ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

ひろ

ひろの感想・評価

4.0
凄い曲が有名だったので凄いハッピーな作品なのかと思ったら切ない恋愛作品だった(>人<;)
夢と恋愛の両立って大変
オープニング高まる
ラストのキスのシーン好き

エマ・ストーン可愛すぎか!
ビビットカラーのワンピースかわいい

ライアン・ゴズリングカッコ良すぎか!
俳優でピアノ弾けるとか許せん

ジョン・レジェンド歌上手すぎか!

音楽はサントラ買うほどではなかった
ddd

dddの感想・評価

3.6
監督前作品のセッションが超好きで観た。
エマストーン美しい!!!
でも終わり方に納得がいかん…
最後のライアンゴズリングの笑顔が切ない
371

371の感想・評価

3.5
音楽が最高!服も、描写も見てて飽きない
2回観た!エマストーン綺麗
ハチ

ハチの感想・評価

3.7
脚本はザ・王道なので先が読めるけど演出が面白い
賛否があるのもよく分かる

セッションのような狂気を抜いて万人ウケにしたのかもしれないけど、個人的にはもっとぶっ飛んでても良かったなぁ…
最後まで観るのに3回かかりました。
1度目は映画館。すぐ寝ました。
2度目はレンタルで家。寝ました。
3度目はなんとか観きりました。

ひどく退屈な映画だと思いました。
楽曲も使い回しが多く、魅入るパフォーマンスはオープニングくらいで、同じ曲が流れる度に眠気が限界点まできました。
最後が衝撃というのを聞いていたので、なんとか最後まで観たいと思ったのですが、観たところで響くものはなかったです。
良くも悪くも恋愛のお話。
その浅い中からすくっても、人生の岐路で捨てた道を思う話。
わざわざ観るものではなかったと感じたのが一番です。

世界観がはまれば楽しめます。
はまらなければ退屈です。
個人的には楽曲も少なく退屈で、何よりヒロインはあそこからどうやって成功までいったのか、腑に落ちない部分が大きかったように思います。
後味も後味なので人に勧めるかというと、敢えて勧めはしないです。
ゆ

ゆの感想・評価

-
よくわからんタイミングで見たんですけど、選ばなかったこれまでと今に至るまでの情景がバーって流れる最後のシーンが良すぎてそこまで観てようやくすべて理解みたいなところあった
何かを選択することはそれとは違う何かを選択しなかったってことに他ならなくて捨てていったたくさんの可能性の上に今があるんだねというけっこうシビアな話だったね〜
natsuko

natsukoの感想・評価

3.4
作中曲がミュージカル映画にしては少ない気がしましたが、話はとてもエモい。でもこれ以上はネタバレになっちゃうから何も言えないっ(・H・)
衣装もかわいかった〜
Masami

Masamiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

Amazonでレンタルしてたので再鑑賞。

やっぱり好きだなぁ。

自分の店を持つ夢を持つジャズピアニストのセブと叔母に憧れて女優を目指すミアの恋と夢の葛藤。

シーンが季節に分かれていて、壮大な渋滞のミュージカルの『冬』から始まる。お互いに何者にもなっていない2人の最悪の出会い。

『春』になり再開から互いの夢を知り、蕾がなる様に膨らんで行く2人の恋。パーティでの再開からマジックアワーの『普通』の背景をバックに踊るタップはもう『最高』。映画館からの展望台のシーンもいいけど、個人的にはプールのあるパーティでアイ・ランをリクエストするミアが可愛い。

『夏』は熱々の2人の関係がほほえましい。あちこちをデートしてとても幸せそう。セブもジャズに没頭し、ミアもそんなセブとジャズにのめりこんでいく。だけど相手を想うあまり、将来を見据えてセブが徐々に夢から離れ現実に引きずられていく。

『秋』で徐々にすれ違っていく2人。セブの熱い想いが人を動かすという信念にほだされて、コツコツと夢を追うミア。けれどセブはどんどん自分の夢から離れていく。ミアの夢を応援するセブ。でもそれは2人の距離を広げる現実がある。セブが夢の為に没頭しなくちゃならない。2人の事は様子を見ようというシーンの切なさ。

5年後の『冬』で2人は別れ別々の道を行きながら互いの夢を叶える。そしてあの時こうして入ればの回想になっていく訳だが、これはどっちの回想なのかなぁとずっと考えていたけど、2人共通の回想だと思いたい。

ラストの2人の微笑はとても悲しくて美しい。全体を通して流れる音楽もとても良かった。個人的に10年に一度の名作でした。30歳超えてからみんなに見てほしい。
seira

seiraの感想・評価

3.2
正直、個人的には期待はずれだった。
ミュージカル映画というには、ミュージカル要素は少なかった気がする。
内容的にはカップルのすれ違いのお話。
はじまりと終わりは盛り上がりが素敵だと思った。
作り方の構成が500days summerの様な感じ。
>|