ありがとう、トニ・エルドマンの作品情報・感想・評価

ありがとう、トニ・エルドマン2016年製作の映画)

Toni Erdmann

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:162分

3.8

あらすじ

悪ふざけが大好きな父親ヴィンフリートは、コンサルタント会社で働く娘のイネスとあまり上手くいっていない。たまに会っても、彼女は仕事の電話ばかりしていて、ろくに話すことも出来ない。そんな娘を心配したヴィンフリートは、彼女が働くブカレストを訪れることにする。父の突然の訪問に驚く彼女だったが、何とか数日間一緒に過ごして、父はドイツに帰ることになる。 少しホッとした彼女のもとに、<トニ・エルドマン>とい…

悪ふざけが大好きな父親ヴィンフリートは、コンサルタント会社で働く娘のイネスとあまり上手くいっていない。たまに会っても、彼女は仕事の電話ばかりしていて、ろくに話すことも出来ない。そんな娘を心配したヴィンフリートは、彼女が働くブカレストを訪れることにする。父の突然の訪問に驚く彼女だったが、何とか数日間一緒に過ごして、父はドイツに帰ることになる。 少しホッとした彼女のもとに、<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れて…

「ありがとう、トニ・エルドマン」に投稿された感想・評価

Kentaro

Kentaroの感想・評価

2.9
娘が好きすぎて変なことばっかりするお父さんの話。
somebody

somebodyの感想・評価

3.8
#170923 ユナイテッド

ホイットニーの奇跡の良さ。
ojico

ojicoの感想・評価

4.5
キャリアウーマンの娘と親父ギャグばかりの父親。
♡ブルガリアのけむくじゃら『クケリ』
♡Greatest Love of All

ほとんどを娘サイドで観ていたから、『このパパほんと邪魔!はやく帰って!関わろうとしてこないで!』とトニに対していい風に思えなかった。
でも観続けていると、トニの娘への愛もよく伝わってきました。
彼なりの面白さで、仕事に忙殺されしかめっ面の娘に元気や愉快になってもらいたい、という気持ちもよく分かる!

我が子が大人になり、大きな仕事をするようになっても、子どもは子どもでずっと心配してくれるんだな、と思った!
Kazuho

Kazuhoの感想・評価

4.5
あまりに良い
タキ

タキの感想・評価

5.0
私の人生の最後まで残る映画だと思う。とてもよい。デジャブるシーンがたくさんあって、なぜか帰りの電車で涙がこみあげてきた。最中無駄にサントラ使ってないとこもすきだったなぁ。
もう会えない父親にすごく会いたくなった
記録
7月の映画友の会で感想を聞いて観た。親と娘の尊い愛の物語だった。少々上映時間が長いと思うが人情喜劇として面白かった。娘は独り立ちし父親は過保護すぎるほど娘を心配する。

この父親は奥さんと別れ母親と暮らしている。このお父さんはいつも奇抜な冗談を言いながら周りに気を遣わないでじゃんじゃんと言う。元奥さんはそれが嫌で娘を連れて離婚したのが想像出来る。娘も仕事一徹な女性で男はいるけど然程発展してない。

この前最終回終えた某過保護のTVドラマが放送されてたけど、あのドラマよりもこっちを観た方がいいと思う。この映画はドイツ・オーストラリア合作の映画だけど、人情喜劇のポイントを捉えてるから見応えがある。寅さんとは全く違う映画なのでもしDVDが出ましたら是非観て下さい。
もす

もすの感想・評価

4.0
長い映画だけど思ったよりすんなり見れた。些細なシーンの積み重ねで主人公の鬱憤がたまっていることが分かってくるから必要な尺だと思う。
説教臭いわけでもないし、真面目に堅苦しく生きること全否定してくるわけではないところが、押しつけがましくなくて逆に自分の生き方を考えさせられた。
基本的に映画内で音楽はかからないからこそ、劇中で主人公がふっきれたように歌うthe greatest love of allが響いて、映画が終わってからも何回もこの曲が聞きたくなった。
キャリアウーマンとして成長に身を捧げる娘と子どもじみたギャグを連発しながら幼少期の姿を重ねようとする父との問答をただただ描き続けた作品。それぞれ未来と過去に対してないものねだりをし続け、似合わない服を着ようとしていた2人は、最後にようやく自分らしい姿へと還ることになる。それがまた可笑しい姿なわけだけど、それでいいし、それこそがリアルなのだと遠回しに元気づけられたのだった。
普通にところどころうるっときてしまった
ただ、本当にこの映画の良さがわかるのはまだずっと先のことなのかも、、、
トニ・エルドマンが出てくるのがちょっと楽しみだったから後ろの方が気になってしまった
>|