日本の夜と霧の作品情報・感想・評価・動画配信

「日本の夜と霧」に投稿された感想・評価

tenta

tentaの感想・評価

4.3
 最近、大阪なおみ選手出演のCMで大阪選手の髪に「SILENCE IS VIOLENCE」と描かれているのを見た。今作品もまさにそうだった。「何も言わないことは黙認したも同然だ!」と「日本の夜と霧」の劇中言われるように、今作品はしゃべりの応酬だ。そしてそれは、語られなければならない安保闘争の話なのだ。

 結婚式の中で飛び交う安保闘争の激論。1960年公開というまさしく安保闘争真っ只中で公開された作品は、時代を新鮮に記憶し、またその熱気を後世に残した。結婚式の場で世代が言い争うというアンビバレンツな感覚と皮肉。そして実際に今作品封切り3週間後に大島監督が結婚するという、所謂プレ結婚式映画でもある(?)。

 長回し、カクカクと荒いパンニング、台詞を噛んでも進む物語。この荒さを乗り越え同時代に発表することを急いだのがわかりやすい作風が、大島渚の姿勢を伺わせる。映画は過去のことしか表現できないが、なるべく同時代性を保とうとしているふうに思う。また、現在形で起きたことを語る新鮮さはどの大島作品にも貫かれているような気がする。その時だからこそ撮れるものがあるのだ。

 回想。今作品の舞台はほぼ結婚式のみで成り立ち、回想でいくつかのシーンが描かれるシンプルなものだ。しかし、その回想との繋ぎは独特で、結婚式場が暗くなり数人の人物にスポットライトが当たると、そのまま回想のシーンがはじまっていくのだ。一種夢のような演出で、または演劇的で、面白い。低予算短期間でもこうした演出が光る。

 歌のあり方。大島作品の歌を歌う描写の違和感。彼らの歌は何か嫌悪感と孤立を際立たせたりと色々役割がある。今作品の「若者よ体を鍛えておけ〜」の歌の不気味さと、映画の劇伴と同時かつ別物として流れるミスマッチ感は明らかに浮いたものとして現れている。歌詞は共産主義的で、所謂結束することを強いるように思える。またラストの党首による演説の空虚さも共産主義への批判が大きくされている。大島は徹底的に個人主義的なので、こうした歌や結束の欺瞞を暴く赴きがある。今作品ではむしろ劇伴とマッチするのは闘争の激化する学生の個人個人の声だったりする。

 安保闘争の真っ只中で。恐らく当時ここまで安保を実直に暴き出したものはないだろう。つまり、安保闘争の中にも派閥や考え方があるわけで、それをはっきり見える形にした功績は大きいように思える。

 つまり、当時の若者もその闘争の果てに何があるか不安であったはずだからだ。ころころと革命運動の方針を変えていく党、過激化する運動、先の見えない不安、知識なしに青春の怒りをぶつける者、闘争の果てに絶望を見る者、無気力になり諦める者、自己保身に安保を利用する者、世代間による闘争の考え方のギャップ、それら複雑性(だが決して難解なわけではない)。つまり彼らそれぞれの人生そのものとの絡み合いが描かれる。当時これを観て、「ああ、やはり俺と同じで不安に思うヤツがいたのか」と思う若者も多かったに違いない(現代から見ても共感できるところもあった)。むしろ、半ば論理を捨てて暴走する革命運動のある党の動きを批判している。その暴走は、党内結束の方へと力が注がれ、闘争の本質からはずれていく。そして実際安保闘争は70年代に入ると派閥どうしでの抗争が激化し、結果的に”敗北”の道をたどる。そうした先見性さえをも持ち得たのが今作品なのだろう。

 「和解せず」との類似。先日見たストローブ=ユイレ監督作品「和解せず」は第二次世界大戦後のドイツでの様々な和解を巡る問題の映画だった。「和解せず」は世代同士、友人同士の戦争による許し合えない問題が続くという話だ。それはいわば「日本の〜」の劇中の激論の中における「和解せず」な状態と非常に似ている。死んだ友人を巡る問題、それを忘れようとする加害側とそれを許さぬ残された同士たち。この忘却については「和解せず」のレビューで書いた通りだ。今作品も許されない問題が浮かび上がる(すべてを人間が覚えられないという限界という問題があるのも否めないが)。
 
 生々しい生のあり方。生きる、それはつまり社会の中であるはずだ。強く生きる彼らが政治的に見えるのは至極当然な結果であっただろう。また、大島渚作品がその政治性と性、犯罪などのある種のタブーをどれも等しく取り上げていたのは、その生の原動力の賛辞に他ならない。また、あらゆる生きることを縛る体制的なこと全てに懐疑的であったのだ。現代のあらゆることの中(社会から芸術に至るまで)での政治性の欠落はつまり、生にある種の欠落を生んでいる。社会を語ったり考えたりせず、一体如何に社会の中で生きていけるというのか。当時の問題以上に現在の問題も浮かび上がる。

 最近こうした政治闘争の敗北によるシラケ世代として北野武の作品はまさにそうなんじゃないかと思ったところがある。特に武映画の黙することが多くを語る表現と大島作品の話しまくり打ち明ける表現の対比は、そうした世代間ギャップを考えると合点がいく(どちらが適切な表現かは問題ではなく、どちらも良いと思う)。
まず最高殊勲夫人を思い出したのですが・・・公開年も一年しか違わないし…

