母と暮せば(2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    山田洋次
    脚本
    山田洋次
    平松恵美子
    キャスト
    吉永小百合
    二宮和也
    黒木華
    浅野忠信
    加藤健一
    本田望結
    広岡由里子
    小林稔侍
    辻萬長
    橋爪功
    あらすじ
    1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

    「母と暮せば」に投稿された感想・評価

    母が泣くたびにニノが蒸発するのが面白すぎて笑ってたら一緒にいたジャニオタに睨まれた。
    にの演技ジョウズ

    どの立場の人の思いが伝わって、ずっと泣き通し

    場面場面に優しさと愛情があったけど、かなしすぎる

    山田洋次好きだけど、やっぱり明るいお話が好きだから
    3.8
    見終わって大きなため息がこぼれました。
    悲しく切なく甘く美しい母子の会話に涙が止まりません。

    長崎の原爆で亡くなった息子二宮和也が三年後に母親の吉永小百合のもとに現れます。
    息子の「撲が死んだのは運命だった」という言葉に母親は叱責するように言い返します。「地震や津波等の災害なら運命だけど、あれは計画をして起こした人がいるから運命なんかじゃない」

    戦争を起こした者への静かな激しい怒りの言葉です。
    二宮の恋人だった黒木華にけなげさにも心打たれました。死者は生き残った者の幸せを願い続けています。

    映画は死んだ息子と生きている母親との静かな日常を淡々と描いていきます。平和を慈しむように。

    平和な世界が脅かされている今こそ一人でも多くの人に観て欲しいと思いました。
    黒木華ちゃんの健気さがかわいい。
    良かった。
    静かな雰囲気でよかった