シング・ストリート 未来へのうたの作品情報・感想・評価

シング・ストリート 未来へのうた2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

non

nonの感想・評価

-
【2016年レビュー】
とにかく最高だった理屈抜きで。とにかくこの状況で、純粋に真っ直ぐ生きている姿はどの年代にも響くのではないかと。いい映画は、キャストがいい。そのキャストの役割とか位置が確立している。無駄な情報は要らなくて、その時々の感情が、生き生きと描かれていることが重要なのだと思う。楽曲もすごくよかった。嫌だと感じるところが全くない映画だった。本当によかった。今、とてもいい気分なのが証拠だ。
ゆきや

ゆきやの感想・評価

3.7
なんか思ってたよりかはという感じやった、、溜めて期待しすぎてたかもしれない

けど、言いたいのはマネージャー可愛すぎる(笑)
mi

miの感想・評価

4.8
何度でもみれる素敵な青春映画 !

女の子を落とすためにバンドやってるんだけどって言うところがかわいいし、彼女を思うまっすぐな曲を書くところもダサいけど最高にかっこいい ◎

エイモンも最高に素敵な仲間だし、お兄ちゃんも最高にかっこいい自慢のお兄ちゃんでコナーとラフィーナだけでなく彼らの周りのみんなが最高だった !

音楽もストーリーも本当にだいすき !♡
RN

RNの感想・評価

-
青春・恋愛・友情・家族愛の全てが詰まってる映画
人間は皆それぞれ違うバックグラウンドを持っていて、それぞれの生き方・人生がある。その中で前向きに生きていくと、”やらないで後悔よりやって後悔”、この信念・精神をブレずに持ち続けることが大事だと感じた

ps 音楽には人の心を動かす何かがある、それが絆なのか愛なのかそれとも違う何かなのか…
音楽で青春しているって感じ
あの時代だから理不尽なことが多いけど、それでも音楽でロックしてるのがかっこいい
Yま

Yまの感想・評価

5.0
2年ぶりに再鑑賞。

不況のダブリンの中でバンドメンバー(とヒロイン)それぞれが家庭環境に問題を抱えつつも、必死で「前を向いて」生きることの大切さを教えてくれる作品。

キャラクターの中だとギターのエイモンが好き。
たまたまバンドに誘った友達の家に楽器が揃ってて、しかもそいつが作曲もできるとか最高じゃないか。最後のギグ終わりに主人公と抱き合うシーンで泣ける。

主人公の兄貴のブレンダンもいいキャラしていて、最初は気のいいやつかと思ったら挫折と闇を抱えていて「実はコイツが一番バンドやりたいんじゃ・・・」と思わせるような節があったり、年齢的には大人なんだけど大人になりきれない、主人公の行動の若さが羨ましいと思いつつも、主人公の師匠的なポジションでロックとは何かを教えてくれる。

単純にバンド活動を通じての主人公の成長譚として見ることもできるし、恋愛映画としてラストの逃避行を見て「小さな恋のメロディ」を連想することもできたり、見るたびにいるんな見方ができる、間違いなく人に勧められる名作だと思います。
K

Kの感想・評価

5.0
『青春』の一言では言い表せない
甘くて、苦くて、酸っぱくて、永遠のような一瞬の時
また、忘れられない1本に出会ってしまった!

少しむず痒くなるようなそれがまたなんとも言えず心地いいのだ。
MN

MNの感想・評価

4.8
めっちゃ好きなやつだった。
曲作るところとか、MV撮るシーンとか、最後のギグ、ずっとわくわくした。音楽は最高!兄の愛情も。
若いってすごいな〜!!
Natsuho

Natsuhoの感想・評価

4.0
高校生の話だから共感できると思ってなかったのに良かった!曲を作っていくのとかすごいわくわくするけど、その時代の生きづらさもずっと続いてて、ただうまくいく話じゃないのが、私たちと同じで良い 悲しみの喜び!クソダメでも進むしかない
何事も半端じゃダメってところも良かった
花椒

花椒の感想・評価

4.0
公開から数年経てからの新所沢レッツシネパークの何かの特集にて。

ボヘミアンラプソディでキャスティングされた2名が出演。その情報は知らない状態で観賞。

ヒロインの女性の声、どこかで聞いたことあるなあ、と思ったらメアリー役のあの人か😍顔見ては気づかなかった

もう一人の出演者は顔ですぐわかったのだが
>|