ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

あらすじ

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

ライアンがかっこいいが、んー、ごめんなさいあんまりでした。
ミュージカル感が割と強かったのも個人的に好きじゃないポイント。
2963

2963の感想・評価

4.0
葛藤、嫌な感情が特に響いた。
もう一度見たら感じ方は変わるような気がするからまた見たい。
五年て月日で人はそんなに変わるの?
kazu

kazuの感想・評価

4.0
丸メガネにロングコートで冬にロシアみたいな帽子被るやつが見てそうやから避けてた

踊り出す系大体かゆなるけど結局憧れてる
優越感のために不遇な人を好きになるあるある
まあなんか色々あるけど側から見たら小さいよな人生
いっぱいおっぱい揉もう
最後のストーリーが切ない。。
今でも思い出しただけで泣きそう。。

サントラが本当に好き!!!大好き!!!
葵

葵の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

夢を追い続けることの苦しさ、焦燥感、足元の不安定さを感じた。ミュージカルじゃないシーンもお洒落だけど分かりやすくはなかった気が。
一番最後のミュージカルシーンは本当に演出がすごい。まず導入がやばい。間の取り方とか、どんなに周りに人が居ても一瞬で二人の世界になった空気感をビシバシ感じた。ラストのミュージカルはこれでもかってくらいロマンチックでサクセスストーリーなのが「これは夢だ」というのを際立たせてて辛かった。音楽と映像の一体感もすごい。
二人は結婚こそしなかったけど(そこがまたいい)二人の人生にとってその存在は何よりも誰よりも結婚相手よりも強力だろうなと思った。あの時代を一緒に戦った戦友。前向きな切なさ。

このレビューはネタバレを含みます

映画ラブアゲインぶり?のライアン・ゴズリングとエマストーンの共演映画を今頃やっと見た。

同じバンドメンバーやったキースの名言に心打たれた。
「ジャズを救いたかったら大衆に受ける音楽も攻めないとあかん。革命家は新しいことをした人やから、過去にすがってたらあかん。」的なことを言うてて映画で一番心に響いた、なんでやろ。

最後のバーでのライアン・ゴズリングがエマストーン見つけた後に演奏するまでの間がヤバイ。あの間だけで泣ける。あの間があるから視聴者は色んな2人の感情を考えて泣けてくる仕組みなんやと思う。

その後のライアン・ゴズリングの回想が始まって、"夢も彼女も両立することができた自分" を想像しながら弾いてて(多分)、切なすぎてビックリした。

ミュージカル映画そんな好きじゃなかったけど、やっぱり売れる映画には感動できるシーン(仕掛け)がいっぱいある。
な

なの感想・評価

3.6
「何度も偶然に会うのって不思議だ」
最後の最後まで、そうだった。

終盤の愛慕と切なさのアンバランスに混ぜ合わさった感情が大好きです、、
ウース

ウースの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ミュージカル映画として全体通して楽しめた。ジャズも軸にあって音楽が聞いてて楽しい。
ラストのビターエンドは人を選ぶかな。個人的にはベタでも5年後再開からのハッピーエンドが良かったかな。
YangYang

YangYangの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

映画史に名を刻む作品ってまさにこれだよなと感激。スクリーンで観れて本当によかった。2回目の方がさらに感動した。

オープニングからもう最高なんですよ。こんな最高な始まり方はない。
劇中歌も全部いいし、a-haのTake on meが流れるところもくぅぅーーってなる。
どのシーンが1番いいかって決められません。。。全部好き!!!!
ライアンゴズリングもエマストーンも本当にいい役者さんだよな〜と改めて感じた。

お互いがいたから叶えられた夢、そして同志だからこその別れ。ラストシーンはとてもとても切ないけど、セブとミアが一緒に過ごした時間は、2人にとって一生忘れることないかけがいのない時間だったんだろうな。

とにかくまだ観てない人には絶対みてほしい!!!
やこ

やこの感想・評価

-
ベトナム行きの飛行機でみて、うたってるシーンの歌詞ぜんぶベトナム語やった
>|