牛久の作品情報・感想・評価

牛久2021年製作の映画)

Ushiku

上映日:2022年02月26日

製作国:

上映時間:87分

4.0

あらすじ

『牛久』に投稿された感想・評価

yadokari

yadokariの感想・評価

4.1

『チェチェンへようこそ』の後に見ると、日本の税関で行われていることこそチェチェンなのだ。そうした恥ずかしい国家になってしまった現実を受け止めなければならない。

なによりもこれを撮影したのがトーマス…

>>続きを読む
omochi

omochiの感想・評価

-

正直目を背けたくなる現実。

WWⅡのナチス、BlackLivesMatter、ウクライナ侵攻、諸々共通するところがあるなあと色々考える作品だった。
アーレントの『責任と判断』とか『全体主義の起源』…

>>続きを読む
カエル

カエルの感想・評価

4.8
Welcome to JAPANの最悪な裏側を見た
日本人って同族じゃないと判断した人間へのあたりが強すぎる
本当に胸糞
かなりショッキングではあるけど、事実を知るために多くの人に見てほしい
ラス

ラスの感想・評価

1.0

入国管理センター側にも、外国人側にも多くの問題がある。
しかし、取り上げらているのは入国管理センター側の問題だけでフェアではない。

インタビューされた外国人たちが公開後に、
監督と幾つか約束を取り…

>>続きを読む
映像には世界を変える力があって、絶望的な状況の中にも希望はあると改めて思わせてくれる素晴らしいドキュメンタリー映画。
mammy

mammyの感想・評価

2.0

牛久で行われた上映会で見ました。
監督の隠し撮りよりも入管から提出された映像のほうが衝撃だった。
個人的には退屈することなく見れたのだけど、終わりに近づくにつれて疑問点もたくさを出てきた。
もちろん…

>>続きを読む
えふ

えふの感想・評価

-

入国管理局の問題に関心のある友人と見た。目を伏せたくなるシーンもあるし、ずっと重たく、信じたくない現実の連続だった。
でも、絶対に映像として見ておいたほうがいい。映像だからこそ脳裏に焼きついて離れず…

>>続きを読む

2022年に観た作品。

衝撃的すぎてずっとレビューを書けてなかった。
ウィシュマさんの死亡事件や「東京クルド」を観てたので、日本の入管の酷さは知ってたつもりだったけど、想像の遥か上をいく恐ろしさ。…

>>続きを読む
ごー

ごーの感想・評価

-

よく問題にあがる日本の入管施設に隠しカメラで潜入し、実態を暴く意欲作。
抵抗していない収容者を押さえつけ、怒鳴り声を上げる職員。これが我が国の公務員かと思うと情けなくなる。
監督トークの回を鑑賞。上…

>>続きを読む
Nove

Noveの感想・評価

4.0

在留資格ない、難民申請が認められないなどの理由で、不法滞在者となった人たちが強制収容される施設のひとつ東日本入国管理センター『牛久』での面会を撮影したドキュメンタリー映画。殆どの日本人は、この施設の…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事