三人の妻への手紙の作品情報・感想・評価・動画配信

「三人の妻への手紙」に投稿された感想・評価

この作品、フォロワーさんで見てる人が何人もいて気になってたヤツなんだけど、ご近所レンタル置いてなかったんだよね~。
それがたまたまブックオフ行ったら200円位で売ってたの!!速攻買うよね♡

ボーイスカウトみたいなお子ちゃまキャンプの付き添いでお手伝いに行くことになった3人の妻。湖の向こうのキャンプ場へ向かう船に今から乗り込むぜってタイミングで 3人の共通の友人から手紙が届くの。
で、そこには「お前らがキャンプ行ってる間に、3人の誰かの旦那と駆け落ちするからよろしく」って書いてあったの笑

うへぇ~ってなるよね。
何かの冗談?まさか本気か??ってあたふたするよね~

でも船は出発するから乗らないかんし、家に旦那がいるか確認に行くわけにもいかんし。。。

で、こっから3人それぞれがうちの旦那が出てく理由はあったかしら??って感じの回想シーンが始まるのよん。

あの時冷たくしたから?
旦那をないがしろにしてたから?
私が身勝手だったから??

みたいな~笑笑

さぁ旅行から帰ってきて、3人の夫婦はどうなったのでしょうか‪w‪w

なんだかんだメロドラマっぷりが強めだったから好き嫌いあるかもしれんけど、私は好きな感じ。

ラストのオチもニヤッとできたし、なかなか面白かったよん♡
Ruu

Ruuの感想・評価

2.5
もっとギスギスした話なのかなと思ったら
そんなことなかった。
3人の妻たち、美しかったなぁ。
アディの声も惚れちゃう。

昔の映画はもうその時代に戻って見ることは
できないのに私はまだ白黒映画の良さよりも先に
古さを感じちゃうので、見たい映画はためていかず
公開・ディスク化されたらなるべくすぐ見ないとー。
白黒映画の楽しみ方も学びたい。

【おとなしいから気が付かなかったわ】
メッシ

メッシの感想・評価

3.2
謎の女からの三組の妻に夫との予告駆け落ちの手紙が届き、思い当たる節を回想する話。

見終わってやっと、あーこういう話かと理解出来る。
がその理解出来る感覚が気持ち良くない。

最初の手紙から各々の妻の旦那との思い当たる節の回想が長くて、メリハリもないから見てるうちに手紙の内容なんか忘れてしまって何の話だかわけがわからなくなる。

妻たちの回想は夫婦間の葛藤が上手く描かれていて感心する所もあって面白い。

ラストもあるカミングアウトでメデタシメデタシってなるんだけど、めでたいことなんてないよコレ!どんだけノー天気なんだよ!

導入部と結末の入り方がギクシャクして、いまいちハラに落ちなかった。
cinemaQ

cinemaQの感想・評価

4.5
お話運びがとにかく上手い。そしてそれを画面に演出する力。
回想への入り方がどれもオシャレで凝ってる。
2020-65
三人の妻がピクニックへ向かう船に乗り込む寸前に渡された一通の手紙。
「あなたたちの夫の一人と駆け落ちします」

あらすじが面白そうだったので視聴。
とても魅力的らしいという女性アディからの手紙に三人の妻がそれぞれ疑心暗鬼になりつつも回想する。
それぞれが違った性格、仕事、夫婦間の問題を持ち、夫に対して疑わしい気持ちがある。
優しめなサスペンス(というのかな?)のような映画で一体誰が…と観進めていたけど、30分もすれば何となくこの映画がどこに向かおうとしているか分かる。
特別好きな映画ではなかったけど、今リメイクしても面白そう。

揺れる家と家政婦のセイディがめっちゃ良い。
ぼ

ぼの感想・評価

-
アディの企み😸
電車で揺れるシーン毎回笑ってしまった
どうやって撮影してたんやろう
最近はセットか本物か見分けることを注力している、どっちかわからんけど。
ローラメイの家に入って来させるとか、わざと忘れ物するとか、ギリギリでキスさせないとか、車のドア開けてもらうまででないとかひょ〜って感じだった
イヴの総ても面白かったしこの監督の作品見てみようかな〜
ピナコ

ピナコの感想・評価

3.8
フォローワーさんのレビューに惹かれ
タイトルにも興味持ちw
映画はモノクロです。


ある3組の夫婦がいました
男性達は幼馴染み
その旦那さん達の結婚前からの憧れのある女性がいました。
とても魅力的な女性。

そしてある日
その女性から奥様方3人宛てに手紙が届きます
"貴女達のいづれか1人のご主人と今日駆け落ちします💓"

3人は焦ります
家の主人かしら?と
😢
😥
😰





色んな映画を観すぎでw
私は殺人が起こるのかと待ってしまいました。
サスペンスでもホラーでもありませんでした😂
でもその後のいきさつは内緒🤫

その謎の女性の顔は最後まで映しませんでしたw



出演者はカーク・ダクラスしか分かりませんでした
あのケツアゴで分かりましたw
でもその奥様役の方は『八月の鯨』でおばあちゃんで出ていたようです😳
私は観ていたんですねw
drgns

drgnsの感想・評価

3.8
面白かった‥面白くて2回観てしまった。(私的面白い映画あるある)
1949年の映画なのにあまり古臭く感じないのが不思議。

3人の回想によって、登場人物の性格、立場、関係性が観ている側に無理なく伝わるストーリー展開が見事で、会話、表情、演技、伏線も細かくて見応えあり。当時の上流階級、労働者階級、両方の暮らしぶりが描かれているのもポイント高し。

1番好きなカップルはジョージ&リタだけど、お気に入りはローラメイ。出自が貧しくても気高くて「私のおとぎ話は自作だけど」‥って確かに仰る通り。

全然内容は違うけど、不在の存在が話を進めるところ、ご近所の住人同士が舞台のところがデスパレートな妻たちっぽくて懐かしくなりました。
ashban

ashbanの感想・評価

3.6
興味をひく趣向でついつい観てしまった。
辟易とするほどの女性たち(3人だけでなく)の振る舞いを我慢すれば、結末はまあまあのナルホド感。
揺れるキッチンが場違いでおかしい。
nanaco888

nanaco888の感想・評価

3.3
女優さんがすごく綺麗だった。
面白いとは思うけど、もう少しペースを上げて欲しかったと思うのは、私の我慢の足りなさなのかな。

そして結局、最後のオチがどちらにでも取れるように思うんだけど。
やれやれ、とマディが呟くのは、彼女たちのためにやったこと、という意味なのかな。
>|