ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

plantseeds

plantseedsの感想・評価

4.0
『映画史に残る、ミュージカルエンターテインメント』

昨年公開映画で、言わずもがな話題に上がった作品。

音楽が本当に素晴らしかった!

<夢を追う男女二人の物語。
女優を目指す、ミア。ジャズピアニストで、夢を追いかけるセブ。
そんな夢追い人二人が、ロサンゼルスの街で出会う。
お互い、目標を持つ者同士意気投合し、愛を育むようになる。
それからセブは旧友のツテでバンドで一躍成功する。
成功したが、セブが本当にやりたい音楽をやっているかどうかに疑問に思うミア。
二人はすれ違っていってしまう…>

ネタバレ回避すると、二人の関係性には、人生の喜び辛酸、すべてが詰まっているような印象。

そんな甘いわけじゃないけど、こうやって夢を追いかけ、希望を持ち続けることが、世の厳しさを誇張するよりもずっと大切。
厳しさを誇張する風潮にはなんか違和感。

厳しい、厳しいばっか言ってないで、もっと楽しく!。朗らかに!
と思いなおしたりしました。
himeco

himecoの感想・評価

3.3
観たのち、レビュー忘れ。
映画館にて鑑賞。
オープニングで一気に引き込まれた。ミュージカル映画の、ああいう一体感がとても好き。
中盤の中だるみと後半の引っ張る感じが少し期待外れでもありつつ、誰もが楽しめる映画なのだと思う。

同じ監督であれば前作のセッションの方が個人的には好みかなあ。
ジン子

ジン子の感想・評価

4.5
仕事を取るか恋愛を取るかを最高に突き詰めた考えさせられる映画。音楽ももちろん良いですが、ストーリーが本当に良いです。ミュージカル調な映画が苦手な方も興味ない方にも是非オススメしたいです。観る前に予告を観ていただきたいです。それから2人が出会うシーンを本編を観たとき、面白さがどっときます。是非浸って頂きたいです。
大切な人と観に行った。

最高の映画だった。心から感動した。
5本の指に入る。
空気を読んでいなかったのがプリウスだけという素晴らしい映画。思っていたよりライトでコミカルでハートフル。夢を見るのは常に恋の始まりで、一度でも何かを夢見た人間なら必ず琴線に触れるであろう作品である。冒頭のミュージカルのツカミは抜群で、夢を目指す者がぶち当たる理想と現実が、差し込まれるミュージカルによって鮮やかに彩られていく。他作品のミュージカルと比べるとミュージカル成分はやや薄めだが、ここぞという場面で心情の吐露とともに流れ、両者の妄想を織り交ぜて広がっていくミュージカルは心地よく、そしてどこか切ない。

個人的に一番グッときた部分は、夢追い人同士の甘い傷の舐め合いが、もう二度と戻れない輝ける日々だったことに後から気づかされる点。叶えた瞬間にそれは夢でなくなるため、ある意味では夢は絶対に叶わない。ミュージカルだからこそIFからやり直すこともできるが、それはあくまで空想の話で、現実では心の片隅でそっと抱き続けるものなのだ。終わり方はセンチメンタルかつ時にビターに映るかもだが、個人的には『ニューシネマパラダイス』に匹敵する幕引きである。トシ取るとこういう話に弱くなっちゃうよね。
ミュージカル映画はあんまり見ないが話題になっただけあって面白かった。セッションの監督らしいのでまぁ楽しいでしょうよ。ラストシーンは凄く良かった。見終わったあとの余韻が凄く心地いい。
豆知識としてはライアンゴスリングみたいな顔が今のアメリカでは凄くモテるらしい。
RISA

RISAの感想・評価

4.0
エマストーン贔屓にとっては神作品。終わり方も個人的には満足。
みき

みきの感想・評価

4.8
生きることの歓びと切なさがギュッと詰まった作品。
人生の酸いも甘いも経験した人には特別響くように仕組まれているのでは。

映画館で手を握る瞬間、胸を打たれた。
付き合い始めてから時間をかけて関係を深めていくシーンでは二人の服装がすごく可愛い。

「寂しい」と感じていた矢先、ツアーでいないはずの彼が自分の為に時間を割いて家で待っていてくれて「一緒に行こう」と言ってくれた。

なんと言っても一番は、ラストの「もしもあのまま二人で時を重ねていたら」の一連の映像からの、去り際にお互い見つめ合って頷くシーン。あの数秒にすべてが込められていた。

あの時があるから今の自分が在る。あの日泣いたことも笑ったことも、すべてに意味がある。そんなことを再認識。

賛否両論あるようですが、曲も映像もストーリーも、わたしはとても好き
わかな

わかなの感想・評価

5.0
はじめのノーカットのオープニングから始まって、ずっと圧倒されてました!
音楽、衣装、キャスト、場所も全て世界観がマッチしてて頭に印象づいています。
今でもサントラ聴くとこの世界に潜れるかのように浸れるのは、とても魅力てきです😊
梅雨輝

梅雨輝の感想・評価

4.3
友人と2人で見に行きました。

出だしからまるで手を引っ張られて一緒に踊ろうよと誘われているかのような感覚になって一気に惹き込まれたし、ワクワクした。
この時点で映画館で見てよかったと思ったし、きっと映画館のスクリーンや音の大きさでなかったらこの気持ちにはならなかったと思うくらい…。

映像も美しいし入ってくる曲や盛り上げ方が本当に良かった。
カメラワークがとても秀逸でそういう構図いいな…と勉強にもなった。

前半かなり盛り上げてくれているので、もうずっとこのままこういうテンションで突っ走っていくのかと思ったらラストにかなり衝撃を受けた。良い意味でも悪い意味でも期待を裏切られた。
でも、ある意味幸せの形ってそれぞれなんだなと少し考えさせられた。

人によってはかなり地雷の域になる場合があると思うのだけど、ほぼ終盤の内容を一言で表した時点でもネタバレになる映画なので人に勧めるのがちょっと難しいw

見終わった後、友人と交わした一言が

「注意書きのない同人誌を読んだ時の気分…」

という状態になった。
これカップルで見に来た人の感想聞きたいという話もしつつ「これはカップルでみるのオススメ(笑)」という謎の布教用の一言が出来上がった。(もちろんジョークです)
>|