母と暮せばの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿された感想・評価

Riko

Rikoの感想・評価

4.8

流石、山田洋次監督。
表現が素晴らしい。だからこそ、心に訴えかけるものがある。
胃からこみ上げる涙が凄い。
吉永小百合さんが綺麗すぎて、話がとても切なく感じました。

黒木華さんも古風な顔立ちなので欠かせない女優さんで、そして一番は二宮和也の違和感のない学生服姿に驚き。

幻の姿の中で紡ぐ親子の姿、ラストに近づくにつれての吉永小百合さんの一言に涙でした。
日本アカデミー賞をとる演技を痛感。
iceblue

iceblueの感想・評価

3.6
母をみかねて息子が出てきたのか、つらすぎて母が幻を求めたのか…
戦時中の母親ほどつらいものはないですね。懸命に、真面目に生きていても失うものばかり。
 
町子の苦しい選択だって理解できる。母の本心がつい出てしまった台詞が刺さりました。
原爆投下のシーンの描き方が印象に残ったのと、本田望結ちゃんの演技に涙がじわり。
個人的に二宮くんの演技が大好きで、こんな重い内容だと知らずに借りました。原爆が落とされてインク瓶が溶けていくシーンが生々しくて怖かったです。最初の回想シーンが白黒だったりズームの仕方が昔の映画っぽくて、最近の戦争映画にはない感じだったなと思いました。
とにかく切なくて辛くて常に泣きそうだった。笑
謎だったのは浩二のことが見えるのは母さんだけということは、もうもともと死期が近づいてるサインで浩二が迎えにきたのかなと思いました。でも途中で子供が家来たとき浩二のこと見えてたから謎。
結果的にハッピーエンドではないかもしれませんが、私的にあのエンディングで幸せだったのではと思います。私も吉永小百合さんの立場だったら同じ選択をすると思いました。
てかこの映画で黒木華さん一気に好きになりました、清楚感透明感最高
切ない系の役向いてる
よくある映画やドラマの台詞のようにカッコつけた表面的な言葉ではなく、かといって、日常生活で使われる自分や他人に気を使った表面的な発言でもない。

登場人物の発する言葉はなんのフィルターにも引っかからずそのままストンと筒抜けになったような、彼ら自身の思いをそのまま覗いてるような不思議な感覚になるセリフが多かった。

浩二にとって母親は絶対的な存在だけれど欠点も知ってて、尊敬してるけど少し心配で、私自身の母親と浩二の母親は決して似てないけれど、自分自身の中にある母親という存在価値というのか存在意義というのか存在感みたいなものが似てるなって思った。
きっと多くの人は浩二と同じような母親像を自分の母親に対して持ってるんじゃないかなって思った。
Natsumi

Natsumiの感想・評価

3.1
愛するからこそ、想いから解放してあげる優しさが感じられる一作。
aoquru

aoquruの感想・評価

-
こうじの想い、お母さんの想い、まちこさんの想い、
原爆が落ちた時の瞬間が怖すぎて涙溢れた
こうじが現れた時私も嬉しかった
こうじの葛藤は辛かった
ニノってやっぱり凄いなって思った、全部こうじ
まちこさんも辛いよね
MOEKO

MOEKOの感想・評価

4.4
2015.12.12
原爆が落ちた瞬間の描写が本当にすごくて、涙が溢れた。フィルム映画の良さが溢れてた。恋しても当たり前に未来を見られない時代があったなんて、今は本当に恵まれてるんだなぁ。
はらみ

はらみの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

あったかい映画。予告かなんかで言ってた
「やさしくてかなしい」まさにそんな映画。
残された人は死んだ人のことを思って、死んだ人は残してきた人のことを思う。でも決定的にに違うのは、生きている人たちの時間はどんどん前に進んで行くから生きる世界、状況、気持ちは変わり得るということ。どんなに死者が変わらないことを心の奥底では願っていたとしても。こういう風に、死んだ人のことをだんだん思い出さなくなっていってしまうのだと見ていて思った。
果たして二宮くんの本当の目的は、お母さんに会うためだったのか、お母さんを迎えに来ることだったのか。

1番泣いたのは本田望結ちゃんが泣いちゃダメなんだって自分に言い聞かせるシーン。きっとこの時代には、あの女の子みたいに強くならなければいけなかった人たちが大勢いたんだろうな。
シオン

シオンの感想・評価

4.0
戦時中の母と息子に起こった悲しい物語。
互いに気遣いながら、生き抜く姿に共感できる人も多いはず。
現実に生きる母と非現実に生き母を想う息子に涙が止まりませんでした。