リアル 完全なる首長竜の日の作品情報・感想・評価

「リアル 完全なる首長竜の日」に投稿された感想・評価

neeysiss

neeysissの感想・評価

1.5
のちのクリーピーがいかに快適か分かる。好きに撮り続けてほしい。
NINE

NINEの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

出演者繋がりで観る気になったので、観てみた。

世界観としてはインセプションな感じで、ストーリーとしてはHello Worldな感じだった。

最後に2段目の謎が解けてから、首長竜が出て来てアクションが強めになったけど、結構動き良かった。

ハッピーエンドなだけにもう少しエピローグが観たかった。
takuan

takuanの感想・評価

3.0
すごく評価が低い映画だという前提で見ると、案外悪くない。
サスペンス映画と見せかけて、ホラーと見せかけて、ミステリーと見せかけて、怪獣映画だった。
恐竜を退治するときの手段と綾瀬はるかのヒーローショーみたいなテンションが意味不明すぎて笑った。
butasu

butasuの感想・評価

2.0
世にも奇妙な物語の駄作レベル。雰囲気を作りたいだけで意味のないホラー演出が続く前半部分。綾瀬はるかが全然不気味に見えないため恐怖感はゼロ。後半はひたすら退屈。黒沢清映画って細かいところ突っ込むと「良さがわかってない」とか言われるのが本当に腹立つ。どんなに演出が良くても、脚本があれだけ破綻してたら無理。正直演出の良さもわからないが。意味ありげで雰囲気を作りたいがための描写やアイテムたちは、その場で使い捨てられるだけ。登場人物たちの行動原理も滅茶苦茶で、展開のためにキャラクターか動かされているだけ。感情移入なんかできるわけがない。
ただ、佐藤健があんなにホラー向きだとは知らなかった…いいリアクションしよる。
おそらく個人的に黒沢清が本当に合わないだけで、好きな人は楽しめるのだろう。事前に監督を知ってたら観なかったのに…そこそこの有名監督なんだからもっと監督名を全面に出して宣伝してくれ頼む…。
なんかよくわからなかったなぁ
うとうと寝ちゃったからっていうのはある
でもそれくらいつまらなかったっていうのもまた然り。
黒沢清が人をものみたいに観ることについてはほとんど悪意がない。人だろうが犬だろうが車だろうが、ものが動くことについての純粋な喜びがある。役者がどのようにひとつひとつの動きを動機付けているか、つまり演技プランは、キャラクターは足並みが揃わなければ作品のノイズになる
M

Mの感想・評価

3.2
綾瀬はるかと佐藤健が立場逆転、は途中で察したけど、普通に考えて意味不明(笑)
今までの佐藤健の立場から見てたものとか…なんなん?て感じ。
とはいえそれなりに楽しめたけど…
首長竜との戦いは若干笑える。
中谷美紀の演技もあーゆー演技なんだろうけどなんであんな不思議系キャラなのか…
ちも

ちもの感想・評価

2.3
佐藤健と綾瀬はるかの無駄遣い映画
首長竜って言葉聞くと首長めだった小学校の友達思い出す
コズエ

コズエの感想・評価

2.5
最初〜中盤までは設定や雰囲気共に凄く面白かったのに、終盤ファンタジー色が一気に強まり置いてきぼりにされた。
bono8

bono8の感想・評価

2.5
CGの使い道がなんか違う気がする。
途中からなんとなくオチが想像できてしまったので、驚きはなかった。
>|