ジョージアのおすすめ映画 15作品

ジョージアのおすすめ映画。ジョージア映画には、エバ・ユッソン監督のバハールの涙や、ニカ・タヴァゼが出演する葡萄畑に帰ろう、物ブツ交換などの作品があります。

製作国で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

バハールの涙

上映日:

2019年01月19日

製作国:

上映時間:

111分
4.1

あらすじ

女弁護士のバハールは愛する夫と息子と幸せに暮らしていた。ある日クルド人自治区の故郷の町でISの襲撃を受け、男性は皆殺されてしまう。バハールは人質にとられた息子を取り戻すため、クルド人女性武…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この酷厳に耐えるくらいなら抗い逃げ出し殺されるも本望 強い目で語るバハールには心に刺激を受ける 自由まであと20歩・・…

>>続きを読む

葡萄畑に帰ろう

上映日:

2018年12月15日

製作国:

上映時間:

99分
3.1

あらすじ

故郷に残した母のことはすっかり忘れ、政府の要職で大臣の椅子の座り居心地を満喫しているギオルギ。妻を早くに亡くし、娘とは少し折り合いはわるいものの、新しい恋まで手に入れた。それなのに、突然、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

エルダル・シェンゲラヤ監督によるジョージア発のコメディー映画。 移民追い出し大臣の男ギオルギ。彼は大臣時代に特注した…

>>続きを読む

軽コメディ色がかなり楽しくも映ったし、ミディアムなテンポも途中までは受け止めやすかったんだけど、、、、前半のうちに息切…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

じゃがいもがこの地域の通貨。いもと古着のショール、いもと中古の電球、いもと柿などが交換されていく。家屋を見ても、身なり…

>>続きを読む

交換できるなら何でも ジョージアの農村に、様々な日用品を積んだ車がやってくる。彼は商品をじゃがいもとの物々交換で販売…

>>続きを読む

泉の少女ナーメ

製作国:

上映時間:

91分
3.6

あらすじ

ジョージアの山岳地帯にて、村に伝わる癒しの泉を守る一家。息子たちは独立し、父は娘のナーメに後を託すが、ある日泉の異変に気付く。ファンタジーと現実社会が溶け合い、幽玄で繊細な映像美が心を揺さ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

東京国際映画祭20本目は、コンペティション部門の「泉の少女 ナーメ」。 なんて絵心のある監督さんだろう。霧に霞む山々…

>>続きを読む

第30回東京国際映画祭のコンペティション部門で見たくなった数少ない作品(でもこれ以外は日程が合わなかったり売り切れたり…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

感想川柳「想定外 訓練不足は 否めない」 予告が気になって観てみました。φ(..) 1983年、渡航の自由を求め決…

>>続きを読む

どうも最近実話ものを観たがる傾向がある。どこかで、事実は小説よりも奇なり的な展開を期待しているのかな。 本作も実話物…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

Netflixオリジナル作品。 三世代同居している主婦が家族の反対を押し切って一人暮らしするというもので、地味な話です…

>>続きを読む

主婦だったら、主人公のマナナの気持ちがすごく良く分かると思います! 家族はとても大事だし、愛しているけど、自分の人生も…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2018年10月に岩波ホールで開催の「ジョージア映画祭」にて鑑賞。50歳の主婦マナナが主婦として家庭生活を守っていくこ…

>>続きを読む

視覚的にイケてたし、読み上げられた小説の断章もナカナカだった。 なのに、いつしか、まどろっこしい映画になってた。劇伴ナ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

岩波ホールの「ジョージア映画祭」にて鑑賞。チラシのあらすじは次のよう。 <1992年、コーカサスの峻険な山々に囲まれ…

>>続きを読む

「デデ」って、てっきりディナの愛称だと思ってた。 スヴァン語で「母」という意味だと知って、鑑賞後の感想がちょっと変わっ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

喜劇と悲劇は紙一重と言うけれど(言うんだっけ?)笑っていいのか分からない。 田舎の村の教会に司祭として赴任した男の話…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

人が消えた美しい山あいの集落の異常さ。 恐ろしさすら感じる好みの画の連続。 アブハジア紛争後、住み慣れた町の家を離れ…

>>続きを読む

正方形に近い画面で人物を中心にした左右対称の構図、鏡や水面に映る人々、人物ただ一人をものすごく引きで撮る、わずかな隙間…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

貧困のスサ。 スサの父親は出稼ぎに行っている。 母はウォッカの密売工場で働き、スサはウォッカの密売人として家計を助ける…

>>続きを読む

父さえ帰ってくれば… 貧しい暮らしの中、耐えて待つスサの素直な目が印象的。 少年と廻るウォッカ密売のルーティン。 バ…

>>続きを読む

陽の当たる町

製作国:

上映時間:

104分
3.8

おすすめの感想・評価

2018年10月に岩波ホールで開催の「ジョージア映画祭」トリの作品。上映前、劇場の方が挨拶でとても素晴らしい作品である…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「ハゲのくせに威張るな!」 「あんたみたいなハゲジジイに指図されたくない!」 「水着になれっていうあんたが率先してヤバ…

>>続きを読む

「微笑んで」というタイトル ひたすら「Smiling~♪♪♪」と歌う主題歌 どれもこれも皮肉すぎなんじゃああああ!!…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

初代大統領ズヴィアド・ガムサフルディアの1993年当時の動向を追った作品。移動しても移動しても反対勢力の足音が付き纏い…

>>続きを読む