夏の妹の作品情報・感想・評価

「夏の妹」に投稿された感想・評価

10/11/18
no.323

男と女、沖縄と日本、生と死いろんなことが混ざっててさすが大島渚
最後の船からの紐のカットはそのからまりなのかもしれない
みんな不気味に陽気に話していて不思議だったけどその時の沖縄はきっとそうだったんだろうなと思った
何の気なしに観てたら後半から色々とひどくて笑ってしまった。浜辺で猥談するシーンは何故あんなに不気味だったんだろうか猥談の内容も最低すぎて笑
綺

綺の感想・評価

4.2
大人がみんな裁判ごっこに乗り気で最高!

砂浜のシーンの白×赤の色合いとすーたんの着ている服がかっっわいい
N

Nの感想・評価

-
大島渚の作品の中では1番好きかもしれない 素直子みたいな娘は絶対に嫌だが
papi

papiの感想・評価

3.5
すーたん、うるせー。セリフがないシーンはBGMまでまんまエキゾで、全編これだったら毎日流して見たいくらい好き。おじさん達全員やる気なさそうでいながら若さの活力吸い取ってて妖怪みたいな中、演技で真っ向から挑む小山明子の美しさとカッコよさが眩しい。
緩い地獄絵図だった。
大人の事情がごちゃごちゃしてるのに、みんなニコニコしてて怖いな。
殺す人と殺される人はなんだったんだ。
セリフ尖りすぎだろ。
人間は沖縄人かそうでないかだ。とか。
ちきしょー沖縄なんて日本に帰って来なきゃ良かったんだー!とか。
割と好きよ。
櫻

櫻の感想・評価

-
腹違いの兄妹というよりも、離ればなれだった恋人たちというべきか。母体は同じであるはずなのに、遠ざけられた時間が長すぎたせいで愛情が深化しすぎてしまった。型も約束も血縁もすべてがいらない。灼熱の眩しい太陽は目先を照らしてくれるけれど、探し人を光で包んで錯覚させもする。きらきらと輝いてみせて、素敵にさせすぎてしまう。いったりきたりする波のようにいきなり彼は現れて、すぐに心を鷲掴みにしていった。まだ多くを知らないから、少女は少女でいられたのだ。差し出された真実はあまりに複雑すぎて、彼女の脳内をごちゃごちゃにかき混ぜてしまう。もっと違うやり方で出会いたかったという本心を隠すように、叫び声が港に響いている。

沖縄返還がされた年に撮影開始されたという本作。寓話的に本土(この言い方嫌だな)と沖縄の関係性を物語っているらしいが、読み解くのがひどく難しかった。見方も非常に感覚的だし、自己解釈に偏っている。いやはや、りりィさんの歌声に惚れ惚れした。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.2
 腹違いの妹=沖縄、兄=日本(だよね?逆?)におきかえた寓話。うーん、分かるような分からないような。とりあえず素直子って面白い名前で、とっても彼女を演じてる女さんが魅力的だった。ただ後半の審判はちょっとつらいものがあったな。あとこないだ亡くなったりりぃさんな。顔そんままやな。ご冥福を。
YUKIKO

YUKIKOの感想・評価

4.5
フランス映画かと思うくらい、日本映画とは異質なのに中身がスーパー日本。沖縄返還から3週間後にこれ撮ってるのか〜。素直子の無垢さと残酷さの両立キャラがその当時の日本人(本土)の感覚と重なった。すっげえ良い。最後の持って行きかたが流石すぎる。
昔に観た記憶があって。
ぼんやりとラストの記憶だけあって。
改めて観直しても、覚えていることと、さほど変わりない。

返還後の沖縄。
なんだか不穏で薄暗いどんよりとしたモノを抱えている小松方正、佐藤慶、小坂明子、という学生運動の世代。
そして戦争で沖縄に対してなにかをしたらしい殿山泰司、と沖縄そのものの戸浦六宏。

そして、さらに若い世代のりりぃと石橋正次と、栗田ひろみ。

どんよりとした日本の戦後と経済成長と沖縄の本土復帰、になぞらえて、不可解な日本人、というものを描く。

芸達者な俳優陣の不可解な議論が延々と続く中、栗田ひろみをはじめとして、若い世代の芝居の棒読み感。

これらの混乱した複雑な物語を通じて大島渚はある種の脱構築というか、物語の解体というか。
非常に映画というものの嘘、みたいなのに懐疑的で破壊的なスタンスで映画をつくっていたのだなぁと思う。
>|