キャロルの作品情報・感想・評価 - 530ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

skip

skipの感想・評価

-
許されざるハッピーエンドなど女性史として気になる題材と時代背景。汚れたガラスはそのままで美しいと知る。象徴的な女性の手。右に左に構図がきまれば、窓は画面を分割した。これほどまでに洗練されていて美しいとは。歩む女性の姿もそれを映す映像も。少し震えながら息を細く静かに吐く。
女性同士の恋愛、それを効果的に盛り上げる音楽で作られていた。

私が男性だからという視点は抜いて、客観的に見て、女性同士だから美しく見えてしまうのであって、これ男性同士だったら正直美しくは見えないじゃないかな…。
marina

marinaの感想・評価

4.0
もう一回映画館でみたい、ルーニー・マーラ最高〜。ファッションも髪型、デパートの雰囲気や車のシーンが気に入った。音楽も。最後まで、ずーっと惹きつけられる映画。伊語で観たから、セリフが???なところもあって、でもだからこそ表情や仕草にのめり込めたのかも。静かだけど、夢中になっちゃう映画。二回観た。日本語でもう一度観てみたい。
み

みの感想・評価

3.5
とにかく切なくて美しい映像と音楽に惹かれました。字幕なしで見たからもう一回見直したいところはある。テレーズがキャロルに惹かれていくのもドキドキしながらわかるし、二人で重なる夜のシーンはとても綺麗。女性同士だとなぜあぁも美しくて儚くなるんだろう。テレーズは成長したのかな。キャロルみたいな人がタバコを吸うと本当にかっこいい。とりあえず服や時代背景がおしゃれで、黒革の華奢な腕時計が欲しくなるし、ヴィンテージのカメラが欲しくなるし、レコードで音楽を聴いてみたくなるし、スーツケースは全部、箱のタイプに変えたくなるような映画。
Vlad

Vladの感想・評価

4.0
"Carol" is a softer, more mature and glamorous version of the French movie "Blue is the Warmest Color" アデル、ブルーは熱い色.

Beautifully shot with some amazing colors and a great attention to detail. Both leads Cate Blanchett and Rooney Mara give solid performances and especially Cate Blanchett - I sense an Oscar nomination.

Recommend it to the adult and mature (movie) lovers
さやか

さやかの感想・評価

3.8
クリスマスらしい映画でした。
キャロルの憂いを帯びた表情、振る舞いとは対照的なテレーズの少し幼く少女のような雰囲気が印象的でした。キャロルは幼い娘をテレーズに重ねていたのかもしれないと思います。

特にテレーズがYES, NOをきちんと使い分けて自分の主張を示さないために、どんどんずるずるとした、お互いに依存し合っていく関係になっていく様子が見ていて切なかったです。二人のすごく強い精神的な結びつきが感じられました。

劇中のクラシカルなファッションもとてもすてきで、それぞれの登場人物を異なる服のテイストで表現していたのも見応えがありました!いろんな面から楽しめる映画なので、見るたびに違う発見がありそうです:)
1930年代くらいでしょうか、埃っぽくて、寒々しくて、電力不足なところもうまく表現していたと思う。
こういう時代だったら、「パレーズエンド」なんか華々しくて、ロマンチックに表現しているけど、「キャロル」は現実的。
コミュニケーションの仕方も自然だと思った。
女性同士の恋愛の始まりも見ている側も一緒に味わえる感覚。
今の同性愛者の出会いは、出会いサイトやクラブでホテル直行だけど、昔は自然に発展していく。
男同士だと性にこだわるけど、女同士だと精神面が大切にされる。
よかった。
Tsubaki

Tsubakiの感想・評価

3.5
女性が自分を開花させるとこんなにも美しいのか。溜息が出る。50年代の衣装や小物も素敵。今ほど寛大じゃない時代。男性と女性で捉え方が違うかも…。何かわからないのだが、もうひとつ物足りなさを感じてしまった。
キャロルの存在意義
私がしたいようにするための判断

それでもなお、テリーズを惹きつけたキャロルの
クライマックスは銃の引き金を引くのかと。
それくらいにテリーズが放心して、キャロルに惹きつけられて

惚れた女性とともにいねばならないキャロルの性癖ともいえる人生観。
天から落ちた

無償な娘への愛を抱えつつも、譲れないキャロルの生き方

香りの違い、漂う雰囲気に圧倒された女性の初恋。

香りやライフスタイルに憧れたのだろうか。百貨店で働く身→いとも簡単に列車セットを買う側、テリーズにとって出会ったことのない、まさに触れ合うチャンス。

写真芸術の才覚を隠し持って表さなかった。
ピントが合っていなくても、完璧と評される喜び?キャロルの何気ない罪深さ。

ニューヨークタイムズで、堅苦しく忙しない男たちのサポートでしかない、タイプライターの働き→テレーズ

ファーストシーン
ラストシーンの撮影角度、経過をふまえた心情理解、それぞれのシーンの重み。

男たちのパーティでいつでも出会える友達の友達の女に、自らの好評は意味をなさない。うわの空である。→何がテリーズを再びキャロルに向かわせたか?
待ち受けたキャロルの余裕に満ちた笑み。

タータンチェックのベレー
旅行に立つ際、赤い服に身を包む
 ひとりの女が自らの求めるものに立ち向かっていく様が、これほどに優雅で美しい映画になるということ。それは古典映画を夢見続けてきたトッド・ヘインズがそこに人間の美しさを見出しているということであり、デヴィッド・リーンを傍らに置きつつ、だから「美しい映画」から逃げなかった。ひとりの人間がひとりの人間の視線に気づく、その瞬間をカメラが収める……それは本当に永遠になってしまう。

早くも2016年ベスト候補。ただただ優美な傑作。