母と暮せばの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿された感想・評価

淡々としていて、複雑でなく、邦画らしい映画。
胸が痛くなる場面が多かった。

期待はしていたが、まぁ普通にいい映画。

黒木華がはまり役で、とてもよかった。
mina

minaの感想・評価

3.0
ナガサキ の 記憶 の その先。
爪痕 は ずっと 残り続ける。
りかこ

りかこの感想・評価

3.1
折り合いのつけ方を考えさせられました。

時代背景がありながらも心理描写は今にも通じるものがありおもしろかったです。
記録(鑑賞2回目)2017/7/22 7/24
退屈。

にのの演技がクセありすぎてモノマネしたくなるw

展開が単調すぎて途中でやめたらどこまでみたのかわかんなくなる

あとなんか浩二くんしつこいw

ラストはなぜか自分はホラーに思えて鳥肌たったw
やっぱり山田洋次監督が大好きです。とてもとても素敵でした。生きる上で大切なことを、昔必死に生きた人々から教わるような感覚です。かといって戦争や原爆の時代を描く重さはなく、温かな半幻想のようなものの中に厳しさや悲しみなどのリアルがありました。吉永小百合さん、二宮くん、華さん、やっぱり感謝したくなるほど素晴らしかったです。
sukekooo

sukekoooの感想・評価

1.5
主演二人(二宮和也、吉永小百合)の過度な演技が、想像以上に肌に合わなかった。舞台として興じた方が良かったのでは…演技に気を取られて、話や画から逸れてしまうのは意図的なのか?黒木華の演技が良くて、声の綺麗な女優さんだと思った。
不爾花

不爾花の感想・評価

3.1
ストーリーとか知らずに勝手にものすごい期待して鑑賞。
メインの二人だけ演技が独特な気がしたのは気のせい?普段もっと演技うまいような…いや、今回のが下手って意味じゃないけど、あの映画に合った演技をわざとにしてるというか…素人の私には詳しいことわかんないしそれがダメとか言うわけじゃないんだけど違和感?(でも実際にはあの演技がプロには評価されてるから私の感覚が間違ってるんだろうけど笑)…でもだんだん慣れてきて(笑)、優しい声と温かい方言が良かった!

戦争のリアルを描いた作品ではなく、まさかのファンタジー!笑
ファンタジーだと思って見ないと、リアリティの薄さとラストについていけない映画かも?
でも個人的には途中からファンタジーだとちゃんと言い聞かせて見たので、ほのぼのとしてて温かくてオチも好きでした。
ニノとマチコちゃんのシーン、可愛くて良かった!

あと、一瞬だけホラーシーンがあって、一人で見なくて良かったと思いました(笑)
サリー

サリーの感想・評価

3.3
黒木華ちゃんがとにかくかわいい。この顔が一番活きる時代背景。ストーリーは少し拍子抜け。
リアリティがないけど、まあまあ楽しめた。