暗殺・リトビネンコ事件(ケース)の作品情報・感想・評価

暗殺・リトビネンコ事件(ケース)2007年製作の映画)

REBELLION THE LITVINENKO CASE

製作国:

上映時間:110分

3.6

「暗殺・リトビネンコ事件(ケース)」に投稿された感想・評価

タイトルの事件についてほとんど何も知らなかったから、事前にwikiで予習して鑑賞。
          *
けれど直接事件について描かれるのは最後の15分くらい。それもそのはず、彼が不審な死をとげたのは2006/11/23、ロシアの非協力的態度で事件の真相究明はほとんど進展しないままの2007年5月の作品だから。
          *
リトビネンコ氏の行動にかねてより注目していた監督(アンドレイ・ネクラーソフ)が、彼に接触して、暗殺前の5年間にわたり収録したインタビュー映像をもとに作られたドキュメンタリー。ロシアでの彼の経歴、彼の所属していたFSB(ロシア連邦保安庁)はどんな組織で、彼はそこで何をしていたか? そしてその長官だったプーチンがどんな人物なのかが語られる。彼の話の裏を取った現地での取材映像もその後に流される。
          *
つまり、これはどうやら本当の話のようだ。エリツイン時代の民主的な空気はプーチン登場によって潰され、FSBがかつてのKGBのように政敵を抹殺する、まるでソ連時代に逆戻りしているかのようなロシアの内情。この監督も当局に狙われてます(荒らされた彼の家の映像もありました)
          *
何故日本のニュースではこれをほとんど流さなかったのだろう? 私が見過ごしていただけ? じゃないよね。 金正男暗殺ニュースは連日やっているというのに。なんだか似てますよ、この二つ。
          *
キム・ジョンナム ⇒ リトビネンコ
キム・ジョンウン ⇒ プーチン
北朝鮮 ⇒ ロシア
マレーシア ⇒ イギリス
VXガス ⇒ ポロニウム210(放射性元素)
          *
**** アレクサンドル・リトビネンコ(Wikiより) ****
1962年生まれ
1988年、ソ連の諜報機関KGBの防諜部に勤務
1991年からFSB(KGBの後身)で勤務。テロ対策と組織犯罪対策が専門

1998年、上司からボリス・ベレゾフスキー(ロシアの新興財閥の総裁、当時の政界の黒幕)らの暗殺を命じられたが、拒否したと発表
1999年、逮捕、釈放、2000年まで3回の逮捕と釈放
2000年11月、トルコ経由でイギリスに亡命

2002年 「ロシア高層アパート連続爆破テロ事件(1999)はチェチェン人によるテロとされたが、実はチェチェン侵攻の口実を得るためにFSBが仕組んだ偽装テロだった。プーチンを権力の座に押し上げるのに好都合だった」と証言

2006年11月1日 ロンドンで食事後体調急変、病院に収容、23日死亡

11月24日、BBC放送の報道:彼の体内からウランの100億倍の比放射能を有する放射性物質のポロニウム210が大量に検出。英タイムズは、「動機、手段、機会の全てがFSBの関与を物語っている」 と指摘。英外務省は、駐英ロシア大使を通じ、事件関連情報の提供をロシア政府に要求。

2007年1月、イギリス警察当局は、リトビネンコ毒殺の容疑者を確認したと発表、FSB元職員ルゴボイを殺人罪で告発、ロシア政府に対し身柄引き渡しを要求。ロシア側は憲法によりロシアの市民の受け渡しは出来ないとして拒否。イギリスは抗議としてロシア外交官4人を国外追放、ロシアもその報復としてイギリス外交官を4人追放。

2007年12月、容疑者とされたルゴボイはロシア下院議員選挙に極右政党・ロシア自由民主党の候補者として立候補、当選。
イギリスに亡命したロシアの諜報員リトビネンコ氏の暗殺に迫るドキュメンタリーなのですが、監督さんこの作品の後暗殺されていたりしてないか心配になる内容でした
C

Cの感想・評価

-
難しい上に字幕が所々読みにくくて更に置いていかれる。途中で断念してしまった。いつかまた
Zoloev

Zoloevの感想・評価

3.0
うわぁ〜( ̄Д ̄)ノ
少々難解なドキュメンタリーだった。
チェチェンに対するロシア政府が侵攻の口実にたくさんの一般市民を巻き込んだ2002年のロシア高層アパート爆破事件はロシア政府の自作自演であり、FSBの偽装テロだったとリトビネンコ氏の証言から彼自身の口封じの為に命を狙われる。

ん?KGBなら知ってるけどFSBって何?
と、こんなロシアの歴史、文化も知らないから少々付いて行くのに必死でした。
FSB組織犯罪工作つまりロシアの諜報活動を行う組織であり、政治的な秘密警察、政権を維持する為の機関であり、現に暗殺なども手掛ける組織らしい。

こんなスパイ映画のような世界がホントにあるんだと(;゜0゜)
ロシアによって消されたリトビネンコ氏もFSBに所属していたが、喋りすぎた為に毒殺された。映画内では健康な頃のリトビネンコ氏がほとんどで、毒を盛られ体毛が全て抜け落ちた姿はほとんど映らない。
放射性物資ポロニウム210という自然界には存在しない物質を体内にお茶に混ぜて取り込まされ、体内被爆と言う考えられない方法でこの世から消されたリトビネンコ氏
。劇中はロシア人の監督が撮影した為に、ロシアの歴史をさかのぼる感じで撮影されており、少々退屈だったけど、プーチンも当時はFSBの一員だったとの話を聞いて、まさかリトビネンコ氏暗殺を指示したなんて考えたくもないが(;´Д`A
自分にとって北朝鮮の次にランクインするくらい不思議、未知な国ロシアだけど、ホントはどうなの?プーチン君!そっと聞いてみたい(失礼いたしました)

このレビューはネタバレを含みます

2006年に亡命先のイギリスで毒殺された元ロシア連邦保安庁(FSB)の職員、アレクサンドル・リトビネンコ。
彼の死の真相に迫ったドキュメンタリー映画。

リトビネンコ氏の暗殺から1年後に公開されたドキュメンタリーだが、監督は以前からチェチェン紛争などの取材を通じて氏に接触していた様で、映画はその生前のインタビューで主に構成される。
内容はFSBがチェチェン進攻の口実に国内で擬装テロを起こしたり、暗殺を行っていた事実を糾弾するもので、当時のFSB長官がプーチンだったという事実も絡めてロシア社会における強権的な大統領の素性に対する懐疑的なテーマに基づくものである。

個人的にはドキュメンタリーで描かれるものが全て事実かどうかはあまり信じていないのだが、本作は状況証拠の積み重ねでFSBの活動を暴こうとする意思が明確にあり、そういう意味で制作者の信念が感じられる力強い作品だと思う。
リトビネンコ氏をはじめ、反プーチンのジャーナリスト(劇中でもポリトコフスカヤ女史の暗殺が言及されている)等に対する事実は確かにあるわけで、こうして第三者的な印象で観ると…やはり「プーチンを怒らせるとヤバい」のではないかと感じてしまうのが恐ろしい。

作品としては反体制派に対するインタビューが多いので一面的な印象もあるが、一方でロシアの国民性が自由主義的なものに慣れておらず、故に未だ(2007年当時)に全体主義的なものが成立してしまうのではないかという指摘は興味深い。
nibi

nibiの感想・評価

3.8
リトビネンコさんの話より当時のロシアの様子とかが多かった。良ドキュメンタリ。