#BerlinofOdessaに関連する映画 21作品

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

ニューヨーク 親切なロシア料理店

上映日:

2020年12月11日

製作国:

上映時間:

115分

ジャンル:

3.4

あらすじ

マンハッタンで創業100年を超える老舗ロシア料理店〈ウィンター・パレス〉。かつては栄華を誇ったお店も、今や古びて料理もひどい有様。店を立て直すために雇われたマネージャーのマークは刑務所を出…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[現代社会は他人に冷たい] 30点 二人の息子と共に暴力的な夫から逃げ出したクララ、粗暴で仕事が続かないジェフ、セラ…

>>続きを読む

2019ベルリン国際映画祭コンペ作品。初めての一番乗りレビューなのでテンション上がり気味の投稿(笑)。ゾーイ・カザン主…

>>続きを読む

希望の灯り

上映日:

2019年04月05日

製作国:

上映時間:

125分

ジャンル:

3.7

あらすじ

大型スーパーマーケットで職を得た内気なクリスティアン。ある日、彼は職場でマリオンという女性と出会い、彼女の謎めいた魅力に一瞬で惹かれる。二人はお互いのことをだんだんと知っていくが、マリオン…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ドイツの東西統一という事柄が 実際にその国で暮らす人々にとって 精神的に どんな意味合いを持つのか 勉強不足の私には分…

>>続きを読む

凄く身近な題材にスポットを当てた、人に寄り添った作品だった。 舞台はドイツ東部の大型スーパーマーケット。在庫管理担当…

>>続きを読む

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ

上映日:

2020年02月14日

製作国:

上映時間:

115分

ジャンル:

3.4

あらすじ

あの男はいつも片隅に座っていた――。 1970年代ドイツに実在した連続殺人鬼の物語。 敗戦がまだ尾を引いていた1970年代ドイツ、ハンブルク。安アパートの屋根裏部屋に住むフリッツ・ホンカ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

マスタードおばちゃんを応援しちゃう映画 ドイツに実在した殺人鬼を描いた作品。理性も知性もないシリアルキラーのお話です…

>>続きを読む

・役者魂ガチ勃起 ・ピンナップはマスかき用 ・おちんぽマスタード サスペンスもの連続鑑賞三本目…ん?サスペンス…?…

>>続きを読む

グレース・オブ・ゴッド 告発の時

上映日:

2020年07月17日

製作国:

上映時間:

137分

ジャンル:

3.7

あらすじ

妻と子供たちと共にリヨンに住むアレクサンドルは、幼少期に自分を性的虐待したプレナ神父が、いまだ子供たちに聖書を教えていることを知り、家族を守るため過去の出来事の告発を決意する。最初は関りを…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

幼少期に自分を性的虐待した神父が、いまだ子供たちに聖書を教えていることを知り、家族を守るため告発を決意した男を発端に、…

>>続きを読む

これは、スゴい!フランソワ・オゾン監督の意地と熱意を感じ圧倒される作品。 性的暴力が与える傷の深さと、その後の…

>>続きを読む

赤い闇 スターリンの冷たい大地で

上映日:

2020年08月14日

製作国:

上映時間:

118分

ジャンル:

3.6

あらすじ

1933年、ヒトラーに取材した経験を持つ若き英国人記者ガレス・ジョーンズには、大いなる疑問があった。世界恐慌の嵐が吹き荒れるなか、なぜスターリンが統治するソビエト連邦だけが繁栄しているのか…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1930年代の世界恐慌の最中に、経済的に繁栄していたソ連の謎に迫るべく実在した英国人ジャーナリストの奮闘を描く実話を基…

>>続きを読む

【その道はトロッコ問題へ続く】 あつぎのえいがかんkikiでアグニエシュカ・ホランドの『赤い闇 スターリンの冷たい大地…

>>続きを読む

在りし日の歌

上映日:

2020年04月03日

製作国:

上映時間:

185分

ジャンル:

4.0

あらすじ

国有企業の工場に勤めるヤオジュンとリーユン夫婦は、中国の地方都市で幸せに暮らしていた。大切な一人息子シンシンを失うまでは・・・・・・。乗り越えられない悲しみを抱えたふたりは、住み慣れた故郷…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

一人っ子政策という言葉を知ったのは多分中学の地理の授業。 その時は「中国には子どもを一人しか持てない時代があった」って…

>>続きを読む

▪️JP Title :「在りし日の歌」 Original :「地久天長 So Long, My Son」…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ティーンエイジャーのリアルな中絶事情を描いた作品。 現在の日本では鑑賞しにくい状況ですけれども、今後観れる環境が整い…

