三度目の殺人の作品情報・感想・評価・動画配信

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.4

あらすじ

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

役所広司の演技がとても良かった。

結局何が動機なのか、何が真実なのかもわからないまま映画が終了するので、とても余韻の残る作品だった。

広瀬すずは父親に性的虐待を受けていただけでなく、母親との関係性もしんどさがあったように思えて、三隅の存在は本当に大きかったのだろうと思った。

個人的には、弁護士事務所で働いているお姉さんが、死体の状況を聞いて
「当分焼肉は食べられへんわ」と言っていたのに、その直後みんなで焼肉を食べるシーンがあったり、広瀬すずに飴ちゃんをあげるシーンがあったりと、とてもいいキャラクターで好きだった。
むぼ

むぼの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

難しい。
きっと何度観ても難しい。

これとは別に観た映画の中でも
司法は守ってくれないじゃないか
的なことを言ってたんだけど
司法ってなんなんだろうね
必ずしも正しい結果になるわけじゃないし
裁くのも人だから、誰の意見を誰が正しいと思って決めたの?ってなるよね

結局真実がどうだったかって明らかにされなくて、それが良い。必ずしもハッピーエンドじゃないぞっていう現実味があった。

三度目の殺人ってタイトルは死刑をもって最後は自分のことをってことなのかな
真実とか真相ってもうこちら側が思いたいもののことなのかな……難しいよ……哲学的な映画………
かるこ

かるこの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

役所さんの演技が凄すぎて前のめりで見てしまった…………
福山雅治と0距離で殺してない!って話すシーンの迫力が………

弁護士主体で進む話はたくさんあるけど、リアルだし闇を覗いてしまった感じがある。。
裁判所側の都合で死刑にするのなんて、まさに三隅が言っていた生死を握れるってことだもんな。

結局真実が明かされないっていうのもリアル。。
現実だって、なにが真実かなんてわかんないよね。
やるせない。とても。心に残る。

てか、タイトル回収されてないよ!
自分で考えろってか!
TADA

TADAの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

うーーーん、、(笑)
期待してしまってたのもあるけど、個人的には微妙っていうのが正直な感想だった🙃(笑)

結局真実がなんなのかわからず終わる系って、終わったあともすごく気になっていろいろ考察調べたり、心に残ったりするのだけれど、別に真実あんま気にならないなぁって程度のストーリーだった😂

ただ斉藤由貴さんはやっぱり存在がエロい(笑)
好き😌

すずちゃんはこの映画の当時は10代だけど今はもう20代半ばなのに、今も変わらず10代の危うさとか影感とか、若い未熟さならではの性的な魅力がなぜかめちゃくちゃあるんだよなぁ、、🤔
ほかに似たような雰囲気を醸し出す女優さんがいない。

3度目の殺人の3度目はきっと死刑のことで、そのタイトルは面白いと思った😌

このレビューはネタバレを含みます

役所さんの演技は本当に怖く惹きつけられる"リアル"間があって良かった。内容は、結果こういう動機で殺害したというシーンがなかったからいまいちと思う人も多そうだなというのが印象。私としては女の子を娘のように思って代わりに罰を下したのかなと思いたい...。あんな父親殺されて良かったんだよと思ってしまう私もまた罪深いのだろうかと考えたりしちゃいました。女の子の母親が斉藤由貴さんなんだけどこれがまたねっとりした母親で家族の関係性が怖いな~と。主人公でほとんど映ってる福山雅治に全然観てて関心湧かなかったな。
shutti

shuttiの感想・評価

3.5
「3度目の殺人」とは一体なんのとことを指すのだろうか。
三隅が、自分自身に嘘をつく=自分を"殺す"というとこであれば、反抗の否認こそが三度目の殺人ということなのか。

重盛の父と三隅の言葉のリンク
北海道という場所

家族、娘という存在

キーワードがつながらないまま、ラストシーン、十字路の真ん中で佇む重盛と同じように文字通り路頭に迷ってエンドロールという感じでした。
メイキング映像のインタビューで、是枝監督は「真実がわからないまま作ってる」と述べており、なるほど。と笑
真実は闇の中へ。。
それも事によっては許されるのか。。
そして、自分を殺した。。。
虚しさが残る作品であったが、しっかりと問題提起を残した是枝作品に拍手。
みなさん、迫真の演技でした。
2度目の鑑賞。

難しいストーリー。
いろんな考えや感覚で見ないと惑わされる。
みんな演技が上手くて。

福山雅治さんも役所広司さんも広瀬すずさんも斉藤由貴さんも。満島真之介さんの“感じ”も良い。

もう一度見たらもう少し掴めそう。
タイトル通りに、ね。
つな

つなの感想・評価

3.7
役所広司にどんどん感情移入していく福山雅治に感情移入していく。

役者の演技が本当にすごい、しかしもやもやしておわるしやるせない気持ちになる。

だけどそれでいいと思える、それがいいと思える作品。

体力ある時に見たほうがいいです。
みらい

みらいの感想・評価

3.0
裁判というものはこういう物なのかなと考えさせられるけど、すっきりしないし、なんか波の無い映画だった
そういう風に作られてるのだろうけど
途中見飽きそうになった
もどかしいし
>|

あなたにおすすめの記事