静かなる叫びの作品情報・感想・評価

静かなる叫び2009年製作の映画)

POLYTECNIQUE

上映日:2017年01月14日

製作国:

上映時間:77分

3.7

あらすじ

1989年12月6日、モントリオール。理工科大学に通い、就職活動中の女子学生ヴァレリーとその友人であるジャン=フランソワは、いつも通りの一日を送っていた。しかし、そんな日常は突然、恐怖に陥れられる。男子学生の一人がライフル銃を持って構内に入り、女子学生を目がけて次々と発砲し始める。容赦ない銃撃に必死に逃げ惑う学生たち。犯人は14人もの女子学生を殺害し、最後は自殺を図る。重傷を負いながらも生き残っ…

1989年12月6日、モントリオール。理工科大学に通い、就職活動中の女子学生ヴァレリーとその友人であるジャン=フランソワは、いつも通りの一日を送っていた。しかし、そんな日常は突然、恐怖に陥れられる。男子学生の一人がライフル銃を持って構内に入り、女子学生を目がけて次々と発砲し始める。容赦ない銃撃に必死に逃げ惑う学生たち。犯人は14人もの女子学生を殺害し、最後は自殺を図る。重傷を負いながらも生き残ったヴァレリーと、負傷した女子学生を救ったジャン=フランソワ。心に深い傷を負った2人は、その後も継続する非日常の中でもがき苦しみ、闘い続けるが――。

「静かなる叫び」に投稿された感想・評価

さと

さとの感想・評価

3.0
モントリオール理工科大学銃乱射事件を元にした作品。全編白黒。

緊張感がすごい。
この犯人みたいな歪んだ思考の人間が事件直前まで普通の人として生活してるの想像したらこわい。

ガス・ヴァン・サント監督のエレファントとはまた違った緊張感があった。
映画界のフェルナンド・トーレス!組み立ては素晴らしいがフィニッシュが雑!

途中まではめちゃくちゃ引き込まれるも、結局は浅い人物描写にて尻すぼみ。

へい、まいど!
いつみ

いつみの感想・評価

4.0
カナダで実際に起こった銃乱射事件をモチーフにした作品。

ドゥニヴィルヌーブ監督の描く重厚な緊迫感はこの頃から突出してる。
ほんとに恐ろしかったです。
れじみ

れじみの感想・評価

4.1
ドゥニヴィルヌーヴが「灼熱の魂」の前年に監督した作品。
全編白黒で、1989年モントリオール理工科大学で実際に起きた虐殺事件を題材に加害者と被害者の視点で描いている。

ヒーローなんていない。あるのは無慈悲な死だけ。圧倒的な映像で映し出される虐殺に打ちひしがれる。
大傑作‼︎

全編白黒、台詞もほぼなし。事件の前後と虐殺の様子が克明に描かれている。ブラッドフォードヤングやロジャーディーキンスと組まなくてもやはりヴィルヌーヴ作品の映像はあまりにも素晴らしい。大仰な演出は一切なくただ人が次々と死んでいく。かなりショッキングな作品。

白黒映像にした理由はいくつかあると思うが、そもそも白黒じゃないと結構な人が脱落するほど凄惨な映像である。ただその凄惨さと対比するように被害者の女性がエロティックに映し出されている。言葉だけ聞くと不謹慎に聞こえるが、これは間違いなく狙ってこのような映像にしている。
ストッキングとリクルート用のタイトスカートを履く描写。もっと言えば撃たれて足を引きずりながら廊下を歩く姿。この映像設計は見事としか言いようがない。

犯人の動機はフェミニズムへの復讐。そのため亡くなった犠牲者は全て女性。ただ少なくても作中での描写では被害に遭った女性は男性から性差別を受けている。フェミニズムなんて不必要だ!と憤る犯人の身勝手な行動とは裏腹に実際に性差で苦悩する女性の姿が描かれていて、そこに深みが生まれている。

生と性と死を描いた作品。(この事件をきっかけにさらに規制されることになるが)元々ある程度銃規制が行われていたカナダで起きた銃乱射事件であり、銃を規制さえすれば解決するのかと言う視点。そして被害者のPTSDによるその後の人生の変化。77分と言う素直に長編とは言いがたい作品だが、内容はとてつもなく濃密!

