アルジェの戦いの作品情報・感想・評価

アルジェの戦い1966年製作の映画)

LA BATTAGLIA DI ALGERI

上映日:2016年10月08日

製作国:

上映時間:121分

4.1

あらすじ

1954年から1962年にかけてフランスの支配下にあるアルジェリアにおいて、フランス軍と抵抗組織の攻防を描いた『アルジェの戦い』。監督のジッロ・ポンテコルヴォは、映画を作るにあたって記録映像を一切使わず、目撃者や当事者の証言、残された記録文書をもとにリアルな劇映画として戦争の実体をドキュメンタリー・タッチで詳細に再現している

「アルジェの戦い」に投稿された感想・評価

えいす

えいすの感想・評価

3.0
フランス領アルジェリアの独立を求める組織的テロ活動の映画
西欧とイスラムの対立、「テロとの戦い」など、60年も昔の出来事なのに今の世界の縮図のように感じられる・・・
抵抗とは何かを教えてくれる私にとって教科書のような映画です。暴力だけではない、暴力ではないその先にあるものでもない。抵抗は抵抗それ自体に意味があるんですね。
109
音楽のところにモリコーネ出るとおっ!ってなる。民族系の映画は古典のものでも今にも通づるところありますよね。
IユRA

IユRAの感想・評価

4.3
ドキュメンタリー風でドキュメンタリー以上に訴えるものかあった。

映画って楽しいだけじゃない、
訴えるものなんだな。
エイゼンシュテインを彷彿とさせるところがあったが、監督の演出が退屈というか編集で落とせるところがあるはず
アルジェリアがフランス支配されていたが、アルジェ反乱組織がフランス軍と闘いながら、独立国となっていく様をドキュメンタリー・タッチで描いた傑作。

この映画がヴェネチア映画祭でグランプリを獲得した瞬間にフランソワ・トリュフォー監督以外のフランス人が退席したというエピソードが残るほどリアルな描写。

見事な傑作映画。
ハマオ

ハマオの感想・評価

4.7
作品全体がドキュメンタリータッチの方向で進み、警官を襲撃するテロの描写、爆弾テロ描写など一つ一つがリアリティと迫真性を持ち、実際に起こったテロなのではないかという思いを抱かせる。

また、テロリストであるFLN側と弾圧するフランス軍側の描写もバランスが取れておりむしろ一番魅力的な人物なのはフランス軍を指揮するマテュー中佐なのではないかと思わせる。
記者はFLNに心を寄せるサルトルが好きかという質問に「敵になりたくないが敵になってしまう」という返しはかなり秀逸だ。
最後のFLNもマテュー中佐も関係が無くなってしまうあのラストは民主主義や国家の独立などを考えさせるラストとして優れていると考える。
k

kの感想・評価

5.0
アルジェリアのフランスからの独立戦争をドキュメンタリータッチで再現。マフィアの抗争かと思わせる襲撃といったリアリティある描写が魅力的だが、ジャン・マルタン演じるマテュー中佐も見逃せない。善悪という単純な構図ではなく、まさに歴史を見ているような臨場感。
0naiii

0naiiiの感想・評価

4.3
抵抗とは、必ずしも暴力を必要としていない。その先にあるもの。

まさにその通りになった。
精神は受け継がれる。
国が国(民族・地域)を支配しようとした時点で、勝敗は決まっているのかもしれない。

支配がテロリストを生むことを、世界が自覚しなければない。今の時代だからこそ、観たい映画。
mokun

mokunの感想・評価

3.0
大学の歴史の授業にて。
アメリカの大学ではこういう映画を見ながら学ぶから本当に理解が深まる。

アルジェリアでのフランス軍と奴隷解放戦線FLNの抗争。拷問や女性が爆弾を仕掛けたり、革命ってのは本当に大変なことなんだと改めて痛感。

いくら失敗したとしても必ず革命のスピリッツは次の世代に受け継がれるんだね。
>|