バトル・オブ・ザ・セクシーズの作品情報・感想・評価

バトル・オブ・ザ・セクシーズ2017年製作の映画)

Battle of the Sexes

上映日:2018年07月06日

製作国:

上映時間:122分

3.7

あらすじ

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」に投稿された感想・評価

ただただエマストーンに惹かれて視聴。
実話に基づく話で勉強になりました。

ボビーはとても映画的にいいキャラしてて最高のヴィラン(?)だった。
現実にいたらうざそうだけど。

テニス界における(強いては当時の社会に置ける)男女の性差における差別を払しょくあるいは確立がテニスの試合で決まるというのがすごく物語的で面白い。
そんなことが現実にあったのだから、やっぱり人生はドラマだ。

現代の目から見たら明らかな性差別を
変えるきっかけとなった経緯の物語を通して、1人の行動が社会を変えられることを示しているし、この物語に加え、「いつかは同性愛も認められる世の中が来る」というメッセージを差し込むことで、社会としての同性愛へのより適切な尊敬を必要とされている、現代人を巻き込んでいる。

最近は差別は良くないという概念は無論身についているが、給与やマネージャー数などの部分で男女の格差は埋まらない。差別意識に対してもトランプ政権で明らかになったように、公表しないだけで差別意識を強く持っている人や、ズートピアで描かれているような、無意識の差別などなど新たな段階の差別との付き合い方に現代人は向き合っていかなければならない。

そんな時その行動が社会を変えた人がいたことを思い出したい。
さやか

さやかの感想・評価

3.7
予告で気になっていて鑑賞。
内容を全く予習せず、途中寝てしまい笑、後半で辻褄合わせ。

これからきっと自由に人を愛せるようになる、って言葉がしみた。私にもそんな日が来るでしょうか。。
ビリージーンがマリリンを本気の好きだとは私はエマストーンの演技からは伝わらなかったので、残念。
gol

golの感想・評価

4.2
人の中にある言葉にならない、
デリケートな部分、
それをそっと包んでくれる、
そんな優しい映画でした。

去り際のスティーブ・カレルの横顔一発に
胸が一杯に。
アラン・カミングの実人生にリンクするかの様なセリフにこの映画の懐の深さを感じました。

人生を変えるような衝撃は
この映画には無いけれど、
間違いなく大事な映画になったと思います。
たなま

たなまの感想・評価

3.9
史実のヒロインに込めた尊敬が伺える、とても丁寧に作られた作品。エマ・ストーンの見事な演技に心打たれた。誰かが慣習をぶち壊さなきゃ時代は変わらないのだな。登場人物たちのレトロなファッションも魅力的。
jerry

jerryの感想・評価

-
エマストーンの舌ったらず具合が際立つ一本。
ボビーリックスがひたすらクズ野郎でキングがひたすら清く正しい感じかと思ったらそういう偏りは無くて、そこは良かったなあと思った。一番不憫なのはキングの夫であった。あと試合中継でずっと女性ゲストの肩を抱き続けるアナウンサー(?)はほんと死ねと思った。
テニスの試合レベルが現代からしたら大層ショボい。人って進化するのね…
mako

makoの感想・評価

4.0
《2018#212》
1973年、全世界で9000万人の目をくぎ付けにした決戦があったそうですが私はこの事もキング夫人の事も知らずに鑑賞しました。実話ものだということは知っていて、観たいと思ってました。そしてやっとこちらでは昨日から上映されたので鑑賞しました。 

女子テニスの元王者、ビリー・ジーン・キング29歳vs男子テニス元王者のボビー・リッグス55歳。男性優位だったテニス界を変えようとした彼女と男性優位主義の代表との戦いという設定も面白そうで。 

当時はまだまだ男性優位で女性の地位は低く、生物学的に女性は劣っていると男性から言われている時代。 
それを変えていってくれたキング夫人の勇気と行動を知ることができて良かった。 
ボビーはビリーに試合を申し込んだがビリーは男性優位主義の代表として戦っているだけで本意は別にある。本当の男性優位主義者はテニス協会のジャック•クレーマーや世の男性社会。 

