ええじゃないかの作品情報・感想・評価・動画配信

「ええじゃないか」に投稿された感想・評価

1866年。
6年前、沖合でアメリカ商船に積荷をする仕事をしていた源次(泉谷しげる)は難船でそのままアメリカで暮らしていた。
村に残してきた妻のイネ(桃井かおり)恋しさに帰国してきたが、イネは江戸の千住宿に身売りしていた。
イネを取り戻す為に江戸に乗り込む源次だが・・・。

『復讐するは我にあり』今村昌平監督作品。
幕末の混乱期を庶民目線で描く物語。

キャストが豪華なゆえに色んなキャラクターにスポットをあてているのでずいぶん間延びした印象です。
源次とイネのラブストーリーになるかと思いきやすんなり行かず、そこもダラダラと。
なかなか集中して見れず、もの凄く上映時間が長く感じました。

肝心の“ええじゃないか”騒動のきっかけもよく分からず始まる仕末。
史実からも何がきっかけで始まったかも分からないみたいなので仕方ないですけどね。

ラストはやけにあっさりしたもので、唐突感満載。
色んなものを詰め込み過ぎた作品でした。
とし

としの感想・評価

3.5
話がまとまっていないので150分もあるとさすがにだれてくる。浮き足立っているのが感じは伝わってくるのは幕末の江戸から明治への変換期のせいなのか。 ラストのええじゃないかの狂乱と尻出し放尿は見ものだが、それまでの前振りがやたらと長い。 ラストでげんちゃんや親方達が一気に死ぬのであっけない終わり方だが、両国の見世物小屋の雰囲気といい外国人受けするだろうな。 泉谷しげると桃井かおりの異色タッグもなかなかいい感じだけど。
今村監督は師匠の幕末太陽伝がやりたかったのかと思うんだけど、やっぱりフランキー堺の軽さが泉谷しげるでは...
魅力だけはあるけど、ストーリーが掴みにくく視点が不安定で疲れる
キチンと撮ればどん底レベルの映画になったと思うんだけど
今村昌平のアレやりたいコレやりたいを撮りまくったせいでトッ散らかった惜しい映画だった
ただし演技は最高
やっぱり桃井かおりと緒形拳が飛び抜けてる
憎めないファム・ファタールっぷりと
格好良すぎる散り際
☆は二人にってことで
落伍者

落伍者の感想・評価

3.0
政情不安定な世の中への不満を打ちこわしや一揆や世直しといったという形で噴出させた民衆を利用しようとする薩長や商人の姑息さも面白いが、やはりじわじわと疫病の如く日本列島を覆い尽くすラストの狂乱が良い。こういったものが後の米騒動なんかの民衆暴動や社会主義・無政府主義運動なんかにつながっていくのだろうという歴史の流れも感じさせてくれる。
メッシ

メッシの感想・評価

3.0
江戸末期のええじゃないかの運動体を今村昌平原作で描く。

原作もという意欲と創造する力は凄いと思うけど、何故か面白さに繋がらなかった。

豪華な江戸のセットに豪華なキャスティングに素晴らしい演技、なんだけどギュウギュウに詰まっている感じがみづらくて途中話を見失う。

一人一人、エピソード毎はいいんだけど纏まりが無くて凄く散漫な印象。

最後のええじゃないかの踊りは圧巻。

やっぱり若い頃の桃井かおりは女性として魅力的。

あと驚きの河野洋平出演!
鎖園

鎖園の感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

号外/

小市民代表泉谷しげる火野正平のちょこまか動く絵が汚らしくて

緒方拳

桃井かおり

倍賞美津子

などは戦略的脇に置くやり方は

『大黒柱がない家族』のように「空中分解」



最期の最期大団円になるべく「ええじゃないかええじゃないか」部分が『映画』と遊離した状態で

「なんとなく・・」終わる


「象」「太った女」など小手先でフェリーニの物真似部分がある

【民衆の宴を木っ端微塵に打ち砕く体制】

8½否定の映画・・

かな?
今までエピソードを全て放り出す”ええじゃないか”
泥臭く生きる人間模様は、さすが今平節だが、ラストシーンのええじゃないかをド派手にしたかっただけとも言える(笑)
これは、ラストの展開の痛快さを感じるためだけの映画である。そこに至るまでの物語が、無用にデカすぎるのだ。
オープンセットは凄い。ロケもいい。しかし、それを包む物語が広くなってしまい、拡散している。結果、ダラダラ締まりの感じられない作品に。
今村監督の思いが肥大化し、空転してしまった1本。
>|