ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

AKIKO

AKIKOの感想・評価

3.7
実話に基づく物語。
これが実話ということが悲しい。

ハイドリヒを、部隊が暗殺する
計画を立てるんだけどいちいち
ドキドキハラハラさせる展開が
あって息つくまもないという感じ
作戦立てる部屋みたいなのが
見つかりそうになる瞬間とか
作戦実行した時も心拍数上がりました~~。

ハイドリヒを撃ったことで、少しは状況が良くなったところもあった?けれど犠牲の数はその何倍もあったことが、切ない…
けれど勇気を持って戦った人達が
いたからこそ今があるのかなあ…

ドイツは結構ひどいことしてますなあ…Wikipediaで調べたら血の報復として殺された市民は1万3千人とされるらしい。
ナチスといえばアウシュビッツ収容所とかしか知らなかったけれどこうゆう歴史を知れてよかった。
memo

memoの感想・評価

3.7
ラストシーンを思い出す度に美しいと思う、水と射し込む光、陰陽論では水は女をあらわすと言われている
misuzu

misuzuの感想・評価

4.0
チェコ(スロヴァキアを含む)の特殊部隊による、ナチスの将校ラインハルト・ハイドリヒ暗殺を描いた作品。
公開中の『ダンケルク』と同じく第2次大戦時の史実を元にした映画ですが、こちらは登場人物も全て実在の人物となっています。

私は以前オーストラリアに短期留学していたことがあるのですが、人種に関係なくクラス全員の仲が良く、放課後や週末にみんなで出かけることも少なからずありました。
同じクラスのドイツ人の男の子が見つけてきたバイエルン風のパブにみんなで行ったことがあり、その中には同じクラスのチェコ人の男の子とスロヴァキア人の女の子もいました。
スロヴァキア人の子がドイツ人の子に、素敵なお店を見つけてくれてありがとう!と言っていて、それは私にとっても留学中の楽しかった思い出のひとつになっています。
そんなエピソードを思い出したのは、今は友達として付き合えているドイツとチェコ、スロヴァキアの人達(もちろん人それぞれではありますが)が、70年ほど前には敵味方として戦っていたという事実を知ったからに他なりません。
しかし、多くの罪のない人達が犠牲となり、また命を賭けて戦った人達がいたからこそ私はオーストラリアで平和な光景を目にできたのだと思います。
もしこの映画に登場するレジスタンスの人達に声をかけられるなら、あなた達の行為はひとつも無駄にならなかったと伝えたいです。
TM

TMの感想・評価

3.8
史実キリアンレジスタンス映画
彼らが生きた時代、彼らの信念、彼らのジレンマ、類人猿
しん

しんの感想・評価

3.4
2017193
邦題は僕が考えたほうがいいでしょう

教科書には載っていなかったり、細かい事まで分からない、その時代に起きた事を映画化するのはとても意義がある。

ドイツ軍は誰がハイドリヒなのか分かりにくいよ
gonzui

gonzuiの感想・評価

3.0
面白いことは面白かったが、またもや邦題詐欺。

娘がどうなったのかモヤモヤ。
luke

lukeの感想・評価

3.8
ナチス系の実話映画。
とても現実にあったともは思えない話…
映画としては終始ハラハラで見応えも凄くあって文句無しの作品🤦‍♂️

ただショーン・エリスのファンとしては少し物足らなかった…

題材的に難しいのかもしれないけど今までの作品と比べるとショーンエリス色は少し薄かった気がする。
随所に見えるさり気ない拘りにはテンション上がったけど★

ただ前作のメトロマニラに続いての糞ナンセンスなB級感漂わせる邦題とビジュアル。

センスフルな監督なのに…勿体無さ過ぎ。
お願いやから担当者変えて欲しい。
佳奈

佳奈の感想・評価

3.5
戦争がなくならない世の中を思うと、なんのために彼らは散っていったのかと、虚しさを感じる。
彼らが命を懸けてしたこと、最期のときまで戦い続けたことを無意味だとは決して思わないけど、なんともやるせない。
誰も殺したり殺されたりしなくとも、自由と平和を感じていられる世界が来ますように。

邦題つけた人には文句言いたい。

このレビューはネタバレを含みます

第二次世界大戦下、チェコスロバキアを守るべく奮闘するスパイ達を描いた物語です。冒頭の「この作品は実話である」という文が印象的で妙に心に残っています。
印象的なシーンはラストのハイドリッヒの暗殺に成功した主人公一行が教会に立てこもり、最後の抵抗を試みる場面です。ドイツ軍の水責めにより命は尽きてしまうものの彼らの業績はチェコの自由化に直結し、歴史の裏舞台でこんなエピソードが展開していたと思うと鳥肌が立ちます...!
猫

猫の感想・評価

3.7
前情報は極力入れないようにしていても
チラシをチラッとはみるし、題名は読む。
明るい赤を基調としたチラシに、『美女と野獣』もどき?の副題付き。
この題名から、明るい内容を想像していた私が馬鹿だった。
こんなにも重い話だとは思ってもみなかった。
週の真ん中で観たのを少し後悔した。ストレス解消にはならなかったから。


再び、人が人を殺す事について考えざるを得なかった。
上が命令したから?
悪い奴という刷り込みがあるから?
どうして
こんなに簡単に人を殺せるのだろう?
どうしていたぶれるのだろう?
いや、一個人の問題ではない。もともと、「ひとつの国」を無くそうとしたのだから、他者を重んじる事など、できるわけがない。
史実という事実。
悪寒が走る。

私たちは、この怖さ=人間はひとつ間違えると………
を、忘れてはいけない。決して。

自死した、自分や愛するものの為に戦ったチェコの人達に、合掌。


こんな感想を書いた後にナンなんですが、汗
女優さんの一人が
ウィノナ・ライダーに見えて仕方がなかったです。汗
もう一つ追記
キリアン・マーフィの相棒さん。どっかで観た人だな、と思ったら
『フィフティ・シェイズ』の彼!だったのねー汗
軟派→硬派。うーん、凄い。

 2017.10.11 名演小劇場にて鑑賞