人類創世の作品情報・感想・評価

人類創世1981年製作の映画)

QUEST FOR FIRE

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.2

「人類創世」に投稿された感想・評価

tama

tamaの感想・評価

4.3
映画館で鑑賞済

当時斬新さに震えた覚えがある。三十数年ぶりに見直すと、この時代になかなか頑張っていたのだと新たな発見多数。
冒険と恋と史実(ちょっと怪しいけど)のロードムービー。この作品以来、監督の贔屓でございます
かなこ

かなこの感想・評価

1.7
言葉なしでここまで分かりやすくするのはすごいけど、、内容がない。
主人公?かな?ロッチ中岡っぽいとしか思えない。
セリフが一切ない原始時代を描いた作品

ネアンデルタール人が火を求めて旅に出る姿を描いています。今度世界史の教材として使おうかと思います。

原始人の狭いコミュニティでの様子を描いてて、「今の人間もあんまり変わらないな(笑)」とか思って観てたけど、途中でホラーと言うか怖いシーンとかあってビビりました…
だぶ

だぶの感想・評価

4.0
ウホッホ 寝床と火を奪われた部族の若者、火を求めて旅に出るウホッホ映画

笑いあり交尾あり発展あり

ロンパールマンの猿顔も驚きだけど、主人公のロン毛がツインピークスのガススタのおっさん役の人だったってのがね、ビックリよ。

ハゲの人のやらかしっぷりが好き
最後まで台詞なしでやりきったね!
まあ突っ込みどころもたくさんあったけど、こういう時代の映画なんてそうそうないし、正直、貴重な作品だと思う。
ちょっとアクションのようないかにもってパターンがちらついたのだけが少し残念だけど、でもすごく夢があって楽しかったです。

これもちゃんとストーリーがあるんだけど、この頃を生き抜くのは大変だったんだねってのが伝わってきて面白かった。
ヘルボーイの人にソックリだなぁ……出てたんかーーーいw

糞面白かった!!!!
マト

マトの感想・評価

3.1
火を巡って繰り広げられる原始人の冒険と戦い。
なんせ火おこしのノウハウすらない時代、生きるのってほんと大変そう。でも正常位セックスが誕生する瞬間が見れて胸熱!これも人間としての進化だ。そして騎乗位が生み出されるのははたしてここからどれくらい後になるのか!?
描いてる時代が時代なのでもちろんセリフはなし。終始ウホウホ言ってるだけ。みんな臭そう。
ロン・パールマンそのまんま。役作りいらんだろ。あと原始人にもハゲがいるって発想はオレにはなかった。
HIDESHI

HIDESHIの感想・評価

-
8万年前、あなたは生きていた。8万年前のあなたが見える。もうじき。まもなく。
猿から人間へ進化を遂げた8万年前。
火が人間を支配し貴重なものだった。
ウラム族はその火を宝として保存していたがネアンデルタール人に襲撃され火を奪われ、仲間達も殺されてしまった。
生き残った3人のウラム族の若者は火を求め旅に出た・・・。

『愛人 ラマン』のジャン・ジャック・アノー監督作品。
台詞を排除し、まさに「ウホウホ」だけ(笑)
ボケ〜と見てたらなんのこっちゃ分からなくなる(笑)
表情と仕草とウホウホのトーンだけで流れを見ないといけないんですよね〜。

人間といってもほとんど獣状態ですから交尾もまさに動物のように。
その中でヒロイン(?)である別族の女性が登場してからが面白い。
その交尾に“愛”が入ってくる様が「なるほどな〜」な描写があるんですよね。

本当のところは分からない歴史ですが人類のルーツに想いを馳せる意味では面白い作品ですね。
marumame

marumameの感想・評価

3.0
8万年前原始時代だった人類は雷や噴火などの自然発火の火を使い、自分たちで火を起こすことはできなかったので、火を求めて人類は争っていた……。
最初から最後までウホウホなストーリー!ウホウホのみなのに、不思議と眠くならなかった!
大事に大事にしていた火とねぐらを奪われた部族から3人の男が火を求めて旅をします。出会う部族ごとに進化の過程がぜんぜん違うとこがおもしろかった。
あと、ロン・パールマンのなんの違和感もないナチュラルな演技ね!!
しぐさがいちいちナチュラル猿人。すばらしかったです✨
>|