高慢と偏見とゾンビの作品情報・感想・評価

「高慢と偏見とゾンビ」に投稿された感想・評価

ひろ

ひろの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

初めての共同作業もゾンビ退治になりそうなとこ含めて面白くかっこいい。

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビものだと思ってたら恋愛ものだった。ゾンビとの闘いて感覚もあまりなかったし敵もあっさり倒しちゃたしで物足りない。けどみんな結ばれてよかったんじゃないでしょうか
oshi

oshiの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

わたしのタイプの問題だけどダーシーもっとイケメンにしてくれれば良かったのにな。ゾンビコメディじゃないならどタイプの美人とイケメンにしてもらいたいよ。
もう大丈夫とか言ってる中、待ち受けているゾンビの集団。全然大丈夫じゃない!この100分なんだったんだ!
Aircon

Airconの感想・評価

3.3
少女漫画みたいな関係。
第一印象、ヤなやつ!っていう。
ダーシーの声おじいさんみたい。

2人の恋愛関係の描写が圧倒的に足りてない気がする。
ダーシーが告白するシーンとかかなり唐突だし、釈明の手紙によって自分の偏見だったと気づくシーンも。

ツッコミどころも結構あるし、なんかいろいろ使わないで終わったもの残ってる気がする。
5人姉妹のバトルシーンも最初の紹介だけだったし、ゾンビものの定番シーンも前半だけ、ゾンビ自体も知的で新しいものになるかと思いきや放り投げ、たぶん物語のボリューム的にあと60分くらいないと描けないと思う。
テレビドラマの総集編みたい。
y

yの感想・評価

3.5
まじめにふざけてる映画。ところどころコメディ的な描写もあるが、ストーリーは王道ラブストーリー。
JUN

JUNの感想・評価

3.9
なるほど、ただのゾンビ映画という偏見。
これはれっきとした恋愛映画でした。

あまりにも設定が奇抜すぎていっそ清々しいというか、逆に好きになれる。貴族とお金持ちに嫁ぎたい姉妹と、ゾンビのお話。全体的にキャラクターに個性がありすぎるので、そういった面でとても面白い。クスッと笑わせてもらえるし、全体的にキャラクターに愛着がもてる。
世界観はヴァンパイアが出てきそうなのに(偏見)、出てくるのはゾンビ。

女性陣が強いのも好感が持てましたし、恋愛映画としての要素もほどよく抑えていました。日本の少女漫画によくありそうな「最初は嫌いと言っていたけど気になっていってしまう」系ですね。
アクションも、ストーリー運びも好きで、ゾンビ映画の要素の合間にロマンス系社交界が挟まれるという異色の組み合わせながら、全然違和感がないというか。
絶妙な不思議配合。
原作の高慢と偏見を読んだことがないのですが、この映画のゾンビ要素なくした感じなのでしょうか?(まぁこの映画8割ゾンビですけど)

貴族のお二人が、とにかくかっこいい。誰もが憧れる正統派王子様と、曲者だけど本当は愛に一途な王子様。ゾンビ映画ですが、女性の方が好きそうな雰囲気です。

偏見を捨てて、一度観てみてください!と言いたい。
大

大の感想・評価

4.0
最初の5分で名作の予感。次の5分で完全に名作が始まった実感。ゾンビものがみたい!戦う女の子がみたい!という人にははまる。
すごいのは「高慢と偏見」のあらすじにしっかり沿っている点、ゾンビものなのにパンデミック当初ではなくすでにゾンビが日常になってる時間軸である点。
たしかにゾンビである必要はないが、そんな細かいことどうでもいいと思わせてくれる勢いがある。減点式ではなく加点式で見てほしい。
元ネタになったオースティン文学や19世紀英国ものは大好物なんだけど…何ゆえゾンビ?逆にゾンビものが好きな人は、こういう時代劇ってどうなの?いったい誰ウマなんだろう、この謎設定(´・ω・`)
…この舞台設定ならヴァンパイアもののほうが相性よさそうだけどなあ、うーん。いずれにせよ、アメリカ人っぽい発想かもしれない、こういう魔改造は。
サム・ライリーの顔が良い。
アクションは楽しいし所々の小ネタで笑わせてくる。完成度の高いあほ映画。
‪リリー・ジェームズとベラ・ヒースコートがただただ美しい。‬
>|