武士の献立のネタバレレビュー・内容・結末

『武士の献立』に投稿されたネタバレ・内容・結末

BS日テレ放送分を録画して鑑賞。

嫁に料理を教わったかどうかは
分かりませんが、基本実話なんですね。

加賀百万石と言われる武家文化。
実際はそれ以上の石高を持ち
徳川御三家に次ぐ程に力のあった加賀藩。
工芸品や加賀友禅などから
今作の中心にいる親子による
加賀料理のレシピ本なども存在する
信じられないほどの雅な藩。

そこにおいておきたお家騒動に
巻き込まれた御料理人親子と
その嫁の物語。

鹿賀丈史さんが料理を褒める姿は
料理の鉄人を思い出す。
そういう狙いもあったのかな?

あまり抑揚の無い作品。
襲撃のシーンが無いからか
なんとも緊張感が無い。
過去の話も、もう少し情感こめて
やって欲しかった。
安信が春に斬りかかろうとする所も
びっくりする位、緊迫感が無い。
美しく静かな時代劇ではなく
ほわーんと流れていく感じ。

個人的な意見ですが
高良健悟さんと
成海璃子さんが
時代劇に合わずにぶっ壊したイメージ。

良かったと思う所は
加賀藩の料理を明治時代まで
7代にわたって支えた、
舟木家を知れた事。
お家騒動は勝者の理屈しか
残っていないと知れた事。
あとは
料理が美味しそうだった所ぐらいかな。

2022-335
包丁侍という物語、
今までなかったので
新鮮でなかなか楽しめた。

事情により
好きな人と夫婦になれないって辛い。。

最後はハッピーエンドでよかった。
しっかり者の姉さん女房と反抗期の子供のようなヘタレ旦那、関係性にしっかり萌えてしまった
春が本当に健気で、切り付けられそうになったり、身をひこうとしたりする場面は春の心境を想像するだけでめちゃくちゃ切なくて…最後はハッピーエンドでよかった…
美味しそうな御膳に彩られた映画だった。
上戸彩さん演じる春さんが気の強さが原因で結婚先から出戻ったという設定なのに、終始大人しかったのが何となく違和感があった。


江戸時代、殿様の食事を作る侍……台所侍と呼ばれる役職とそれを担う家柄があった。
江戸で勤めていた春は気の強さから一度結婚したあと戻ってきていたが、卓越した舌と料理の腕を持っていた。
春の技量を知った船木家の当主が、春を次男坊の嫁に誘う。船木家は跡継ぎ予定だった料理上手な長男を亡くし、途方に暮れていたのだった。


船木家の次男坊に春は料理を指南し始める。最初はやる気もなく、雑然と料理をしていた次男坊だがだんだんと丁寧に料理ができるようになっていく。
藩では改革派が動きを起こしており、県に覚えのある次男坊も密かにその集まりに加わっていた。
また、幼なじみの奥様が次男坊のかつての想い人と明らかになる。


改革派の失脚に伴い、次男坊の幼なじみの家が取り潰しに会う。また、船木家の当主が心臓病で倒れる。
春と次男坊は加賀の名品探しの旅に出かける。


加賀の領主様に出す特別な宴が催される。
宴は大成功に終わるが、春が家出してしまう。春は次男坊に何とか探し出され、2人はその後一緒に暮らしていくのだった。
・時代劇に出てくる柄本さんは出た時点でどうなるか大体分かってしまうな
・料理とか台所の話だと思ったら加賀の騒動の話が中心なのね
・鶏持って逃げる夫と刀持って逃げる妻
・料理の鉄人……
・ずーーと家に縛られてる安信ちょっとかわいそうだな
献立ってわりに料理シーン少ない。
料理シーンに加えて、はるの料理が上手な理由や過去、料理テクニックとかもう少し深掘りして欲しかった。
夫安信の務めに対する考え方や態度イラつく。常に第三者に振り回されている感じもイラつく。
ストーリーは、成長(させる)物語に加賀藩の御家騒動を絡めて、難解でもなく単調でもなくよい塩梅。
夫の昔の恋話を姑から聞かされた後の手紙で泣き言一つこぼさないところや、能登の旅路での夫との微妙な距離感など、細部が秀逸。上戸彩さんの演技力に脱帽。
時代ものだけど軽く観れて良かった。高良健吾の演技はちょっと今ひとつな感じがしたけど。

両親を亡くし殿の側室である貞の方から実の子のように可愛がられて育ったはる。ある日の能楽で、加賀藩出身の台所方の料理長が出した鶴もどきの正体を見事言い当てたことからその舌の確かさを買われ、料理長から息子の嫁にと縁談が持ち上がる。一度は断ったが料理長の熱意に負けて、代々料理番を務める船木家に嫁入りする。しかし、亡くなった兄に代わって包丁侍となった船木やすのりは、剣への道を諦めきれず料理にも身が入らない。嫁いだはるは、やすのりに料理を教え、夫料理の腕前を上げる。料理に対して熱が入らない夫を支え続けるはる。幼なじみと夫の恋のことを聞いたり、親友と討ち入りしようとする夫を引き止めたりとさまざまな事件が起こるが、船木家最大の命である宴に臨む夫を支え続けるはるであった。

はるの健気な姿が好き。ただ、やすのりの料理の腕を上げるために嫁いできながらも、料理を指南したりするシーンは少なめかな。

ストーリー的には内容をちょっと盛り込みすぎてるけど、それはそれで楽しめる。夫婦の絆を表すにはちょっと薄いかな。

飽きずにサクサク観れて面白かった。
かもめ食堂とかメガネみたいな日常ほのぼのストーリーかと思っていたら、割と重ためな内容で、、、
最後はほっこりするするシーンだけども、不覚にもこんな旦那でいいのか??と思ってしまった笑

ただ、評価が3.3なのは不思議
もっと高くてもいいのになあと思う内容でした。
料理シーンがすごくいい。昔の台所とか道具とかすごく好き。
でも旦那さんが好きだった人の話とか聞くのやだな。
>|

あなたにおすすめの記事