ルイの9番目の人生の作品情報・感想・評価

ルイの9番目の人生2015年製作の映画)

The 9th Life of Louis Drax

上映日:2018年01月20日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.5

あらすじ

愛らしくて賢い少年ルイ・ドラックスの人生は、まるで何かに呪われたようだった。ひどい難産の末にこの世に生を受けたルイは、それから毎年必ず危険な事故に遭い、幾度となく生死の境をさまよってきたのだ。そして9歳の誕生日に海辺の崖から転落した彼は、奇跡的に命を取り留めたものの意識不明の重体に陥ってしまう。担当医のパスカルは昏睡状態のルイを救うためにあらゆる手を尽くすが、父親ピーターは行方不明となり、母親ナ…

愛らしくて賢い少年ルイ・ドラックスの人生は、まるで何かに呪われたようだった。ひどい難産の末にこの世に生を受けたルイは、それから毎年必ず危険な事故に遭い、幾度となく生死の境をさまよってきたのだ。そして9歳の誕生日に海辺の崖から転落した彼は、奇跡的に命を取り留めたものの意識不明の重体に陥ってしまう。担当医のパスカルは昏睡状態のルイを救うためにあらゆる手を尽くすが、父親ピーターは行方不明となり、母親ナタリーのもとには差出人不明の警告文が届く。さらにパスカルも恐ろしい悪夢にうなされ、ルイの身近な人々や関係者に次々と不可解な出来事が降りかかる。

「ルイの9番目の人生」に投稿された感想・評価

bigson

bigsonの感想・評価

3.4
題名からなんとなく感動の映画と勝手に思い観賞
蓋を開けてみれば‼️なんと怖い話( ̄□||||!!
しかし良く出来てます✨
特別勘の悪い自分は見事欺かれました( ´∀`)
仕切り直しで涙活に励まねば❗笑
koyo

koyoの感想・評価

3.6
下書きもいっぱいになってしまって、何を見たかも忘れそうなのでとりあえず、記録。後でレビュー書きます。
kikuchi

kikuchiの感想・評価

4.0
「私と息子は心が通じてるの。お互いの考えがわかる」

「成長したルイは母親の望みを察しそれに応えた。ルイは事故に遭い彼女が救う。それを繰り返して絆を強めた。彼女は息子を愛し、同時にジャマにも思ってた」

「結果は受け入れなきゃいけない。でも物事って思わぬ方向に転ぶんだ」

「僕に同情は要らないよ。だって今の状況は悪くない」
★ 冬の風、潮の匂い、そして僕の太陽

まさしく「一寸先は闇」的な作品でした。
ラーメンを食べていたと思ったら焼きそばだった…。あるいは、ネコだと思ったらパン。しかも、一斤。そんな不思議な感覚を味わえる物語なのです。

あらすじとしては「生まれたときから事故や災難ばかりに遭うルイ。彼は彼の中で8度の死を迎えていた。そして、9歳の誕生日に9度目の死を迎える…」というもの。オープニングからして、手書きのクジラや文字が動き出し、優しい旋律が流れ、とてもふわふわな手触りなのです。

だから、自然とルイを庇護する気持ちになりました。親から手離れ、自らの意思で大きく羽ばたき、小さな手いっぱいに“まだ見ぬもの”を掴もうとする年頃は、不安定だからこそキラキラと輝いているのです。

そして、彼を取り囲む人々もツボを突いた配役。どこかで見たような、見ていないような。それは、既視感と新鮮さの隙間を縫うように変わっていく虹色。んー。素敵ですねえ。

しかし、油断してはいけません。
足元を見れば冬の湖のような一面の氷。
一歩歩くたびにミシミシと振動が伝わってくる…そんな危うさが支配しているのですよ。

だから、本作を鑑賞するには覚悟が必要。
ぬるま湯のような感動物語を期待するのではなく、華々しい舞台の裏側を覗き込む…それは世界の真理を受け止めること。陽射しに反射するような先入観は捨ててしまった方が吉なのです。

まあ、そんなわけで。
後ろから殴られる感覚が大好きな人にオススメの作品。やはり、虚構の世界は「想定外」こそが最高の調味料。鑑賞する際は是非とも“事前情報完全遮断”で臨んでください。

そして、物語をあるがままに受け止めて。
グワングワンと振り回されて。
バランス感覚がおかしくなった先に見えるのが…たぶん本物。浮遊物に気を取られて本質を見失わないようにしたいものですね。

あー。面白かった。
よくできたストーリーだし、映像も丁寧で凝ってるけど、入り込めなかった。登場人物がそれぞれの脚本上の役割を淡々とこなしているようで、面白みに欠ける。
最後の最後の1シーンはぞっとした。あのシーンは完全にホラーだけど、全体を引き受ける強さはない。
父親の愛情とか母親の自己愛とかに感銘を受けてる人もいるようだけど、自分はどうもそういう家族愛に対する感受性が鈍いようだ。
fujiK

fujiKの感想・評価

2.8
子どもを主人公にしたこの種の内容は、正直、辛い。
後味か悪くて。
べりい

べりいの感想・評価

3.0
観る人によってジャンル分けが変わりそう。
登場人物ほとんどどこかおかしいっていうのはある意味現実的な話かも知れないけど、異常な話を描いてる割には淡々としてた。
映像は、わりと綺麗だよね。
タビ

タビの感想・評価

3.5
アットホームなコメディタッチの映画と思ったら違うかった。
父と息子の愛を描いてる。
アーロン・ポールがなかなか良かった。
もうジェシーじゃないね😆
ルイ役の少年が美少年やったなぁ。

話しの進め方も良かったし、ルイの語りや思い出も絡めて飽きさせない感じ。

最初から何となく予想はついたけど、終盤どうなるか気になって一気に観れた😅
父親の言葉も良かったよ😭

先生!あーそうなるかと🤷‍♀️
本当に男は見た目に弱いのね。
こう言う女、嫌いやわ😑

ルイは希望が持てるラストでした。
9番目の人生は幸せになると良いな😊
kiki

kikiの感想・評価

3.6
いろんな言葉や出来事が意味深。全くラストが予測できなかった!
koma2chan

koma2chanの感想・評価

3.8
物凄くツイて無い子供の話なのかって始まり方なので、ちょっとコメディーぽいかと思ってたら、
あれ、スリラー?て進んできます。
ちょっと不思議系の内容です。
ママが綺麗なんだけど、居ますこう言う人って感じです。
最後に重要人物の愛の深さを感じます。
>|