ダークナイトの作品情報・感想・評価

ダークナイト2008年製作の映画)

The Dark Knight

上映日:2008年08月09日

製作国:

上映時間:152分

4.2

あらすじ

「ダークナイト」に投稿された感想・評価

展開が早い。ジョーカーよりこっちのジョーカーの方が好き。悪役がかっこいいって最高の映画だと思う。
McKee

McKeeの感想・評価

3.8
子供の頃に観たバットマン映画をリアリズムによって描写にした印象。
とも

ともの感想・評価

4.2
めちゃくちゃおもろいな
ここまで自己犠牲的になれるヒーローもいいひんよな
街のために頑張ってるのに、みんなから批判されるバットマンが、全て知ってる視聴者側やからこそやり切れへんくなる

あと、ひたすらゲイリー・オールドマンとモーガン・フリーマンがいい仕事してた笑笑
船のシーンや最後の終わり方もすごい好き
bee

beeの感想・評価

4.1
人は置かれる環境によって、誰しもが悪になる可能性があり、その後の結果によって善悪が決定するということを目の当たりにさせられた
yoshiko

yoshikoの感想・評価

4.5
ヒーローものだと思っていたら、社会派エンターテイメント!!

なにが悪でなにが善なのか。
愛と憎しみがよく描かれています。

様々な悪事を働くのにどこか可愛げのあるジョーカー。
ぶっ飛んでるってまさにこれ!

混沌としたゴッサムシティの中で正義を貫くのはとても難しい。
光を求めると直ちに潰されてしまう。

超人のスーパーヒーローではなくて普通の金持ちが努力してヒーローになる姿は見ていると感情移入しやすいです。

登場人物がみんな守りたいものを守るために己の正義を貫く!!

個人的にはゲイリーオールドマンが好きなので本部長の活躍にドキドキしました。
りこ

りこの感想・評価

4.0
個人的には、JOKERよりもよっぽどずーんときた。

憎しみで人はどこまでも堕ちていく。
観終わったときに心に残った絶望感みたいなものが、この映画そのものというか、
私達もまたジョーカーの掌で踊らされているのかもとすら思える。

誰かが演じているということを忘れてしまうほどにジョーカーという人格がそこにはあって、
ある種かっこよくさえ見える。
みんなが魅了される理由がなんとなくわかった気がする。
やっと観れた

やっぱスクリーンで
観たかったな〜

ジョーカー🃏が
あったから
辿り着いた映画

感無量🤡
「インターステラー」のノーラン監督作。

初めて観た時の感想は「なんか一人だけヤバい人いたよね?」だった。
クリスチャン・ベイルやゲイリー・オールドマン。数々の名優を押し退け、圧倒的な存在感を発揮したのがヒース・レジャー。白塗りのジョーカーです。

終盤まで善悪の狭間をもがいたアーサーとは違い、今作のジョーカーの笑顔には迷いがありません。
燃え盛る札束を背景に笑い転げる彼の姿を観て、本当の悪人はこういう奴なんじゃないかと若いながらに思いました。

この映画が凄いのは、役者の演技頼りではなく脚本もしっかり面白いところ。
終盤のジョーカーの長台詞!初鑑賞当時、感化されまくってめちゃくちゃ暗記に努めていました。懐かしい笑

ヒースの偉業。
ハル

ハルの感想・評価

4.0
おもしろ怖かった!
観る前から聞いていたけど、
ジョーカーの極悪人さよ、、
ティムバートン版バットマン→ジョーカー→ダークナイトという順番で観た。
みんなが言っているとおりヒースレジャーのジョーカーの存在感たるや素晴らしいものだった。
ジョーカーが人気出るのもわかる。
案の定バットマンよりジョーカーの方が目立ってるなと途中まで思っていたが、最後のビル突入から終わりまでのバットマンは最高にカッコよかった。ダークナイトというタイトルの意味もなるほどと思ったが、光の騎士がああも落ちていく様を観るのも辛いものがある。
>|