ルイの9番目の人生の作品情報・感想・評価

ルイの9番目の人生2015年製作の映画)

The 9th Life of Louis Drax

上映日:2018年01月20日

製作国:

上映時間:108分

あらすじ

愛らしくて賢い少年ルイ・ドラックスの人生は、まるで何かに呪われたようだった。ひどい難産の末にこの世に生を受けたルイは、それから毎年必ず危険な事故に遭い、幾度となく生死の境をさまよってきたのだ。そして9歳の誕生日に海辺の崖から転落した彼は、奇跡的に命を取り留めたものの意識不明の重体に陥ってしまう。担当医のパスカルは昏睡状態のルイを救うためにあらゆる手を尽くすが、父親ピーターは行方不明となり、母親ナ…

愛らしくて賢い少年ルイ・ドラックスの人生は、まるで何かに呪われたようだった。ひどい難産の末にこの世に生を受けたルイは、それから毎年必ず危険な事故に遭い、幾度となく生死の境をさまよってきたのだ。そして9歳の誕生日に海辺の崖から転落した彼は、奇跡的に命を取り留めたものの意識不明の重体に陥ってしまう。担当医のパスカルは昏睡状態のルイを救うためにあらゆる手を尽くすが、父親ピーターは行方不明となり、母親ナタリーのもとには差出人不明の警告文が届く。さらにパスカルも恐ろしい悪夢にうなされ、ルイの身近な人々や関係者に次々と不可解な出来事が降りかかる。

「ルイの9番目の人生」に投稿された感想・評価

msy

msyの感想・評価

4.0
パズルがピタッ、ピタッと
はまっていくような展開。
どの人物も見ながら
ぼんやり思っている
「この人◯◯な人に見えるのに」
という直感が全部そのままの
答えあわせ。
伏線が出し惜しみされず放置されず
ポスターのルイのあの
悲しいのか切ないのか
笑顔になろうとしてるのか分からない
表情の答えも順に紐解かれていく。
大変気持ちよかったです。

大きなテーマがひとつあって
そこに辿り着くまでの手法が
サスペンスとしてストーリーを盛り上げる。
大事なテーマについても丁寧な描写。

終盤のゾッとする、彼らのその後。

しかしエンディングには希望がある。
あの場面では泣かせられたけれど
希望に繋がってた。
もっとも、なんでそこで
連れ去ってくれなかったのと思ったけれど
泣いてるコウモリを
自分なら泣きやませられるかも
と思ってしまったのだもの…
その報われないことといったら
籠で水を汲むが如し。

オープニングも
エンドロールも字がかわいい。
black

blackの感想・評価

4.0
9番目の人生が最高って悲しかった。
全体的に暗いし、上映時間の割に長く感じたので、苦手な人は多いかも。

あとオリヴァープラットが良かった。シカゴメッドのチャールズ先生が好きだったので、今回のカウンセラー役もハマっていると思いました。
49

49の感想・評価

3.6
ルイが最高にかわいい👌
9番目の人生ってそういうことか。
メリバ寄りのエンドかな…
ISAO

ISAOの感想・評価

2.5
話の本題が見えてこないままダラダラダラダラ事実を小出しにされてもイライラするし退屈なだけ。
ミステリーの割にファンタジー色があるからフワフワしているし、先が全く気にならない。不思議系映画なのに映像も大して凝っておらず先鋭的映画でも無い。

クッソつまんねぇ話の先にあるのは弱すぎるオチ。ちょっと考えれば分かるだろ。デスプルーフぐらいの展開があればまだカタルシスもあるけど、あれだけつまらないストーリーを乗り越えた先がそれだけって…。
今のところ今年ワースト映画。観て損した。
HajimeO

HajimeOの感想・評価

3.4
なんだか狂気じみてますね。

サイコ的な、メンヘラ的な予想してたのとちょっと違ったw。

あれだなぁ、あんま何歳以上ってついてるやつに耐性ないなぁ。エロいの以外全然だわ、グロいのとこわいの(´Д` )


結果だれ目線で行くべきか。視点の固定が緩いのはどうにかした方がいいんじゃないかなぁなんて思ったり、思わなかったり。

おかん役が洋風水原希子に見えた。
uk

ukの感想・評価

3.5
あらすじを読んで予想していた話とは少し違ったけど、面白かった。
これは好き嫌い別れると思う。
ただ、ルイ役の男の子可愛い!ジェイミードーナンかっこいい!
ジェイミー出てるの知らなかったからラッキーだった(*´꒳`*)♡

たまに驚かせてくるシーンもあって、びっくりしたー。
映画を見て、男の人はバカだなあと思いました。
へんり

へんりの感想・評価

3.0
アジャ監督の新作です。
上映時間が108分と知って驚きました。もっと長く感じた。。話の根幹はミステリ(誰が犯人か)なのですが結構退屈でした。犯人に驚きがないし。でもアーロンポールはめちゃくちゃ良かった。ていうかアーロンポールはいつも良いな!あと、母親役のサラガドンもエッチで良かった。そう、役者は良かったんだけどなあ。そもそも話が変すぎる。最後の精神病院のシーンは思わず笑ってしまった。
アジャ監督にはまたゴリゴリのスラッシャーに戻ってきてほしいです。
予告だとミステリーっぽかったのですが。(始まって5分で犯人はわかったから、ミステリーではなく)
ポスターの惹句どおりにサスペンスでもなく。

サイコスリラーというか、オカルトホラーといった感じ。
後半、どんどん怖くなっていった。

後味が悪く、自分には苦手な作品であった。
えみ

えみの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

何なんだろうこの映画はと思った

無理がある部分も多くて、入り込むことができず。
ただ役者全員の顔面の良さと映像の良さは確か

自分の子どもを愛しているのか、憎んでいるのか自分でもよくわからなくて母親も苦しんではいたのかもしれない
ただ最後に妊娠してる姿を見て「なんて胸糞」と思ってしまう

ルイが歪んだ親の愛を受け入れてしまっていながら、苦しかったんだろうなというので辛いものがあった

その中でちゃんと愛してくれてたのは血の繋がらない父親だったのかもしれないね。別居前の父子のシーンは泣けた
Takaku

Takakuの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

全体的に落ち着いていて、オープニングから引き込まれました。
そもそも、何故母親は子供を産んだのか。
レイプの話が本当なら、復讐として子供に八つ当たりしてたのか。

真っ直ぐな愛にも歪んだ愛にも応えようとする子供に心打たれました。

ミステリー&ホラー&ヒューマンドラマ

とにかく混同していて、とても良い作品だと思いました。

オカルト要素での種明かしにはちょっと無理があるような気がしました。
でも、そこでまた一つ謎が。
ストックホルムや手紙、母親を殺そうとしていたのは子供なのか?それとも本人なのか。
また同じ事を繰り返すのか。
愛って色々紙一重だな。

不思議な映画でした。

怪物はささやくやノクターナルアニマルズが好きな人にはオススメかも。
>|