リフレクションの作品情報・感想・評価

「リフレクション」に投稿された感想・評価

こっちのほうが観やすかったけど拷問のシーンはだいぶしんどい。あの電話みたいな拷問気になって調べてしまって更に沈んだ。
だけどそこからの不器用ながらも修復していく様は好き。この場合は事情が事情だけど、女子の反抗期の描き方もいい。
ラストもいい。けど、シーンの繋ぎ方…意図はあるのかもしれないけど唐突感は拭えない。
冒頭のサバゲーはこんなのあるのかと思い、やっぱりサバゲーという存在は嫌いだなと思った。でもまぁサバゲーがあるってことは平和な証拠だから、平和な日常もあるってことなんだよな…。おわり
 2014年ロシアのウクライナ侵攻時、東部ドンバス地域で捕虜となり、収容施設で拷問された男性が帰還し、立ち直ろうとする物語。

 ワンカット・ワンシーンで、台詞は少なく、音楽もありません。
ウクライナ映画って、ザトライブの時もそうだけど、台詞や音楽よりも、カメラワークとか重視してるのですかね。アート系というか。

 自分には難しすぎて、ストーリーが把握しづらいです。まだ見ていない、アトランティスも観て比較してみたいです。
木蘭

木蘭の感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

 東部ドンバスでの戦争を背景に、主人公の外科医が人生と家族を取り戻す話。

 同時上映の『アトランティス』と比べると明確な劇映画だが、同じ様に移動シーン以外はカメラは動かず、長回しで、多くがワンカットワンシーンで撮影される。
 最近のアート系の流行と言えば流行だが・・・好きではない。

 確かに、時に宗教画を想起させる美しく静的な画面作りは素晴らしいし、オープニングのペイントボール場での演出は引き込まれる。窓から見える幻想的な夜景から、監督が鉄塔とか工場とかの風景好きなのも伝わって来る。
 各シーンに様々な意味や主張を込めているのは分かるし、長回しのカットの中で、映像として登場人物たちの心の変化や空気感を表現したいのも分かる。

 でもクドい長回しは、それはそれで説明過多なんだよな・・・そして物語のダイナミズムを欠損してしまう。
 色々と詰め込みすぎだし、三回で良いところを五回やって見せたりする様な事は悪手。90分弱で描ける事を2時間強で描く必要は無い。
 フレームの中に写っている事を見て、考えて欲しいと監督は言っているが、この作品は観察系ドキュメンタリーでは無いからね・・・あくまでも作られた劇映画なので。

 それと、国の内外で目を背けられている隠された戦争と、そこで起こっている事、無視されている傷付いた人たちを描きたかったらしいが・・・『アトランティス』に引き続いて出演したアンドリー・ルィマルーク(元ジャーナリストで、役と同じ偵察部隊長として従軍経験あり)演じる妻の再婚相手を殺して、自分が入れ替わって家族を乗っ取る(取り戻す)話に成ってしまっているのは良いのかな!?
 窓にぶつかった鳥は分断されたウクライナの状況を比喩的に表しているのかな・・・と初めは思ったが、だんだんと帰ってきたアンドリーの魂に思えてきた・・・死骸を燃やしたら魂が解放されて、また帰ってこないか?みたいな・・・。

 ところで、性器と傷口にボカシが入るのは、日本での仕様なのだろうか?
緑

緑の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

前半は主人公医師が捕虜となったときのこと、
後半は主人公医師と娘と元嫁の関係。

「アトランティス」同様、
窓と雨の使い方が凄い‼︎
ギャスパー・ノエといえば点滅する光と同じくらい、
この監督といえば窓と雨!

移動時以外のカメラはずっと固定で長回し。
飽きた。
でもこれは何度も観ると都度発見がある撮り方な気もしてきた。
でも何度も観るには重すぎる。

地雷に巻き込まれて亡くなった人の股間や
太腿をドリルで抉られて
拷問されている箇所にぼかしあり。
後者はあろうがなかろうが大変に痛そうで、
ぼかしの意味とは? となった。

瀕死のアンドリーを手に掛けるセルヒー。
苦しませ続けるよりいい判断だと思う。
アンドリーは元嫁の現旦那なのか、
それとも元嫁の兄や弟なのかイマイチわからず。

戦場に出向いている身内の前で
サバゲーでの死ぬ小芝居とか、
知らないから仕方ないんだけど
アンドリーを助けられなかった父親に
鳩を助けろとか、
娘がナチュラルに残酷。
そしてアンドリーが娘と約束していたことを
次々と叶えるセルヒーもまた、
アンドリーが戻って約束を果たすことはないと
言外に言っているようで残酷。

