ハローグッバイの作品情報・感想・評価

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

4.0

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

主演の二人はとても魅力的で、
もたいまさこさんの演技は流石の一言。

本来なら交わることのなかった二人が、
ひょんなことから共に行動することになる。
ありきたりな設定だが、どこかシビアな作風もあり、
簡単に仲良しにはならないところが良かった。

ほろ苦くも美しい友情を描いた良作。
上映館数が少ないことが悔やまれる作品。
ロック

ロックの感想・評価

4.0
青春の一瞬のきらめき、瑞々しい夏の空気感、主演3人3様の演技。
いずれ忘れゆく記憶ならその日その時の気持ちから逃げないこと。本当に大切なものの切れ端を見つけた彼女たちの顔が素晴らしかった。落ち着いたピアノの劇伴もとてもよかった。
いちこ

いちこの感想・評価

3.7
100回くらい聞いたことあるストーリーの割に良かった
終わり方もしつこくなく満足
やす

やすの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

クラスで目立つ存在でいつも友達とつるんでる「はづき」といつもひとりぼっちの優等生「葵」、そしてそんなふたりを繋げる
認知症のおばあちゃん「悦子」の織りなす派手ではないけど心が落ち着くストーリー。

はづきは事あるごとに友達に対して「友達だよね」「うちら味方だし」という言葉を多用するけど、
その裏ははづきの妊娠疑惑(実際はしていなかったが)に対して陰口を叩かれていてものすごく軽薄である事が明確に示し、
葵の万引きを繰り返すことで心の闇を表現していた。
そんな接点のない彼女たちが「悦子のラブレターを届ける」という目的のもとに結束し、事が終わるとふたりはこれをきっかけに仲良くなるわけではなく、
リセットして元の関係になるというのはこの年代のめんどくささを表してるのかな。

はづき役の萩原みのりも葵役の久保田紗友もこの時期だからこそのいいものが撮れて、彼女たちの代表作になることは間違いない。
そして悦子役のもたいまさこの認知症老人の佇まいが完璧すぎた。
MAAI

MAAIの感想・評価

4.0
『ディアーディアー』よりずっとコンパクトで、観易い。
Yuki

Yukiの感想・評価

4.0
ふたりの少女の演技がみずみずしくてとっても良い。それがもたいまさこさんの存在でさらに深まる。派手な話ではないけれど、すっと引きこまれて最後までそのまま心掴まれたままだった。おすすめできます。
一足お先に試写で鑑賞させていただいた後、しばらくグズグズと涙ぐみつつ、鼻歌を歌いながら円山町の路地をグルグル歩いた。

人と関わってゆくことの面白さや難しさを痛いほど感じている中で、この映画に触れることができて良かった。
映画を反芻しながら、心に痞えていたモヤモヤがちょっぴり晴れた気がする。

劇中での渡辺シュンスケさんの弾くピアノ曲の使われ方が、私が彼の作り出す音楽に抱いている感情そのもので、それがとても嬉しかった。映画を通して、この気持ちをいろんな人と共有できるんじゃないかな、と思うと幸せに思います。

主演の二人ともたいまさこさんの空気感が心地よくて、まるで近くにいる彼女たちをたまたま通りかかって見かけたような、そんな自然さがあった。

特に、萩原みのりさんの表情の変化が素晴らしく、彼女の出演作品をもっともっと観てみたいと思う魅力がありました。

この作品は、多くの女性たちを救う作品だと思う。
これから女子高生になる女の子やいま女子高生の女の子、かつて女子高生だったすべての女性に観て欲しい。
k

kの感想・評価

3.8
良い映画だった。
tokK

tokKの感想・評価

3.2
もたいまさこさんがよかった。おばあちゃん役が似合うようになりましたねー。はづきと葵の微妙な心情の動きが丁寧に描かれていたし、それぞれの演者もそれをうまく表現していたと思う。最後、葵の席を通りすぎたはづきのあの演出は、なんかリアリティーがあってよかった。もう普通に委員長と表立って仲良くすりゃいいじゃんと思うけど、派閥やら立場やら人間関係色々めんどくさい(笑)。通りすぎるというのがささやかな抵抗で、それが未来に繋がる感じなんでしょうね。
丘

丘の感想・評価

5.0
2017.8.6観賞。