武士の献立のネタバレレビュー・内容・結末

武士の献立2013年製作の映画)

上映日:2013年12月14日

製作国:

上映時間:121分

3.3

あらすじ

「武士の献立」に投稿されたネタバレ・内容・結末

加賀百万石と誉高い加賀藩 上戸彩=春=古狸 高良健吾 西田敏行=舟木伝内 愛着と揶揄を込めて包丁侍 柄本祐 成海璃子 ややこの死去 能登の海女 緒形直人 鹿賀丈史 一網打尽 鯛 鰹のお造り 雉 武家に相応しい嫁 Chara「恋文」
なんというか、語ることが少ない映画というか……。
料理にまつわる話というよりかは、かなり加賀騒動でのすったもんだがメインな印象を受ける。


夏川結衣が演じるお貞の方は毒殺事件を巡る容疑で、作中は所謂「ナレ死」となったが、
歴史的には、自身の希望で絞殺されたと言うなかなか陰惨な後味を残す最後を迎える。


主人公の春が「町人出身」というのはあると思うが、全体的に軽い感じのストーリーで、
江戸時代の武士階級の女性がかなり抑圧されていたことを思うと、現実味はかなり無いなと思う。
【過去に見たことあったけど....やはりいいよね】

個人的に好きな映画のジャンル。
料理物。

この映画の和食は本当に美味しそう。
一生で一度でいいからあんなの食べてみたい。

現代でいうサミットとかの料理を作るようなイメージの「包丁侍」という仕事。

あの時代では、男女平等などあるはずもなく、料理は女子供のものという侍が古狸ことはるの手助けを得て、料理の腕を上げ出世しながら、自身の包丁侍という仕事に誇りをもち、夫婦愛を見つけていくという流れはやっぱり何度見てもいいよねー。

心洗われるし、お腹も空く。

サムライ歴史もの、の中でもかなりみやすいし、ゆったりとした空気感を持っており、普通におすすめの名作。
武士の家計簿があまりはまらなかったので期待値は低めでしたが、包丁侍を馬鹿にしていた人間が料理上手になっていく、料理を通じて妻とも打ち解けていくというストーリーが一応存在していたので、個人的には家計簿より観やすかったです。

勝負に負けて素直に料理の指南を受けているところや、鶏を殺せないところはかわいげがあるものの、安信が料理を好きになった、上手になったという印象は薄くあまり愛着が湧きませんでした。
お家騒動のくだりは武士の本懐を遂げるor生きるなのはわかるし、生きてほしいという妻の気持ちもわかるものの、個人的には安信に対する愛着が不十分だったので武士の本懐を遂げさせてあげた方が幸せなのではという気持ちのままでした。むしろ仲間が討死し、春の首を刎ねようとする安信に「私はあなたが生きてさえいれば……!」と笑いかける春が怖く見えてしまい……

夫が料理上手になる、料理を通じて妻と心を通わせるというような展開をもう少し丁寧に観たかったです。最後の山場の饗応料理のシーンは、いつの間に料理上手になっていたのかとやや唐突に感じました。しかし現代よりも食材や調理器具は少ないはずなのに、バラエティ豊かな料理には感心しました。
エンディング曲の合わなさが驚き。
【大河ドラマ「青天を衝け」の影響で、これを機に記録しておきます。】

公開当時、安倍晋三総理大臣🇯🇵が正月に『永遠の0』と今作『武士の献立』を観たって記事を🎍なぜかよく覚えています。😅

※今回もかなりネタバレします。
未見の方は読まないことをオススメします。🙇🏻‍♂️

過去鑑賞記録です。

今作はここでの評価が低いですね…。
自分はかなり好きなんですけど…。😥


最近、
大河ドラマ『青天を衝け』を観ていて、よく今作『武士の献立』🔪を思い出します。


⑴今作『武士の献立』では、

高良健吾君にとって成海璃子さんが

“妻にしたくても出来なかった女性“💔

を演じていますが、


あの『青天を衝け』では、

“妻にしたいとは全く思ってなかったけど、妻になった女性“💖

を演じています。

『青天を衝け』はまだ完結していないので何とも言えませんが、

この『武士の献立』🔪に関しては、結果的にそれで良かったんです。

⑵それから、

“結婚相手を懸けて剣の試合で決める“

ってポイントも共通しています。⚔️


⑶あと、お話として、

今作では“加賀騒動“という史実として残る出来事が関わってきます。


“旦那さんが大義を掲げてとった行動により、妻さんや家族が涙を流す“😢

って話でもあると思うので、

そこも少し「青天を衝け」と重なります。

🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱🍱

【映画として、万人が好きな要素が盛り込まれています。】

①まず、今作は“NEO時代劇“です。

公開当時の2013年頃は、

従来の剣豪を描いたような時代劇映画よりも、

『武士の家計簿』とか、
『超高速!参勤交代』とか、

剣以外の道で生きていく、生活感のある武士を描いた映画が流行っていた印象です。

全体的にセリフが説明的なのが少し気になりますけど、それも時代背景に詳しくない人でも見やすくした製作者の考慮だと思います。

②それから、

“内助の功“とも言えますが

料理上手な上戸彩さんが、
料理下手な高良健吾君に料理を教えていくので

『ベストキッド』🥋や『英国王のスピーチ』🇬🇧よろしく、“最強の弟子“映画でもあります。


③それから、

“それまでの経験や価値観をリセットして、転職を成功させる“

みたいな話って、

『おくりびと』とか、
アニメの「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」とか、枚挙にいとまが無いんですが、

