ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価・動画配信

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

3.9

あらすじ

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

Ryota

Ryotaの感想・評価

4.5
いい映画すぎる。定期的に観たいやつのひとつ。もう観て結構経つからテスト期間にみなおしたい
hitomi

hitomiの感想・評価

2.8
騒ぐほどの映画ではなかったような…
ファッションとか世界観はすごく可愛かった!
素人にはわからない何かがあるのかも…
時間があったらもう一度観てみようかな
subaru

subaruの感想・評価

3.4
言うほどか?ラストはすき あとライアン・ゴズリングが帽子クルクルするとこのカットはすげーと思った
n

nの感想・評価

4.6
ストーリーも音楽も美術も素敵!
中学生の時途中で見るのやめちゃったけど、今になってこの作品の良さがわかるようになった!!大人のお話だ~

オープニングの有名な曲は何回も聞いてるけどやっぱり大好き。でもこの曲くらいしか知らなかったから意外に思ったのかもしれないけど、歌が少なくてダンスの方がメイン。ドレスが綺麗に揺れて素敵だった!ワンカットのシーンも多くてカメラワークがすっごいかっこいい!序盤のプールのシーンがお気に入り。

ストーリーは結構シンプルだったけど、ラストの演出はとっても素敵!切ないけど最高のラストだと思います!
登場人物も2人以外はほとんどフォーカスされないから2人の物語に没頭できる。でもライアン・ゴズリングの役の名前覚えてない…。名前はミア以外ほぼ出てこないです。
shuichi

shuichiの感想・評価

5.0
デミアンチャゼルの新作、バビロンっていうタイトルらしいです。楽しみだ〜。
akiko

akikoの感想・評価

4.0
2回目鑑賞。1回目は、典型的なハッピーエンド映画だと思ったらまさかのオチにショックで、あまり内容が頭に入らず。
2回目はオチを頭に入れて、落ち着いて鑑賞。そしたら、最初の渋滞ミュージカルで、この後の展開(恋愛を捨てて仕事を取って生きる)みたいな内容を歌ってて、ちゃんと暗示してたのかーと思った。

音楽や背景、衣装の鮮やかさが綺麗すぎて、ずっとMVを見ている気分だった。もしくはディズニーアニメ?

ただやっぱり最後のアナザーストーリー(ライアンとエマが結婚していたらの件)長すぎじゃないか?あれを見てたら、実際の結婚生活シーンが夢オチなんじゃないかと思ってしまうくらい。だからアナザーストーリーが現実じゃないことが切なくなりすぎる…
でも実際に子供がいて幸せそうなシーンを写しているところから、元鞘に戻る可能性は1ミリもないことを示してる。やっぱり切ない。
ヨル

ヨルの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

だいぶ前にみたのでうろ覚え。
ミュージカル映画大好きなのでそういう部分は良かったけど、最後が切なすぎて。ハピエン好きとしては。。。
jj123

jj123の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

The musical part was very nice!
In addition, the actor was also cool!

however
Oh,Seb…

btw, I also want to watch another musical movie!
kaichi

kaichiの感想・評価

4.5
jazzピアノを弾くライアンが素敵😭😭

何回観ても痺れるね〜。
およそ何かのファンであることはロクなことじゃないと思うことがよくあるのですが、この『ラ・ラ・ランド』を振り返るたびにそうした思いは強まっていきます。ファンとしての情熱が専門的な精密さへと向かうほどに本質から離れていってしまうことがよくあるからです。またデミアン・チャゼル作品の持つ魅力は、こうした意味での原理主義的なファン性から遠く離れたところに存在しているように思います。

ですから山師的(やましてき)と言えば山師的なものがその核心にはいつでもあるのですが、そもそも映画とは映像を中心とした山師的な幻想に支えられたものでしょうし、産業構造から言っても山師的にならざるを得ない。また成功するということはジャンルを超えて、いつでも山師としてのそれを意味してもいます。

SNSで知り合ったたぶん30代くらいの家庭をもつ女性が、この映画の世界と余韻にひたろうと何度も劇場に通ったことをかつて知り、映画の観方にもしも正しさがあるならそれしかないだろうと思ったことがあります。けれどその正しさは他の誰かに輸出できるようなものではなく、だから映画は映画館でといった幼稚で馬鹿みたいなことを指しているわけではありません。

また妻と劇場で観た帰り道に彼女が口にしたひと言も忘れがたく残っています。「役者さんてなんでもできなきゃいけないのね」というもので、本人にはそんなつもりはなかったでしょうがひと言で本質を言い当ててしまうことが彼女にはありますし、この時もそうでした。踊りもピアノもなんでもやった役者2人。だから上手ではない。映像にそれらしい意味を感じさせるためになんでもやった監督。だからどこか山師っぽい。

上手ではないことを、山師のように語るからこそ生まれる何か。

そのときに生まれたリズムが上手には生きられない僕たちの呼吸に重なって、いつしか2人が刻むステップに同調していく。洗練されてはいないけれどこんなにも愛おしい。『ラ・ラ・ランド』に宿る魅力はその1点だと僕には思えます。

その1点の他に何が要るのだろう?

あらすじを追ってみたところで、他作品へのオマージュ性を指摘してみたところで、原理主義的なファン性の他にはきっと何も出てこない。とくに映画ファンというわけでもない家庭をもつ30代の女性を、何度も劇場まで足を運ばせるものなどそこには決して存在しないはずです。
>|