ルイの9番目の人生の作品情報・感想・評価・動画配信

「ルイの9番目の人生」に投稿された感想・評価

ウサミ

ウサミの感想・評価

4.1
小さな違和感が胸をえぐるファンタジック・サスペンス

割とコミカルな切り口で、一見すると「エモーショナルなホームドラマ」のような空気感から、少しずつサスペンスが広がっていく。

生まれてこの方なんども死にかけているルイが抱えた残酷な真実とは?

映画の中で描かれる「違和感」がジワジワと心を蝕み、焦点を絞らせない揺らぎがスリリング。
ルイの精神世界を少しずつ過去を用いてあらわにし、点と点を繋げていくのが見事だった。

退屈に感じたのは、事件の軸となるパスカル医師が非常につまらない人物だったこと。
奇妙な事件に振り回される駒としての役割しかなく、感情移入はできない。
あと、ミスリードと終盤の展開が少し雑というかクールじゃなかったのかな、と思った。

映画は、いわゆる「驚きの真実」みたいなものを描いて終わる。
それが映画のテーマやバックボーンに根付いたものであるのが面白かった。
最後まで、良い意味でのモヤモヤを残しつつ、サスペンス・ドラマとさてまとめ上げられていた。
な

なの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

今までに見たことがない斬新な映画だった!!
途中から恐ろしくなっていった。
自分が何者なのか。
一番理解していたのはルイだったのだと思う。
本物ではない絆はルイだけが知っていた。

鳥肌がたったよ、、、
こういう精神異常者に育てられた子供は実際にこうなってしまいかねないな、と。
親の期待に応えなきゃという心理は誰にでもあると思う。
方向性を間違えてしまったらこうなるのかと恐ろしくなってしまった。

DVをする人と同じ心理で繰り返してしまう。
そして間違った絆を生んでしまうのだな、と。

怖すぎるので⭐️5にはできませんでした。
takuma

takumaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

演技してる女優が凄いのか、
俺が凄いのか(ほぼ前者)、
ナタリーがヤバいのは何故かわかった。
あとはどうやってそこを紐解いていくかを楽しむわけだが、ペレーズがこんなに重要な役だとは。

ナタリーというキレイな女性への同情を愛と錯覚し、それに簡単にハマっていくパスカル、ピーターのハマり方もそれに似ていて、個人的に手を出しちゃいけないケースの女性と直感が教えてくれていて、
「何故そこに手を出す?」という歯痒さを感じたが、それがこの映画の思うツボなのだろう。

結果ラストのナタリーのお腹を見た時、
正直震えた。これはホラーだ。
マジですごい映画だと思う。

不幸な少年のファンタジー的な内容だと思ってたら全然違う。

不幸は運命的なものではなくて、母親が引き起こしていたものってところがすごい衝撃的だった。

「ものすごくうるさくてありえないほど近い」とは真逆で近い存在である母親が子どもの死を望むってすごい怖い😱

バケモノ自体も自分の父親で父親を殺したのも母親。自分を追い詰めたのも母親。病気で周囲からの注目を得たいってところも怖かった。

母親役サラ・ガドンの魅力的で引き込ませるような演技が素晴らしい。

是非字幕で見て欲しい。
Kengo1in10

Kengo1in10の感想・評価

5.0
子供は大人が思ってる以上に賢く、よく見ている。
精神世界ではなく心の繋がりの物語。

似てるけどある意味対極的なブックオブヘンリーより好き!
コウモリの話とラストでギャン泣きしてしまった。。。
DZ015

DZ015の感想・評価

4.7
映画も音楽も本も、日々とても追いきれないほどリリースされる。生きている間にとても消化しきれない、と思うと苦しくなるのでいつからか「自分が本当に必要とする作品にはいつか必ず出会う」と考えるようになり落ち着きを取り戻した。チェックはしていたが後回しにしていたこの作品がまさにそんなどストライクな一作だった。

9年間で9度死にかけた少年の真実。まるでデル・トロ+ノーランのような切なくも凝ったシナリオのダークファンタジーでありサスペンス。さりげなくステップファミリー、親子愛についても問いかけられる。そしてラストもたまらない。

主人公ルイを演じるエイダン・ロングワースくんの存在感が素晴らしい。ただ母ナタリー役の超絶美女設定(実際美人なんですけど)サラ・ガドンさんがどんどん往年のマコーレー・カルキンくんに見えてきて、映るたびに「ホームアローン」の文字が脳裏をよぎるのが困った。
RUU

RUUの感想・評価

4.0
サスペンススリラー
ブラックファンタジー
ヒューマンドラマ
複数のジャンルを少年を軸に描く作品。
レビューにも色々ある通り、
複数ジャンルが混ざり合うからこそ、
先入観や考察や展開や結末に
それぞれのテーマやジャンルを感じる、
面白い作品。
りあす

りあすの感想・評価

3.7
愛の表現の仕方がなかなか…。
かなしい家族だよね。
医者と奥さんの結末、あれどうなの。
二の舞になる気がするけれど…
河合

河合の感想・評価

4.0
凄く好きな映画です😭
ルイの独特の感性が大好きすぎる。
俺の人生を語っている映画って言っていいくらいルイの人生と似てて照らし合わせてしまう。泣けます😭
Basco

Bascoの感想・評価

4.1
ジャンル分け難しい作品。鑑賞者を錯覚させる巧妙なプロットにも感心。詳しくは後日ブログで。
>|