ヒトラーへの285枚の葉書の作品情報・感想・評価

「ヒトラーへの285枚の葉書」に投稿された感想・評価

K

Kの感想・評価

-
ナチスに対して反政府の姿勢でペンと葉書で戦った夫婦の話。そっと町中において静かな抵抗を続ける二人に政府の調査がくる。
ベルリンに一人死す
という本を映画化した作品。
原作自体も事実とのことです。

ナチス政権下のベルリンで
一人息子が戦争で死んでしまったことを機に
反ヒトラーに立ち上がった夫婦の話。

といっても、主人公である老夫婦は
ただの労働者階級の人であり
お金があるわけでも地位があるわけでもなく、
コネや特殊な能力があるわけでもありません。

そんな彼らが採った手段は
反ヒトラーを訴えかけるハガキを
様々なところにおいて回るという方法でした。

そんなささやかな方法で何が変わるのかと思いますが
なんの力も持たない彼らは
ドイツ人の良心に訴えかけるということしかできなかったのでしょう。

しかしそんな些細な手段だったとしても
当時のナチス政権下では重罪です。
なにしろヒトラーを断罪する文面を、首都でばらまいているのですから。

すぐに警察の捜査が始まりますが
なかなか警察も犯人を特定できず
警察自体もゲシュタポに突き上げを食らい始めます。

そんな中、ついに夫婦が一つのミスを犯してしまい、
事態は一気に動き出します。

老夫婦の運命と、夫婦の活動の結果がどうなるのか


主人公が何の変哲もない夫婦なので
当然派手さはなく、地味な物語ではあります。

そこらへんは踏まえた上で
体制に立ち向かった個人の話
そして彼らの採った戦いの手段がどういう結果を生んだのかを知りたい人は見てみましょう。

個人的には面白かったです。
Spiderstar

Spiderstarの感想・評価

3.5
ペンと葉書を武器にナチス政権に抵抗した夫婦の実話を基に書き上げた小説を映画化した話

第二次世界大戦中のナチス政権であるドイツを舞台にした作品を観る度に思うのは、やはりこんな酷い時代があったんだということ
そんな時代にも関わらず、ナチス政権に抵抗しようとした人間がいて、こんな人がいたんだと知りつつ、今の時代に生きている人々にも通じる何かがあるということに毎回考えさせられる

夫婦を演じたエマ・トンプソンとブレンダン・グレーソンは結構良かったと思う
ところどころ息子への愛や夫婦の孤独さが伝わり、しみじみした

ダニエル・ブリュールも他の映画と同じく、存在感があり、今作も良かった
最後の彼の決断がすごくしみじみくる

舞台は当時のままのベルリンのような感じがあり、舞台セットはすごく良かったと思う
こういう街が実際に現在のドイツにいっぱいあるので、いつかドイツに行ってみたい

良い作品なのだが、前に「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」という映画を観ていて、その作品と今作が大体同じ内容だったので、少し感動は薄れたかなぁ

こういう昔の時代に活躍していた人物を映画で知れることができて良いですよね
映画の面白さ、醍醐味の一つです
暴力の時代
この夫婦の命がけの抵抗も国家に対しては余りにも非力
泣寝入りせんてか、出来んかったんやろな、、悲しい
手紙を見た285人中18人は何を思ったんやろ…
あずき

あずきの感想・評価

2.0
3年かー。3年もの間反ナチス派として地道な努力をしてきたんだなぁ。
この夫婦がしてきたこの行為はどれくらいの人に影響を与えたんだろう。
映画化になるということはそれなりの資料が残っていたってことだよね。
ラストの終わり方が綺麗すぎ。警部をいい人に終わらそうとしなくて良くないか?
洋題 Alone in Berlin
>|