ハローグッバイの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

3.9

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

keeko

keekoの感想・評価

3.5
2人のJKの言動と心の内のギャップ
もたいさん演じるおばあちゃんの苦悩

JK2人とおばあちゃんの珍道中
互いの心に寄り添えば…
3人の姿は
温かく、愛おしく、透明感が漂う

劇中にも何度も登場する主題歌がとても心地よかった


菊池監督に直接感想を伝えることがが出来た。
2017(148)
音楽と記憶の強い結びつきを改めて感じる
MoMiJi

MoMiJiの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

女子高生だった時を思い出した
こんな関係嫌だって、あおいとはづきのお互いの普段の人間関係で出せない2人が
どうでもいいただのクラスメートにありのままの感情をぶつけ合っていることでお互いに相手を認識するところがリアルだった

女の子の嫌なところ、人として優しいところ、なんともいえない押し付けられていない不自由さがリアル
それでもその人として最大限の寄り添いや思いやりがもがきながら行動に移されていて、ほっとしたし、2人ともしっかり者、凛としてるなと思った

おばあちゃんの大きな長い間の苦しみや辛さが年月を経て想いのある大切な宝物になっていたところに、この2人の若さが救われている
ゲル

ゲルの感想・評価

3.4
雰囲気で魅せる作品。
女子高生の日常エピソードを切り取った話が小さくまとまりすぎてちょっと物足りない。
おばあちゃん役の二人(もたいまさこ、木野花)がびしっと締めているのは良かった。
おばあちゃんの昔の思い出が輪郭しか語られないので、よくわからないままで泣けなかった。
SNSが発達した現代の高校生はいろいろと大変そうで震えた。
友達のひとみ役の子が醸し出す腹黒さがリアルで良かった。
MissY

MissYの感想・評価

4.0
1週間限定って短いっすよKBCシネマ!でも福岡では公開ないかもと思っていたので公開あっただけでも良しとするか。渡辺シュンスケさん目当てで見に行きましたが、イイ映画でした!若い女の子はいつの時代もめんどくさくて残酷で切ないなぁ。もたいまさこさんが、また、良かった!!そして、もちろん音楽も。メロディが呼び起こす思い出って、あるよなぁ。私は高校生の頃、ちゃん付けで呼べる友達なんていないままでしたわ。。。。
あおい

あおいの感想・評価

3.6
優等生とちょっとヤンチャ系の女の子の友情って、ありきたりだなと思って観ていたけど、一味いい風味の映画。

もたいまさこの歩き方、もたいさんの娘の台所での横顔、クライマックスのピアノ。
何処と無く心に残る。

友情が、最後安直にハッピーにならないところがいい。「明日からは声掛けないよ」と名前を呼び合って別れる2人。
映画のタイトルと、交差するような階段の中、出会いと別れ。

観終わった直後より、時間を寝かせてジワジワくる。
女の子の友情って、面倒で繊細なのを思い出した!
肉片

肉片の感想・評価

3.8
特に目新しいことは何もしてないんだけど良かった
グッとくるシーンいくつかあるし後半の心地よさ
何かを大きく変えるわけじゃないけど何かが少しだけ変わって余韻を残す終わりも良い


しかしこの手の作品で今時の女子高生がどうこうレビューされちゃうの、いつの時代もこう言うのいたでしょって思うしSNSについてどうこう言われてるのも全く本質的じゃなくてアレ
自分で選んどいて何ですが、ついこの間、「わたしたち」という韓国映画で、小学校4年生女子の友達関係の話を観たばかりで、今度は、この作品で日本の高校生の女子の友達関係の話を観ることになるとは!

もちろん小学生と高校生の違いや、韓国と日本の違いはあっても、何とも、めんどくさいし脆いし表面的な関係の中で揺らいでいるんだなぁ〜と思う。
そして、そういう関係性は小学生の頃から既に始まっており、さらに異性関係なども入ってきて、より危うくなっていくものの、思春期という言葉で限定できるものでもないし、小学生も、さらには、多少世界は広がり経験もそれなりにしてきても、大人もあまり変わらないのかなと感じる次第です。だから、孤高に生きればいい、なんてわけではなく(そうできる人はそれもありですが)、距離感をはかりながら関係性を維持していくのかな。素直になれば世界はもう少し広がるのにそうできないもどかしさもあるし、、。もちろん、お前に女子高生の何がわかる?って言われたら言い返す言葉はないけれど、だからこそ、こういう映画を観に行きたくなるのかもしれないし、未知なる世界はやはり魅力的なのです ^_^

この映画の主演の二人のキャラ設定が、何とも古めかしく、今時、こんな子らもいるのかと思ったりもしたけれど、案外、今も昔もあまり変わらないのかもとも思った。もたいまさこの話も、昔ながらのことで、これはもう狙ってレトロにしてるのか?そういう意味では、観やすいし入りやすい感じはしました。

変わらないようでいて、少し前に進んだ感じは、両作に共通してるけど、やはり心地よい余韻を残します。
りある
トイレの陰口とか友達の修羅場楽しむ感じとか友達だよねの確認し合いとか
必ずやるよね 女の性

そんな時全く付き合いのなかった子に頼りにいってしまうのも それを何あれっていう友達まがいも
全部が、りある

でもそれを重たくなく終始ふわっと軽く描いてるところがわたしは好きだった
"めっちゃ良い"じゃなくて
"なんか良い"
今時の女子高生は色んなものに縛り付けられてて可哀想だな。
と思いながら、自分もそうなのかな。
もっと、ふらーっと浮遊するように生きていきたいですよね。
余裕さえあれば。