ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

Toni Erdmann

上映日:2017年06月24日

製作国:
  • ドイツ
  • オーストリア
  • / 上映時間:162分
    監督
    マーレン・アーデ
    脚本
    マーレン・アーデ
    キャスト
    ペーター・シモニスチェク
    サンドラ・フラー
    ヴラド・イヴァノフ
    ルーシー・ラッセル
    ハデヴィック・ミニス
    イングリッド・ビス
    あらすじ
    悪ふざけが大好きな父親ヴィンフリートは、コンサルタント会社で働く娘のイネスとあまり上手くいっていない。たまに会っても、彼女は仕事の電話ばかりしていて、ろくに話すことも出来ない。そんな娘を心配したヴィンフリートは、彼女が働くブカレストを訪れることにする。父の突然の訪問に驚く彼女だったが、何とか数日間一緒に過ごして、父はドイツに帰ることになる。 少しホッとした彼女のもとに、<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れて…

    「ありがとう、トニ・エルドマン」に投稿された感想・レビュー

    まめも
    まめもの感想・レビュー
    4時間
    -
    今年イチ好き
    ReiSakai
    ReiSakaiの感想・レビュー
    7時間
    4.0
    泣かせにきてるわけではないのに、随所で、ふとしたところで泣きそうになる
    3io
    3ioの感想・レビュー
    4日
    3.0
    Firstly, I think this isn't a comedy movie. It depends on a sense of humor but it wasn't a comedy movie for me.

    Secondly, it goes with slow tempos and doesn't have up and down. Some people might get bored in the middle of the movie like I did.

    Thirdly, I'm a daughter of my father so I can understand the distance between the father and the daughter. If I was her, I would never talk with my father again. I think it's because I saw myself at her at some points like making her embarrassed, annoyed or mad which is good description of reality. Some people might feel the same way with me.

    Finally, family is family no matter what. Even though you don't like.
    Shoty
    Shotyの感想・レビュー
    2017/05/13
    3.7
    コンサルタントで働くクールで冗談の通じない娘は仕事のためにデキるイメージを持たれたい 仕事仕事仕事
    がしかしトニエルド マンはやってくるのだ 社会的な外面の化けの皮など剥いでしまう

    良かったけど 2時間42分も必要なのかはわからない あと一応コメディのようだけどそのつもりで観るのはやめましょう
    aipon
    aiponの感想・レビュー
    2017/05/10
    3.1
    パパ最高。笑ったーそして、ほっこりじんわり。ふもふも着ぐるみかわいい。ぬいぐるみ欲しい。
    しゅう
    しゅうの感想・レビュー
    2017/04/27
    -
    マスコミ試写会@ 京橋テアトル試写室 15:30開映
    coco
    cocoの感想・レビュー
    2017/04/19
    -
    カンヌの星取りで各誌こぞってこれはパルムドールと豪語してたのに取れなかったやつ。確かにダニエルブレイクより映画のクセがパルムドール級。真面目にしてたら急に笑えたり、泣けたのに狂ったりで良い意味で全く落ち着かない。そして私もあのモジャモジャに抱き締められたい…!
    マリアンヌ
    マリアンヌの感想・レビュー
    2017/04/04
    3.6
    ありがとう、

    ドニーイエン‼️

    (/ω\)キャー?

    ((ヾ(≧皿≦メ)ノ))違うでしょ〰️。
    ヨラ
    ヨラの感想・レビュー
    2017/03/24
    2.9
    理解しにくい…
    Jichoon
    Jichoonの感想・レビュー
    2017/03/20
    4.0
    本国ドイツにて鑑賞。

    ドイツ人自身は完全なコメディとして見ているが、中には笑える映画だと思ったのにと、あからさまに失望している人もいる。
    私自身のドイツ語が完璧では無いため、聞き逃した部分も多いとは思うが、この映画コメディなのだろうか。

    トリックスター的な父親は、まだ人間的な感情の残る世界から来て、ドイツ的資本主義の中でせっせと東欧の搾取に勤しむ非人間的な娘を人間に変えようとする、そういうストーリーだろう。ただ娘に辿り着くまでにあそこまでの変身を遂げなければならないというのが悲しい。

    この搾取の部分や、現代のドイツ的資本主義のプラグマティズムが娘をおかしくしてしまってるから、ああいう行動をとっていると理解しているドイツ人は、周りには残念ながら全くいない。ただ笑えるシーンと表面的に受け取っているに過ぎない。

    映画自体は面白いが、ここドイツでも徐々にトランプ大統領を勝たせたような、臭いものに蓋をする的な「反知性主義」がここまで来ているのか周囲の反応を見て驚愕した映画でもある。

    まぁ外国人である私の前で気を遣っている可能性もあるが、どうだろう。
    >|