リアル 完全なる首長竜の日の作品情報・感想・評価

「リアル 完全なる首長竜の日」に投稿された感想・評価

MakiMinami

MakiMinamiの感想・評価

4.5
映画館で見た作品ですが、
さすが黒沢監督。
一筋縄ではいかない。
SF?ホラー?サスペンス?
色んな要素をぶち込んでくる。

映画館で見た時は、
綾瀬はるかが目が覚めないのか、
それとも佐藤健が目が覚めないのか?
複雑で理解できなかった(>_<)
そんなに難しくないのに(^^;

もう一度見てみたら
ストーリーも良くできていて、
刺激的な映像にも引き込まれました。

黒沢監督の映画は、
映像に微妙な歪みと言うか、
ひずみと言うのか?
なんか不気味な違和感が、
観るものを不安にさせる。

後半の意外な展開と
思ったより良くできているCG映像に
驚き👀‼️

なかなか楽しめた作品。
前半と後半の追い込みが
違う映画のようだった。
もか

もかの感想・評価

2.0
面白くなかったかなー。
眠たくてあまり覚えてない
長く感じたし

役者の無駄遣いやなー。
Chino

Chinoの感想・評価

2.1
起伏がなくつまらない。首長竜の存在理由もなんか微妙…
役者の演技で耐えって感じ。もっとコンパクトにまとめるべきだった
rarin

rarinの感想・評価

2.0

小学生か中学生の頃にただ佐藤健が出るというだけで観た作品なので内容もあまり覚えてないし、何も感じた記憶がないです。

ただなんかめっちゃCGって幼い子供ながら思った記憶があります。笑
まさし

まさしの感想・評価

3.7
上映されてた当時けっこう大きめにプロモーション打たれてた記憶がある。家族で観に行ってぽかーんってして帰った人とかいそう。
中谷美紀のあんまりにもな感じとかも伏線だったんだなあ。

人の立たせ方とか光の当て方だけでこんなに不気味になるの凄い。怖い。
Kirisshy88

Kirisshy88の感想・評価

3.6
漫画家の妻が自殺未遂し昏睡状態。夫は最新技術のセシングで妻の意識に入り込み、妻との交信を試みる。
他人の意識や記憶、夢に入り込むというアイディア、視点自体はウィリアム・ギブソンのマトリクスや筒井のパプリカのDCミニをはじめ、とりたてて珍しくはないものの、そうしたデバイスや媒体をどのように扱い深めるのか、その内容こそが重要であり、そこにそれぞれの物語のオリジナリティがあるように思う。
本作は、漫画家の意識という特異な対象であり、そこで既に独創的な作品になっている。さらに監督は本作でも黒澤流の大どんでん返し(転倒)を忘れない。
ただし個人的には「そもそも恐竜が必要だったのか」、エンタメ・パニック映画風の終盤には大いに疑問であり、その分マイナス。
KJ

KJの感想・評価

2.3
いつだったかのミステリ大賞の2位だか3位だかで、読んだ小説がこの映画の原作『完全なる首長竜の日』
その原作も微妙だった
謎が解けた時に、怒りなり悲しみなり、喜びといった感情が伴うことがミステリの真の醍醐味なのだが、それがどうも薄かったのは、なんとなく登場人物に魅力がなかったのかもしれない。

ブレインダイブというか、夢に入るという発想は、ザ・セルとか、インセプションでもやってた。
ISOLAってホラー映画のネタバレといえばネタバレ

エンディングのミスチルのREMって曲が、意外と名曲
長いです。ラストにはしっかり首長竜まで登場して、原作のラストの居心地の悪さを完全に吹き飛ばしてのハリウッド的展開。がっかりです。
ぱなお

ぱなおの感想・評価

2.0
原作既読。原作もなんだなかぁ~って感じでしたが、映像化はもっと微妙です。夢の中の何でもありきな世界で、やたらと雰囲気勝負って感じ。そして、ストーリーは全然進行しないもんだから、「で?」と突っ込みたくなる。車のバックミラーも変じゃない?昏睡状態の脳に入り込むという設定はいいと思うんだけどなぁ。。
勝手に冒険アドベンチャー的な感じかと思ってたけど全く違った、ちょっとホラーより?
一番気になったのは車のシーン、リアルさを感じなかった。それがいいのかもだけど
ある意味小説を読んでみたくなった。
>|