母と暮せばの作品情報・感想・評価

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿された感想・評価

ぽてと

ぽてとの感想・評価

2.8
【2017-6】11作目
ひさびさに山田洋次監督作を観た。
どことなく懐かしい色合い、風景、空の色。
現代の鮮やかな色合いとは明らかに違う日本の敗戦後のくすんだような色合い。
まるで昔の映画を観ているようだった。
終戦の頃はもちろん存在すらしていないが、見事に終戦後にタイムスリップさせてくれる。
そして登場人物の人間味を色濃く浮かび上がらせてくれる。
物語は浩二(二宮和也)が長崎の原爆で亡くなるシーンから始まり、決して明るい話ではない。
恋人の町子(黒木華)との回想や、浩二の母(吉永小百合)との思い出がいろいろと回想される。
そして死んで時間が止まってしまった浩二と、生きて三年を費やした母と町子、これからをどう生きるかを考え始める。
吉永小百合のお母さん、ニノ、黒木華、やっぱりいいなぁ。
三人とも山田洋次監督の映画にぴったりハマる。
特に吉永小百合さんは日本の宝です。
めえ

めえの感想・評価

3.3
わりとたくさんの人が言ってますが
私も期待値が高まりすぎていてあれ?ってなったパターンです

でもニノの優しい顔と喋り方はたまらなく良かった〜〜

ほんと、エンディング…ね…
Yuri

Yuriの感想・評価

2.0
「泣いとかないと損だから泣いとこう」みたいな涙が流れた作品。
これは映画ではなく舞台の方が良いかもしれない。
方言とか時代背景もあって、皆さん芝居してます感が強かったなぁ…
なんとなく、拍子抜けの映画でした。
期待が大きかったからか。
2016.1.4
にのの演技がやっぱりすき
内容は勝手につっこみ入れてしまうとこも、あったけど
ほのぼのあったかい映画だった

☺︎さあなちゃん
の

のの感想・評価

3.9
死んでしまった人の記憶はそこで途切れてしまうけど、生きている人は前に進まなければいけない。

日本人にしか出せないあの雰囲気。
やっぱり日本好きだな。