バトル・オブ・ザ・セクシーズの作品情報・感想・評価

バトル・オブ・ザ・セクシーズ2017年製作の映画)

Battle of the Sexes

上映日:2018年07月06日

製作国:

上映時間:122分

3.7

あらすじ

1973年、全世界で9,000万人の目をくぎ付けにした決戦があった。女子テニスの世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングと、元男子チャンピオンのボビー・リッグスの戦いだ。 女子の優勝賞金が男子の1/8だったこの時代、男女平等を求めたビリー・ジーンは仲間と共にテニス協会を脱退し、“女子テニス協会” を立ち上げた。 待ち受ける数々の試練に立ち向かっていたビリー・ジーンに、“男性優位主義の代表”と…

1973年、全世界で9,000万人の目をくぎ付けにした決戦があった。女子テニスの世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングと、元男子チャンピオンのボビー・リッグスの戦いだ。 女子の優勝賞金が男子の1/8だったこの時代、男女平等を求めたビリー・ジーンは仲間と共にテニス協会を脱退し、“女子テニス協会” を立ち上げた。 待ち受ける数々の試練に立ち向かっていたビリー・ジーンに、“男性優位主義の代表”として挑戦状を叩きつけたのが、ボビーだ。ギャンブル癖のせいで最愛の妻から別れを宣告されたボビーは、この試合に人生の一発逆転もかけていた。果たして、一度は挑戦を拒否したビリー・ジーンが、すべてをかけて戦う理由とは? 全世界が見守るなか、“バトル・オブ・ザ・セクシーズ=性差を超えた戦い” が幕を開ける──

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」に投稿された感想・評価

まめ

まめの感想・評価

3.5
女が上になりたいのではなく敬ってほしいだけ、の(ようなニュアンスの)言葉がささった。

このレビューはネタバレを含みます

この時代は男尊女卑な時代なんだとかんじましたが、とにかくエマ・ストーンが演じているのは判っているのに、ビリー・ジーン・キングにしか見えなかったです!(笑)
たなか

たなかの感想・評価

3.5
宣伝のコミカルな“面白さ”というより、おも(重)しろかった。
ファッションもアラン・カミングも好きだわ〜ってのと、
マリリンのあの魅力的な感じよ...!😇
msy

msyの感想・評価

4.2
平等という人類のインポッシブルに食らいついた
ショーマンシップ溢れる二人の試合。
男がチアリーダーをはべらせるんなら
女も半裸のハンサムを従える。
45年も前の壮大な企画に
今なお感動して涙出る。

ボビーはなんで
こんなに人をバカにして、
わざわざハードル上げて汗かいて、
ピエロに徹するんだろう。

ビリーは女子テニスだけでなく
新しい世界への希望をも背負おうと
思ってたんだろうか。
だからこその咽び泣きだったんだろうか。

こういう人たちって、自分が先頭で、
どんな景色が見えてるんだろう。
自分で道選んで
何なら作って歩いてる人って
クドクド言わないよね。
一言を的確に掘り起こす力がある。
テッドの言葉はこの物語の総括だった。
加えて何かを変えたい時は
実務+パフォーマンス
なんだなって思い知らされた。

アラン・カミングは人の心に
寄り添う役が本当にフィットする。

スティーブ・カレルも最高だったよ。
カフェ・ソサエティで演じた
大物エージェントに、これは誰? って
いうくらい物足りなさを感じていたのが
本作でリカバリーされました。

エマ・ストーンもすごい良かった。
あんなファッショナブルなユニフォーム
着たらうっかり
ビューティなエマが出そうなものなのに
骨太なテニス選手のシルエット。
でもラブシーンは美しくて
寄ったらやっぱり綺麗なんだよな。
これは仕方ないですね。

先駆者が一瞬にしてゴールにいて
見てる方が置いてけぼりで
慌てて拍手する、なんてことがなくて
一歩一歩が見えるから泣けてくる。
果たして性差の是正は?
男女に留まらない新しい世界は?
一歩はまだ続いてる。もっと知ろう。
赤鬼

