ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

戦争映画には他の映画では出せない何かがあるといつも思う。戦争によってネジが外れた社会か、狂っていく人間か…常識を超えた史実に圧倒されるばかり。
今作『ハイドリヒを撃て!』はハイドリヒの暗殺について詳しいことはほとんど知らない頭で鑑賞。鑑賞中は身震いが止まらなかった。ナチスの行為の全てに疑問を感じたし、目をつむりたくなるようなシーンもあったけどこれが過去に実際にあったと考えるとどんなホラー映画より怖い。戦時中の愛国という言葉の怖さを思い知った。劇中にジュリアスシーザーが出るのも納得。戦争からは何も生まれないな……
acco

accoの感想・評価

3.2
ジレンマ。


ハイドリヒを撃たず、なにも行動を起こさず、ナチ支配下でビクビクしながら自尊心を捨ててすごすのか。それがイヤならハイドリヒを撃て!
でもハイドリヒをやったところで、また次のハイドリヒが来るだけ。
それどころか、暗殺計画者を匿った市民も残虐な仕打ちを受ける。
その大義って、正解なのか?

悲しすぎる。
yeal

yealの感想・評価

4.0
ハイドリヒを悪の象徴として描いていないのが良いんです。

もちろん恐怖の対象ではあるし、残虐な行為もある。でも、1人の人間として、仕事として暗殺する任務を実行する姿に心が動く。
最後が冗長なのはこのさいおいておこう。
dita

ditaの感想・評価

4.5
@シアターセブン
史実を120分の映画として描く為の起承転結が素晴らしかった。悔し涙を流す前に、倫理観の壊れた世界で苦しみながらそれでも愛する国と人と未来の為に戦った彼らの先にわたしたちは生きていることをもっと考えなければならない。オープニングはキリアンやっぱ老けたなと思っていた自分を殴りたくなるくらい、ラストの水も滴るキリアンは本当に美しくて、それがまた哀しい。
みな

みなの感想・評価

3.7
映画的には素晴らしい事は疑いようもないが自分としてはもう2度と見たくないと思った。
拷問シーンは直視出来なかったし、この時代に生まれなかった事を心の底から感謝した。
余りにも凄惨で途中気分が悪くなり出ようか本気で考えるぐらいだった。
本当にこんな事が実際に起きたと思うとやるせない気持ちになる。
人間のする事じゃない。

話は逸れるが、主役のキリアン・マーフィ演じるヨゼフが顔も性格もがイケメン過ぎた。
ダンケルクも見ようかな。
もう1人の主役は最近見たドS映画のドS彼氏。流石、役者だなー。
あと、邦題がダサいのもうちょっとどうにかならないのかな?
これが、史実に基づく映画だという重みに耐えられないくらいだ。こんなことが現実に起こったのかと。
戦時下においての正義とは何だろう?
人間はどこまで残酷になれるのだろう?
戦争がなければ、みんな良き夫であり、父であり、良き隣人であったのだろうか?
国や人種や宗教や、そんなものを背負うことで、人はおかしくなるのだろうか?
戦争で人がおかしくなるのなら、そういう状況を作らぬようにするより他ない。人は歴史に学ぶべきと思う。
forest

forestの感想・評価

3.5
…オラが街に『ハイドリヒを撃て!』がくる(2週間の上映だよ)

観に行こうと思っていた金曜日が祭日とは知らず、急遽前の日に観に行くことにしたので、心の準備が十分にできませんでした。ヨゼフたちも同じ様な気持ちだったかな、ハハ。

もらってきたチラシに「ラスト30分間の緊迫感に圧倒」とありますが、握った手のひらは汗でいっぱいでした。予想していましたが、目をそらしたくなるシーンも。

この題材を映画にするにあたって、覚悟をして決めたこともたくさんあったでしょうが、製作陣、俳優とも丁寧に真摯に作り上げたであろうことが伝わってきました。

キリアン・マーフィーが出るということで、その美しい顔と印象的な眼がスクリーンいっぱいに写るであろうと(下心をしたためて)観に行きました。ありがとうございました。

帰り際、あの物語の人たちは、父であったり、恋人であったり、でもみんな誰かの息子なんだよなと思うと涙と嗚咽が込み上げて、車の運転がし辛かったです。

あとトビー・ジョーンズ。こういう映画(東欧ごと)には欠かせない気がします。
MEMO : A movie about real war history is heavy. But sometimes maybe we should know what happens and think by ourselves. Is there a hero in any war? Maybe no... (Japanese title is bad... it doesn't make sense. And I think romance part might be not necessary for this movie.)
ジェイミードーナン出てるから絶対観たーい。というあさはかな想いから、ナチス・ドイツの話は大嫌いなのですが、観てしまいました。
本当にこの手の話は胸くそ悪くなりますね。
最初から最後までずっと重苦しい内容で、ラストの30分は、もう最後どうなるかわかってるのに全部観せるんですね、そうですか、というくらい、さらに観るのが苦しかったです。
公開館数が少なく観れなかった作品でしたが
今週から我が街でやっと公開が始まりました☆

単なる英雄物語に終わらなかった。

愛する祖国の未来と平和のために
無謀とも言える作戦に挑む男たち。
その先にあったのは…それは悲劇。

この作品に観ていて大きなカタルシスはない。
ナチへ抵抗する者たちの愛する祖国の為の
葛藤、決断、結果がきっちりと描かれている。

こういう作品に恋愛要素を入れてくるのは
好きではないが…ヨゼフとレンカの二人の
物語は良かった☆特にレンカを演じている
チェコ出身のアンナ・ガイスレロヴァーさん
の演技、存在感がとても素晴らしかった!!

ラストの二人の唐突なファンタジーな演出☆
キライじゃないです!あそこは良かったです♪


劇場で観れて良かったー(・∀・)ノ


おしまい。