gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

リンゴ

リンゴの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

天才って遺伝するんだ…!
おバカには分からない苦労が少し分かりました。

自分がなし得なかったを子供や孫に無理強いするなんて!と思ったけど、エブリン、最後は改心したんだろうな。

あとフレッド可愛かった!
さきこ

さきこの感想・評価

4.5
優れた才能があっても普通の子供であることに変わりはないからこそ、周りの大人の教育が大事だなと、勉強以外の。
「最初から愛してくれた」、それが全ての答えだと思う。何か特別な「ギフテッド」が自分の価値を決める物差しじゃないということか。良い映画だったと、しっかり心が満たされる。
mii

miiの感想・評価

4.2
メアリーを演じた女の子の演技が本当に素晴らしかった。子供ならではの感性、大人よりも真っ直ぐなところ、なりよりチャーミングで、子供ってすごく魅力的だな、と。メアリーとフランクのどこか特別な関係がすごくキラキラしていて羨ましかった。片目の愛らしい猫ちゃんがキーですね。
Tetsuya

Tetsuyaの感想・評価

4.5
血の通った素晴らしい映画。
想像の百倍くらい奥行きがあるストーリーに加え、クリス・エヴァンスとマッケンナ・グレイスちゃんが素敵✨
身近な人が精一杯の愛情を注ぐことは勿論のことですが、特別な才能の有る無しに関わらず、子供の成長にとって一番大切なものは何かを真剣に考えさせられました。
もとい

もといの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

さりげなくフレッドと他の殺処分されそうだった猫ちゃんも連れ帰ったところでちょっと笑った。優しい。心が温まる映画でした。
女優のジョディ・フォスターが監督し出演した1991年の「リトルマン・テイト」という映画と同じ、<ギフテッド>と呼ばれる天才児とその親や周囲の人間たちの姿を描いたヒューマン・ドラマ。「リトルマン・テイト」ではシングルマザーの母親と天才児の男の子だったのだが、「gifted/ギフテッド」ではシングルの叔父と天才児の姪というように性別が逆になってる。愛を与えてくれる保護者と、才能を伸ばしてくれる大人の間で板挟みになるところも同じだ。
何が言いたいかというと、けっこう手垢の付いたテーマなのかもしれないということ。四半世紀前にも欧米には既にギフテッド教育があって、それをめぐる親子の関係が独自の物語性を持っていた。

正直、「天才児にとって何がいちばん大切なのか?」という問いにはまったく興味がない。まず私自身が天才児ではなかったし、今後天才児に関わることもないだろう。自分の子供として授かる確率は人並みに低い。
しかし、それでもこういった超特殊な状況下で繰り広げられるお話に自分なりの感想や主張を抱いてしまうのは、この超特殊なお話が、実は誰しもに通じる普遍的な家族愛を描いているからにほかならない。
言うなれば、アンドロイドやエイリアンを通して人間存在を描こうとするSFジャンルに近い。天才児という稀有な存在を通して、普通の親子にも通ずる、別離や、子育て、教育について語ろうというのが、この手のギフテッド映画なんだろう。
天才児が幼くして親元から引き離されてしまうことも、天才児ゆえに巣立ちの時期が凡人より早すぎるのであって、親と子の別離はそもそも人類共通のテーマだ。そんな普遍的なテーマを、天才児を中心に据えることによって浮き彫りにしてみせた、ということだろうと思う。

その味付けとして、死んだ母親のある「遺産」であったり、叔父と祖母の親権争いであったりが、ある。
物語を彩る登場人物たち…。幼女界の新星マッケンナ・グレースの可愛らしさはもちろん最高。隣人役のオクタヴィア・スペンサーは私の隣人になってほしいし、ネコもほしい。
クリス・エヴァンスが哲学者の役というのはなにかの冗談かと思ったけど、この人、演技してるときはホントかっこいいからちょっと腹立つ(笑)



11/29 gifted/ギフテッド 字幕 @チネ・ラヴィータ
fuchsia

fuchsiaの感想・評価

4.5
メアリーがとにかく可愛い😍
持つべきものはオクタヴィア姉さんですね。
くんま

くんまの感想・評価

4.5
天才の可愛い子供とイケメンおじさんとぬこの話。
よくある組み合わせだが、テンポが良く、観ていて退屈しない。この映画は子持ちの人、ペット飼ってる人には特にオススメです。
いやぁ、映画って本当にいいもんですねぇ〜
miya38

miya38の感想・評価

3.9
子供の頃、どの様な環境下で生きて行くかという事は人間が大きくなる上でとても大切で何を感じ、笑い、悲し、怒り、思い、愛し、人間は出来てくるのだと改めて感じさせる映画です。

メアリーの可愛さは他の方のレビューを読めば、又この作品を観れば分かるので語りません。
フランクとメアリーが抱き合う、あるシーンが有るのですが、フランクの大きな手でメアリーの小さな背中を抱えるあの映像は・・・父親の私には堪りませんでした!
あああああああぁぁあぁぁあぁぁ!ってな感じで。

マッケンナ・グレイス楽しみですね。
>|