静かなる叫びの作品情報・感想・評価

静かなる叫び2009年製作の映画)

POLYTECNIQUE

上映日:2017年01月14日

製作国:

上映時間:77分

3.7

あらすじ

1989年12月6日、モントリオール。理工科大学に通い、就職活動中の女子学生ヴァレリーとその友人であるジャン=フランソワは、いつも通りの一日を送っていた。しかし、そんな日常は突然、恐怖に陥れられる。男子学生の一人がライフル銃を持って構内に入り、女子学生を目がけて次々と発砲し始める。容赦ない銃撃に必死に逃げ惑う学生たち。犯人は14人もの女子学生を殺害し、最後は自殺を図る。重傷を負いながらも生き残っ…

1989年12月6日、モントリオール。理工科大学に通い、就職活動中の女子学生ヴァレリーとその友人であるジャン=フランソワは、いつも通りの一日を送っていた。しかし、そんな日常は突然、恐怖に陥れられる。男子学生の一人がライフル銃を持って構内に入り、女子学生を目がけて次々と発砲し始める。容赦ない銃撃に必死に逃げ惑う学生たち。犯人は14人もの女子学生を殺害し、最後は自殺を図る。重傷を負いながらも生き残ったヴァレリーと、負傷した女子学生を救ったジャン=フランソワ。心に深い傷を負った2人は、その後も継続する非日常の中でもがき苦しみ、闘い続けるが――。

「静かなる叫び」に投稿された感想・評価

突然、死と向き合うことになった学生たち。
想像しただけで耐えられません。
mikazuki44

mikazuki44の感想・評価

3.6
未体験ゾーン2017
ヴィルヌーヴ長編3作目。題材からして覚悟していたが、やっぱり容赦なかった。男の勝手な憎悪の矛先になってしまった人たちの恐怖が嫌なくらい伝わる。全体通して不穏な音響、響き渡る銃声、息を殺して身を潜める姿。映画的には緊張感たっぷりで見ごたえあるが、あまりに生々しい。
新文芸坐オールナイトにて
ファーストカットを起点として前後を展開させていくという映像の展開とお話のリンク具合に驚きました!他にも様々なフォロー、望遠、画角の90/180度回転など非常に卓越した技術を垣間見れました!
話のモチーフとなる事件もこの映画ではじめて知りましたが……
NUZOO

NUZOOの感想・評価

3.6
『エレファント』と似たモチーフ、似たカット、似た空気感。
でもこの映画は時系列の構成がすこし捻られてて、連続して作品を観た後だとこの構成がヴィルヌーヴの作風の一つなことがわかる。

フェミニズムを憎む犯人によって襲われる女学生たちは、フェミニズムへの理解がない社会にも苦しめられたりしているという描写が切ない。
とがり

とがりの感想・評価

4.0
ドゥニ・ヴィルヌーヴオールナイトで鑑賞。

1989年のモントリオールで起きた銃乱射事件を、ドラマでもドキュメンタリーでもなく、しかし決して淡々とせず、観客の心に刻み込むように描いた恐るべき映画。
モノクロの映像が息詰まる緊張感と静寂を増幅する。

加害者の「憎悪」や被害者の「恐怖」といったものが映像からはっきり伝わってきて、キャストの演技ともども心を揺さぶられる。
kinishiki

kinishikiの感想・評価

4.1
低予算なルックを見せないような工夫がカメラワークや編集、で随所に見られまずそこに感動。

ここまで胸糞悪い奴もなかなか出てこない。
正真正銘のクズとなんともモヤモヤなエンディング笑
それでも生き残る人物から紐解くと少し希望はあるのかな?

最初の場面が本編では全く語られないただの女子学生の会話から始まるところにこの映画の余裕を感じる。あれがあるからこそ、あの事件の日常の突飛性を演出している気がする。

史実を元にしたというと「フルートベール駅で」を思い浮かべちゃうけど、また異なった語り口で見比べると面白いかも。こっちの方がやべえけど笑い
ysm

ysmの感想・評価

3.6
タイトル通り、セリフ少なめの静かな映画だった。犯人はほぼ喋らないし、フェミニストが嫌いということしか分からない。必要最低限の情報しかないけど、でも映像が面白くて、かなりドキドキするし面白かった。最後のシーンが良かった。
マ

マの感想・評価

3.2
低予算とは感じさせないような構図やらカメラの動きやらが凝っててかっこ良くて、リッチな感じ。『エレファント』も観たいなーと思った。
世界の映画作家Vol.186 ドゥニヴィルヌーヴ
@新文芸坐
>|