ペパーミント・キャンディーの作品情報・感想・評価・動画配信

「ペパーミント・キャンディー」に投稿された感想・評価

smsm

smsmの感想・評価

4.5

ペパーミントキャンディが初恋の味ですか…
久しぶりに食べたくなってきた🍬

人生を美しくできるかどうかは、自分次第ってことなのかしら。あと人の裸のシーンが多い印象だったけど、なんか意味あるのかな?切ない映画ですね。
Koh

Kohの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

分からなかった。それでもいたたまれない空気感を観てる側に伝染させるあたり良い映画なんだと思う
主人公は昔人生は美しいと思っていて、それを段々と裏切られていったことによって、あらゆる人にそのやるせなさをぶつけるようになったのかと思った

音楽はよかったし演技もすごかったんだけど、凄い!とはならなかったなあ
yurika

yurikaの感想・評価

3.0
今の私には全く刺さらなかったけど
刺さる人には刺さるんだろうなぁと思った。

主人公の最悪な結末から始まり、そこから遡って人生を振り返るだけと仕組みはシンプルですが、結局自業自得じゃん、と見てて嫌な気持ちになりました。

ただまぁそれも含めて人生というか、不可抗力も相まって主人公の結末はああだったんだと最終的には納得出来ました。
ryo8htnk

ryo8htnkの感想・評価

3.9
最後まで観よう

主人公の人生を時間を遡って描いていく。
なぜこんな風になってしまったのか?が少しづつ分かっていくので最後までしっかりと観るべき。

人生は選べないし戻れない。
ラストのお芝居は結末を知っているかのような表情で観客に委ねてるように思えた。

セリフはそこまで多くないが、心情は映画的に描いてる。美しい作品。
ごだ

ごだの感想・評価

3.5
誰のこと一番かわいそうって思えばいいのか分かんなくなった、みんなかわいそうだったから

戻りたかったのは帰りたかったのは「カメラを抱えて〜」なんて夢を語って野花を摘んで微笑んでみたいなあの二十年前の日なんだろうけど人生ってここからあと全部あんなに辛いの?そう言ってんの?うちらに?映画ってそういう事する
この形式はどんな話でもある程度の吸引力を保障するからちょっとずるい。でも1回目の鑑賞からでも決定論的な見方による感動を可能にするという意図もあるのか。そう考えると『美しい湖の底』よりは内容に則している気がする。
てねけ

てねけの感想・評価

4.5
これは…

多分観る側の年齢で受ける印象がまったく変わってくるタイプの名作。すでに主人公より年上のアラフィフになった自分にはとにかく沁みまくりの刺さりまくり。

逆に20代の頃の自分の感性には恐らくあまり刺さらなかっただろうなあと思ったり。

確かに人生は線路の上を走る電車のようなもので、分岐して合流して分岐してを繰り返し、気付けばもう取り返しがつかないくらい遠くまで来ていたりする。ふと振り返ったとき、もしあの時別の道を選んでいたら?なんてことは誰だって思うはず。

そして現在から過去を照射したとき、今までに自分が失ったもの、踏みつけてきたものの大きさに愕然として途方に暮れる。

イ・チャンドンは「バーニング」で初めて知ったけど、これを観て超今さらながらに「また凄いのに出会ってしまった!」という感じ。今から未見の過去作を一本ずつ観られるなんて、幸せすぎるw
最後から遡る系の映画ってどうしてこんなつまんなくなるんだろと、いつも思う
たられば絶望映画

死は救済だかなんだかって宗教あったよね
結末は彼なりの救いだったんだと思う
決して逃げではない

うち無宗教だけど
おろち

おろちの感想・評価

5.0
〝oasis〟でソルギョングという俳優が気になって、次に選んだのはこちら。
ここ最近で、一番くらった作品。

観た翌朝と翌々朝に理解できて、どんどん大きな切なさが来た。
余韻ってこんなに残るものなんだね。

物語が進むにつれ、痛い程に見えてくるボタンの掛け違い。
きっと単純な事が大切なんだろう、何事も。

こんな、魂魅せつける俳優さんがいるんだな、と虜になりました。

進んで行く毎日の中でふと立ち止まった時に、幾度と観返してみるであろう作品。
拍手。
>|

あなたにおすすめの記事