ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

作戦実行までは、その時代の緊張感は漂うもののどこか緩い雰囲気だった。

でも、作戦の実行後は急転。村1つ消したり、結果的に5千人を殺すなど手段を選ばない報復に息もつけない展開だった。

協会に立て籠もり、銃撃、砲撃、放水に耐える中で、最期にみた、想ったのが作戦に協力したくれた女性で個人的にグッときた。
昨日はダンケルク、本日はこれまた実話に基づく第二次世界大戦下のチェコスロバキアが舞台の映画をみてきました。

ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチスNo.3のラインハルト・ハイドリヒ暗殺の作戦(エンスラポイド作戦)を実行するために故国に降り立ったチェコ亡命政府兵士たち7人の物語。

こちらも緊迫感、臨場感が半端なく、リアルにえがかれ、最後まで緊張しっぱなしだった。
チェコの街並みの美しさを背景にバイオリンの音が効果をもたらし、より一層恐怖感を覚える。
この任務は果たして本当に実行するべきなのか?実行の果ての先は?
生とは?死とは?人間とは?
実話だからこそ感じられる作品です。

ダンケルクにも出演していたキリアン・マーフィのまた違う兵士の演技は必見!
ぜひ見比べて下さい。

ただ邦題はいただけない。原題の「エンスラポイド」がよかったな。

このレビューはネタバレを含みます

エンスラポイド(類人猿)作戦の見所は、ハイドリッヒ暗殺までの細かい駆け引きや人間関係の緊張感にあると思ってるけど、そこを時短ににしてしまって最後の教会での銃撃戦に重きを置きすぎて安っぽいアクション映画みたいに終わる。エンドロールも取って付けたようで、チェコの英雄に対する尊敬が全く感じられない。戦争映画はデリケートに。
nama

namaの感想・評価

4.5
暗殺、テロリズム=小さな正義
報復、虐殺=中くらいの悪
解放、勝利=大きな正義

小さな正義が、大きな正義を導くのであれば、中くらいの悪は看過されてよいのか。「結果論だ」と言ったとたん、正義と悪は相対化される。

昔話ではない、昔話ではない、と念じつつ帰途についた。
しゅう

しゅうの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

字幕版を鑑賞。

前半では、重大な任務を帯びている工作員が協力者の女性達と暢気にいちゃついている等なんだか緩い雰囲気。そもそもドイツ人達はドイツ語喋っているのに、チェコ人達はみんな英語というのにも違和感があって、なんだか「チャイルド44」のような残念な映画になりそうな予感が。

ところがこの映画は、核心であるハイドリヒ暗殺計画が実行された後に、グッとテンションがあがり出す。

ナチスの反撃は、チェコのレジスタンス組織(の目線にいる我々観客)の想像を遥かに超える激烈振りで、逃亡犯がいるという噂一つでその村丸ごと消滅させるレベル。

そのあまりの苛烈さに追い詰められていくレジスタンス達には、もはや暗殺成功の達成感や高揚感も無い。

そして、終盤の教会での篭城戦における史実ならではの絶望感あふれる闘いには痺れた。
Sin

Sinの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

史実を元にした作品。
それだけに、最後まで救いがほとんどなく終わるし、暗殺成功もやってやった感がない。
祖国を思う気持ち、裏切り、拷問による白状と様々な人の様々な心が映し出される。
最期のシャワーシーンが美しかった。
いつの時代のどんな国の人間も、自分以外の誰かを愛して、愛されて、信じ合ってて、生きてきたんだろう、って思ってた。そうやって、命を繋げて、人間をやってきたんだろうって思ってたけど、それを当たり前の事だと思えてたことが、もしかしたら幸せな事だったのか。
希望も何もない世界で、人との繋がりが唯一の救いで、誰も信じられない中で、隣にいる人だけが頼りで、死ぬ事が救いみたいな。そんな風に、人間をやってた時代もあったのか。そんな中で、愛が何になったのか。苦しい。
hiro

hiroの感想・評価

3.9
一個人がナチスに歯向かうなんて、最初から負け戦なんやけど、それでも戦いを挑む美しさに胸を打たれる。
お国のために戦い抜けるか、考えると無理ですわな。
実際にこんなカッチョいい人たちがいたことは、素直にすごいと思う。