静かなる叫びの作品情報・感想・評価

静かなる叫び2009年製作の映画)

POLYTECNIQUE

上映日:2017年01月14日

製作国:

上映時間:77分

3.7

あらすじ

1989年12月6日、モントリオール。理工科大学に通い、就職活動中の女子学生ヴァレリーとその友人であるジャン=フランソワは、いつも通りの一日を送っていた。しかし、そんな日常は突然、恐怖に陥れられる。男子学生の一人がライフル銃を持って構内に入り、女子学生を目がけて次々と発砲し始める。容赦ない銃撃に必死に逃げ惑う学生たち。犯人は14人もの女子学生を殺害し、最後は自殺を図る。重傷を負いながらも生き残っ…

1989年12月6日、モントリオール。理工科大学に通い、就職活動中の女子学生ヴァレリーとその友人であるジャン=フランソワは、いつも通りの一日を送っていた。しかし、そんな日常は突然、恐怖に陥れられる。男子学生の一人がライフル銃を持って構内に入り、女子学生を目がけて次々と発砲し始める。容赦ない銃撃に必死に逃げ惑う学生たち。犯人は14人もの女子学生を殺害し、最後は自殺を図る。重傷を負いながらも生き残ったヴァレリーと、負傷した女子学生を救ったジャン=フランソワ。心に深い傷を負った2人は、その後も継続する非日常の中でもがき苦しみ、闘い続けるが――。

「静かなる叫び」に投稿された感想・評価

NumaChan

NumaChanの感想・評価

4.5
「素晴らしかった」だとか、「良かった」とかよりも前に「非常に濃かった」。
この映画はわずか77分という短さだというのに、濃さを感じた。

この映画はセリフが少なく、とにかく情報が少なかった。
しかし、それがこの映画の"濃さ"をより一層引き立てたのかなと思う。
また、全編モノクロの映像になっており、そのおかげで"血"や"死"、"恐怖におののく表情"、"絶望を感じた目"が逆に鮮明に浮かび上がってきたように感じた。

この映画は"死"と"生、性"の対比構図が素晴らしかった。
特に"生"の部分。
他の人達を"生かす"為に動き、その結果、後悔を抱える事になってしまったジャン。
重傷を負ったものの"生き残り"、今だに恐怖を抱く、ヴァレリー。
彼女はまた、子供を身籠っている状態で"生まれる"子供が犯人と同じになってしまったらという不安も抱えている。
と"生"によって恐らくだが、"死"よりも苦しめられる2人を丁寧に描いていたので、心にグッときた。

最後にこの映画は銃乱射事件という悲惨なものがテーマになっているが、その絵や演出は美しかった。
特に自殺した犯人の血とその犯人に射殺された女性の血が混ざるシーンの演出は印象的だった。
YooMee

YooMeeの感想・評価

3.2
ライフル銃を持ち込み、思いつめた表情で椅子に座る男に女性スタッフが声をかけたシーンが印象に残る。
17

17の感想・評価

3.6
まさに「静かなる叫び」だったと思う。
沈黙の中に見える葛藤が、苦しくてつらい。

様々な視点から描いていることにより、広い視野で観られた分、痛み倍増でよかったと思う。
モントリオールの大学で実際に起きた銃乱射事件。被害者に一生の傷を負わせた一方で、自殺で罪から逃れる犯人。無駄な演出を排除したモノクロの映像により現実味を感じます。怒りとやるせなさが残るエンディング。
銃乱射事件を淡々と描いた作品。

静かでそして重い。
犯人、被害に合った女性、勇敢な男性。
それぞれ3人の視点から描かれてる。

性差別などもテーマにもなっている。


事件があったその後が切ない。
恐怖を植え付け生きる希望をなくすものも。

最後の廊下のシーンがなんとも印象的。
たく

たくの感想・評価

4.2
ドゥニヴィルヌーブ監督映画6作品目の鑑賞。
1989年12月6日にカナダのモントリオールの大学で起きた大量虐殺事件を題材にした実話。

おもしろいではなくすごく良質な映画。
1時間という短さに奥深い内容が詰まっていて、体感時間では良い意味で長く感じた。白黒にしたことで人間の表情や感情を際立たせて、観る人が読み取りやすいようになっていました。

確かに残酷な事件で悲劇なんだけどそれだけじゃなくて、被害者の視点と殺人犯の視点の両方を映して私たちが成りうる姿を描いていた。
また、殺人犯が完全の悪ではない描き方をしていたのが良かったです。

殺人犯が殺した人の血と、殺人犯自らが自殺して出た血が繋がるシーンは忘れられない。
so

soの感想・評価

4.5
行間を考える、、、
時間を感じる、、、
間を味わえる日常は幸せなんだろう。


そこには想像は無い。
非日常リアル。


ロビー活動のツールには収まらない。
映画というエンターテイメントの中で突き付ける鋭利なドキュメントの連写。


秀逸。
雪

雪の感想・評価

3.7
悲しい…。
なんて自分勝手な犯行。
殺された生徒や親のことを思うといたたまれない…。
Masa

Masaの感想・評価

4.0
原題: Polytechnique
直訳: 工科学校

ー あの日のことは今も 私の魂を揺さぶる

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督長編第3作目。
旧作コーナー探し回って、ない!ってなってたら、準新作だった。
2009年の作品を去年上映したのね…

何はともあれ。
凄い映画を観た。

1989/12/06。
モントリオール理工科大学。
突如、半自動ライフルで女性14人が殺害された。

この実際の「モントリオール理工科大学虐殺事件」を基にした作品。

開始3分で引き込まれる。
序盤は珍しく犯人の視点が描かれる。
被害者の恐怖がひしひしと伝わる描写。
自分もその場にいるような感覚。

事件で心に傷を負った2人。
この傷がどのようにそれぞれの人生に影響を及ぼすのか。

私たちは「想像」しか出来ないが、それだけでも…きつすぎる。

尺が80分弱と短いので是非。
というかこんな短尺で、台詞もほとんどないのに、ここまで語り、伝えてくるドゥニ・ヴィルヌーヴ監督…凄い。

あのショートカットの似合う綺麗な女優さんは誰…‼︎
ミッドナイト・イン・パリに出てるのか。
探してみようかな。
やっぱり、ドゥニヴィルヌーヴはすごい。重くて苦しい主題を、わざとらしい軽さを一切入れることなく、正面からひたすら重く、やってきた。先日観た『女神の見えざる手』はアメリカの銃規制法案を通すためのロビー活動の話、そして、また起こったテキサスの銃乱射事件。観るタイミングは、間違いなく今だった。

この監督の銃の表現が、いつも腑に落ちる。『灼熱の魂』でも感じたけれど、銃を持ち撃つ人間は、ためらわないし、情が入る余地もない。銃を向けて無駄にためて、撃つ直前に何かしらの邪魔が入り助かる、なんて事は一切ない。アンジェイワイダの『カティンの森』の銃殺の流れ作業も思い出してしまったり。それだけ銃という武器の前で、日常生活を送る人間は無力。綺麗事や救いなんてない、そう感じる事ができる説得力がある。

多くの説明がなく、ドキュメンタリーのように淡々と進んでいく。衝撃のオープニングで、どこで事件が起きるのか、ひたすら息を呑み、見守り続けた。77分という短さだけど、重い衝撃を受けるには十分だった。
>|