雪の喪章の作品情報・感想・評価

『雪の喪章』に投稿された感想・評価

AONI

AONIの感想・評価

3.0

約90分という短い尺の中、次々とイベントが起こるので見ていて飽きないが、あまりの展開の早さに昼ドラのような節操の無さを感じないわけでもない。にしても、平凡な男のくせに、若尾文子サマと玉緒ちゃんの両方…

>>続きを読む

2階からの吐血など一気に展開に引き込むのが上手いと思った。題名の通り雪と死が紐付けられていく一方で、冒頭、火事の金箔、ラストの花と死とのコントラストも強調される。天知茂との家出やカミソリなど若尾文子…

>>続きを読む
シネマQ

シネマQの感想・評価

5.0

冒頭から義父の一周忌なのに新婚初夜の事思い出してニヤついてる若尾文子、激ヤバ。
葬式から始まるように若尾文子に死がまとわりついてて、雪と死が断片的に紡がれていく。
三隅研二らしいキメキメのショットに…

>>続きを読む
Jimmy

Jimmyの感想・評価

4.2

栄枯盛衰の物語。

物語は、昭和5年の金沢で始まる。
若尾文子が嫁に来るが、夫は女中(中村玉緒)と肉体関係を続けている異常おな家庭風景。
その家は、若狭家というが、若狭家の浮き沈みとともに関係する人…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

凄すぎて何から騙っていいのかわからんレベルだが、ラストでホラーになるというかなんというか…

戦争が終わったという開放感、灯火管制から解き放たれて廊下の電球を明るげな表情でつけていく若尾文子のカット…

>>続きを読む
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.8

「雪の喪章」

冒頭、昭和五年。金沢一の老舗、金箔商狭山家、嫁ぎ、絶望、関係、戦争激化の事情、一枚の赤紙、戦地、軍需会社、金箔業、線路の風景。今、愛しては悩み、恨んでは愛する雪国の女の運命が写し出さ…

>>続きを読む

若尾先生つやつやですねー。
指輪の使い方がうまいですねー。
終戦後の濡れ場見られたとこの男の表情笑えた。
最後葬式に華やかな花を送った理由をいろいろと考えてみるとおもしろい。
呪いとか因縁とか人間の…

>>続きを読む
恐ろしく美しい若尾文子と「あれ?そうだっけー?」っていう若尾文子。
映画の作りに深みはないです。
たいち

たいちの感想・評価

4.5
若尾文子が美しすぎる。
狭いコミュニティー内で取っ替え引っ替え肉体関係を持つ男女って何なんでしょうね。気まずさとか感じないのかな。感じるけど欲望には勝てないのかな。
序盤から夫と妾の情事を目撃するばかりか、妾とその子とも同居するはめに。

嫉妬に狂い盛っても可憐な若尾文子…もっといじめてみたい
>|

あなたにおすすめの記事