トリガール!の作品情報・感想・評価 - 41ページ目

トリガール!2017年製作の映画)

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:98分

3.7

あらすじ

流されて流されて、なんとなく⽣きてきた、⿃⼭ゆきな。⼀浪して⼊った理系⼤学では⼊学早々、理系のノリにカルチャーショック!そんな時、⼀⽬惚れした⾼橋圭先輩に「いいカラダしてるね♡」と殺し⽂句で誘われるまま、フラフラとサークルに⼊部。そのサークルこそ、毎年、⼆⼈乗り⼈⼒⾶⾏機で“⿃⼈間コンテスト”を⽬指す⼈⼒⾶⾏サークル〈T.B.T〉だった!憧れの圭先輩と⼆⼈っきりで⼤空にはばたくはずが… ヤンキー…

流されて流されて、なんとなく⽣きてきた、⿃⼭ゆきな。⼀浪して⼊った理系⼤学では⼊学早々、理系のノリにカルチャーショック!そんな時、⼀⽬惚れした⾼橋圭先輩に「いいカラダしてるね♡」と殺し⽂句で誘われるまま、フラフラとサークルに⼊部。そのサークルこそ、毎年、⼆⼈乗り⼈⼒⾶⾏機で“⿃⼈間コンテスト”を⽬指す⼈⼒⾶⾏サークル〈T.B.T〉だった!憧れの圭先輩と⼆⼈っきりで⼤空にはばたくはずが… ヤンキーかぶれのくせに、メンタル最弱の坂場先輩とコンビを組むことに。こうしてゆきなの、恋よりもドキドキする最⾼の夏が始まる―!

「トリガール!」に投稿された感想・評価

鴉天狗

鴉天狗の感想・評価

4.0
めちゃめちゃ笑いました。そんでもって可愛い。たおちゃんもだけど、話自体が可愛かった😁

元々このテの頑張る話大好物なんですが、甘口と見せかけてそうでもないっていうオチに近い持って行き方にまた笑わされました。

やー、観て損なしでした。
とにかくたおちゃんのキレッキレのツッコミが心地よい!関西人ならばナイスツッコミ!!と思えるはず!
間宮くんとの掛け合いもスピード感あって気持ち良いし!
私はなにげにナダルさんの映画だと思っている(笑)
のnきち

のnきちの感想・評価

4.0
今日は有給休暇、劇場で映画を観ると決めた!
そんな日の締めの作品。
tohoシネマズ渋谷 スクリーン3 G-13
(大きめのスクリーンで目線はOK)
原作未読。

もう秋だけど、
夏に鑑賞するのがぴったり!

メガネとチェックシャツの件から、面白い。
会話のテンポが良く、ノリノリで世界に入り込める。

間宮祥太朗の色んな表情いいな。
不器用な坂場役がハマってる。

パワーが溢れる土屋太鳳だから、ゆきなが成り立ったんだと思う。こういう役、とてもイイな。
坂場との対立、違和感無く鑑賞できた。

圭役の高杉真宙。
やっぱりカワイイ。
割とタイプだし、どうしても贔屓目に見てしまうんだけど、ゆきながサークルに入ってしまう気持ちが解る!

坂場とゆきなのやりとりが良かった。
喧嘩しながらの息ぴったりのダンス!
キレッキレでかっこ良かった!!
コンテストのシーンも息ぴったり。
飛ぶ瞬間、「とべ!」て心から思えた。

この作品はエンドロールまで楽しませてくれる。
吹き出しがかわいい。
お気に入りは、お腹すいた件。


劇場鑑賞の3本目には、とても良かった。
ハッピーな気持ちで1日を締めくくれた。
アヤ

アヤの感想・評価

4.0
舞台挨拶にて。
予想していた数倍は面白かった
ただただ推しがかっこいい
素直に楽しめる青春ラブコメでした。ラブって言っていいのか?ってぐらいラブは少なめですが😅
始まってすぐは、テンポと笑いのセンスが微妙かも?と感じたものの、坂場先輩の登場から一気に華やかに楽しくなります!
観終わった後の爽快感✨
観て良かったと思いました👍
yuuiii

yuuiiiの感想・評価

3.8
テンポもよくてよく笑ったいい映画だった!たおかわいー!でも脚本次第でもっともっと面白くなりそうな...。残念なのが、時々何言ってるかわからないこと(><)
みよる

みよるの感想・評価

4.0
2017.9.16
TOHOシネマズ フリーパス
おかわり鑑賞
ne22co

ne22coの感想・評価

3.9
2017年 劇場観賞 74作品目

やや演出過多な印象ありつつも、テンポとキャラ設定でカバーしていて、全体の要素のバランス感覚が良いなと思った。
思っていたよりも3倍くらい面白かった。(かなり期待値低かったんですすみません。)

主演2人がとても良かったですが、矢本君良いですね。(ですね。ですね。ですね。)
‪「トリガール!」劇場で鑑賞。予想以上の出来で満足。もう少し脚本が練られてたらもっと質は上がったと思うが、ハズす面白さが効いていてこれはこれでいいかなと。セリフ聞き辛い箇所が少なからずあったのは残念。土屋太鳳と間宮祥太朗コンビ良し。池田エライザは天才的に可愛かったな。‬
映画館で。

予告見て面白そうだったから観てみた。

結果、監督の演出が合わなくて終始ムズムズ。

「あのメガネ坊主はいる?食堂でのから揚げ争奪シーンいる?なんでひこにゃんが隣にいるの?」などなど監督のくりだすギャグシーンがことごとく自分に合わなかった。

わたしは鳥人間コンテストに向けて頑張るスポ根青春ものだと思っていたのだよ。
監督のギャグセンスを観にきたのではないのだよ・・・。

その鳥人間コンテストもあまり説明がなかったのがあれでした。
鳥人間コンテストのルールを観客が知ってる前提で作った感じ。

飛行禁止区域とは?そこに行くと失格になるのか?
結局彼らは何キロ跳んだのか?何位になったのか?
よくわからないで終わってたのがあれ。

土屋太鳳と間宮祥太朗の掛け合いはよかった。
これがなかったら退屈してた。