バトル・オブ・ザ・セクシーズの作品情報・感想・評価

バトル・オブ・ザ・セクシーズ2017年製作の映画)

Battle of the Sexes

上映日:2018年07月06日

製作国:

上映時間:122分

あらすじ

1973年、全世界で9,000万人の目をくぎ付けにした決戦があった。女子テニスの世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングと、元男子チャンピオンのボビー・リッグスの戦いだ。 女子の優勝賞金が男子の1/8だったこの時代、男女平等を求めたビリー・ジーンは仲間と共にテニス協会を脱退し、“女子テニス協会” を立ち上げた。 待ち受ける数々の試練に立ち向かっていたビリー・ジーンに、“男性優位主義の代表”と…

1973年、全世界で9,000万人の目をくぎ付けにした決戦があった。女子テニスの世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングと、元男子チャンピオンのボビー・リッグスの戦いだ。 女子の優勝賞金が男子の1/8だったこの時代、男女平等を求めたビリー・ジーンは仲間と共にテニス協会を脱退し、“女子テニス協会” を立ち上げた。 待ち受ける数々の試練に立ち向かっていたビリー・ジーンに、“男性優位主義の代表”として挑戦状を叩きつけたのが、ボビーだ。ギャンブル癖のせいで最愛の妻から別れを宣告されたボビーは、この試合に人生の一発逆転もかけていた。果たして、一度は挑戦を拒否したビリー・ジーンが、すべてをかけて戦う理由とは? 全世界が見守るなか、“バトル・オブ・ザ・セクシーズ=性差を超えた戦い” が幕を開ける──

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」に投稿された感想・評価

歴史的名勝負に涙が溢れました!
ビリージーンがこれまで味わってきた差別や屈辱、全てのものを背負って挑む逃れられない勝負への気迫と努力…試合後の涙に全てがつまっていたように思います。
試合展開はとても清々しく胸が熱くなりました!
映画だとわかりながらもSexist chauvinist の発言にめちゃくちゃムカついていたが、主人公の社会での女性の見られ方や地位を自分のお金や時間•立場を犠牲にしても強く戦う姿勢がかっこいいと思った。

社会的には夫人という立場を生かして、女性運動を進めていたのに、同性愛者と不倫を続けていたとして、議論になっているらしいが、そのことは映画では直接は触れられておらず、(不倫の事実は描かれているが)最後までかっこよく描かれていると思った。
ただ強い女性を描くだけじゃなく、
その場の感情に流されたり、
不安で弱ってしまったりしながらも、
健気に頑張ってるとこは
みんなとおんなじだよ〜
って伝えてくれるいい作品

エマ・ストーンが
飾りっ気なく主人公を自然体で演じてて、
胡散臭さのないキレイな映画でした!
ll

llの感想・評価

4.0
テニスシーンが最高に気持ちいい!
キングを知らなくても、
ドキュメンタリー映画的に楽しめる。
すべてのがんばる女性は共感できるとおもう。
あや

あやの感想・評価

4.2
実話に基づいた話しってのがいい!ビリージーンは、男女の扱われ方の不平等さに仲間達と異議を唱え、沢山努力して、本当に奮闘して、賞金の男女平等化を成功させたんだなと痛感。最後にみんなが心から喜んでる様子を見て、そのことにとっても感動した。そして、まだまだLGBTが今よりも偏見を持たれている時代に、最終的にマリリンとカップルになるというのも素敵。旦那はただただいいやつで、ただただ可哀想だったけど。。。エンドロールの実際の写真を見ると、いかに忠実に再現されてるかがわかって、更にこの映画を好きになった。
TAMAKI

TAMAKIの感想・評価

3.9
LGBT要素があるとの前評判も、エンターテイメント性が強く、それもエマ・ストーン&スティーブ・カレルの名演があってこそ!

このレビューはネタバレを含みます

禁断のテニス男女対決、勝つのはどっちだ⁉︎

1973年に起こった、現役女子王者ビリー・ジーン・キングと、元男子王者ボビー・リッグスによるドリーム・マッチ、その裏側を描いた一作。

まず70年代的なセット、ファッション、音楽などがいちいちクールですね。ハワイの空港の、金を入れると観られるテレビの造形など、生まれる前のものですけど来るものがあります。

