ダンケルクの作品情報・感想・評価

ダンケルク2017年製作の映画)

Dunkirk

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ダンケルク」に投稿された感想・評価

みゆ

みゆの感想・評価

5.0
2017.09.14(187)
劇場・字幕


私は映画を見る際、特に新作についてはなるべく情報を遮断するタイプだけど、今回はある程度の予習をしておきました。ツイッターで何回か「予習しないと楽しめない人がいるようだ」とのツイートを見かけたからです。結果大正解。なので私もこれから見る方にアドバイスを。

最低限「ダイナモ作戦」の概要と、ダンケルクと周囲の勢力地図は見てから鑑賞した方が良いと思います。公式サイトの林先生の動画と、あと本屋さんにあるダンケルクの文庫の最初の方に載ってる地図を見るだけでも随分違うはず。周囲の土地の名前が出てきたりするので、知っておくとより頭にスッと入ってきます。

ノーラン作品に慣れている方なら大丈夫だと思うけれど、時間軸がおかしなことになっていて、慣れないとそちらに気を取られてしまうので、最初の方に出てくる1、2、3のそれぞれの場所と時間はしっかり覚えておくと良いと思います。あともしキリアン・マーフィーという俳優さんを知らない方は顔と声を調べまくって覚えておいてください。時間を把握する上でかなり大事です。

ダンケルクは何回も見に行く方も多いようなので、そういう方は追い追い分かってくるから良いと思うけれど、なかなかそういう余裕はない方もまた多いと思うので、1回の鑑賞でちゃんと分かって堪能したい!という方は、ぜひ安心して予習してみてください。

本来なら(日本で見るなら)IMAX次世代レーザーのある109シネマズ大阪エキスポシティで見るのがベストだし、それが出来なくてもIMAXシアターで見るのがきっと良いのだと思います。でも一般的なスクリーンでも十分心臓ギューッとなるし、短時間で良かったと思うくらい疲弊するので、(大きなスクリーンに越したことはありませんが)とにかく劇場で見られるだけでも十分堪能出来る名作です。気になる方はぜひ劇場で。音も素晴らしいので。

アドバイスが長くなったので感想は控えめに(笑)。

いやいや素晴らしかったです。ドラマ性が薄いという声もあるようですが、私はそうは思いませんでした。主人公は特に決まっていなくて(一応流れの中心になる人物はいるけれど主人公ではありません)、あらゆる登場人物の背景やドラマが、画面には描かれていなくても浮かび上がってきて、人はある意味平等だということがよく伝わってきました。

私が一番好きなのは、ある親子について。素晴らしい父親と、その父をしっかり見て学んでいる利発な息子。その2人の言動は本当に美しく素晴らしく、涙が出そうになりました。

珍しく丁寧語のレビューとなりました。それくらい襟を正したくなるような作品でした。
リアリティが、音の使い方がやばかった。
はせこ

はせこの感想・評価

3.8
休まらない、、
しまった。映画館で観るべき作品でした。セリフにも、登場人物の背景にも、そしてCGにも頼らず"戦場"を観せてくれました。しかも陸の1週間、海の1日、空の1時間を巧みに構成。効果音と呼ぶべきかの様なBGMと共に観せる映像世界を、大好きな(僕のエリ200歳の少女を手掛けた)ホイテマ氏に撮らせる…。やはりノーラン監督の作品は凄いです。
終

終の感想・評価

4.2
防波堤での時間、海での時間、空での時間
それぞれが絡み合う瞬間に興奮しました
演出の仕方が流石としか言えないです
もがき苦しむ姿、助けが来て喜ぶ姿、どういう感情でいたらいいか分からず、泣けてきました
観ることができて良かったです
ERI

ERIの感想・評価

3.3
ダンケルク。戦争映画をみるには体力がいる。

1940年追い詰められた英仏軍が、輸送船の他に民間船や小型船など全てを駆使して、当初3万にを脱出させるといったチャーチル大統領の言葉をはるかに超えて、約30万人を超える将兵を脱出させた歴史的な出来事。

防波堤の1週間、海の1日、空の1時間を描く3つの視点から描かれる本作。結構難しくて、考察するまでに至っていない。

脱出したことに後ろめたさを感じる将兵が印象的だったな。
戦争映画の新しい姿。ノーラン監督に一生ついていく。
でん

でんの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

最大級の逃走劇。

セリフが少なく映像と音だけで
こんなに恐怖を感じるものか・・・
姿を現さない最強ドイツ軍が最後まで
恐怖を煽ってた。最後まで。

時系列がバラバラなため混乱するが
理解すると、全て繋がってた。
陸・海・空で戦う英雄の3部構成。

民間人が船を運転してたと知り
国が一丸となり助けてたとは驚き。
チャーチルの映画同様
本当に民衆の士気が高かった!!!

短い映画だったけど、見応えあり
何度観ても、はじめて分かること多く
面白かった!!!

逃げただけです。
「それだけで、充分だ。」

全てをまとめてた。
国に帰ってきたことだけが奇跡。
他の死んだキャラクターを思うと
本当、凄い!!!

結果、ウィンストンチャーチル
観てからで正解だった!(笑)
期待し過ぎただけにちょっと、点数低めになってます。
kya

kyaの感想・評価

3.0
綺麗すぎでは。そして構成がうまめになってしまっていると感じた。
>|