ハローグッバイの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ハローグッバイ2016年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:80分

3.9

あらすじ

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想…

高校生のはづきと葵は、同じ教室にいながら交わることの無いクラスメートだ。葵は、クラスで「委員長」と呼ばれる優等生だが、仕事で忙しい両親を持つために家ではいつも孤独である。その寂しさを紛らわせる為に万引きを繰り返していることは、誰にも言えない秘密だ。一方はづきは、クラスでも目立つ存在だが、元彼との間に子供が出来てしまったのではないかと一人悩んでいた。そんな二人は、ある認知症のおばあさんと出会い、想いを伝えたれなかった初恋の人にラブレターを渡したいというおばあさんの為に一緒に初恋の人を探そうと決める。

「ハローグッバイ」に投稿された感想・評価

noyoona

noyoonaの感想・評価

4.0
たまに観る素直な映画にガツンとやられる。もたいさん、ずーっと好きです。
めっちゃ、もたいまさこ

展開におけるリアリティラインの曖昧さは好きになれないが、通り過ぎて行く言葉や態度が、まるで過去の思い出のように力を湛えている。
ゆき

ゆきの感想・評価

-
みのりさんかわいいなー女子高生は好きだけど、やっぱり もたいさんが苦手
なんでなんだろ(°▽°)
M.K.

M.K.の感想・評価

3.9
個人的にザ・邦画な作品…好き。
いじめられているほどではないけれどクラスで孤独な葵と、クラスメイトに溶け込み日常を過ごすもしがらみに辟易としたようなはづき、そんな二人が認知症のおばあちゃんの恋人探しを始めて…。

花とアリスじゃないんだけど…なんとなく存在を知っていた他人とも知人とも友人とも言えない奇妙な存在が突然のきっかけで代え難い友になってしまうような…。
扱ってるものもスケールも小さいけど、見終わった時に心がほっこりする可愛らしい作品だった。

葵とおばあちゃんの会話、それを見遣って微笑むはづき。
出会うはずのなかったクラスメイトと繋がった瞬間の、なんとも楽しげなバスの風景…ようするに青春?
あんな感覚もうこういう映画で追体験するしか出来ないのはなんとも寂しい。

どうしようもなく有り余った時間に手間暇かけて出会ったり育んだりした友情や愛情なのだからいつだって鮮明で輝いているに決まってる。
十代の当事者達であっても、遠い未来、認知症になってからでもそれはどうやら変わらないのかもしれない。

主演の久保田紗友さんはとっても清々しい美少女で、髪を結って出掛けていく姿は好感が持てた。
あとSchroeder-Headzの主題歌、手紙が届けてくれたものは本当にテーマを想起させてくれるいい曲だった。

ありきたりといえばそれまでだけど、細やかなシーンとか、自分にはノスタルジックで有意義な作品だった。
sumire

sumireの感想・評価

4.5
この監督の映画好みです。ディアーディアーも好きだったし。
女子高生の繊細な心が凄くリアル。
クラスメイトでも全然"出会わず"お別れした人っていっぱいいた。特に"階級"の違う女子と話すのは、男子と話すよりハードルが高いことだったな。って思い出した。

同じクラスだけど、全く共通点のなさそうなハヅキとアオイは偶然に出会った。とっても良い出会い方だった。そして、とても良い別れ方だった。良い別れはきっと自分の糧になる。そしてこの2人はまた出会うといいなぁって思った。
主演の2人の瑞々しさがすごい。
3月4日に開催されたおおさかシネマフェスティバル2018にて新人監督賞、音楽賞 受賞記念上映として上映された本作。菊地健雄監督、渡辺シュンスケ氏によるトークショーも開催され作品としても、心に問題を抱える2人の女子高生が、認知症の老人との交流を通して成長していく姿を描く青春ドラマ。しかしながらそれを上回る印象になったのは、特別席で見ることができた授賞式!

新人女優賞  石橋静河
新人男優賞  北村匠海
助演女優賞  田中麗奈
助演男優賞  ユースケ・サンタマリア
主演女優賞  蒼井優
主演男優賞  菅田将暉  桐谷健太

予定になく当日に急遽、参加できるよういなった菅田将暉のアナウンスが流れた時の歓声は凄まじく、珍しく本当のスター性を感じてしまう程。

個人的には日本アカデミー賞を上回る面白さ映画祭!
関西の方は来年機会があれば参加して欲しい、思える作品上映と受賞式でした 
yaeko

yaekoの感想・評価

4.2

誰かに気付いて欲しいけど、安易に分かって欲しくない。
1人は嫌だけど、誰かと一緒だと煩わしい。

他者への相反する気持ちと歪な自尊心を持て余す、こんなに多忙で混乱に満ちた時期をこの世に生きてたった数十年で経験しなければならないなんて。

毎日がいっぱいいっぱいで恥とか後悔だって確かにあったのに、後からその瞬間が何にも変え難いくらい、輝いていて、綺麗で、懐かしくて、羨ましく見えるのはどうしてなんだろう。
例え、それが、どんなに歳をとった後からだとしても。

優しい景色と綺麗な音楽がとても良く。
ピアノのシーンは素敵過ぎて息を呑んだ。
46

46の感想・評価

4.8
もたいまさこさん、ほんとうにすごい。歩き方、話し方、表情、そこにいるということが違和感のない存在感でとてもよかった。真反対のような女子高生二人、根っからのクズじゃない二人だから通じ合えた。薄っぺらい関係がきらいだ。女子の人間関係のめんどくささは学生だけじゃない、ずっとつづくのだ。なにも話せないなら、それは友だちじゃないって誰かが言ってた。すべてを話せなくても、それは伝わるし、わかるもの。ふたりともかわいかったです。終盤のシーンの、もたいさんがもう、もう、ほんとうに素晴らしくて知らぬ間に涙。ピアノと、風と、声と、思い出と、泣きながら口ずさむのと、もうほんとうに見ていて美しく思えました。日本映画らしい、すばらしい作品だった〜。DVD買おうかな。
nooooori

noooooriの感想・評価

3.9
やっぱり、人生の悩みを友達に相談して解決してきた人と、自分と向き合って解決してきた人の差は大人になって積み重なった時に大きいと思うのです。という意味で、はづきは嘘くさい友達に相談することなく自分で解決するセンスを持っていたのであろうからはづきと葵は似たもの同志なのだと思う。

どちらが幸せなのかはわからないけど、友達に囲まれてリア充を装って生きてきた人より、(友達いなくて?)自分と向き合ってきたであろう人の方が圧倒的にレビューが面白いのは間違いない。別に一人を怖がることなんてないと思うのですよ。僕なんて中学から一人遊びはまってずーと一人で遊んできたけど一人でしか出来ない遊びいっぱいあるんだから。(と思って生きてる)

いろんな解釈できそうですが、やっぱりこの手のには映画目線より自分の娘と女子高生を重ねた目線で見ちゃったりして心配になったり、つまんないことで悩むんだろうなーなんて考えちゃう反面、以外と不感症なのが正直なとこかな。
あやみ

あやみの感想・評価

4.3
あるようでないようであるような物語がリアルだった。
柔らかな風が女子高生の儚さを表現している気がした。音楽も映像も女子高生ももたいまさこも良かった。
2人のその後が気になる。