これも映画として日本人の好きな要素だと思います。


④そして、

なんと言っても料理です。🍳
料理が今作のもうひとつの主人公だと思います。

ドラマ「きのう何食べた?」のレビューにも共通しますけど、
やっぱり料理や食事のシーンがある映画やドラマは人気が出やすいんです。⤴️


要は、日本人の万人が好きな要素が盛り込まれています。🇯🇵
平均スコアが低いのは、
それを盛り込みすぎて、無難で型通り過ぎるというか、中途半端に感じる人がいるからかもしれませんけどね…。😅

それと、
やっぱりラストで流れるCharaさんの主題歌は、曲自体は好きですけど、今作の主題歌には合わなかったとは思います。😔
現代的なNEO時代劇であることを製作者が意識しすぎた気もします。


⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️⚔️

【“大義VS家族“な話】⚖️

武士の誇りとか、
仲間のためとか、
何かしら大義のために

主人公は反乱軍に加担しようとするわけですけど、

嫁と母親には、そんな正義感は要らないんです。


(高良健吾君と余貴美子さんは、個人的に人生ベスト級に好きな『横道世之介』でも親子を演じていましたが、)

余貴美子さん演じる母親の立場で考えると、一人息子に死なれたらたまったもんじゃありません。

終盤の彼をビンタするくだりは感動的でした。😢

あと、

「料理の鉄人」の司会者だった鹿賀丈史さんが、ある意味、今作の最大の敵役を演じていますけど、彼が終盤に主人公親子にかける言葉で、彼は彼で不毛な殺し合いを避けたかったことが伺えます。

あのシーンを見る限りでは、そんなに暴君とは思えませんでした。

(「料理の鉄人」と言えば、先日、神田川俊郎さんが亡くなられましたね…。ご冥福をお祈りします。🙏)

🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪🔪

【和食は後に世界が認める、日本の財産になります。】🗾

自分なんかは、ナマコとかホヤみたいな、あんなものを最初に食べようと思いついた人💡はそれだけで偉大だと思いますけど、

主人公親子は後々、現在の石川県にも残る料理を沢山作ります。

平成25年に「日本人の伝統的な食文化(和食)」🇯🇵がユネスコ無形文化遺産に登録されましたが、

こういう先人たちの努力とその財産ありきだと思います。
 
・女中の上戸彩に声がかかる
・包丁侍の西田敏行が息子の高良健吾のため嫁にもらいにくる
・上戸は嫁ぎに行く
・高良は料理に興味がなかった
・上戸との刺身勝負に負け指南を受けることに
・昇進する
・謀反に加わったことで親友の柄本佑が追われる身となる
・それから高良は俯きがちになる
・上様を闇討ちしようと企てる
・上戸は阻止すべく刀を持ち出す
・怒る高良だったが、上戸が持ち出したおかげで高良の命は助かる
・西田は倒れる
・上様への献立の担当を高良が任せられる
・ついに振る舞う日が訪れ成功させる
・上戸はでていく
・高良が迎えに行き2人は本当の夫婦となる
加賀藩に実際に存在した料理担当武士・舟木伝内を題材にした映画。
包丁侍の妻になった女性が、料理の下手な夫に料理の指南をするストーリー。
でもそれより、2人の夫婦としての成長のほうが見ていて和んで良かったです。その結果として料理の腕を認められる、みたいな。
久しぶりにラストのありきたりな展開に泣かされました笑(褒めてます)
2020/7/23録画午後ロード鑑賞。

武士として生きたいという葛藤と戦いながら、結局は包丁侍としての父の誇りを受け継ぎ、お役目を果たす。
家庭では女性が料理するのが当たり前なのに、公の場で出される料理は男性が多いの、昔からなんだなあ。料理人ってどうしても男性が多いイメージがあるけど、江戸からそんな感じなのね。

一方で、料理人であることに恥ずかしさを感じている男性もいるんだなと思った。安信のように。武士でありながら刀ではなく包丁を持たなければならない運命に、彼なりの葛藤が伺えた。

上戸彩の春が健気で強くて素敵だった。安信の両親の想いを汲み取って、安信を変えようと指南していた姿が印象的。安信の料理の腕を上達させるのが自分の役目、といいつつ、ちゃんと安信を慕ってたのが可愛い。

饗応後に土佐守が大槻派の反乱について嘆いていたが、安信たちの料理のお陰で政治・泰平への意欲が高まったとも言っていた。大多数の武士は所謂「武力」で世の中を治めていたが、台所で務める武士は政治を担う偉い役職者たちの健康と想いを培う役目があるんだなと思った。

たかが料理、されど料理。食べるもののバランスが良ければ身体が健康になるし、美味しいものを食べれば心が健康になる。食べるものってやっぱ大事だなあ。

最後に安信が春にプロポーズしててホッコリした。ホームドラマ的な側面もあるなと思った。

エンディングの音楽以外は本当に良かった。あれは違和感しかない。
展開はドラマチックだけど何故か既視感がある。料理以外の話し筋が強すぎたのかしら。もっと展開として料理にだけフォーカスしても良かったんじゃないか。とモヤモヤした気持ちに。いつの間にか高良健吾が料理がうまくなっていたし偉くなっていたけど、最後まで心から料理が好きになり、包丁侍として生きることにしたのかははっきりしないまま終わった印象。
>|

あなたにおすすめの記事