キャロルの作品情報・感想・評価 - 530ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

さかた

さかたの感想・評価

4.3
すごく内容が濃くて胸が熱くなった。同性愛がテーマのお話だけどリアルすぎず、描写も美しい。

相手が同性であれ異性であれ、その人を恋い慕う気持ちはまったく一緒。ただ純粋に惹かれ合い、好き合っているだけなのに、〝同性同士〟というだけで世間はどうして反対するんだろう…。

私は同性愛者ではないけれど、キャロルへの〝憧れ〟から〝恋〟へと変わっていくテレーズの心情、テレーズを愛しながらも、世間に認めてもらえないが故に彼女を離さないといけないキャロルの辛さ…いろんな思いに共感し、胸が締めつけられました。ただただ、深い内容だった。

キャロルが男前で美しすぎて、テレーズ同様、私まで惚れそうになった(笑)。
Zam

Zamの感想・評価

4.1
終わりしか感じられない関係もある。最後のシーンは人によって感じ方が様々だろうけどふたりは幸せになれたと思う。この映画で新しく道徳的条項という言葉を知った。理解がないというのは悲しいことだ。フランス映画っぽかった。
honami

honamiの感想・評価

4.5
主役ふたりの魅力が溢れててもう凄かった。全く違うタイプの最高に魅力的な女ふたり、、
「あなたは不思議な人。天から落ちてきたみたい」
ってすてきだなあ
言われてみたい(勿論ケイトブランシェットの様な女の人に!)

凄く好きな映画でした。音楽も、50年代のファッション(ロンググローブ欲しくなった。洋服によって使い分けててすごく素敵だった)も雰囲気も、タイトルバックのフォントまでもが良かった。
私的香水の使い方が素敵な映画ランキングにもランクインしました。
はーうっとりしたー
アデルより好き。
ざきお

ざきおの感想・評価

3.4
シンプルにキャロルとテレーズの妖艶な美しさに魅入りました。

このレビューはネタバレを含みます

日本では根強いBL文化があるためか、女性の方が割と同姓同士の恋愛に積極的な気もするけど、本作ぐらい女性同士の関係を掘り下げた作品はあまり見たことがなかったから、どんな気持ちになるんだろう…と客観的な目線で主人公ふたりの同行を追いかけました。

頭の先からつま先まで“ゴージャス”を身にまとうケイト・ブランシェットと、森の木陰からひょっこり顔を出すリスのようなあどけなさの残るルーニー・マーラちゃん。このふたりをキャスティングした時点で、ほぼ成功なんじゃないでしょうか。衣裳や小道具、社会的な立場などの設定、対比感が完璧。お互いが心の穴を埋めるために、必然的に恋に落ちていく過程がごくごく自然で、そして圧倒的に美しく…どっぷりと甘美な世界観にひたれました。言葉を交わさずとも視線で会話をするふたりのやりとりが、この作品が訴えるものすべてです。

夢見る夢子ちゃんのテレーズがキャロルに惹かれたのは、結婚をせまる恋人がいても結局“孤独”だったことが大きいんじゃないかと思う。話が通じない相手と一緒に生活するほど苦痛なものはないし、そんな状況の中で、自身の夢である写真を撮ることをキャロルはすすめてくれた=自分を認めてくれた、と考えるのは当然。自分の存在価値に頭を悩ませたり、誰かに認められたいという厄介な欲求は、テレーズの年齢だと思考の割合を大きく占めるものだから。

妻として母としてよくも悪くも辛酸をなめてきたキャロルが、娘への狂おしい愛情と執着を爆発させるシーンは圧巻。隣の席の女子号泣。終始一貫して信念を曲げない強さは男前すぎて、最終的にはスクリーンに向かって「抱いてください!」と叫びそうになりましたよ。それでいてニューヨーカーとして働くテレーズに見入る儚げな眼差し…なにそのギャップ、無双か。

見終わったすぐより、持ち帰って余韻に浸っていると色々考えてしまう作品。自分の嗜好もあわせて、誰かと語りあいたいぜ。
ともち

ともちの感想・評価

3.7
大阪梅田にて鑑賞

美しい映画。どんな結末になるのか途中まで全く分からなかった。

もう一回は観ないけど、観てよかった。
小僧

小僧の感想・評価

4.2
アデル、ブルーは熱い色でもそうだったけど女性同士は絵になるなと思った。ルーニーマーラ可愛すぎだし、全体的に美しかった。バードマンみたいに理解できない系かな?って思ってたから、そんな事なくて良かった。
ダケタ

ダケタの感想・評価

3.9
carolのタイトルロゴやエンドロールが、水色でびっくり
何故だか印象に残っています
全編セリフが少なく、英語ダメな私でも少しリスニングできるくらい

テレーズは幾つなんだろうたぶん私より少し下の年齢だと思うけどこんな経験羨ましい、でも、辛いよね、失恋…
誰かを(特に、本当は付き合ってはならない人を)好きになったときのままならなさとか、やり場のない恋情とかが溢れていて、観ていて辛くなるほどでした
でもキャロルが男だったら私はダメだったかもしれない、なんて不誠実な男なんだ!って思ったような気がする
2人の美しさと映画の美しさでその部分が隠されてしまった気がする

私は物語の終わり方すごく良かったと思うけど、ストーリーに感情移入する人と全くダメな人と真っ二つに別れると思います
shihong

shihongの感想・評価

3.9
退廃的な上流階級マダムを演せたら
天下一品のケイト様。
彼女に狙われたら私も逃げられません。
(むしろー(´-` )

世界観が完璧で素晴らしいと思いますが
高尚、とでも言いましょうか、
お客を選ぶ映画ですな。

Movieと言うよりもFilmといった方が似合うような。


オスカーにノミネートされていましたが、
ケイトは高らかに獲れるわけない、と笑い飛ばしてました。
まだまだ保守的なんですね。アカデミー会員。
うん。
エディも獲れなかったしね。


ルーニーもガラリと変わってキュートでした。
何を考えているか分かり辛いのは、変わらないけど。

小さい小さい映画館で見たいな、
そんな感じを受けました。
mikamucho

mikamuchoの感想・評価

3.6
全編を通してセリフが少ないのに、こちらに伝わってくる主役2人の溢れ漏れんばかりの感情の洪水にやられた。酔ったに近いです。演技力なのか演出力なのかわかりませんが、言葉無しにここまで感情の情報量を伝達する作品は凄いなと。
おふたりのお美しさ、魅力はいわずものがなです。
恋愛をしたことがある人たちは絶対理解できる部分も多々。
ただこの時代の同性愛の生きづらさ、差別、哀しみなどはそんな大きく、具体的には描かれず、ちょっとストーリー的なドラマティックさには欠けます。が、とにかく想いを伝え合う、想いが募る、想いが重なる、想いが結実するといった、恋愛におけるあれこれな気持ちがひたすら心地良く、美しく、痛く伝わってきます。ケイトさんの娘や恋愛に対する凛とした「強さ」、ルニーマーラーの若さ故の「不安定な熱さ」が印象的でした。