her/世界でひとつの彼女の作品情報・感想・評価

her/世界でひとつの彼女2013年製作の映画)

her

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

「her/世界でひとつの彼女」に投稿された感想・評価

のぶお

のぶおの感想・評価

3.5
主人公おしゃれ映画
たたい

たたいの感想・評価

3.3
いろんな愛の形や始まりがあって、深く許容することができる世界は素敵だなとは思うけれど、いまいちのめり込めない自分がいた。
自分の愛に関する考え方はまだまだ保守的なんだろう。人対人で接して育みたいものだと思ってしまって。
この設定だとただ主人好みの機械的人格を作り出すことが可能すぎてこわい。これってつまり自己愛なのでは?
この世界では人間とコミュニケーションとるの、面倒臭いでしょうね。言うこと聞いてくれるシステムの方がそりゃあ楽でしょう。
人間は多様性がありすぎて、だからこそ魅力的なんだから、リアルを手放さないようにしていきたいのに・・セオドアにはリアルな友人が何人か描かれてるからまだマシに見えるけど、本当に人付き合いやめてる人いそう。
でもそんなデジタル化した世界でも、最も心を動かすことになるのは紙の本、とか手書きの手紙、とかでアナログに対するリスペクトが垣間見えるのは好感が持てました!

いろいろ考えてしまうから、総括すると良いテーマの映画なんだろうな!いつもはここまで考えないことでも、作品きっかけで考えさせてくれるのは良いですね😌
良い・悪い、好き・嫌いの先の感覚を研ぎ澄ませたら素敵ですよね。

“愛は社会的に認められた狂気”このセリフを聞いてはっとした。言葉には出来ずとも思っていたことをズバッと言い当てられたような。ほんと、そうだよなぁ。

スカーレットヨハンソンの声がめちゃくちゃセクシーで、その点で惹かれてしまう分には、セオドアを否定できないと思ってしまうw
YusukeMori

YusukeMoriの感想・評価

2.0

設定。
×
展開ない。
靄

靄の感想・評価

1.5
個人的にはあんまりぐっと来なかった。
序盤から退屈でしっかりと見る気になれず、気付いたらもう終わりそうだった。

最後もあまりしっくり来ない感じ。
ちゃんと見てなかったというのもあるかもしれないけれど。

なるほど、そういう人もいるのねくらい。
なんて素敵な映画なのだろーか!愛ってなんなんだろーと考えさせられます!
クリスプラットちょっと太ってて面白かった
ぴい

ぴいの感想・評価

4.2
世界観がおしゃれ
自分が日頃から大切にしている「リアル」には反しすぎていて浸れなかった。リアル生活を充実させるべき現実逃避ツールにはまり込んでしまい、どっちがリアルなのかわからなくなっている主人公に可哀想と感じてしまった。個人的な感想です。
ア

アの感想・評価

-
彼女からしてみたら人間との交流って通信制限かかった時のネットみたいなもんだよね〜とか思った
は

はの感想・評価

4.2
ん?と思うところは多いし、
ツッコミどころ満載なのはわかるし、
「結局、セオドアは、リアルの人間と向き合えないんじゃんか!」
は最初から最後まで思ってたし、
そこら辺で白ける気持ちは、やっぱりあるけど、
この人自身は、ちゃんと恋愛してたんじゃないか、
とか、
この人の気持ちはほんと純粋だった、
とかは、否定できない感じする。
>|