ヨーロッパ映画賞 作品賞 受賞映画作品 25作品

ヨーロッパ映画賞 作品賞 受賞作品。これまでにミヒャエル・ハネケ監督の愛、アムールや、キルスティン・ダンストが出演するメランコリア、ゴーストライターなどが受賞しています。

映画賞で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

ミヒャエル・ハネケが描く愛の物語です。傑作。 ハネケが愛の物語?って思う方もいらっしゃると思いますが、安心してくださ…

>>続きを読む

評点定まらずなのは、他にもこの監督の作品を観てみたいからだが、もしつけるとするなら、現状では、1点から2点の間。胸糞映…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

地球滅亡というありきたりのSFのプロットを横軸に、ある家族の、それに対する心理の動向を縦軸に描いているが、地球滅亡とい…

>>続きを読む

1人鬱映画祭 第13弾 鬱ランク C- ラースフォントリアー監督作品初鑑賞 「メランコリア」とは、憂鬱のことを言…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

久しぶりに見てみた。これで5回目。やっば最高! ポランスキー監督の作品としては若干異色な感じはするけど、確実に最高傑作…

>>続きを読む

主人公であるゴーストライターは元イギリス首相アダム•ラングの自叙伝執筆を破格の値段で引き受けるが、やがて政界を揺るがす…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 舞台は第二次世界大戦直前の北ドイツの小さな村で始まる。年老いた男の独白、1913年〜14年までの僅かな期間、診察帰り…

>>続きを読む

初めて劇場で観たハネケ作品で、審査員イザベル・ユペールの身内贔屓が確実にあったろうと思ったもののハネケが遂にパルムドー…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

イタリアの「カモッラ」という犯罪組織に関わる人々をドキュメンタリー風に描いた作品。以前観た「シティ・オブ・ゴッド」に似…

>>続きを読む

集合住宅,子どもたちが遊ぶ隣で「警察だ!」とマフィアたちの怒声が響く。結婚式が開かれている階の上では,マフィア…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『エリザのために』がとても良かったので同監督のパルムドール受賞作であるこちらも鑑賞。いや〜さらに息の詰まる重さ、女子大…

>>続きを読む

ルーマニア映画。ある女子大生の人工妊娠中絶と、それを手伝う友人の一日を描いた物語。 とにかく出てくる人間が、老若男女…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

作品の存在は知っていたが、やっと観れた。 (評判通り)これは良い映画、観てよかった! 「東ベルリンから来た女」などで…

>>続きを読む

1984年東ドイツ 行き過ぎた国家保安省 通称シュタージが国民の自由と権利を剥奪していた時代 そのシュタージの1人で社…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 閑静な高級住宅街の一角に構えた一軒の邸宅。人気キャスターであるジョルジュ(ダニエル・オートゥイユ)と、作家で彼の妻ア…

>>続きを読む

メタメタのハネケだから普通のミステリーじゃないと勘ぐって見ていて、これは何を言いたいんだというのに注目していたんだけど…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

別々に自殺を図った見知らぬ男女。勿論死ねず、病院で出会うや否や「私と結婚して」と言われ、理由なく承諾した愛のない訳あり…

>>続きを読む

ファティ・アキン監督にハズレなし。いつも良い映画を制作されます。その手腕が高く評価されて、本作はベルリン国際映画祭金熊…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

東西ドイツ統一寸前、主人公の母親が倒れ昏睡状態に陥る、その後ドイツは統一され、母親にショックを与えるなと医師に警告され…

>>続きを読む

最近、私のハンドルネームが深夜の飯テロと化していてすみません。 作ってから1週間後の、、炒飯 とかにしたら飯テロは回避…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

感想川柳「観た後の 虚脱感が ハンパない」 オール・アバウト・マイ・マザーが面白かったので、同監督の作品ということで…

>>続きを読む

かたやバレリーナ、かたや女闘牛士。 その神々しさに一方的に惹かれる男。 母親の面倒だけ見てきた世間知らずの若者、ベニグ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

渋谷のスペイン坂の脇に、 シネマライズはありました。 渋谷駅を降りて、わき目も振らずに ひたすらシネマライズを目指す…

>>続きを読む

アメリが他人に間接的に関わることでちょっと幸せになったりする。 お洒落だけど眠い。語り口も編集もちょっと独特過ぎて置…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この映画の世界観は理解出来ない人もいるでしょう。自分も苦手な分野です。 随所に出てくるミュージカルのシーン。 なんで工…

>>続きを読む

ラースフォントリアー監督作品 これは難しい映画でした。まず、その結末を受け入れるだけでも、相当心の準備が必要かと…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1998年スペイン映画。 3回目。公開当時の初見は、設定にリアリティーがなくて共感出来ないと思って評価は低かった。でも…

>>続きを読む

WOWOWでペドロ・アルモドバル監督作品を立て続けに見た。まず1本目が世界の映画賞を総ナメにしたこの作品。かなり昔に見…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

父の日特集!再投稿 ホロコーストという究極の窮地。 その中で父は、命を賭して子供を守る。 どんなことがあっても、…

>>続きを読む

ずっと見るのと戸惑っていました この前「手紙は憶えている」を 見てホロコーストについての映画みたいなと思っていたので…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

“チ○コを出す”と、相当湿気た場も多少ホットになる。どんな野郎のどんな息子だろうと最低限の戦果があがる。まさに奥の“手…

>>続きを読む

俺は息子のために裸になる!! ストリッパーというまさに裸一貫からのスタートを切ることを決めたのは、鉄工所をクビになり…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

トリアー作品を見る時は毎回覚悟がいる。深いメッセージ付きで得るものはあるのだとわかってはいるけども、体力の消耗が激しい…

>>続きを読む

ラース・フォントリア―監督の初期作品であるが、精神的にキツイ内容はこの頃から健在だ。チャプター分けにされたストーリーは…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

スペイン内戦で義勇兵として戦ったイギリス人男性の話。ジョージ・オーウェルの「カタロニア讃歌」が原作か?と思わせる設定が…

>>続きを読む

第二次世界大戦前。ヨーロッパの人たちが国境越えて助け合ったり傷つけあったり...。イギリス、リバプール出身の主人公がス…

>>続きを読む
>|