アンドリーの遺体を遺族に引き渡すという話をして
金銭授与を条件に協力者を得て火葬を回避したけれど、
言えないよな……。
セルヒーだけでも帰ってこれてよかったと
思ってくれればいいけど、
アンドリーを助けられなかったことを
責められる可能性だってあるもんな。
収容所で行われていたことの口外は禁止されていたから、
体中についたアザを見せて察してもらうとかも無理だろうし、
ましてや元嫁はメディア関係者っぽいし。
セルヒー、キツい立場すぎる。

一番驚いたのは、
自転車で先導してノーリードで犬を
散歩させているように見えた人が、
実は野犬たちに追われていたこと。
終盤、その野犬たちにセルヒーが襲われ、
帰還できたけど狂犬病で死エンド⁉︎ と思うも、
生還してリハビリっぽいことをしていて安堵。
BWV

BWVの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

戦争映画というより、父になれない男を描いた作品

主人公は亡くなった新父の代わりに、娘の欲するもの(乗馬の体験・ドローン)を与えていた。

そこに娘の傷みや孤独の共感はあったのだろうか?

鳩の埋葬シーンでも、思弁的な哲学のみを語りアンドリューに会いたい娘の気持ちに寄り添わないし。

自分の手元に娘を置きたいから、すぐにアンドリューの死を伝えないし。

充分痛めつけられただろうが、ラストの雨と犬に襲われるシーンだけで、許されるのはいかがなものか?

しかし、固定アングルのシーンは見てて新鮮だった。

ウクライナの生活との離隔が感じられて。
okimee

okimeeの感想・評価

3.7
四角、枠、引き目でフィックス、長回し、シンメトリー、好きな画がたんまりでてくる。

それだけに手持ちの緊張さ。

奥行きのあるシンメトリーのカットの後に、平面的なシンメトリーが、どん詰まりさを演出する。

演出といえば、火葬のシーンの炎、風(煙)の素晴らしさ。


ロシア連邦 人道支援 の中身はそれかよ!
悲しすぎる焼却炉。

足音あての訓練、いいな。
何かのときに使えそう。
【見えない壁】2022年94本目

ウクライナの首都キエフはロシア語表記であり、キーウに表記を変えるという日本政府の決断が記憶に新しい。

主人公の男はキーウで従軍医師をしていたが、2014年のクリミア侵攻の余波で活発化した東部戦線で、親露派の捕虜となってしまう。

ロシアに隣接する人民共和国"ドネツク人民共和国"と"ルガンスク人民共和国"。この東部2都市が、まさに現在ロシアからの侵略戦争の場となっている。

現在の東部戦線では、本作のような卑劣な行為が行われているかもしれない、いや、それ以上のことが。ウクライナの今を知り、そして我々ができることは何かを考えるきっかけになるはずだ。


今作は同監督の"アトランティス"と比較して、かなり痛々しいシーンが多い。
捕虜となった医師への拷問や、殺害シーンなどをモザイクを交えて描写する。

映画ポスターにもなっている"父娘"の関係性を深掘りするには、作中の対話がごく少なく、難しい。
無言で食事をとるシーンからわかることは、お互いの気まずさでしょうか。
アトランティスに引き続き、構図をきちっとした表現をとり、特に窓へのこだわりが強く感じ、食事シーンでも昼の明るい真っ白な窓が目に飛び込んでくる。
この窓にぶつかって、鳩が息絶えるというシーンが続き、タイトルとなる"リフレクション"へと話が進んでゆく。

娘が「どうして鳩は窓にぶつかったのか」という質問に、父親は「窓に映った(リフレクションした)空に向けて飛んだんだ」と答える。

ウクライナ人にとって、人民共和国という存在はいったいどういうものなのか。
地続きの先に隔たりがあり、母国なのに踏み入れない場所がある。飛んでいきたいその先には、透明な壁があり、気づいた時には眼前が暗くなっている。

窓を拭いたけど、その跡が残っているそのシーンに、拭いきれないもどかしさや、やりきれなさを感じる。

希望はあるのか。
ウクライナの今を感じる。
reb

rebの感想・評価

3.5
「アトランティス」と同様、ロシアのウクライナ侵攻より前に撮られた作品。
侵略戦争が始まった2014年、東部戦線ドンバスで捕虜となった医師が経験する地獄と解放後の苦悩を描く。
〈ロシア政府 人道支援〉と書かれたトラックの中に設置された移動式火葬装置で、死者の存在を跡形もなく消してしまうシーンは本当に恐ろしい。やはりウクライナ侵攻は起こるべくして起こったことなのだろうか。
リフレクションとは反射、反響という意味の他に反省、内省という意味がある。
世界中の多くの人がこの映画を目撃してくれることを願う。
拝一刀

拝一刀の感想・評価

2.8
"not interesting but boring”

私には時間の無駄でした。
拷問のシーンよりこの映画を映画館で観ているということ自体が拷問である。
>|

あなたにおすすめの記事