ありがとう、トニ・エルドマンの作品情報・感想・評価

ありがとう、トニ・エルドマン2016年製作の映画)

Toni Erdmann

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:162分

3.7

あらすじ

悪ふざけが大好きな父親ヴィンフリートは、コンサルタント会社で働く娘のイネスとあまり上手くいっていない。たまに会っても、彼女は仕事の電話ばかりしていて、ろくに話すことも出来ない。そんな娘を心配したヴィンフリートは、彼女が働くブカレストを訪れることにする。父の突然の訪問に驚く彼女だったが、何とか数日間一緒に過ごして、父はドイツに帰ることになる。 少しホッとした彼女のもとに、<トニ・エルドマン>とい…

悪ふざけが大好きな父親ヴィンフリートは、コンサルタント会社で働く娘のイネスとあまり上手くいっていない。たまに会っても、彼女は仕事の電話ばかりしていて、ろくに話すことも出来ない。そんな娘を心配したヴィンフリートは、彼女が働くブカレストを訪れることにする。父の突然の訪問に驚く彼女だったが、何とか数日間一緒に過ごして、父はドイツに帰ることになる。 少しホッとした彼女のもとに、<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れて…

「ありがとう、トニ・エルドマン」に投稿された感想・評価

長かった!
いくら娘が心配だからといって、職場にまで押しかける親にドン引き…🤯
しかも他人になりすまして一緒に仕事をするなんて、ちょっと考えられない💦
終盤娘がぶっ飛んだ行動を起こすんだけど…それも父親のせいもあったんじゃない?と思ってしまった。
絶賛されてるので期待して観たけど…全く共感できない作品でした!
くらら

くららの感想・評価

4.0
絶妙なゆっくり感と、荒唐無稽な感じが癖になる!
ホームパーティーのシーンは、一生忘れられない。この先何が起きても受け入れられるだろうなと、不思議に前向きな気持ちになれた。
観ていたら、博多華丸さんを思い出した。華丸さん、ボクの頭の中で言ってる。「酒のチャンポンと親の意見は後から効いてくるけんね!」いつ頃から、親の意見をありがたいと思うようになるんだろう。

もうひとつ思い出したのは、岡田あーみんさんのマンガ「お父さんは心配症」。自立しているといっても、親は子供のことがやっぱり心配。

ボクのサイトでは、もうちょっと詳しく書いてます。http://oride.net/tonierdmann/ で。
親子愛を描いたユーモア溢れるヒューマンドラマ。アカデミー賞ノミネート作品。
仕事中心の殺伐とした日常と、親と過ごす柔和な雰囲気が溢れる非日常。その狭間で揺れ動くキャリアウーマンの娘の感情の機微を見事に演じているサンドラ・フラーという女優。彼女は歌声とヌードも素晴らしい。
ハリウッドでのリメイクも決定し、ジャック・ニコルソンが出演するらしい。
たくみ

たくみの感想・評価

2.0
公開時に見逃してしまった本作がキネカ大森名画座でかかると言う事で、これは押さえておこうと言う事で今度はちゃんと観賞。

結論から言って観なくても良かったけど、そんなの観終わるまでわかんないし、後悔はない(^_^;)

とにかく登場人物全員みんなちょっとずつ変。

父と娘の間の絆は確かに感じたけれど、手法に問題ありすぎて共感はできない。

良い勉強になりました。そういう意味でありがとうトニ・エルドマン(^_^;)
名画座にて。
不器用なお父さんが、つまらん人生を送る娘に愛を送るお話。
現代を生きる人達(自分含む)からしたら、このお父さん頭いってるし「もうやめてくれ」て何度も思うんだけど、そんな彼から大切なことを教わった気がする。

娘もある時スパッと変わるんじゃなくてジワジワ変わったり、そもそも変わる象徴であるはずの出来事が映されないのが新鮮で面白かった。それにあんなにめちゃくちゃされたのにそれでも心の底からお父さんのこと憎まないのは、娘がお父さんと通じてる部分があるからなんだろうな。そこもまた面白い。

つまり囲われた人生なんてクソ喰らえだ👺
ジャケットに受賞歴を並べる映画はクソ映画理論、今回も当たりました。

3時間弱返せ!!って感じの映画でした。父の優しさは痛い程感じるけど、やり過ぎてて普通に考えたら気持ち悪い。そんな風に感じてしまったため、良いメッセージ性はあるけど響かなかった。カルピスの原液で言えば、上手く作れば美味しいけど、ミスって激薄になった感じ。話だけじゃなく、カメラワークもクソ映画特有の手ブレ。音楽は一切無しで何も盛り上がらない。涙も無けりゃ笑いもない。自分には合わない映画でした。
仕事ばかりに追われてると人生の大事な時間はあっという間に過ぎてしまうよというありがた〜いメッセージが込められてるのかもしれないが…長〜い〜。
自由奔放で人間らしさの父VS実直キャリアウーマン娘

お父さんの受け入れて何かをしていくスタンスが良◎
ありがとう!

自由気ままでいたずら好きの父親と仕事ばかりキャリアウーマンの娘の絆を描いた作品。
コメディちっくだが狙った笑いというよりも気まずい笑い。

正直こんな父親いればそれはうざいだろうが最終的には大事なことを教えてくれる。
なにかに縛られはダメだよと。
そして終盤の娘の誕生日パーティーでまさに娘自身がそれを体で表現してくれる。
あの流れはから最高に気まずい笑いが起きました。

親の大切さはその瞬間ではわからない。
でも振り返るいい機会になりました。
>|