ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(3館)

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

あらすじ

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

ゆめ

ゆめの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

歌と踊りとロマンス。
全てを楽しめる映画だった。

結ばれなかったけれど2人の愛情も夢も本物だったのだとわかる。恋愛は人との出会いは過ごした時間は、たとえ一時的でも人生においてかけがえのない糧となると教えてもらった。
Okazaki

Okazakiの感想・評価

3.9
今更みたよ
終わり方いいね〜切ない
お互いに夢を叶えて別々の道をゆく。かっこいいよ〜ふたりとも!!
にしても終始エマストーンが美しくてびっくり仰天❤️なんか表情もスタイルもダンスもドレスも全部よかった釘付け❤️

p.s.とりあえず怒涛の課題がひと片付けしてやっと映画見れて嬉しい。まだ終わってないけどな!😡
ykoro

ykoroの感想・評価

4.7
男女共に大好きな俳優さん。

ミュージカルテイストな映画に若干のアレルギーがあり食わず嫌いで観るのが遅れた。

苦難を乗り越えた後に最後はハッピーエンド!で終わるお決まりのパターンを想像していただけに、良い意味で裏切って貰えて嬉しかった。配役によってストーリーのエンディングが一層際立っているように思う。

個人的に、ライアン・ゴスリングは陽キャに振り切らない、どこか物憂い・影や切なさを感じさせる雰囲気が良い役者さんだと思っていて、陽キャだけどほんのちょっと人と違う役がハマってるエマ・ストーンとのラストの対面が素晴らしい。特にエマ・ストーンが魅せる微妙な表情の変化に吸い込まれた。

印象に残った好きなシーンは、コテコテだけどプラネタリウムでのダンスシーンとエンディング。ピアノのメロディーも耳に残り良き⭕️
冒頭から青空と原色に彩られたミュージカルシーンが最高です。

2人は自分に無いものを互いに見いだし、大切に想いあっていたはずなのに、少しずつ関係性が変わっていく様は切ないものがありました。

自分の愛する音楽が廃れていき、即物的なものに取って代わられるもどかしさ。それでも観客ありきでないと成り立たないという葛藤など、芸術性とエンターテインメントについても考えさせられます。

全体的に緩急の付け方が素晴らしく、一見ハッピーなミュージカルシーンなのに涙を誘うラストは秀逸。

「セッション」で鬼教官を演じたJKシモンズの今作の役どころと、ライアン・ゴズリングのやる気のないショルダーキーボードはちょっと面白かったです。
切ないというか、どうしてそうなってしまうの?と思ってしまった。ミュージカルとしては受け入れられなかった
tacos

tacosの感想・評価

1.0
面白くなかった。
ストーリーが幼稚。でも世の女性にはこういうのが響くんだろうな…と思う。

夢を叶えたいというわりに夢への努力の描写がほとんどない。恋愛してる暇があるなら夢を叶える努力をしなよ、と思ってしまう人はこの映画に向いてない。
Miyu

Miyuの感想・評価

4.7
ハマらなさそうで遠ざけていたけど、観て良かった…余韻が止まらない…
映画館で観れなかったことを後悔しちゃうなあ
映像と音楽(特にタップダンス)がオシャンシティーしてた

最後は切なかったなーーー
あ

あの感想・評価

2.5
記録。
自分の好みではなかったのか、凄くゾワゾワしてしまった。

『セッション』が好きすぎたせいもあるが、監督はミュージカル映画を撮るために一発儲けようと作ったのが『セッション』という話を聞いて驚愕。天才なの?
渋滞にあった時は
「らららんどやないんやから!」
もしくは
「らららんどかよ!」
と突っ込みたくなる映画です。
>|