カポネの作品情報・感想・評価・動画配信 - 40ページ目

「カポネ」に投稿された感想・評価

ken

kenの感想・評価

3.5
【悪夢の最期】

暗黒街の帝王アル・カポネの晩年

題材、キャスト、テーマが
すごい大好きなだけに
脚本や描き方が残念だった…

もっと優秀な監督だったら
大傑作の映画になったと思う

でもトム・ハーディの熱演はお見事
銃撃シーンや脱糞シーンだけでも
チケット代以上の価値あり!
茶色

茶色の感想・評価

3.0
トムハが喋り出した途端にトムハすげぇぇ!ってなった。
ダンケルクコンビに胸熱でした。
料理が美味しそうだったー



マットディロンは存在したの?🤔
MeKono

MeKonoの感想・評価

1.5
カポーンの朦朧具合を観てたらこっちまでぐわんぐわんした。
キャッチコピーにもある通り、壊れているのはどっち?!
「人生の大切な時間を人々を喜ばせる事に費やしてきた(=酒、ジャズ)。なのにその引き換えに得たものは非難と犯罪者呼ばわりだった」の言葉が思い出された
ラスト、サッチモ聴きながら逝ったのが、2人の関係性を知ってると恍惚。
あきら

あきらの感想・評価

3.0
梅毒が悪化して脳にまで毒が回り重症化していくうえに痴呆まで発症した晩年のカポネを演じるトム・ハーディの熱演ぶりは恐怖を感じるほどだったけど、
いかんせん盛り上がりに欠けて終始単調に話が進んで終わってしまったのがちょっと残念だったな。
90年代にハマりまくってたマット・ディロンと今ハマっているトム・ハーディの共演が最高に嬉しかった。
ニコ

ニコの感想・評価

2.2
なんと言っていいかわからない映画。アル・カポネの晩年を描くのだが、隠居してボケが始まったカポネの現実と妄想が入り混じった映像を延々と見せられても退屈なだけ。一応ストーリーはあるが、添え物程度。ただ、カポネを演じたトム・ハーディーは良かった。彼のファンには堪らない映画だと思うが、そうでない者には何とも形容し難い退屈な時間だった。
とにかく盛り上がりがない。
ずーっとボケ老人と振り回される家族って感じ。

人物関係があんまりわからず、伏線ぽいシーンもあんまり回収されなかった。

トム・ハーディの変貌ぶりはすごく、言われなきゃ誰かわからんレベルの姿。
ただ、ボケすぎてもはやゾンビ。

全盛期を描いた映画を観たくなった。
  ヒトラーとカポネの違いは
  カポネは 今も
  のうのうとしているということです

[すばらしき世界][ヤクザと家族]
反社のその後を描いた作品の
沼にハマって
とうとう実在の人物
反社の大物を描いた
本作にたどり着きました。

ドーランの剥げ落ちた
  ギャング界のジョーカー

 梅毒に侵され 痴呆を患う
 晩年のカポネ
 広大な屋敷に家族と住むが
 生活のため 思い出の家財を切り売り

 記憶と共に
 大切なものが 消えていく

 人前での失禁 脱糞
 彼への老いは 容赦がないが
 葉巻を咥えた 彼の眼光には
 伝説の ギャングとしての
 矜持が宿っている

 だから
 人参じゃダメなんだってば😓
 死ぬまで葉巻を咥えさせ
 彼の有終の美を 飾らせてやろうよ

 現実と妄想とが ないまぜになって
 わかりにくかったけれど
 一つ わかったことがある

 1000万ドルの カポネ埋蔵金
 ありゃ 嘘だ

 隠し埋蔵金話は
 今でもアメリカを ザワつかせている

 ヒトラーとは違い

 彼は今も 伝説の中で 
 のうのうと生きているのである


 
ジョシュ・トランク復活ならず! 心理描写と役者の演技は買うが、『インファナル・アフェア4』とでも言うべき終わった話感が強烈で、こやつはすでに地獄に堕ちておるよ……。オムツ姿でニンジンを加えるトム・ハーディさんの熱演は素晴らしいが、如何せん盛り上がりに欠ける。
とっこ

とっこの感想・評価

3.5
アル・カポネの晩年の姿を見事に演じ切っているトムハ。
トムハの演技をまざまざと見せつけられたよ(*´ω`*)
りーん

りーんの感想・評価

3.3
認知症で朦朧とした意識の中、現実と幻覚の中を行き来する過去のギャングスター。
観ているこっちも現実との境目がわからなくなる。
あのニンジンは本当なのかな?なんだか虚しい。
奥さんや周りの人も苦労したろうなと思った。
血に濡れた全盛期の記憶が幻覚や夢としてつきまとう晩年、彼は何を考えていたんだろう。
トムハさんの熱演にびっくり。ハンサム捨てた入り込み様がすごい。もとはどんな声だったっけ。
ひとりホラーな存在のマット・ディロンさん、彼だからこそいっそうミステリアスが際立つのかな。
そしてカイル・マクラクランさんが私得でとってもよかった!
キャストに支えられてる作品だと思う…