以外にも、妻への裏切りというのも含まれているのか。最後までごめんなさいが言えないという、めちゃくちゃ頑固なところが、また自分を苦しめるのに、できない気持ちも分からないでもない。

生き方は下手だし、感情的になる割に人の話を聞かないダメ人間だが、この映画を見終わることには、グンダーマンのいち理解者になれた気もする。自分はこういうやつ人間らしくて好きだ。

最後の歌、歌詞はグッときた。意味も言葉も聞き取れないが、感情はしっかり伝わってくる。歌の力はすごい。
分からず終い…

実在のグンダーマンが、暗い炭鉱、ステージ、家庭、スパイ、を生きる実話
ただ、スパイの具体的内容はなく、回想シーンが入り混じり、分かりにくい
髪型で時系列判断してたが微妙な髪型で、後で眼鏡と知ったが見返す気力なし

ベルリンの壁崩壊前、グンダーマンのようなスパイが沢山いて知らない間にお互いを監視し合ってたんだ🫢

ハリネズミって轢かれる?驚いた
なんだろう、何か起こるだろう何か起こるだろうと思ってたら何も起こらないまま終わった感じ。

競馬で言うと逃げ馬が普通のペースで逃げてて、まあどこかで他の馬たちも仕掛けていくだろうと思ってたらどの馬もまったく何もせずに逃げた馬があっさりそのままゴールしてしまったような感覚だった。

調査に協力してた話って言うていつ何の調査をしてたのか全然よくわからんかったのでほんまに何を観てたのかわからんかった。

あと東ドイツのボブディランと言われてたミュージシャンの話らしいが個人的にはどの曲も歌詞が意味わからん上にメロディーもあんまり良くなく、こんなバンド売れるわけないやろと思ってしまった。
実話としての事実(有名アーティストが実は秘密警察に協力していた)は面白いのに あまりにも構成がわかりにくくて😮❓こんな顔しながら見た
デカい機械で炭鉱を掘るシーンは良かった!!
ハリネズミかわいい🦔🦔🦔
涼

涼の感想・評価

-
パッケージ見てわかるかな〜って思いつつレンタルしたけど結局なんのことだかさっぱりだった。だけど歌は聴きやすくてよかった。
「時系列がマジでわかりにくい」というレビューがあったので、少し前情報も入れてから視聴。

マジで時系列がわからなくて、話しが見えてこない。途中で見るのをやめてしまった。映像の雰囲気とか、すごく好きだったのに、持たず。

未評価。残念。

お話 
表現 
映像 
俳優 
好み 
2022 8.7 鑑賞
実在したドイツのシンガーソングライターの伝記映画。可もなく不可もなく!
>|

あなたにおすすめの記事