題材が題材だけに使いづらい言葉だが、正しい表現は映像“美”なのは間違いない。ありとあらゆるシーンが残酷でそしてとてつもなく美しい。終盤の血と血が重なるシーン。このシーンにヴィルヌーヴが伝えたいメッセージが凝縮されているはずだ。

twitterから引用
Gaku

Gakuの感想・評価

4.0
1989年カナダのモントリオール理工科大学で起きた銃乱射事件の話。
映像が白黒だった分、事件の生々しさや、いかに恐ろしかったのかが嫌という程伝わってきました。
今回の犯人の彼は、フェミニストが自分の人生を潰したといういかにも女性軽視な理由で、女性を次々と殺害した。正直、やばい人だと思いました。
けど、こんなやばい人がいつ現れてもおかしくない世の中なので、危機感だけは持っておきたいです。
それにしても、犯人の殺気が準備段階から半端なかったなぁ。残った女の子たちは今はどんな風にあの事件を考えてんのかなぁ。いろいろ考えてしまいます。
とにかく、ヴィルヌーヴ映画間違えなかったです。
1989年カナダ、モントリオール理工科大学のキャンパスで実際に起き14人が亡くなった銃乱射事件を描いたドラマ。

雪が静かに降る冬のキャンパス。
ブノワ・シャレストの音楽もまるで環境音のように騒がないし、狙撃者の青年も淡々とそれをこなしていくし、撃たれた側の学生も大声を出さず、鋭いライフルの発砲音だけがやたらに耳に残る。
モノクロの画面が「現場はこんなに静かだったんだよ」とドキュメンタリーのようにドラマを伝える。

全くドゥニはなんでいつもこう静かなんでしょう?
SF撮ってもサスペンス撮ってもいつも静か。
この分でいくと将来例えば戦争映画やミュージカル映画を撮ったとしたらどれくらい静かな物が出来上がるか楽しみです。笑

エンドクレジットの前に犠牲になられた方々の名前が出て"追悼します"とありましたが、ただ撃たれて床に倒れていた人もいたりして…この仕上り方向で追悼になるのでしょうか?
私が遺族なら怒りますね。
どうしても「エレファント」を思い出すけど、似て非なるもの。確かエレファントも、これも前情報無しに見たのだけど、エレファントの衝撃は、え?こいつらがこれやっちゃうの?まじか!?みたいな、衝撃があったし、彼らの(加害者も被害者も)日常を思って描いていた気がするし、何より引き込まれた。が、この映画は、最初に分からせるし、人物描写が足りない気がするなと感じた。何に視点を置くかの好みだとは思うけど。描き方の好みか。

メインの学生ではない、逃げ惑う人達のお芝居がとても緊迫しててリアルだったのは凄いと思った。

フェミニズムに関して、これはなかなか根深い。だからもっと取り上げられるべき題材だとは思う。これはそういう事件だし。実際問題、女性が子供を産まないと人は増えないわけだけど、じゃ子供は女が育てなきゃ行けないのか?とか、子供産んだら社会に復帰出来ないのか?とか、もっと夫婦であったり社会であったり、と協力関係を「普通」に考えられる世の中にしていかないといけないんだろうね。「普通」に、というのがね。理解ある態度を示すと難色を示されるケースもあるし。だから根深い。

そういう事を考えるキッカケにはなったのでいい映画ですね。
zelig

zeligの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

男の子が生まれたら愛を教え
女の子なら世界に羽ばたけと教えます

この言葉が重い
Tak

Takの感想・評価

2.5
彼等の心情描写は想像の範囲内だから、映画としての面白みはない。
ただ、随所にヴィルヌーブらしい息を呑むカットがある。
まぁ

まぁの感想・評価

3.9
2月7日(水)鑑賞…☆

とても静かな作品…だった…

映像の中で…何が起こっているのか…分かる…(緊張感、緊迫感、恐怖感etc)

タイトルの「叫び」

*犯人の叫び…社会、女性への不満、不平

*助かった男性…後悔、自分を責める…悲しいよ…(涙)

*助かった女性…犯人への怒り、憤り
自分だけ生き残ってしまった…(涙)

3人の「叫び」だと…思った…*

モノクロ…カラーだと…もっと生々しいと…思う…*

エンドロール…犠牲になった方のお名前…(涙)

実話…というのは…重たい…本当に…(涙)

苦しい、苦しい…作品だった…(涙)
>|