ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

何が正解だったのか
たぶん それぞれがより正解らしく思えるものを選ぶしかなかった

イギリス映画でトビー先生をみると安心するわ
TT

TTの感想・評価

-
ハイドリヒを殺したその先が大事だが、そこがないがしろだったせいで、この作戦でむしろ余計に多くの犠牲者が出てしまったのではないかと思ってしまった。
キリアンマーフィが渋かっこいい。
主役作品を見たことが無かったので気になり鑑賞。

ナチス占領下チェコスロバキアでのナチス第3の男ハイドリヒを暗殺するエンスラポイド作戦を元にした作品。
タイトルは原題であるAnthropoidの方が個人的に好み。

作品通して終始色味を抑えて控えめなトーンで占領下の緊張感を表していて良い。

拷問や処刑、自決のシーン等見ていて苦しいものが多いがそれを内包するものが戦争なのであろう。

お勧め。
結果的に殺せたからよかったものの、何故こんなヘタレ達を送り込んだのか

暗殺作戦より暗殺後の出来事が本命
ショウ

ショウの感想・評価

3.4
ドイツ占領下中のチェコにて、ハイドリヒ暗殺を言い渡された部隊の話。
やっぱり実話ベースって辛い 途中、ナチスのやることがむごすぎて見ていられなかった
邦題はそんな軽々しいイメージを与えてはいけないと思う。キリアン・マーフィとハリー・ロイドがかっこよかった
暴力で支配は出来ないよ…
極悪非道なナチスは許せない😡
7人の勇敢な兵士に感動!
当時の緊張感が伝わってくる
チェコ在住の者です。
チェコ人は温厚な人柄でありながら、ナチスに逆らった青年はいまでも国民から讃えられています。
彼らが匿った教会は今でも残されており、当時の激戦の跡も残されてます。
映画の内容はスリリングでありながら実話でもある。トラム、車、人々を当時のまま再現しており、タイムスリップしたかのように映画の世界に入ることができました。
ひこ

ひこの感想・評価

3.6
「知られること」を目的とした映画

人の営みとそれをままならなくさせる力と動きを意識した
決死作戦


だけど作戦といったものはなくどうするどうする?常にハラハラドキドキ
Fisherman

Fishermanの感想・評価

3.8
映画の出来とか演技とかの評価ではなく、チェコの歴史において国名を残した勇敢な7人の実話を映像で残したことが重要。
それなのに戦後もチャウセスク独裁に置かれた後、国も二つに分裂するという近代では悲惨な歴史に。
前半は静かに展開し、実行するかどうか、作戦はどうするかに割かれ、後半は一気に戦闘、拷問など激しい展開に。
プラハの美しい街並みさえ悲しく見える。