サラエボ、希望の街角の作品情報・感想・評価

『サラエボ、希望の街角』に投稿された感想・評価

mh

mhの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

現在のサラエボを舞台にした恋愛ドラマ。
身近な人がイスラム教原理主義者に転向してしまったらというテーマで、フランス映画「見えない太陽(2019)」と同じ設定。
ただ、転向する過程がこちらはリアル。
アルコホリックで生活に支障が出る。でも禁酒セラピーには(そこに通っている面々が気に食わないため)通いたくない。
そんな折、同じ部隊にいた、イスラム原理主義者と出会ってしまう。
自身もイスラム教ではあるけど、イスラム原理主義者にはついていけない主人公だったが、妊娠していることが発覚し……。
役者さんがすごくて、序盤はイケメン伊達男なのに、中盤以降はいかにもムスリムという佇まいになっている。メイクさんもすごいのか。
このあたりのイスラム原理主義者は、女性が車を運転するのはオーケーなのかと変なところに感心する。「オフサイド・ガールズ」とか、「少女は自転車に乗って」とか黒旗のところ(中東のあたり)は確かだめだったはず。
バーでのくだり、キリスト教うんぬんあたりが、現代のサラエボなんだろうね。紛争後にようやくムスリムとキリスト教信者が共存できる世界がやってきたのだった。
だからこそ、また紛争時代に戻ろうとしているイスラム原理主義者はよくないというロジックはよくわかる。
どうやら紛争で亡くなったっぽい主人公の母親だが、同監督の前作「サラエボの花」みたいな裏設定があるのかもしれない。
仕事場である旅客機に乗り込む前に振り返ってなにかを見るラストカットがかっこいい。
同僚が紙コップを間違えるというアル中がバレるくだりとか、主人公がセルフィーを取る習慣とか、細部も凝ってる。
この映画もかなり面白いけど、「サラエボの花」がすごすぎるんで、これ見たかたで未見だったら、ぜひともそちらも抑えてほしいと思った。
面白かった!
劇中に出てくる、いかにもアンダーグラウンドなクラブが個人的に行きたくなった。
kuskus

kuskusの感想・評価

-
前作『サラエボの花』より少し難解なのは、イスラム教という宗教が絡むから。
ボスニア紛争から15年後、復興したサラエボの街で、結婚を前提に暮らす恋人たちの行方を描く。
ザン

ザンの感想・評価

3.7
自立し仕事も恋愛も自由に謳歌していたヒロインが、厳しい戒律とそれに傾倒していく恋人を理解しないのは仕方ない。男がはまっていき、ヒロインにもその価値観を強要していく段階とともに、男の髭が顔に占める割合も増えていくのがどこか滑稽。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
2011/10/14鑑賞(鑑賞メーターより転載)
「サラエボの花」に続く、サラエボを舞台にしたヤスミラ・ジュバニッチ監督のドラマ。子供を熱望していた女性が、恋人がイスラム原理主義に傾倒したことで感じる疑問と亀裂、そして背後にある宗教間の不信や内戦の記憶などを残酷なまでに炙り出している。今年サラエボへ行き劇中にも登場した極めて平和に見える街角も歩いてきたが、数日滞在しただけでは見えない心の奥底にはまだこうした感情が残っていることを痛切に実感させられる。それらを振り切り前へ進もうとする主人公は果たして勇敢なのか無理解なのか?答えは出せそうにない。
KSat

KSatの感想・評価

3.4
だいぶ前に観た。
恋人がアルコール依存で仕事をクビになり、世話になった友人をきっかけにムスリムの原理主義者になっちゃう噺。ホントにそれだけ。

厳しいイメージのあるイスラム教だが、サラエボのムスリムはクラブにも行くし、酒も呑むし、婚前交渉も当たり前で、如何に世俗的かがわかる。ボスニア紛争からだいぶ回復してるのもわかりやすく示されていた。

とりあえず、「ソフィアの夜明け」といい、これといい、邦題が酷い。東欧の最近の映画には希望を感じさせるタイトルつければいいっていう安直さよ。
たてぃ

たてぃの感想・評価

3.7
内戦も終わり、街は復興しつつあるサラエボ。そこに航空会社のCA職員として働く女性と空港の管制官として働く男性のカップルの話。

しかし、酒癖の悪い男はある日、勤務中に酒を浴びてしまい停職処分に。そして戦友との出会いからおかしくなる。戦友が紹介したイスラム原理主義にのめり込み、そしてそれは彼女との日常生活にも影響をきたす羽目に。

酒は飲まなくなったのは良いことだが、彼女に肌の露出のある服を控えろだ、セックスは結婚してないからダメだとか…あらゆる所で「説教」の毎日。そしてそんな彼の変貌に苦悩する彼女…

「イスラム原理主義」って本当に恐ろしい…大半のイスラム教信者はそうじゃない人なんだけど、原理主義者と一緒にしちゃう人がいるのは悲しいですね…

当作品で印象に残ったのは…主人公の女性の実家が内戦により家を奪われ、そして別の人がそこに平然と住んでる光景…内戦の傷跡はまだ残っているんだなと思いました。
kino03

kino03の感想・評価

3.5
民族や宗教による紛争の悲しさ、多文化社会の難しさを改めて感じる。

日本では遠い国の出来事のように感じてしまうけど本当は隣にいる人が何を考えているかさえ分からない世界で生きているんだよなー。

大切な人の大切なものが自分にとって理解できないものだったらどんな選択をするんだろう。
mmkooo

mmkoooの感想・評価

4.3
国際結婚とかでも宗教のことって話題になると思う。私は運良く関係ないけど
Balthazar

Balthazarの感想・評価

3.5
ボスニア・ヘルツェゴビナの首都、サラエボ。激烈な紛争も終結から10余年が経てば復興が進み、戦乱の傷痕は街角から消えていく。
ボシュニャク人のルナ(ズリンカ・ツヴィテシッチ)は少女期にセルビア兵に家を占領され、両親を殺されるという過酷な経験をし、現在は航空会社のCA勤務。目下の悩みは、同棲中の恋人で管制官のアマル(レオン・ルチェフ)のアルコール依存症と、なかなか妊娠できずにいること。アマルもまた、紛争では弟を亡くしており、兵士として前線にいた。酒が精神安定剤代わりだ。そんな中、アマルの勤務中の飲酒行為が発覚して停職処分を受ける。ほどなくして、アマルはかつての戦友と偶然再会する。そこから普通の人だったアマルは急速に宗教にのめり込み、イスラム原理主義の純潔思想に傾倒していく…。

アマルは、すっかり酒もきっぱり止めて立ち直ことができたが、ルナに、イスラムの女は露出の高い服を着るな、夜中に一人で出歩くな、やがて神の前で結婚を誓うまではSexしない、と何かと口喧しくなり、家族の前でも宗教の話ばかりして煙たがれる始末。

やがてアマルは自分の居場所を求めて厳格なムスリム信徒のコミュニティへ行ってしまい、二人の距離は物理的にも精神的にも離れていった。ルナはアマルのことを理解しようと努めるものの、厳格なイスラムの教理に従うことは自身のアイデンティティーを奪われるも同然、自分を偽ってまでも愛を貫くべきなのか思い悩んだ結果、ルナも今やセルビア人の土地になっている故郷へ里帰りして自分を見つめ直す旅に出る。
>|

あなたにおすすめの記事