>>続きを読む

★★★liked it 『Never, Rarely, Sometimes, Always』 エリザ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1820年代のオレゴン州。 ビーバーの毛皮密猟者の一味にコックとして加わり、森の中を移動しているフィゴウィッツ(グルー…

>>続きを読む

[搾取の循環構造と静かなる西部劇] 60点 前々作『ナイト・スリーパーズ ダム爆破計画』以来6年振りに舞台がオレゴン…

>>続きを読む

シノニムズ

製作国:

上映時間:

123分

ジャンル:

3.5

あらすじ

パリ在住のイスラエル人・ヨアヴは、フランスに帰化しようと奮闘中。フランスが自国の狂気から自分を救ってくれると信じて…。他国へ移住することの難しさをシニカルにユーモアを交えて描く。

おすすめの感想・評価

イスラエルから逃げてきた主人公が、お金に困らない暮らしをしているフランス人の男女に出会い、交流していく。 頑なに母国語…

>>続きを読む

イスラエルを逃れたヨアヴはフランス人に帰化しようとする(理由をこの映画に求めるなんて野暮)。偶然出会った男女に助けられ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【法の執行代理人の割り切れない悩みで泥沼化】【東京国際映画祭】 イランの死刑制度に纏わるエピソードをまとめたオムニバス…

>>続きを読む

[死刑制度と巡る四つの物語] 50点 死刑制度にまつわる四つの挿話と言われると、ハードコアなマイケル・サンデルを想像…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

水曜どうでしょう新シリーズの放送が関東地区でも始まり毎週水曜日が来るのを首を長く長く長くしながら待ち侘びているわけだが…

>>続きを読む

東京フィルメックス 邦題『日子』 『郊遊 ピクニック』で商業映画の監督から引退って話だったはずのツァイ・ミンリャンだ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[あるハムレットの石蹴り遊び] 90点 凄まじい大傑作。小津安二郎リスペクトが止まらないシャーネレクの最新作は、題名…

>>続きを読む

【家にはいたけれど】 ここ最近のベルリン国際映画祭は、作家性が露骨に見える変わった作品に監督賞を与える傾向がある。今年…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[ごめんパパ、何言ってるか分からないよ] 0点 21世紀のミューズとも言える皆大好きエル・ファニングの最新作は、サリ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[監督本人が登場しない女性たちの日常会話] 60点 ホン・サンスは『それから』以来二作目なので初カラー。全身黒コーデ…

>>続きを読む

東京フィルメックス 邦題『逃げた女』 キム・ミニが昔なじみの3人の女の友人知人を訪ねて回って他愛もない話をするだけ、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[それではいってみよう!現代社会の闇あるある~♪♪] 0点 この産業廃棄物を最後まで観た記憶をデリートしたいくらいだ…

>>続きを読む

TIFF2020の11本目! 低所得者向けの地域に住むバカ3人のドタバタコメディ。 コールセンターの声に恋する借金ま…

>>続きを読む

ゴーストタウン・アンソロジー

製作国:

上映時間:

96分

ジャンル:

3.2

あらすじ

人口250人の過疎の町。弟の死を嘆く青年、夜中の物音に怯える女性。住民に不思議な出来事が相次ぎ、どうやら街はずれの空き家が怪しい…。カナダの異才D・コテ監督が描く、ユニークで淡い美しさに満…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

《生と死の狭間をゆく》 (あらすじ) 人口215人の村。青年が自動車事故で亡くなる。住人たちは嘆き悲しみ、事故の原…

>>続きを読む

《生と死の狭間をゆく》 (あらすじ) 人口215人の村。青年が自動車事故で亡くなる。住人たちは嘆き悲しみ、事故の原…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[システムなんかくそくらえ!] 70点 "システムをめちゃくちゃにする者"という意味の題名を持つ本作品は、思い通りに…

>>続きを読む

照射されたものたち

製作国:

上映時間:

88分
3.3

おすすめの感想・評価

『消えた画』以来、マストで鑑賞しなければ、と思っているリティ・パン監督の新作です。 なので個人的には今年のフィルメック…

>>続きを読む

[自慰行為による戦争被害者記録の蹂躙] 0点 初リティ・パン。全ての戦争の記録及び戦争被害者の記録は後年の自称"芸術…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[壮大なる企画への入り口] 80点 寂しげな歌を歌いながら散らかった食堂の食器を片付けるナターシャ。彼女は1950年…

>>続きを読む

The Ground beneath My Feet(英題)

製作国:

上映時間:

108分

ジャンル:

3.5

おすすめの感想・評価

[さようなら、トニ・エルドマン] 60点 早朝から誰もいない公園を走り、仕事で世界中を飛び回り、華やかなホテルでクラ…

>>続きを読む
>>|