キャロルの作品情報・感想・評価 - 530ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

映画冒頭、テレーズの恋人リチャードの映画オタクの弟が「登場人物のセリフと本音の違いを分析している」という場面が出てくる。『キャロル』はまさに、そんな映画だった。というか、リチャードの弟は完全に、監督からのこの映画の見方についての指南書みたいなものだったのだろう。

そんな登場人物たちの感情の機微を汲み取るのに暇がない作品だった。物凄く上品に整頓された画面から、登場人物たちの家庭や恋人、そして自らの職に対してのかさつきが物凄く感じられた。
言葉の節々から強がりやたて前など、このときこの人物たちはなにを考えているのだろうという思いが止まらない。セリフに限らず、ルーニー・マーラ、ケイト・ブランシェットはじめ俳優陣の何気ない所作が素晴らしかった。

あと監督の映像での語り口が非常に良かった。手紙を書く→ポストに入れる→郵便が届く…というなんでもない一連の流れがとても自然で、言葉なしでの状況説明が、観てて堪らなかった。
ガラスの曇りや水滴が、登場人物たちの心情を移す鏡となっていたのも良かった。

ただ、これだけ映像で語るのが上手い監督なのに、それセリフで言っちゃうんだ…みたいなのも多かった。先にも挙げた、リチャードの弟のセリフだったり、タイムズのオフィスでテレーズが口説かれるところだったりが、キャラクターの先にある監督や脚本家など物語の裏の人物たちが見えてしまったのが残念。

それでも、俳優陣はじめ細部まで凝りに凝られた画面が堪能できる作品でした。
ひでお

ひでおの感想・評価

4.0
香水とシガーの香り。ケイトブランシェットの佇まいが、仕草のひとつひとつが妖艶で美しい。ルーニーマーラちゃんもとてもキュート。キャロルと出会ったことで変わっていくテレーズ。訳もわからずイエスしか言えず流されて生きてきたテレーズが初めて選択した最後。生き方や価値観が変わるような出会いは素晴らしいものです。絡み合う視線、微かな表情の変化で描かれる物語は繊細で美しかった。
g8

g8の感想・評価

4.2
映像、音楽共に上質な映画。
ゆったりと流れる、濃厚で匂い立つような美しい映画でした。
こんなに横顔の美しい映画はないのではないでしょうか。
世界の彼氏ことケイト・ブランシェットは脱いでも彼氏でした。
キャロルとテレーズの交わる視線、交わらない視線の描き方がすごい。これは映像じゃないと出来ない表現、彼女たちはお互いを見て、見なくて、恋をしてた、これはあとからジワジワきて泣くやつです。
ちょび

ちょびの感想・評価

3.6
綺麗な映像…二人の美女…静かで崇高な空気が漂う。
味は普通だけどインテリアや器にこだわりがある
お洒落カフェのように雰囲気を存分に堪能できる作品。
ルーニー・マーラのファッションも好みで目の保養。
不倫は決して綺麗なものではないけど。

最近のLGBTものならもっと複雑だけど濃密な
「彼は秘密の女ともだち」をお薦めしたい。面白いよ。
すげー大人な映画だった。

ガラス越しに人物を捉える描写が印象に残った。
楽しそうなシーンでさえ、どこか虚ろで、こんなことが長く続かないと不安に思えた。
キャロルがテレーズの肩にそっと手を置くシーンが繰り返されていたが、テレーズの表情は見えないので、想像が膨らむ。
最初と最後では意味合いが違っていたのではなかろうか。

キャロルとテレーズのお互いのことを思いやる気持ちが美しかった。
細かい描写の積み重ねでそれが伝わった。
2人の距離感がすげー大人。

一緒に旅行にいってもすぐにヤらない大人感。
俺だったら、すぐにゴネゴネして、相手に「とりあえずコンビニいこっか」とか言われてしまうだろう(何の話だ!)。

この映画が表面上で語っていることは、キレイごとかもしれない。
でも、大人ってキレイごとを言うもんだろ?
それに、この映画はそんな大人がうまく生きていけないことを描いていて、それもわかるぞっ!だった。
(アデルと真逆な)ラストも、俺にはハッピーエンドとは思えなかった。

美しい世界の裏側を、(あくまで上品にだけど)描いていたのではなかろうか。

それにしても男たちは割り切ったようにダメダメな存在として置かれていて、肩身が狭かった。
Akane

Akaneの感想・評価

4.0
可愛いルーニー 美しく妖艶なケイト
1950年代の舞台美術とファッション
視線が語る
2人にしかわからない仕草
ラストのケイトの表情が忘れられない
Yurika

Yurikaの感想・評価

4.0
お洒落で綺麗な映画。
セリフは少ないけど、その一言一言に重みがあって、ルーニーマーラの天使のような可愛さとケイトブランシェットの美しさが間を埋めている感じだった。
いしい

いしいの感想・評価

3.7
とても美しい映画だった!
キャロルとテレーズがとにかく綺麗でずっと見てられた。2人の服装や街の雰囲気、全てがお洒落だった!内容は個人的にアデルブルーのほうが好きかな。こっちの方がゆったり目に進んでいく感じかな?とりあえず映画でみて正解でした。
obao

obaoの感想・評価

4.0
@ TOHOシネマズなんば
その気持ちを愛と呼んでいいのかもわからない時代の色彩、その愛の表現に戸惑うキャロルとテレーズ。絡み合う視線が集約されたラスト…その瞬間。。。あぁ…ドキドキした。

1952年ニューヨーク。まだまだ保守的な社会における女性の立場が職場からも恋愛からも封建的な空気が漂う。その世界を映し出すフィルム画質が心に響く。

ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラ…2人がただただ美しく、他の出演者は風景でしかないのかと思えるほどでした。

あまり多くを語らない方が…というより、この映画を表す色合いを持つ言葉を私には持ち得ません。あのラスト…その瞬間をぜひ劇場で。