赤鬼の感想・評価

3.6
実在の人物、実際の出来事を扱っている作品特有の空気感が作品全体を常に包んでいて、勧善懲悪じゃない分、どちらに転んでもあり得てしまう感じが、結末を分かっているとはいえ、やはり緊張を伴う、そんな映画でした。
スティーヴ カレルのボビーが素晴らしかったので「リトル ミス サンシャイン」の時も素晴らしかったけれど更に、特になりきり度が素晴らしかったので、エマ ストーンよりも絶対見る価値があると思えました。
シノ

シノの感想・評価

3.5
淡々としてたけど、事実を基にしているのでそのくらいドライな描き方でとてもよかった。テニスの試合というよりそこまでの過程がメインというとこも痺れる。
男女不平等がもとで実際に起きた事件の映画化ということで、タイムリーではあるのだが、社会問題を声高らかに追求する映画ではない。
最初のうちは、上から目線のいけ好かない敵をやっつけて溜飲を下げるのかなあと勘ぐっていた。もちろん、そのシーンも用意されているのだが、それよりも、男代表のボビーがマッチョで専制君主的な家父長の鏡と言えるような状況になかったとか、女代表ビリーも理想的夫婦関係を保てなくなる秘密を抱えてしまうとか、両者それぞれの面白すぎるドラマが絡み合って、あっという間の2時間。
多様な考え方を包み持つ米国の世論に配慮してか、どちらかに極端に傾くことのない絶妙なバランス感覚は、さすがのハリウッドメジャーだなと思った。
そして、やはり安心のフォックスサーチライトだった。
いや〜それにしても、人間って、おもしろいですね。
Eee

Eeeの感想・評価

4.6
Billie Jean King
こんな女性が存在したことを知らなかった自分がひたすらに恥ずかしい。

しかしテニスに関して殆ど知識を持ち合わせてない人間でも十分に堪能できる一本でした。

大々的に社会を巻き込んだ大胆な運動。女性という立場が当然のように卑下される社会に、そして人を愛する自由が歪められる社会に、漠然と疑問を抱いて真っ向から立ち向かう姿。あんなものを見せられたら、誰もが自分を見つめ直して恥じることでしょう。

それでもたぶん、突きつけられる問題って、現代になっても大して変わらない。
これだけ色んな情報が目まぐるしく行き交ってショート寸前で突き進むような社会なのに。問題が片付くスピードは全く比例しない。
何が変わったか?でなく 彼女達がどう動いて、何を提起したのか知るだけでも十二分に意義があるのかもしれない。
爽快感だけじゃなくて、これからの我々へ使命感や責任感も突きつけられるような2時間でした。

とはいえ主演から脇役まで俳優を活かしきる脚本、コメディ要素もばっちりだったし、後半の試合シーンからクライマックスにかけては、本当に観戦しているような臨場感で楽しかった!
沸き立つ観衆と聴かせどころバッチリの音楽、“タイタンズを忘れない” を彷彿とするような熱気を感じました。
スポーツの持つ影響力を駆使して人々を動かすって、一番手っ取り早い気がする。

あとはこの手の内容にしてはしっかりしたボリュームだなぁと構えていたら、あっという間にエンドロール。構成がしっかりと尺にはまってる。

展開に合わせてそっと手を引くような劇中の音楽の使い方も絶妙に巧くて、サントラにも手が出そう。

時を経てもふたたび再評価してもらえるような内容じゃないかと。

とにかく久々に質の良い一本を劇場で観られて満足。バックグラウンドも補習してからじっくり観直したい。
jamming

jammingの感想・評価

4.3
美容院でのマリリンとの出会い
すごく可愛いかった〜

キャラも音楽も最高でした。

ボビーはわざと負けたのかも…
…と思ってしまった(^^;
むーた

むーたの感想・評価

3.5
ネタとしては結構地味な話。それでも飽きずに見れるのはエマストーンの演技力や脚本の賜物なのかな。

主人公は女性だけど仕事第一で、パートナーの全面的なサポートを受けつつも、仕事仲間に魅力を感じて不倫を続けてしまう。

もしこれが主人公が男性だったら、もっと既視感のあるありきたりな内容になってそうだけど、男女性差別だったり、LGBTだったりの問題が絡み合って新たな主人公像が作り上げられていたと思う。
>|