キャロルの作品情報・感想・評価 - 530ページ目

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

ロック

ロックの感想・評価

3.5
序盤のキャロルのあるセリフで一気に作品に引き込まれた。
鮮やかな色彩の映像と、主演二人の優雅で艶やかな美しさに最後まで酔いしれる。自分の意志をもつことの尊さ、この時代だからこそより強い説得力があった。終盤の彼女の目の演技は流石。
色彩と音楽は素晴らしいの一言

色彩に関しては今までの見てきた映画の中で1番好みだったかもしれない。
とにかく「赤」が綺麗。
口紅、カーテン、ネイル、信号、背景・服の一部、、、諸々。
その色が指す意味を考えるだけでも楽しめる映画でした。

表情や視線で語るケイトブランシェットは素晴らしい。

そしてルーニーマーラが本当に可愛い、、可愛い過ぎです。
揺れ動く心を上手く表現していましたね。

この2人の演技を観るだけでも価値のある映画だと思いますし、劇中のセリフとラストがびっちり決まり「美しい」の余韻が残りました。

この映画を良いと思う感性の方とお付き合いしたいと思ってしまいました笑
ewe

eweの感想・評価

3.6
||劇場|| ガラスの使い方が印象的。
ガラス越しに見える心情、ガラスに映る感情が切ない。

同性愛は大した問題ではなくて(当時は問題だけど)普通に切ない恋愛もの。私はひたすら切なかった。キャロルが2度目、テレーズを見つけて視線を交わす…最後のシーンはギューンですよ!
最後だけ、解ったようなわからないような?語学力が粗末なので日本語でもう一度ちゃんと観たい、課題作になりました。

50'sが好きなので、インテリアも小物も車もファッションも音楽も!全て素敵だった。観るともなしに流しておきたい心地よさ、美しさです。

2016-32
Kurita

Kuritaの感想・評価

4.0
とある少女の成長譚かと思って見進めたのですが、最終的にはケイトブランシェット怪獣映画かと思ったけど、それだけじゃなくて。

同じくケイトブランシェット主演"ブルージャスミン"でも異能さを焼き付けて終わりましたが、こちらでは異能でありながら負けない、自分の場所を自分で作り上げる開拓者としても描かれていて、
しかもかつての自分であるような少女を巻き込んでいく魅力もあって。

怪獣というか、真っ直ぐすぎてはみ出してそれに気がついていても真っ直ぐであり続ける人。
それにたまに反発しながらも結局憧れる少女の視線に観客は、少なくても自分は気持ちを重ねてしまいます。
katohy

katohyの感想・評価

4.5
淡々と映像美と演技に酔う。
ルーニーの視線の演技が良かった。
ひとつひとつの表情にひきこまれる。50年代のニューヨークを舞台にした本作は、エレガントなロマンスで観客たちを楽しませてくれる。

ケイト・ブランシェットが時折漂わせる哀愁は、彼女の偉大さを雄弁に語っている。ルーニー・マーラも素晴らしい演技を披露しているが、ケイト・ブランシェットはとてつもなく素晴らしい演技を披露している。
N

Nの感想・評価

5.0
 素晴らしいの一言に尽きる。「顔で演技する」とはどういうことかを改めて感じさせられた。男性はテレーズみたいな女性に惚れ、女性はキャロルみたいな女性に憧れるのだろう。
 ちなみに、随所に『グロリア』へのオーマジュ的演出を感じたが、それは深読みしすぎだろうか。

#Filmarks2016
タツヤ

タツヤの感想・評価

4.9
50年代アメリカの雰囲気
エドワードホッパーの絵のような空虚さ
淑女としてのキャロルの品格
テレーズの若さ(可憐さ)からの成長過程
秀逸なサウンドトラック(テレーズのピアノ演奏とキャロルへのレコードプレゼント)
目を奪われる衣装の存在感

このレビューはネタバレを含みます

丁寧さに次ぐ丁寧さ。積み重ねに次ぐ積み重ね。一瞬をかくもじっくりと描くか、というレベルで、カットは行って来いを繰り返し、ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの視線の往復をゆるやかに、かつ明確に語る。
ふたりの出会いのシーン、そしてラストシーン。初めはテレーズがキャロルを見つけ、そして最後はキャロルがテレーズを見つける対比。鳥肌もの。
時代性を演出する材料として美術、音楽、衣装などが堅実に機能しているものの、当時の同性愛に対する背徳感だったり、または当時の男性が持つ尊厳、封建的な家庭観など、一定の理解度がないと感情移入の余白が少なくなるのが残念。
まめお

まめおの感想・評価

2.0
主役二人はとても魅力的だけど、キャラクター自体にそんなに魅力はない。
全編通して、何かとんでもない事が起こらないのは別に良いのだけど、何かとんでもない事が起こりそうな雰囲気が出てたから、期待はずれ感がある。
映像は綺麗だった。