人類創世の作品情報・感想・評価

人類創世1981年製作の映画)

QUEST FOR FIRE

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.2

「人類創世」に投稿された感想・評価

個人的には面白かったけどな。母語が違う二人が、いつも一緒に映画を見るときはどちらかがサブタイトルを読まなければいけないという状況がいやだったので、文句言ったらこの映画にたどり着いた笑
でも興味深かったよ。
この映画はほのぼのとしていて良い。
心温まる。セリフもなく気軽に見れた。
エッチと言うより交尾w女の子がかわいかった………。
うきゃーーー!!ウッホホ!
笑う、という概念が生まれたことに感動しつつ、笑えた。血ィ!
なんか、やっぱり女の子がかわいかった。
特に縄を噛んでどうにかしようとしてたところ。かわいい………。
初公開時の映画館(新宿ミラノ座)で鑑賞。

なんか毛むくじゃらの猿人、人間に近い猿人などが出てきて、本当に人類の起源と思われる世界を描いている珍しい映画。

しかし、「こうした映画は珍しい」というだけで、会話も無く、スクリーンでこうした映像を延々と見続けるのはツライ。

この手の映画は、昔放映されていたカップヌードルのCMのようなユニークさが欲しかった。
「サピエンス全史」の読後に強烈に観たくなった映画。
当時は、「笑い」が生まれたエピソードに感動した記憶がある。
タイトルも忘れていたけど。
ttrr

ttrrの感想・評価

4.0
題名通り、火を使い始めた頃の人類のお話。
ドキュメンタリー風なのかと思いきや、笑いあり涙ありロマンスあり(?)な物語で予想以上にドラマティック。
死と隣り合わせの生活は迫力があった。
ただ、マンモスと最後のハゲのおじさんは笑いますって。
ヌン

ヌンの感想・評価

-
後半慣れてきてからが面白かった!
動物の撮影はどうやってたんだろう……ライオンに牙付けるのは流石だなぁ
主人公?が女の子を大事にしてる感じも良かった
ゴン、ゴン、ゴン、ゴン・・・・♪ジャン=ジャック・アノー「人類創生」

失礼しました。
ロン・パールマンという一度見たら50年後でも瞬時に思い出す役者に出会えただけでもこの作品の存在意義はあります。
tama

tamaの感想・評価

4.3
映画館で鑑賞済

当時斬新さに震えた覚えがある。三十数年ぶりに見直すと、この時代になかなか頑張っていたのだと新たな発見多数。
冒険と恋と史実(ちょっと怪しいけど)のロードムービー。この作品以来、監督の贔屓でございます
かなこ

かなこの感想・評価

1.7
言葉なしでここまで分かりやすくするのはすごいけど、、内容がない。
主人公?かな?ロッチ中岡っぽいとしか思えない。
>|