風の中の子供の作品情報・感想・評価

風の中の子供1937年製作の映画)

上映日:1937年11月11日

製作国:

上映時間:86分

ジャンル:

4.0

あらすじ

『風の中の子供』に投稿された感想・評価

日本映画史において一際異彩を放つ天才、清水宏の代表作。

いやあ凄い。この画面の奥行き、瑞々しさ。

物語前半は小津安二郎『生れてはみたけれど』みたいだが、こっちの方がよほど単純で世知辛い。落とすと…

>>続きを読む

国立映画アーカイブで展示されていた、当時のポスターの出演者一覧の「爆弾小僧」、「アメリカ小僧」というネーミングに惹かれて鑑賞。

これが85年前の映画??と思うほど、結構面白い!日記の伏線とか一回見…

>>続きを読む
ひでG

ひでGの感想・評価

4.1

隠れた名作です!
父の録画コレクションからチョイス。

1937年、すでに国威発揚映画が増えてきた中で、子ども視点で、子どもは親の所有物や添え物ではなく、小さくても一つの人格があり、その世界があるっ…

>>続きを読む
賢兄愚弟の弟が父の逮捕で叔父宅へ預けられるも悪戯三昧で帰されて父の容疑も晴れて相撲をとる。
nofm

nofmの感想・評価

4.3
要再見
たらいに乗って流される子供を馬で追いかけるところ『パンダコパンダ』だった。
324

324の感想・評価

4.2

家族が揃っている平常の幸福。牧歌的で普遍的なそれと、不穏な離散や疑念。『生まれてはみたけれど』に類似するガキ大将ヒエラルキー。正面手前から奥へ走りターザン雄叫び友だちを招集するショットの反復、捜索呼…

>>続きを読む

小津、溝口が天才と呼んだ清水宏監督の代表作。子供映画の名手として決定づけた一本。児童文学作家、坪田譲治の”善太と三平”シリーズ『風の中の子供』(1936)を映画化。 キネマ旬報ベストテン4位。

わ…

>>続きを読む
Hiroking

Hirokingの感想・評価

3.0
〖1930年代映画:小説実写映画化:松竹〗
1937年製作で、坪田譲治の同名小説を実写映画化らしい⁉️

2023年1,914本目
miku

mikuの感想・評価

-

ターザンのように叫べば集落の子どもがみんな出てきて遊んでいたのに、ある日突然誰も遊んでくれない。兄弟2人でするお布団でのオリンピックごっこで既にわびしかったのに、ひとりかくれんぼがあまりに切なすぎる…

>>続きを読む
7子

7子の感想・評価

4.0

なんだよ なんだよ なんだよ
すごい♪(前転) すごい♪(前転) すごい♪(前転)
お父さん♪ お父さん♪ お父さん♪
ターザンの声で四方八方から駆けつける子供たち、大勢の子供が走ってるのテンション…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事