ありがとう、トニ・エルドマンの作品情報・感想・評価

ありがとう、トニ・エルドマン2016年製作の映画)

Toni Erdmann

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:162分

3.7

あらすじ

悪ふざけが大好きな父親ヴィンフリートは、コンサルタント会社で働く娘のイネスとあまり上手くいっていない。たまに会っても、彼女は仕事の電話ばかりしていて、ろくに話すことも出来ない。そんな娘を心配したヴィンフリートは、彼女が働くブカレストを訪れることにする。父の突然の訪問に驚く彼女だったが、何とか数日間一緒に過ごして、父はドイツに帰ることになる。 少しホッとした彼女のもとに、<トニ・エルドマン>とい…

悪ふざけが大好きな父親ヴィンフリートは、コンサルタント会社で働く娘のイネスとあまり上手くいっていない。たまに会っても、彼女は仕事の電話ばかりしていて、ろくに話すことも出来ない。そんな娘を心配したヴィンフリートは、彼女が働くブカレストを訪れることにする。父の突然の訪問に驚く彼女だったが、何とか数日間一緒に過ごして、父はドイツに帰ることになる。 少しホッとした彼女のもとに、<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れて…

「ありがとう、トニ・エルドマン」に投稿された感想・評価

ニコ

ニコの感想・評価

4.6
大人になった子と親の気まずさ。

会社の人を家に招いてパーティーするところとか最高!笑

こんな切ない映画はないなぁ
りゅ

りゅの感想・評価

-
ありがとう、トニ・エルドマン見た。
内容よりもどえらい内容に気が気ではなかった。す、凄いな女優さんマジか…。それに同意してくれた俳優さん女優さんもすごい…。とにかく強烈なインパクトを与えました。
お父さんもエルドマンもめっちゃ近寄りがたいキャラクターだったけど、それが上手くいってるっていう。完璧な娘との正反対さ。ほっこりした。
これで上手く行くようになるといいね。ユニークさを忘れずにね。
masa1

masa1の感想・評価

3.0
各国の賞総なめ、ジャックニコルソンのリメイク決定とかで評判良さげなので鑑賞。
2016年ドイツのファミリーコメディ映画「ありがとう、トニーエルドマン」
主演のお父さんの怪演にびっくり。
で 、娘役の女優のドイツ顔にもびっくり。
大好きな娘が心配でストーカーぎみに付きまとう父を疎ましく思う娘。
でも次第に受け入れ始め、何かに気づき始める
人間を裸にする映画でした
万国共通の普遍的な他愛もなさとやるせなさをかくも見事に絶妙のバランスで魅せるとは
扮装と演技、演劇性とリアリティ、歌の力
ディテールが豊かで魅力にあふれている
アシスタントの女の子の裸は嬉しい驚き
大傑作でした
kyoko

kyokoの感想・評価

3.9
泣けるし笑えるし、共感できるところもあり。大満足。父親によって、娘のイネスが少しずつ解放?というか、なにかを脱ぎ捨てていく感じがとても絶妙。特に彼女が歌を歌うシーンはグッときた。
arisa

arisaの感想・評価

-
良くも悪くも北欧らしい。
時間の流れがゆったりでちょっと退屈。

お父さんもトニ・エルドマンも北欧の妖精っぽくて癒された◎
このパッケージを初めて観た時にギョッとした笑

この黒いの、毛!?って笑

気になっていたので、私の中では謎に満ちた作品を鑑賞。


音楽が全くなくて、沈黙や間を省略せずに見せる映画でした。


神出鬼没で独特のユーモアセンスを持つお父さん。どこにでも現れちゃうのは笑ってしまいました笑



誕生日パーティには驚いた。
この父にしてこの娘あり!という発想。

そして助手の女の子が可愛すぎる。
なんて真面目な…!
ああゆう時にその場を共有してくれる人ってじんときますよね。


娘の何かふっきれた感じと最後のトニエルドマンのセリフは良かった。
kenji

kenjiの感想・評価

2.8
父親の普通ではないキャラクターとこの映画の世界観は凄かった!
愛情の深さが大胆過ぎず惜しげもなく表現された映画。
ひでG

ひでGの感想・評価

3.9
ずっと気になって、観たかった作品。

そーか!あなたがトニ・エルドマンさんですか

あなたのお気持ちはよく分かります。
私はあなたより一回り以上歳下ですが、
子供たちが社会人として巣立っていこうとしている親です。

ですから、娘イネスが心配な気持ち、
でも、もう社会でちゃんとやってるんだから何もできないしなあって気持ち、本当に分かります。

ただ、トニ・エルドマンさん、
いや、ヴァンフリートさん、
分かるけど、やっぱりやり過ぎだわ(・_・;

あれじゃ、イネスさんも引くのは仕方ないですよ。

僕も子供が小さい頃は、
「パンツマン、参上!」みたいな悪ふざけして、驚かしたりしたけど、
あなたのように、この歳までずっとそれを貫くことはしていない。

冒頭からあなたの悪ふざけは、年季が入ってるよ、凄いですよ。
引かれててもやるからね〜、

ていうかかなりの人が、あなたの変装、
分かっている人よ。バレバレだよ😊
でも、バレてても、とりあえずつきあちゃうのは、あなたの特別な才能だね。

でも、どんなに親が近付いても、
もう旅立った子供は、自分の足で歩くしかないんだよ。

親は一瞬羽を休める場所にしか、もうならないんだ。



この映画、ルーマニアという国の立ち位置みたいなものも表しているのかもしれません。

ドイツなど先進EUの国に追いつくには、イネスのように必死に食らいつくしかない。

古き時代を知っているヴァンフリートのような存在は、大切だ、懐かしいと感じても、振り返ったり、後戻りはできないんのではないだろうか。

終盤、イネスが熱唱する歌、
えっと、聞き覚えがある、えっと、
そーだ!ホイットニーだ!😭

最初は乗り気ではなかったイネスが、
最後には「自分に誇りを持って生きたい!」て、まるで自分に問いかけ、なぞり、確かめるように歌い上げる。
とてもいいシーンでした。

素晴らしい完成度!
語り口も滑らかだし、変に誇張もせず、でも、奥行きも感じさせる映画なんだけど、
やや、長いなって思ってしまった。

●●パーティも、まあ発想としては面白いけど、やや弛んでしまった感もなくはない。

まあ、ちょっと長いなって思わせたあたりも
イネスの迷走?=ルーマニアの迷走?を表したかっのかな。
言いたい事は分かるけれど、
残念ながら好みの映画ではなかったです。
>|