The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめの作品情報・感想・評価

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ2017年製作の映画)

The Beguiled

上映日:2018年02月23日

製作国:

上映時間:93分

3.3

あらすじ

「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」に投稿された感想・評価

ストーリー ★★★☆☆
キャラクター★★★★☆
オシャレ度 ★★★★★
エンタメ度 ★★★☆☆
メッセージ性★★☆☆☆

女の園に南北戦争で負傷した兵士が1人。
女達の微妙に揺れる心情の変化や駆け引きが細やかに描かれてる。
ある出来事をきっかけに状況が一変し、それぞれが感情をむき出しに。

ニコール・キッドマンが気高く美しく、キルスティン・ダンストは純朴でエル・ファニングが小悪魔…!
映像は全体的にゴールド系の色味でクラシカル。
徐々に色気付く女達はドレスやアクセサリーなど装いの変化でも気持ちを反映してる。
神殿みたいな建物がゴージャスで神秘的。キリスト教の祈りのシーンも多いし、宗教的な意味も含んでるのかな?
neo1018

neo1018の感想・評価

2.5
映像は綺麗だが全体的に暗い画面でとにかく見辛い。そこが「らしさ」のようなので仕方がないかも知れませんが。イーストウッド主演のオリジナルを観ているのでどうしても比較してしまいますが、「物足りない」印象ですね。人物の心理描写が。クライマックスの盛り上がりが。タイトルの「欲望」を何も感じられなかった。そしてキルスティン・ダンストがモテる理由も物足りない。
mocamovie

mocamovieの感想・評価

2.9
緩やかな進み具合。
もっと女の嫉妬やおぞましいサスペンス的な感じを勝手に期待してたので、とくに驚くこともなく静かに終わりました。
何か惜しい…
世界観も好みで俳優陣も良いので少し残念です。
予告編で見たキルスティンの驚く表情のシーンが本編では暗すぎて見えなかったのは自分だけでしょうか…
luke

lukeの感想・評価

2.8
面白くは無さそうやったけどソフィアコッポラという事で一応鑑賞。。。案の定な映画。
出演者が無駄に豪華。呆気なく終わった。
Marco

Marcoの感想・評価

3.3
ソフィアの作品を全て見てきたファンですが、これは正直つまらなかった。キルスティンが運命を感じて一目惚れされるほどの相手にどうしても思えないし、コリンファレルがみんなを惑わす色男にも思えないし、ソフィアこだわりの画像が暗すぎてレンタルだととにかく見辛い…。次回作に期待!
タイトル出てくる森のカットが好き
本編は暗すぎて大体のシーンがよく見えなかった。予告は明るくしてあって、しっかり見えた。
Ako

Akoの感想・評価

3.0
わりと退屈せずに観れたのですが
ながら見で十分。

世界観が素敵なので、世界観に浸るには良い。
ただ内容的にはB級。

ストーリー性とかメッセージ性とかはほぼ無し。
女の嫉妬、謎の団結感。
灰音

灰音の感想・評価

3.0
2019年3本目。
緩やかで後味の悪いサスペンス。

画面がずーっと仄暗いので、俳優たちの表情がうかがいにくいところもあります。
そこもまた映画の雰囲気を醸し出しているのかもしれませんね。

コリン・ファレルのクズ男っぷりとニコール・キッドマンの毅然とした態度はさすが。
もう少しぞっとするところもあるのかしらと期待しながら観てたら終わってしまって、ちょっと肩透かしでしたな。
honami

honamiの感想・評価

3.0
リメイク元の白い肌の異常な夜に比べて伍長のクズっぷりも、女達の怖さも全然足りなくて物足りなかった。白い肌の異常な夜はサスペンス映画として楽しめたけど、これはサスペンスでは無かった。だけどコリンファレルはイーストウッドとは違う色気があって良かったし、ニコールキッドマンもさすがだった。
そしてなんだかんだ言いつつも結局はソフィアコッポラ様大好きという感想に落ち着く。だってかわいいんだもん〜
Good morning Girls, の言い回しはヴァージンスーサイズを思い出す。
ソフィアコッポラ今作も公開待ち望んでいたのにいざ始まると映画館に行けずモヤモヤしていて、やっと鑑賞。
嫌いじゃないけど、、後味悪い。というか画面ずっと暗くて表情や行動がはっきり見えず。そこを意図してるのかもだけど。

女優陣の中でもキルスティンダンストのアンニュイな雰囲気すごいすき、でもわたしソフィアコッポラ映画の彼女しか知らないなと気付いてしまった。ヴァージンスーサイズからずいぶん経って大人になったなぁ、顔変わらないなぁ、とかそういうことを考えてた。映画の感想じゃない。。。
>|