アルジェの戦いの作品情報・感想・評価

アルジェの戦い1966年製作の映画)

LA BATTAGLIA DI ALGERI

上映日:2016年10月08日

製作国:

上映時間:121分

4.1

あらすじ

1954年から1962年にかけてフランスの支配下にあるアルジェリアにおいて、フランス軍と抵抗組織の攻防を描いた『アルジェの戦い』。監督のジッロ・ポンテコルヴォは、映画を作るにあたって記録映像を一切使わず、目撃者や当事者の証言、残された記録文書をもとにリアルな劇映画として戦争の実体をドキュメンタリー・タッチで詳細に再現している

「アルジェの戦い」に投稿された感想・評価

takashi

takashiの感想・評価

5.0
傑作。迫力が物凄く一度見たら忘れられない。
まるでドキュメンタリーを見せられているのではないかというくらいの、描写と距離感。

音楽の煽り方も完璧。
yatsu

yatsuの感想・評価

4.6
あまりにもエネルギッシュ。
再現力や演出は現代の映画に引けを取らないどころか、確実に凌駕している。凄まじいパワー、夜な夜な観たせいで眠れずに今に至る。

この映画の完全性を裏付けているのは、監督・キャストを始め戦乱を経験してきた人々により制作されたというその忠実さだろう。
そして裏では若かりしエンニオ・モリコーネが音楽のタクトを握っており、物語を誇張することなく丁寧に盛り上げる。

「目をひらけ、耳をかたむけろ。」
まだまだ自分は世界を知らなすぎると感じた。あっぱれ。
オープニングで、さわりだけだがバッハのマタイ受難曲が流れた時、もう心奪われていた。

ここまでいちいち画がキマって、そこにいやらしさが滲み出てこないのも珍しい。
編集やカメラワークがとてつもなくスムーズに流れているからだろう

市街戦でのロケーション撮影で、あれだけ遊び心のある撮り方もして、洗練された映像に仕立て上げているのが凄い
特に戦闘やテロのシーンは上手くコントロールされ、構図の美しさを損なう事が無かった。

報道や正義が主体ではなく、純粋な映画として作品を完成させたところにも好感が持てる
hk

hkの感想・評価

4.5
「チリの戦い」を観たときも感じたが、民衆の力が目に見える形になったときのエネルギーはすごい。躍動感と一体感のあるラストは感動的だった。
SN

SNの感想・評価

4.4
抵抗を扱うテーマの作品は、往々にして失敗に終わるものが多く、そしてその失敗は圧倒的に美しい。「無防備都市」がもがき苦しむ身体の動的な抵抗を描くのならば、「アルジェの戦い」でクローズアップされるのは静謐で生々しい相貌の質感である。拷問を受ける姿さえ、苦悶の表情に歯をくいしばる姿を除けば、誇張されたアクションはない。ひたすらに耐え忍ぶ顔、相手の動向を伺っている顔、息を殺す顔、そして少女の頬をつたう涙。ベタベタとした人間関係のドラマの欠如と、的確な時間の省略によって、この作品は比類なき真実らしさを纏うことに成功した。
mizutama

mizutamaの感想・評価

5.0
1966年ヴェネツィア金獅子賞。
AFI選出の戦争映画でも上位納得。
凄すぎる‼︎
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

5.0
「アルジェの戦い」
これは間違い無くテロそのものを描いている。原理主義や宗教を絡め都市部を標的に同時爆発テロを起こし国を解放へと導かせ従順に生きてきた人が敵を攻める目覚めの可能性を発揮させたりこの映画は1つの歴史的な例を挙げた作品で独立国家になるまでのアルジェリアを描いた大作だ!
hiiz

hiizの感想・評価

-
130年間もこんな状態で占領されてたのか、
こんなほとんど丸腰みたいな状態から独立戦争って始まるのか、
武装していない市民がほとんどの中で銃を手に取って、わずかな人数から「抵抗」を始める。

そんな当たり前のことが、なんにも分かってなかった。

入植者たちはのうのうと暮らしていて、
被支配者たちを踏み付け、(被支配者が)抵抗を起こせばテロリストと呼ばれる。

「(被支配者)の諸君、(入植者)を信じてくれ。
(入植者)は君たちと共に国を作っていきたい」
(入植者)の軍の指導者が演説する。空々しい響き。

日本もかつてこんなふうに他の国を「支配」して、
文化や言葉を奪い尊厳を踏み躙った、「それが相手の為になる」とか寒気のすることを言いながら。

圧倒的な非対称。
そこからどうやって這い上がっていくか。

独立戦争の勝利は、植民地主義への勝利という希望であると同時に
そこにはたくさんの矛盾を孕んでいたし、
FLN(民族解放戦線)のリーダーが言っていたように
勝つだけで終わりではない、アルジェリアのその後の歴史を見ても
軍事クーデターが起こったり内戦が絶えなかったり
道程は長い、、、アルジェはどこへ向かうのだろうか、
AM