ビリーは女性が優位に立ちたいと言ってる訳ではなく、男性と対等に女性を認めてほしいと訴えただけ。でもそれが通じない。だからテニス協会を脱退し仲間と共に“女子テニス協会”を立ち上げた。 
女性を下にみた発言はイライラさせられたし、終盤二人が戦った試合で解説者(?)がゲストの女子選手の肩に手を回しながら喋ってるのを見て不愉快になりました。 
私が20代の頃もここまでとはいかないけど下に見られてた。だからビリーや仲間選手、女性の気持ちは共感できました。 

そして今作では性差別だけではなくLGBTQの事も触れられており現代に通じるものもありました。 
テニスウェアのデザインを手がけたテッド役は『チョコレートドーナツ』に出演してたアラン•カミングだったとは。エンドロールで気づきました。 
まだまだ海外の俳優さんは顔を知らないなと思いました。名前は知ってても顔を覚えてなくて。 
このテッドが終盤ビリーに言った言葉が印象に残りました。 

ビリーとボビーの決戦は結果は分かっていてもドキドキしたがら観ました。見応えがある試合で面白かったです。 

ビリーとボビーを演じた、エマ•ストーンとスティーブ•カレルの再現度が高くびっくりしました。 
ラスト本人の写真が出てきますが似てます。 
特にエマ•ストーンはあの『ラ•ラ•ランド』のミア役とは思えないほどでした。 

観て良かったです♪ 


劇場鑑賞 #102
字幕翻訳 岩辺いずみ 
YAMASYU

YAMASYUの感想・評価

3.5
キングさんもエマストーンなら文句ないでしょう!美しい!

今のWTAを思い浮かべ観ると感動的で試合前は、観てるこちらもドキドキしてくる程、当時のキングさんは覚悟を持って壇上格差と闘い続けていたのでしょう。
ヤット

ヤットの感想・評価

5.0
ずっと観たかった作品、ようやく観れた。
個人的に今年ベスト級の一本でした〜

美術、撮影も素晴らしかった。
エマストーン、スティーブカレル二人とも現状ベスト作品ですね〜
アランカミングにあのセリフを言わせるあたり、熱いです。心が震えました〜
あ

あの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

わりとエマ・ストーン見たさで

7kg筋肉を増やして、ショートヘアを黒く染め、眼鏡をかけたエマ・ストーンはちょっと老けて見えた...

エンディングに本人たちの写真がいくつか出てきて、両者とも再現度高いなと

ビリー・ジーン・キングが全米テニス協会の責任者 ジャック・クレイマーに「ボビー・リッグスは道化に過ぎない 問題はあなた あなたの男性至上主義は本物よ」的なことを話すシーンがあった
大敵のようなボビーだったが、彼もまたそんな社会に踊らされていたというか、ある種の被害者であったのかもしれない
憎めないというか、哀れというか

実話を基にしてる映画って あぁ結局離婚しちゃうんだぁ ってのが多い気がする
髪を黒に染めたエマ・ストーンがテニスする話。

なんでもかんでも平等にするべきという考えは嫌い。得手不得手は人それぞれなんだから差別して考えるべきこともあるはずとは思うけど、女子の賞金が男子の1/8だったてのは酷いな。
そりゃ女だけの協会つくりましょうてなるわ。

女vs男で、女の敵として対決したボビーは極端な差別主義者のマスコットキャラクターみたいなものだったのが面白かった。
ボビーはあくまでもエンターテイナーで、民衆の思いを具現化しただけだったのかもしれない。体型も相まって、少し愛くるしかった。

残念だったのは、1番最後の謎の展開。もちろんノンフィクション作品として、登場人物のその後について触れるのは定石なんだけど、作品に不要な要素は別に触れなくてもよかったでしょ。
いや、もしかして作品に必要な要素だったのか!?
だとしたらおれはもうわからん!
>|