パンズ・ラビリンスの作品情報・感想・評価

パンズ・ラビリンス2006年製作の映画)

EL LABERINTO DEL FAUNO

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.6

「パンズ・ラビリンス」に投稿された感想・評価

もっとファンタジー感強めだと
思って鑑賞したのであれって
なりましたが全体的には
良かったと思います。
内戦とファンタジーを
結びつけるところもとても
うまくまとめられてたと思います。
見終わった後、おお....おお....となんか唸ってしまった笑笑
考えすぎて頭痛くなる笑
あれはハッピーエンドなの?ハッピーエンドじゃないの?
でもこういう観たあとに考え込んでしまう系の映画はわたし本当に大好き笑笑
もう一回見返したいけどこわくてたぶん無理www
色んなファンタジー映画、戦争映画とは一線を画す映画
はーギレルモデルトロの脳内まじでやばそ笑
ジャケットからは想像できないような、終始じめじめ暗い雰囲気。
大尉は惨忍すぎて、容赦なく人殺すし痛めつけるしグロくて見てられなかった…。

不思議な生き物たちはよかったな。
手に目玉ついてるヤツは、日本ぽかった。日本のグロい怪物漫画とかに出てきそう。
Yukaringo

Yukaringoの感想・評価

4.0
エグいけど、映像の美しさが癖になる。
主人公の女の子が魅力的だし、ストーリーもしっかり記憶に残る。
jonajona

jonajonaの感想・評価

3.8
大きな現実の恐怖に直面すると、
人には物語が必要になることがある。
美しくもおそろしい大人の童話。
絶望的な世界から彼女を救ってあげたいというデルトロの優しさのようなものを感じる。
「だから少女は幻想の国で
永遠の幸せを探した。」
辛い現実から逃れるために幻想の世界という逃げ場を作ったはずなのに、そこもまた残酷なことが多い。
だけどそこでは少女は特別で、出来事に意味があって、自分次第の結果が返ってくる。それだけのことが彼女の逃げ場だなんて切ないな。
使命を果たして両親に優しく迎えられる…
少女が短い人生で導き出した、あまりにも素朴な幸せ。
思ってたよりも救いの少ない映画でした。

ps.個人的に妖怪が好きなのでペイルマンのビジュアルから観ようと思ったけど怖すぎ。
シェイプオブウォーター見た流れで見ました。空気感は似てるけどパンズラビリンスを見るとシェイプオブウォーターはなんと童話的で万人向けなのかしら、と。
手のひらの目のやつ〜!もう〜!めちゃめちゃこわい〜!動きもこわい〜!
この場面主人公が禁止事項をしようとするのを見て思わず「だからダメだって!!こわいって!!!」と叫んでしまいました(家で)ハラハラした…。
グロくて痛い場面が辛い〜…
色々怖いしファンタジーなキャラクターの造形も怖いし、なにしろ主人公のおかれている環境が辛い…。
あまりにもそれまでが辛いので、個人的にラストはハッピーエンドです。
…でもなんだかんだ好き。
jujuju

jujujuの感想・評価

4.3
他の方々のレビューを見ると、観た人がラビリンス状態で、感想が様々ですね❗妖怪「手の目」や「のぽっぺらぼう」みたいな不気味な試練に果敢に対応する健気な少女。現実の恐怖の方が、耐え難いという事かな…凜とした小さな白い花、畏怖の念を抱えた子供の象徴?
口元を縫うシーン、切れたら自分で縫おうって、そんな単純な…で、ダダ漏れでは意味がないかと(笑)
母親のベッドの下のアレ。ニオイフェチの私としては、かなり気になる(笑)
SHOKO

SHOKOの感想・評価

3.6
グロテスクで気持ち悪い!!!!

自分の意思を持たずに観ることを強制されるような映画で、観るのがしんどかった。
あー気持ち悪い。
やっぱり死ぬことがハッピーエンドなわけないじゃんって思う。
これをダークファンタジーというのか。
救われない。ファンタジー要素がキモい。
観てて辛くなったわ。
>|