ハローグッバイの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

3.9

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

はなこ

はなこの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

"友達ってなんですか?"
この言葉に惹かれて鑑賞
見始めたらあっという間でとても見入った。

リアルだな〜とかそれあったな〜とかなんか自分の周りの人にもあるようなことがあったり

主演の2人の関係性がすごくて

普段自分がいる友人との関わりでも本当のことを話せなくなるときがあるけど、
小さい時は「友達でしょ。」という言葉を何度も言われたり言ったりした。

今になると、その言葉を言われたらどう思うんだろう。
たぶん、友達じゃないとか言っちゃうのかな。本当のことなんて話せる人はほんの数人なんだろうっておもった。


もたいさんと木野さんの2人の関係には涙が出てきた。



あなたにとって"友達ってなんですか?"って聞かれたら、なんて答えればいいんだろう。友達の定義すらしっかりとわかっていない自分にとって、いつまでも答えられない質問なんだろう。
いつか答えられるときが来れば、。なんて考えながらメイキングとか見てた。



ステキな映画でした。

このレビューはネタバレを含みます

女性監督かな〜?と思って、作品途中から見ていたけど、監督は男性で脚本が女性の方だった。

萩原みのりさんのアップがどんな撮り方をしても映えるんじゃないかと思わせるくらい、作品全体の存在感が透き通るようで綺麗だった。

撮影方法は尖った見せ方はしていなく、
女性を綺麗に見せるような(役者を活かすような)自然なアップが印象的だった。

①鏡を見て、髪を結ぶ横顔のアップ
②おばあちゃんを再び、家に送り届けた後、おばあちゃんを見つめる萩原みのりの正面アップ など

脚本(内容)の面では、ちょいちょいリアリティを感じられない部分が個人的にはありました。
見せ方が長いというか、最初のおばあちゃんを警察にまで送り届ける見せ方が逆に丁寧すぎる印象を受けました。
そこに時間をかけるなら、女性二人の内面が伺えるようなカットやシーンを増やすべきなのでは?

などなど。
誰しもが人生で一度は悩むような友達のことしかも10代でいろいろと敏感な時期、そんなありきたりな風景を忠実に映していてSNSも絡んで今の時代をしっかり捉えている。監督、脚本家さんが40代なのに若者をよくわかってるんだなぁって思った
主演2人は等身大の勢いがあって、玄人役者陣の安定感が混じり合っていい味になってるように思います
撮影期間が8日間だったそうで、そんな短期間でここまでのものを作り上げたのはすごいと思うけれど、幾分詰めが甘いかなという所がちらほらあったかなぁ
日の光がたくさん入っていて映像が綺麗
個人的にはづきちゃんが好きです
友達としての気持ちも関係もお互いに交わることもなかったはずの2人の女の子が、ひょんなことからの協働作業をきっかけにその距離が縮まり互いに信頼を得ていく。
8日間で撮影したという事に、この作品に関わった全ての方々の熱量を感じる。そういった意味でも素晴らしい作品と思う。

2人の女の子が可愛い。
slow

slowの感想・評価

4.2
思い出を彷徨う老女は、現代を生きる2人の少女に手を引かれ、かけがえのないメロディを頼りに旅に出る。

学生時代とは、暗黙の解に皆十字を切り、この先何十年と続く見えない柵に耐え得る自分を作るための時間なのかもしれない。コミュニティに属することの代償。コミュニティの外で生きることの代償。今思えば、それはまるで閃光のような日々であり、もう戻って来ることはないと嘆いた時もあれば、もう戻って来てくれるなと願った時もあったような。そんな身勝手、あの頃の自分は聞き分けてくれないだろう。

高校生を扱った今時の映画としては、台詞がかなり少ない方かもしれない。その分、表情や後ろ姿に語らせる部分が多く、ながら見などしていようものなら大事な感情を見逃してしまいそう。でも、そういう映画は支持したい。
心を見透かされてもお互いに負けじとふっかけ合う強気は、無敵の十代ならではのあれで恐れを知らない。その緊迫感が覚悟に変わるシーンも巧く主演の2人に託していて、それに応えた2人もお見事。全編を通して若手らしく清々しい演技に好感が持て、この手の映画にしては非常に見応えと満足感があった。
友達の名前を初めて呼んだ時の気恥ずかしさなど、儚さを焼き付けた決定的瞬間を幾つもこの作品に見つけることができる。こういう作品は久しぶり。「ハローグッバイ」と共に万感の思いとなって馳せたものは、もう塗り重ねられた後の余韻でしかない。けれど、燦として凛として全力で向き合った少女達の姿は、私が共感したかった青春そのものだったのだと思う。
notitle

notitleの感想・評価

4.2
多分、明日から何もなかった様に過ぎてくし、今迄の様に表面的な友情に属すと思う。でも、無防備でぶつかり合い、何かを成し、照れながらも互いに名前で呼んでみたことは残り続ける。同じようで異なる、次の一歩。主演二人の表情が、とても眩しくて美しい。
思いがけず良作に出会ったったった。これぞ邦画の魅力。

本当に大事なものをきちんと大事にすることっていうのは、言葉にするほど簡単ではない。それぞれが持つ葛藤と、そこに差し込む光。身近なテーマで描かれた暖かい物語でした。

それにしても主題歌が良すぎた。
良い映画でした。。きっとこの作品を作ってる人達皆んなが愛を持って携わってるんだろうなぁっと思った。
Kinakosan

Kinakosanの感想・評価

3.8
高校生だった時から随分経ったし、今の高校生とは随分いろいろ違うけど、なんとも言えない女子のスクールカーストって、根本的にはいつの時代も変わってないのかな。見てて苦しい。

だけどそんな中にも、小さな救いや、成長があるし、気づかなかった事とか、本当に大事な事とか、見えたりする出来事があったり。

一緒にいるだけが、友情じゃない。これを見ると思います。近くにいて、見せかけの繋がりをなぞるだけってことに気づいたら、もうそこに留まるのはしんどいよなぁ。

人生の糧になるような1日があったから、これからをやっていける。2人がこれからずっと付き合っていくかどうかはわからないけど、2人の未来はひらけていきそうな感じがする。

出せない手紙と、すぐに飛んでいくSNSの会話がとても対象的。おそろしい時代になりました、笑。
羊男

羊男の感想・評価

3.6
日本的ないい映画。スクールカーストや高齢者問題、そんな大きな社会的な問題もミクロでみたら繊細な詫び寂びで溢れている。そんな感じ。