ルイの9番目の人生の作品情報・感想・評価

ルイの9番目の人生2015年製作の映画)

The 9th Life of Louis Drax

上映日:2018年01月20日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.5

あらすじ

愛らしくて賢い少年ルイ・ドラックスの人生は、まるで何かに呪われたようだった。ひどい難産の末にこの世に生を受けたルイは、それから毎年必ず危険な事故に遭い、幾度となく生死の境をさまよってきたのだ。そして9歳の誕生日に海辺の崖から転落した彼は、奇跡的に命を取り留めたものの意識不明の重体に陥ってしまう。担当医のパスカルは昏睡状態のルイを救うためにあらゆる手を尽くすが、父親ピーターは行方不明となり、母親ナ…

愛らしくて賢い少年ルイ・ドラックスの人生は、まるで何かに呪われたようだった。ひどい難産の末にこの世に生を受けたルイは、それから毎年必ず危険な事故に遭い、幾度となく生死の境をさまよってきたのだ。そして9歳の誕生日に海辺の崖から転落した彼は、奇跡的に命を取り留めたものの意識不明の重体に陥ってしまう。担当医のパスカルは昏睡状態のルイを救うためにあらゆる手を尽くすが、父親ピーターは行方不明となり、母親ナタリーのもとには差出人不明の警告文が届く。さらにパスカルも恐ろしい悪夢にうなされ、ルイの身近な人々や関係者に次々と不可解な出来事が降りかかる。

「ルイの9番目の人生」に投稿された感想・評価

1192鎌倉

1192鎌倉の感想・評価

4.1
ミステリーかと思って行ったら深層心理系のSFかな。なんか前に読んだ本のこと思い出したけどタイトル忘れちゃったからもやもや。仮死状態に実験的になるやつ的な。
最近疲れてるから、希望がもう少し欲しいなってなった。
なかい

なかいの感想・評価

3.8
子供の目線で見ればファンタジー、先生の目線で見ればミステリー、母親の目線で見ればラブストーリー、父親の目線で見ればサスペンス。いろんな要素が詰め込まれてて面白かった。母親の事は好きにはなれなかったけど。
良質なサスペンス。ポップな見せ方、ちょっとホラーがあったりで衝撃のラストまで飽きることはなかった。最後の最後、ちょっと泣いた。観ようか悩んでる人は、絶対、観たほうがいい。

このレビューはネタバレを含みます

結果、代理ミュウヒハウゼン症候群でしたという、今更何のひねりもないオチ。最後がいきなりオカルトチックで笑った。期待してたけど、全然ハマらず。ただひたすらにサラ・ガドンの美しさだけに頼った映画。
最後サラが妊娠してたのにはゾッとした。
1人映画2本目。

なんでルイだけが危険な目に合うんだろうと思っていたら、そういうことか。
話自体はとても好き。

ルイはこれからどうして生きていくのか、観た人が絶対考える。
こたろ

こたろの感想・評価

3.6
目黒シネマにて先月観賞

もっとあたたかい物語になるのかと思ってましたが、まったくもってそんなことはない、結構な胸糞でした笑
KMD

KMDの感想・評価

3.0
そういう映画だったのか、がっつりサスペンスでした。可もなく不可もなく、そのまま着地した感じ。おとん可哀想に。
安弟

安弟の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ルイの精神を乗り込ませるシーン、ファンタジー展開は別に良いんだけど、それを急にやられると萎えるっていうのはある
●'18 5/19〜6/1単館公開
(首都圏等: '18 1/20〜公開)→
〇'18 8/8 DVD発売及びレンタル
配給: 松竹
後援: カナダ大使館/ブリティッシュ・カウンシル→
発売元及び販売元: 松竹
ワイド(シネスコ)
DOLBY SURROUND 5.1
5/32 15:10〜 メトロ劇場にて観賞
DCP上映
LPCM
パンフ売り切れ
※右サラウンドスピーカーに電気的ノイズ有り。(一回)
ccdfilms

ccdfilmsの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

サスペンス
精神障害者の母と、父子の親子愛の話。
子を持つ親としては共感できない感情で、違う怖さを感じた。中盤は話があまり動かず眠かった。
正体不明の生物などファンタジー要素はルイの夢の産物と取れるが、医師の無意識帯に自身を投影している方法は不明。これが一番のファンタジーに思う。
>|