早春の作品情報・感想・評価

「早春」に投稿された感想・評価

ここに来て、「牯嶺街少年殺人事件」クラスのどえらい作品が【ポーランド映画祭2017】で、デジタルリマスター上映されるようですね。
本作以外も秀・傑作ゴロゴロ。

ド傑作☆
見所をあげたらキリがないのだが、それでもやはり記しておきたいのが、あのホーキングやノイマンですら導き出せたかどうかのダイヤモンド抽出における驚愕の方程式。
これ、ホントたまげます!

何度かあるプールでの演出の中で、ラスト数分は名シーンとして有名だが、とあるパネルを使用したプールとのコラボが泣ける。
抑えきれずに湧き上がる青春の性欲を一時的に満たすための行為なのだが、エロいというより美しく神々しさすら感じる。
所謂映画的な運動とショットが散在していて、次から次へとテンポよく秀逸にエピソードが連なっているので、たるい部分皆無で延々と面白さが持続する。

さて、本作は東京での上映で終わってしまうのか?
私は関東住みなので何作か鑑賞できたが、例えば明日で終幕の東京国際映画祭等の関東限定映画祭(また逆に地方で開催される映画祭もしかり)を企画側の諸事情は置いといて、全国の劇場もしくはネットでも鑑賞できるシステムなど現在の技術をもってすればたやすい事であるはず。
このご時世で気軽に観に行ける場所とそうでない場所があること自体、不思議でならないと思うのは私だけではないだろう。
現場で放たれる強烈な熱量までは体感できないが、日本各地で催されるその土地ならではの伝統的なお祭りですらネットやテレビで観ることができるのだから…
まいん

まいんの感想・評価

3.5
ずっっと観たくてやっと観れるうう!って期待にこめて興奮していたがそれほどハマらなくてかなりショック、、、、

自分は可愛い女の子だいすきだから🔞動画も余裕で見るし(女の子鑑賞の一貫)、割と草食の男の人より少年の年上女性に対する悶える気持ちとかわかっているつもりなのですが、中3くらいの少年ってここまでムラムラムラムラしすぎて年上女性のこと普通の目で見れなくなるの?(過剰すぎません?)

消火器の噴射シーンだったりホットドッグのくだりとかもあからさますぎた私には

色彩の使い方については白は実は*ーメンじゃなくて少年の潔白な心だったり、劇中の赤はラストの美赤にもってくための伏線だったりするのはすごいと思いますが、、、、色のコントラストがドイツ的、、、、😕
19011411 プールって大好き
砂場

砂場の感想・評価

4.4
バカバカしい行動が映画になると最高の表現芸術になるという不思議について考えている
Takana

Takanaの感想・評価

3.8
映像は確かに古さはあるけど
全然違和感なく観れる。
水中のシーンはとても美しいし、
何気に白と赤のコントラストが随所にあって終始しっかり作り込まれた映画だなぁと感心しております。

スーザンは確かにちょうどよくかわいいビッチ感がある…。
最初は主人公がめっちゃかわいい好青年の少年に見えるし、微笑ましくも見えるけど
途中からイラついてくる。こわい。
そしてスーザンのサイコっぷりがやばい。
自転車轢くシーンとか犬に対しての態度とかマジで怖くない?
そんで主人公の心が鋼過ぎない?パネルのくだりとか常軌を逸してない?
闇が深い…。


なので、まぁ…そうなるよ…。笑

でも私の中ではこの映画は
ハッピーエンドです。
そしてみんながパワフルだったなぁ。。

スーザンみたいな子いるよね、
かわいいのに人生やたらハードモードな子…
大暴走する主人公よりも、後ろにあるヒロインの今までの人生のほうが気になって悲しくなってしまった
A

Aの感想・評価

-
ycamに観に行ったけど、お昼ご飯でお腹いっぱいの状態で行ってしまったので、所々寝てしまった。普通に後悔。

もっとアンニュイな切な系ラブストーリーだと思っていたけど、思いの外主人公がパワフル(見た目とは裏腹に)で、1人の少年の青くて痛々しい青春映画という印象を受けた
人に恋するときの独占欲や嫉妬心に勝手な自分の理想像を相手に押し付ける傲慢さなどが全面に出てて、自分の大好きなあの子がビッチなわけないと気持ち悪いアイドルオタクみたいな話だが、ハンサムな少年が主役なのと映像の力でまるで美しくて切ない話しのように撮るんだから映画って凄い。
過去鑑賞。
一時期タイムラインがこの作品で賑わっていましたね。TSUTAYAの発掘良品で見つけたのでレンタル。

男なら誰もが通る道であろうあの頃の、年上女性への憧れや恋心をこんなにも痛々しくも美しく描いた作品があっただろうか。
まだ若く恋愛を知らないがゆえの少年の暴走を
(うんうんお前の気持ちも分かるぞ…!)って思いながら観てた。

色使いもとてもお洒落でまるでゴダール作品を観てるかのよう。
ラストは衝撃だった。
>|