学生運動に関わったのか、そうでなかったかでその後の人生がまるきり別のものになってしまう 関わっていた者はその後もずっと霧の中
より良い社会にするために学生運動を行う学生たちだが、人間としての欲求(性欲など)には勝てない部分がよく見えて、情けなくて人間臭かった。
どれだけ志や意思が強くても自分の本能や欲望には誰も勝てないらしい。
勢いで行動するのに、後になって責任の押し付け合いをするところも人間臭くてよかった。
時代がそういう時代だからと割り切って見ているけれど、女性の扱いが本当に酷い。

本当に今の学生より、人間らしくて強くて生きているって感じがした。
政治的な背景に関しては不勉強で恥ずかしながらあんまり分からないんですが、本質的には青春映画。

というより、青春回顧映画。あの頃の青春の悔恨を回顧する。

権力に歯向かうポーズを取りながらも、その組織構造の中でもやっぱり全体主義的な空気が漂うのよ。右でも左でも結局、極端な思想に人が集まると似たような感じになっちゃうもんなのよね。

自己正当化し臭いものに蓋をして水に流し無かったことにしてのうのうと生きている奴らがヒエラルキーのトップでクソ。

かと言って人間的で客観的な判断力を持ち全体の主流に流されず個人に寄り添えるはぐれ者たちも組織の流れを変えられるような言葉は持たず具体的な行動もできないバカ。

という、どうしようもない奴らが結局月日が経っても相も変わらずどうしようもないという様を見せられ続ける。

中山が本当に最悪。親が金持ちで本当は運動のことなんてどうでもいいんじゃないか。結局、反体制な組織の中枢を担っている自分に酔っているだけで全く本質的な意志はない。それでいて問題のすり替えと集団の煽動だけは上手くてヒラリヒラリと攻撃をかわして常に高い地位を維持し踏ん反り返っている。

最後、誰でもいいから中山をぶん殴ってくれと思ったが誰にもそれはできない。まあ確かにそんなことは何も本質的な解決にならないけども。まずはコイツを黙らせてくれと思っていると、聞くに耐えない大演説をかき消すように音楽が鳴り、「終」の文字。笑った。

構成は面白かったし、撮影と照明の凝った映像も面白かったが、さすがにこの感じでこの尺やられるのはちょっと長く感じた。

ナマ感を出すためか、セリフ噛んじゃってても使っちゃうってのも面白かったが、さすがに噛みすぎだろと思った。長回しで大変だろうけど。むしろ、演技なんだなーっていうメタ感が出ちゃって逆効果だったようにも思える。

【一番好きなシーン】
人物が浮き出て背景が黒く沈んだ運動のシーンから、照明が変わると背景が浮き出て人物が黒くなり結婚式場の現在に変わるところ。
UCOCO

UCOCOの感想・評価

4.0
2度目の鑑賞、尚今回もさらに勉強が必要だと感じてレビューは断念。。

あ、でも大島渚の人間像が伺える作品であることは間違いない!
moe

moeの感想・評価

-
『愛のコリーダ』直視できなくて勘違いだったかも、と思っていたけどやっぱり大島渚がすきだ、たぶん、
Noa

Noaの感想・評価

-
"信じるか信じないか"の択一的扇動では、
多様な意見を持つ"味方"を巻き込めない。
風間唯

風間唯の感想・評価

4.0
台詞をとちってもお構いなしの長回しシークエンスショット、ぶれまくるパン。やり直しを許さないようなその撮影は映画というより演劇に近い。学生運動を題材にとってはいるが、イデオロギーの称揚、いわゆるプロパガンダ映画では全く無く一種の青春群像劇と捉えるべきだろう。ただなぜ学生運動が民衆の支持を得られなかったのかはよく分かる。異教より異端を排除するセクト主義、頭でっかちで空疎なアジ演説・・・。インターナショナル風の歌(民青の伝統芸!)は印象的だったけど。

観客に全く媚びず洗練とは対極の荒削りの映画。公開4日で上映打ち切りもむべなるかなだが、作品がはらむ熱気は凄まじい。個人的にはめっぽう面白かった。
槙

槙の感想・評価

-
60年安保闘争で知り合った男女の結婚式の話なんだけど、カメラが式場を左右に大きく動くワンカットの多用とか俳優陣カミカミな感じとかが異様でなんなんだ……と思ったらWikipediaに真相が載っていて、松竹と対立していた大島渚が撮影をとっとと終わらすための手段だった模様。

当時は、おそらく「結婚」が青春の終わりのひとつだったのかな。それと暴力で対抗しても政治が変わらないことをみんな察し始めて、その時にじゃあどう行動するかみたいなことを各々が語る。めちゃくちゃ語る。けど、今の会話劇みたいなものとは印象がまるで違う。当時は現代みたいな形の「空気感」の「共有」はないわけで、やっぱり1から10まで思ってることは説明しないと人と人とがつながらなかったのかもしれない。それが逆に新鮮だった。

光と影が“ムード”を醸す演出がかっこよかった。あとは何はともあれ津川雅彦。津川雅彦かっこいい。
なかけ

なかけの感想・評価

3.8
長ゼリフにワンカットでの場面転換が続く超長回し。その副産物的に生まれたであろう、噛みまくりつっかえまくりのセリフが良い。
作為的な構成なのに、人が生きている。
>|