ストーリーをざっくりと、男子テニスに比べて賞金が著しく低い頃の女子テニスにおいて、女性の地位向上を求めて全米テニス協会を脱退したビリー・ジーン、しかしその裏でマリリンという女性と出会ったことでその人生が大きく変わっていく。一方、ギャンブル依存性から妻にも別れを告げられ、一攫千金を狙うボビーの奮闘……と、それぞれの事情がテンポ良く展開されます。とにかくエマ・ストーン、スティーブ・カレルのハマりっぷりがすごいです。特にカレルは実物そっくりでヤバいです。

と、実録ものとしては最高な出来だと思うのですが、ちょいちょい引っかかるところがあり……。ビリー・ジーンはマリリンと出会うことで、自分が同性愛者であることを知り、それから非難されることを恐れていました。いわば作品を通して彼女は何と戦っていたのか、というところになんとなくボビーの影が薄く感じてくるのです。ボビーは女性を舐め腐って練習もせずプロモーションに明け暮れるシーンが終盤にありますが、当然負けるような描写が鼻につくというか、はなからビリー・ジーンの相手にならないような見せ方がライバル像として不服でした。史実であれ。とくに序盤、妻から三行半を突きつけられて、ドン底から這い上がるように見えただけに。

そしてマリリンですが、彼女がなあ……。彼女のどこにビリー・ジーンが惹かれたのかがさっぱりわからない、これがいちばん引っかかっているところです。

とはいえビリー・ジーンが果たしたさまざまな「偉業」をポップにオシャレに描いていて、そこは好感が持てました。
KGMGM

KGMGMの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

※日本公開前なので長文にてご紹介します

※※「ラブ・アゲイン」(2011年の映画)のネタバレも含んでしまいました。念のため。

実話の映画化、の場合、その知識を事前に仕込んでから観るか否か、と考えることがあるかと思いますが、この映画は後者だと思います!(って誰でもわかるか…)

「男女の闘い」についてはテニスの試合だけではなく、職業における男女の格差だったり、LGBTQについてもサブテキストとして扱っているようです。

映画が公開された後には現実の世界でも#MeTooムーブメントがあったり、日本でも官僚によるセクハラや芸能人による未成年女性への性破廉恥行為?などが問題となったりしています。
また柔らかい所では「おっさんずラブ」が話題となっている昨今の状況ともリンクしている部分があり現代的なテーマになっていると思います。

やや余談ですが日本のゴルフ界では女性の試合の方が人気で、そのために男性の側が人気回復を図って改革を進めている(ところで人気選手がスポンサーが離れかねないトラブルを起こしてしまったようですが)ようです。
一方、映画内ではテニス界は男性>女性という見方が常識だった時代に女性たちが独自ツアーを作り、外見やウェアの華やかさで対抗するシーンがあり、その当時の娯楽の中心であるテレビ映えの意識を感じます。その潮流は時代やジャンルを超え、スポーツエンターテイメントを変えたのではないか?とも考えさせられました。

とここまで堅苦しいことを書いてしまいましたが…
ストーリーラインはコメディタッチかつ家族(特に夫婦)についても考えさせられ、スポ根的な要素もあり、それでいて後味の良い作品でした。

役者については
エマ・ストーンとスティーヴ・カレル息のあった掛け合いが楽しい。
2011年の「ラブ・アゲイン」での親子役を覚えていると、あの家の話かよ?的な楽しみ方ができる自分のような方もいるのでは
と思います。

2017年の「LA LA LAND」史観に取り憑かれた自分のような方は「ミアはこんな役もこなせる女優に…」と勝手にピースをはめる無茶な遊びも可能では…。

蛇足が過ぎましたが…
エマ・ストーンについてはトレーラーでは地味目ですが、観ているうちに魅力的に見えてきますのでファンの方はご安心ください!

最後に…
FOX Serchlight の安心感がさらに高まりました!
衣装、音楽、カメラワークなど、さまざまなところで“旧態依然な価値観が変わっていく様”を表現している細かさは秀逸。前評判は当てにならないなとあらためて。
SHIGE

SHIGEの感想・評価

3.7
ベトナム行きの飛行機にて鑑賞

エマ・ストーンはいろんな役に
挑戦してる所に好感がもてるね。

この役もいままでにない
アスリート役で
けっして綺麗ではない役

テニスシーンもしっかりあり
身体能力の優れた所も披露

この作品を観て
今後ももっと彼女の作品を
観ていきたいと思ったな。
>|