早春の作品情報・感想・評価

「早春」に投稿された感想・評価

ここに来て、「牯嶺街少年殺人事件」クラスのどえらい作品が【ポーランド映画祭2017】で、デジタルリマスター上映されるようですね。
本作以外も秀・傑作ゴロゴロ。

ド傑作☆
見所をあげたらキリがないのだが、それでもやはり記しておきたいのが、あのホーキングやノイマンですら導き出せたかどうかのダイヤモンド抽出における驚愕の方程式。
これ、ホントたまげます!

何度かあるプールでの演出の中で、ラスト数分は名シーンとして有名だが、とあるパネルを使用したプールとのコラボが泣ける。
抑えきれずに湧き上がる青春の性欲を一時的に満たすための行為なのだが、エロいというより美しく神々しさすら感じる。
所謂映画的な運動とショットが散在していて、次から次へとテンポよく秀逸にエピソードが連なっているので、たるい部分皆無で延々と面白さが持続する。

さて、本作は東京での上映で終わってしまうのか?
私は関東住みなので何作か鑑賞できたが、例えば明日で終幕の東京国際映画祭等の関東限定映画祭(また逆に地方で開催される映画祭もしかり)を企画側の諸事情は置いといて、全国の劇場もしくはネットでも鑑賞できるシステムなど現在の技術をもってすればたやすい事であるはず。
このご時世で気軽に観に行ける場所とそうでない場所があること自体、不思議でならないと思うのは私だけではないだろう。
現場で放たれる強烈な熱量までは体感できないが、日本各地で催されるその土地ならではの伝統的なお祭りですらネットやテレビで観ることができるのだから…
マダム

マダムの感想・評価

3.0
恋をはるかに凌駕したリビドーに振り回される少年の瑞々しさと危なっかしさが切ないったらありゃしない。

https://ameblo.jp/kin-za-za/entry-12353637666.html
reif

reifの感想・評価

5.0
八月にツイッタ引退された蔵臼金助さんが、『スリー・ビルボード』公開の頃にそれを置いてご覧になっていたのが『早春』でした。スコリモフスキ三本目かな。『シャウト』はジョン・ハートで溺愛、『イレブン・ミニッツ』はわかりやすすぎませんか監督?って感じです。『Deep End』、そう!! これが俺の青春(『ちはやふる』ではないのよ、やっぱり)。公衆浴場というのがどういうサービスなのかわからないんですが舞台はグダグダの下層ロンドン。主演二人が美男美女、で、どん詰まりの恋愛です。あああ、好きだ。行き場のない熱情の徘徊が堪りません。ホットドッグ、雪、汚れていてきれいな純情。先生を罵るスーザンいいなあ、縛られていたんだね。凄いです、こんなのめったにない。泣けるのと違う、「そう!! これ」なんだ
muimi

muimiの感想・評価

-
ラストが好き
わや

わやの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

オープニングと細部の描写が好きなんだけど、
ラストにちょっと甘さがあって理解しづらい。
元

元の感想・評価

-
まっすぐな愛は狂気
ペイン

ペインの感想・評価

5.0
“キング・オブ・童貞ムービー”

御年80、イエジー・スコリモフスキ監督幻の大傑作遂にソフト化ということで観賞。

いや~これはちょっと点数つけるか迷うくらい思い入れの強い作品になってしまったよ。

私の中では「青い体験」「40歳の童貞男」に並ぶ3大童貞ムービーの1つになりました。

ここまで思春期の少年の真っ直ぐで美しい恋、そして残酷さを描いた映画はそうないんじゃない?好きな人に振り向いて貰いたいが為に悪さしちゃったり苛立ったりするあの“モンモンさ”(笑)とてもわかります。自分もそうでしたよ(笑)

まぁ常に恋人がいてとっかえひっかえしてるような連中にはこの映画の痛みや美しさはわからないだろうけど。

終盤のプールシーンでの計算され尽くした色彩配置、鮮烈なショットには素晴らしすぎてため息が出る。

とにかく一見ヘンテコな映画には見えるが映像、音楽、語り口その全てが2018年の今観ても驚愕。あ~ジェーン・アッシャー尊い感想おわり。
エーコ

エーコの感想・評価

3.5
いい部分もあるけどスコリモフスキの最高作では無いと思う。
aina0109

aina0109の感想・評価

5.0
ぷかぷか
sbms

sbmsの感想・評価

-
アンジェリカ、電車のドアにはさまる。

よかった。
>|