ハローグッバイの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

kiri

kiriの感想・評価

3.5
思い出の曲からとても愛情が伝わってきてどこか懐かしいような気持ちにさせてくれた。観ててほっこりする映画。
ろっち

ろっちの感想・評価

4.0
面白かった。
現代風の青春もの。
認知症、SNS、現実のクラスメイト、共働きの両親、など現代社会の闇を現実の象徴の高校生に乗せて展開していた。
私はそう理解しました。
葵の家で喧嘩になって「私の事、何にも知らないくせに」がまさに闇。
まぁ多くは語るまい(笑)
"グッバイと言えば、ハローとは投げつけない。"

ともだちとは、なんぞや❓

普遍的であり、僕らが生きる前の時代もそのまた前の時代であっても、決まった形はないものであり、それと勝負をしていてそこがカッコ良い😆👍✨

本音で殴り合える女子高生のアオイとハズキ。2人を観ていて僕はめっちゃ羨ましく、とても悔しいかった。当時の僕にはそんなともだち居なかった。(๑°⌓°๑)イイナー

全く似て非なるアオイとハズキ。

しかして、どこかが似ている。

それがハローとグッバイのメロディで交わるとき…goodくるんだわ!!😲👍✨

加えてシンプルなリズムで特別なピアノがあざやかに色を映像に落とす🎨

とっても、ふんわり心地よいのだ

いつ何時も、あなたにも問おう。

ともだちってなんですか❓
カシコ

カシコの感想・評価

3.0
ありがちなJK設定が安っぽかったし
2人の女の子はパッとしなかったけど
もたいさんとピアノがとても良かった
夏

夏の感想・評価

3.9
友達ごっこなんて、無くなればいいのにね。
主演の二人ともたいまさこに👏
よくドラマでも見られるような若者の悩みに焦点が当てられていた。
ドラマだと出演者が多いせいか出演者それぞれのストーリーが複雑に絡み合うところを、本作ではかなりシンプルかつクリアに若者たちの苦悩が描かれていた印象。
おかげでなんの違和感もなく感情移入することができた。
そこら辺のドラマよりもこっちの方がずっとおもしろい。
さらに、本作の鍵を握るのは認知症のおばあちゃん。
おばあちゃんの書いた手紙を届けられた場面は感動した。
特に女子学生に観てほしい。
シ

シの感想・評価

3.4
美談っぽくなりすぎなく、程よい前向きさがある話でよかった。
認知症を患うもたいまさこがもう、そうにしか見えなくて凄い。
音楽がノスタルジックでエンディングのピアノを聞くと泣きそうになる。
mukomegu

mukomeguの感想・評価

3.9
高校生の時の人間関係のめんどくさい部分とか、心が不安定になる感じとか、色々思い出した。
空気感が良かったです。
主人公2人の距離感の中に認知症のおばあちゃんが複雑に絡み合っていく感じが凄く良かった。
おばあちゃんの境遇が2人に重なる姿がなんか切なくやるせなかった。
ラストの2人の心境も前に向かっていくって感じが良い締めだったと思います。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.8
内心

一見優等生でおとなしい「委員長」とメイクもきっちり活発に“ともだち”とつるむはずき。
同じクラスでも友達ではない二人が真っ当に話し始めたきっかけはひとりのおばあちゃんだった。

頼りない一本の線の上を歩いているような作品でした。
いじめではない程度の固定概念で仲間にはならない関係の二人が一度だけ、名前を呼びあう。
その先の道はきっと違うんだろうけれど、二人にとって人を見つめるいい機会になったなら良いなと優しい気持ちにさせてもらえる一作でした。
学生の頃は「ともだち」みんな大事だったけれど、歳を重ねるにつれて傍にいる人が限られることに慣れ必要最低限で良くなった。
初恋は永遠だ。供養できない感情を浄化してくれる素敵なピアノ曲も印象的。
カズマ

カズマの感想・評価

3.9
映画全体に流れる爽やかな空気感のおかげで深い内容だけど後味はすっきり。
テーマは 孤独 と 罪悪。