ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

Tadaki

Tadakiの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

ラストに向けての緊迫感。
例えNo.3と言えども、1人倒すための代償デカすぎないか?と思いながら見ていた。

追い詰められる中、観ていてこちらも身体がこわばってしまった。

一度見放してパラシュート部隊と5000人以上もの人の死をもって再び振り向いたイギリスっていったい。。。
kikuchi

kikuchiの感想・評価

4.5
‪「“臆病者は生前に何度も死ぬが、勇者は死を一度しか経験しない”。シェイクスピアだ」‬
ragii

ragiiの感想・評価

3.7
ナチスを取り扱った作品には重いけど、一見の価値ある作品が多くて、なるべく観るようにしてるんだけど、これもやっぱり観て良かった。

全編通して重苦しい空気で、特に中盤からの圧迫感がすごくて、チェコの美しい街並みに反比例して悲壮感が漂ってきます。

主人公達の信念と、ナチスの残虐さ。

歴史を知るといった意味合いでも観る価値有り!

キリアン・マーフィの演技も絶品だったなー。
Haruka

Harukaの感想・評価

2.8
セピアな色合いの重苦しい画面、緊張した面持ちでボソボソ話す男たち。
がしばらく続き、いざ作戦決行してからはひたすら銃撃戦!
ばばばばばば!ずっと撃ち合い。うるさいくらい。そんなに撃ち合いのシーン必要?

チェコの抵抗と、チャーチルさんの救いの手の裏話(かな?歴史疎いです)
チェコ人は英語。ドイツ人役はドイツ語。違和感すごいけど気にしない…。

たくさんの犠牲と苦しみを経たチェコの歴史映画として、大切な作品だと思う。ひたすら悲しいし辛い。
ドイツ側の通訳の人の人間味に胸が痛む。同じ人間同士がこんなやり合いをするのが任務だなんてあんまりだよね。
しかししつこく言うけどそんなに撃ち合いのシーン必要?

加えていうとその副題必要?
黒江

黒江の感想・評価

4.1
見ててこんなに辛くなる映画もそうそうないと思う。

中盤から一気に押し寄せてくる緊張感と臨場感。自然と鼓動が早くなる。

映画が終わった後も何か心に残る。


長いこの歴史の中でこんなことがあったなんて知らなかった。想像もできない。
その長い歴史の中で今はまだ比較すると束の間の平和な時期であることを改めて思い知った。

争いを美とは思わないが、果たして自分はこのパラシュート隊員のように戦えるだろうか。
自分の信念を持って。
かげば

かげばの感想・評価

3.8
教会での籠城戦が凄く見応えあって、ナチ関連ではまだ見やすい部類なのでは。
亡命政府のチェコの軍人に目を向けたのは面白い。

しかしこの時代の拷問の技術や兵器の発達は人間の恐ろしさを増長させる
母親の首を拷問に使うなんてなかなか思いつかんでしょ
プラハの街並みやラストの水攻めなど、所々での綺麗なシーンが悲壮感を漂わせる
ナチスVSレジスタンスもので、チェコが舞台の作品は珍しい(個人的感想)。
ナチスの非道は言うまでもないが、ナチスに抵抗するために多くの犠牲を払った要人暗殺計画。
戦時下では、まともでない事が普通に行われてしまう恐怖を痛感する。
途切れることのない緊張感と虚しさ。
キリアン・マーフィーが凄くいい!
Rucola

Rucolaの感想・評価

4.0
やはり映画は教科書。
エンスラポイド作戦なんて今まで知らなかったし、第二次世界大戦でチェコがどんな状態だったかもよく知りませんでした。
この映画を観て初めて知る事ばかりです。

ノーラン作品でおなじみのキリアン・マーフィ、あの目で訴えかける演技が素晴らしかった。
「フィフティシェイズなんちゃら」の俳優...というくらいしか知らなかった(失礼な発言ごめんなさい)ジェイミー・ドーナンも良い演技してました。

フィルム撮影だからなのか、映像からも緊迫感がとても伝わっきて、ラストにかけてのシーンは息を止めて観てたんじゃないかというくらいの緊張。

こんな良い映画で、より多くの人が観るべき映画だと思ったのに、なぜそれを邪魔するようなB級感たっぷりの邦題?
ハイドリヒが野獣と呼ばれていたのかもしれないけれど、それでもそれでもこの邦題はいかんよ!!!
Santa

Santaの感想・評価

-
私が観たのが間違いでした💀私には最悪な作品でした。終始重苦しく、真ーーー!っ暗。絶望。意味のない殺戮。。。
皆の評価が高いし史実との事で、スコアを付けるのを控えさせて頂きました😓

このレビューはネタバレを含みます

 ナチスナンバー3の高官を暗殺を計画実行する人たちの話。

 ナチスに立ち向かった決死部隊の人たちの活躍を描いていてクライマックスの銃撃戦の迫力も緊迫感いっぱいで凄かったです。ハイドリヒを暗殺しようとする計画やその実行、またその後の非情な運命など歴史の勉強としても良い映画だったと思いました。

 映画自体はやたらと静かで暗い作風なのと主人公2人くらいしか判別できずにクライマックスで1人また1人とやられていっても正直誰が誰だかわからず、エンタメ映画としての面白さがイマイチ感じられなかったです。クライマックスの銃撃戦も重装備のナチスがばかの一つ覚えのバンザイアタックの繰り返しで、わらわらと撃たれていくだけでナチスってこんな特攻精神の持ち主なのかなと疑問に感じてしまう銃撃戦でした。あとは、目的であるハイドリヒ自体が最初のテロップだけで全くと言っていいほど描かれないので歴史的背景がわからないとどれだけ大変でどれだけ憎むべき人物なのかがわからないのもカタルシスが得られにくいのも個人的には乗り切れなかったです。

 1人の高官を暗殺することがはたして正しいことなのかというのを映画の後半を見て考えてしまう映画で勉強になりました。