ハローグッバイの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

3.9

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

Mari

Mariの感想・評価

3.8
音楽が素晴らしい。洗い流してくれる。迷いや不満や不安や淋しさを。脚本が素晴らしい。高校時代の自分自身がそこに居るよう。あの小さな世界が全てで抜け出したかったし何かになりたかったし大人に憧れたりした。おばあちゃんの優しさ。誰かとご飯を食べると美味しいな。友達は無理してカッコつけているものじゃない。自分に嘘はつかないでいたい。だったら一人でも充分幸せだ。自分が素直に呼吸する。そうしたらきっと、誰かと繋がれる。もたいまさこさん、芝居力凄い。物語が立体化してくる。
話や全体のルックは地味なんですけど、撮影、音、照明など全体的にめちゃくちゃ丁寧な仕事でした。
見終わってから気づきましたが、「ディアーディアー」の菊地監督と知り、少し納得しました。
おばあちゃんの家におしかけるところのコメディ感などはらしいなと思いましたが、それ以外は職人的に作ったのかなと思いました。
トークショーで女子高生とかあんま知らないから最初は企画に興味がなかったと言ってましたし。
あと女子にはなりたくないなぁーという女子の友情の描き方が怖くて良かったです笑
シーンの反復とか映画的な表現が多くて上等なお皿を見るような映画でした
あと今見たからこそだけど、ちょっとリメンバーミーを連想しました
たいち

たいちの感想・評価

3.5
地味だけど丁寧に作られた邦画。

もたいまさこが主人公達との別れ際、自分の娘の友達と記憶違いし強そうに見えるけど実は人見知りだから宜しくね、というシーン泣ける。

手紙とLINEの対比。
音楽の挿入のタイミング良かった。
comasako

comasakoの感想・評価

4.0
いい映画じゃないか!
はなうたとピアノの音に胸がぎゅっとなりました。
同じクラスメイトでも、片や、わいわいする4人組の1人。
片や、委員長と呼ばれいつも1人でいる。
それが、転んだおばあさんを助けたことから、お互いの事を知っていく。

学校にいるときの友達は、本当に友達かと言えば、形だけで、卒業したら終わりというのもある。
4人組は形だけだとわかってくる。
1人でいる方は、帰っても誰もいなくて、お金持ちでも本当に1人ボッチ。
万引きの常習犯。

そこへ、昔好きだった人に手紙を渡したいおばあさんが絡んで、3人で、手紙を渡したい人を探す。
すべてを忘れてしまったおばあさんが、どうしても忘れられないこと。
長い長い年月。
若い2人には想像もつかない年月。
手紙を好きだった人の息子に渡し終え、また、元に戻る2人。

でも、今までとは違う。
見た目だけではない何かを得た。

学生の期間は短い。
そのときは、これ以上つらいことはないと思っても、そのあとの人生のほうが長い。
もう少ししたら、また違う人生が始まるんだよ、と言ってあげたくなる、そんな映画。
noyoona

noyoonaの感想・評価

4.0
たまに観る素直な映画にガツンとやられる。もたいさん、ずーっと好きです。
ゆき

ゆきの感想・評価

-
みのりさんかわいいなー女子高生は好きだけど、やっぱり もたいさんが苦手
なんでなんだろ(°▽°)
M.K.

M.K.の感想・評価

3.9
個人的にザ・邦画な作品…好き。
いじめられているほどではないけれどクラスで孤独な葵と、クラスメイトに溶け込み日常を過ごすもしがらみに辟易としたようなはづき、そんな二人が認知症のおばあちゃんの恋人探しを始めて…。

花とアリスじゃないんだけど…なんとなく存在を知っていた他人とも知人とも友人とも言えない奇妙な存在が突然のきっかけで代え難い友になってしまうような…。
扱ってるものもスケールも小さいけど、見終わった時に心がほっこりする可愛らしい作品だった。

葵とおばあちゃんの会話、それを見遣って微笑むはづき。
出会うはずのなかったクラスメイトと繋がった瞬間の、なんとも楽しげなバスの風景…ようするに青春?
あんな感覚もうこういう映画で追体験するしか出来ないのはなんとも寂しい。

どうしようもなく有り余った時間に手間暇かけて出会ったり育んだりした友情や愛情なのだからいつだって鮮明で輝いているに決まってる。
十代の当事者達であっても、遠い未来、認知症になってからでもそれはどうやら変わらないのかもしれない。

主演の久保田紗友さんはとっても清々しい美少女で、髪を結って出掛けていく姿は好感が持てた。
あとSchroeder-Headzの主題歌、手紙が届けてくれたものは本当にテーマを想起させてくれるいい曲だった。

ありきたりといえばそれまでだけど、細やかなシーンとか、自分にはノスタルジックで有意義な作品だった。
sumire

sumireの感想・評価

4.5
この監督の映画好みです。ディアーディアーも好きだったし。
女子高生の繊細な心が凄くリアル。
クラスメイトでも全然"出会わず"お別れした人っていっぱいいた。特に"階級"の違う女子と話すのは、男子と話すよりハードルが高いことだったな。って思い出した。

同じクラスだけど、全く共通点のなさそうなハヅキとアオイは偶然に出会った。とっても良い出会い方だった。そして、とても良い別れ方だった。良い別れはきっと自分の糧になる。そしてこの2人はまた出会うといいなぁって思った。
主演の2人の瑞々しさがすごい。
3月4日に開催されたおおさかシネマフェスティバル2018にて新人監督賞、音楽賞 受賞記念上映として上映された本作。菊地健雄監督、渡辺シュンスケ氏によるトークショーも開催され作品としても、心に問題を抱える2人の女子高生が、認知症の老人との交流を通して成長していく姿を描く青春ドラマ。しかしながらそれを上回る印象になったのは、特別席で見ることができた授賞式!

新人女優賞  石橋静河
新人男優賞  北村匠海
助演女優賞  田中麗奈
助演男優賞  ユースケ・サンタマリア
主演女優賞  蒼井優
主演男優賞  菅田将暉  桐谷健太

予定になく当日に急遽、参加できるよういなった菅田将暉のアナウンスが流れた時の歓声は凄まじく、珍しく本当のスター性を感じてしまう程。

個人的には日本アカデミー賞を上回る面白さ映画祭!
関西の方は来年機会があれば参加して欲しい、思える作品上映と受賞式でした