AMの感想・評価

3.6
フランスでは1981年までギロチンによる処刑が行われていた。テロ行為で一般市民まで多数死なせており、単純に主人公たちに感情移入できない。植民地支配が終わっても、独裁政権との戦いが始まると思うとむなしい。音楽が印象的だと思えば、モリコーネだった。独立のわずか4年後に作ってしまうのがすごい。
…本作はいわゆるドキュメンタリー・タッチで撮られているわけですが、よくよく見れば構図やカメラ・ワーク、そして編集がハリウッド的なんですね。
16ミリのザラついたフィルムを更にブローアップしてボケボケ感を出したり、手持ちカメラによるブレブレ感を出したり…などの如何にもなニュース映像の手触りを醸し出してはいますが、ズーム・アップを的確に決めたり、”静”はドリーで陰影もくっきり、しっとり写したり…そして何より編集の、緩急の付け具合が絶妙でして、モンタージュ効果で”ドラマ”を盛り上げることもしっかりやっております。
盛り上げると言えばモリコーネの、土着的なドラムの刻むビートが…圧巻なんですね~。

それと既存の俳優は、フランス軍士官・マチュー中佐を演じたジョン・マルタン以外は素人…実際にアルジェリア戦争に参加した本物をそのまんまの役として起用する、キアロスタミ張りの荒技をやってのけています。

何故、監督のジッロ・ポンテコルヴォは、このような作劇法を採ったのか…

前作「ゼロ地帯」において、ナチスのホロコーストを「美しく撮りすぎ」という批評家からのバッシングを受けての…回答だったわけです。

………

俺は民族解放を旨として設立されたIRAや、PLOなどは小説や映画などでその恐ろしさを何となく知ってはいましたが、この作品で初めて知った、FLNもゲリラ活動に特化した、実に洗練された組織であり、この作品が革命側、制圧側、双方に今も観られ続けているらしいことは、まさに納得の極みであります。

酒もクスリもご法度…ヤクザものはお断り。
規律を破った者は、その友人の手によって殺させていく。
そうやってフルイにかけて、感情に左右されない精鋭のみをザルに残していく。

そしてメンバーの構成はリーダーと部下2人という3点による最小単位の三角形が互いにフィットしないネズミ講に組み重なり、大きなピラミッドを形成しております。
故にメンバーは誰かの部下であり、リーダーでもあるわけですが、そこより上、そこより下は把握出来ない仕組みなんです。


「アルジェの戦い」を観れば、これは今ヨーロッパやトルコで起きていること、そのまんまなんですな。
アルジェリアの瀟洒なフランス人居住地のカフェ、レストラン、空港にコロニーを装った女性たちがバスケットに入った爆弾を仕掛ける。

警官による職質に備えて、銃器を壁の隙間やポストに隠し、警官とすれ違い様にそれを手にするや否や背後から撃ちまくる。


…対するマチュー中佐率いる、フランス空挺部隊(ま、鎮圧部隊なんですが)の方も老獪さでは負けてません。

マチュー中佐のモデルとなった人は、実際に自由フランス軍でナチスを翻弄したツワモノでして、先にはインドシナ戦争でも指揮を執った、フランスの国益のみを優先に考えるキレキレの戦術家であります。そこに対象への偏見などが全く見て取れないのが…逆に怖いんですよ、これが。

ピラミッドの上を取るには、盲滅法に攻撃しても埒が開かない。一つ一つ潰して(つまり拷問でリーダーを突き止めて)階段を上っていくしかない…の作戦によって1957年、アルジェでの戦い(実際は、カスバの局地戦)では勝っちゃうんです。

そう、この「アルジェの戦い」はフランス軍の勝利の物語なんです。

…そして時は流れ…1961年、アルジェリアはフランスからの独立を勝ち取ります。
映画では、字幕とダイジェスト映像でそこに至る流れをちゃっちゃと済ませます。

…劇中、FLNの指導者、ベン・ムヒディは語ります。

「テロが有効なのは最初だけ。世界の目を向けさせること。そして最終的に勝利を決めるのは、民衆の行動だ。」

”アルジェの戦い”は120年に及ぶ圧政の下、苦渋を忍んできたアルジェリア人の心深くに、行動するための確かな種を蒔いたんです。

…………

イスラム国の概要の全てを簡潔に語るなんてこと、池上彰さんでも無理だと思います。

サラフィ主義やらカリフ制なんて、きっと外国人から見る(古事記・日本書紀に立脚した水戸学から生まれた)尊王攘夷みたいなもんだと思います。

学問、宗教、民族…などの形而上学的、抽象的なイデオロギー…もしくはデカルト以降の近代個人主義が行き着く果てのグローバル経済が推進力となる革命は(フランス革命が失敗に終わったように)、排他的或いは選民思想の陥穽に躓き、流れた血は他の血でしか贖えない、救いのない無間地獄に彷徨うだけだと、俺は思うんです。
世界の目を向けさせるためのテロだとして、目的化してしまったテロリズムに対して、どう向き合えばいいのか…


革命とは、不当に抑圧され続けた者たちが、立ち上がる、それだけのことだ…と、この作品は今のテロリズム、革命に警鐘を鳴らしているように感じたんですね。
>|