バトル・オブ・ザ・セクシーズの作品情報・感想・評価・動画配信

バトル・オブ・ザ・セクシーズ2017年製作の映画)

Battle of the Sexes

上映日:2018年07月06日

製作国:

上映時間:122分

3.7

あらすじ

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」に投稿された感想・評価

とろろ

とろろの感想・評価

3.9
主演2人がまるで別人、というか"どこにでもいそう"感がすごい。
世界の男尊女卑の歴史について私はまだまだ勉強不足だなと感じるとともに声をあげ続けてくれた人のおかげで少しずつでも改善され認識されているんだと思うと頭が下がります。
COOH

COOHの感想・評価

3.7
こうやって闘ってくれた女性がいたから
今の自分達ができてることってあるんだろうなと考えさせられた。(スポーツに限らずね)

エマストーンって服装と髪型でまったく別人に見えるから途中まで気づかなかった。
チリコ

チリコの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

男女差別のために戦うストーリーと思って見始めたら中盤の不倫シーンに驚き。LGBTは別にいいけど、夫が良い人すぎたゆえに見てるのが辛かった…。
男性至上主義がまるで何事もないかのようにまかり通っていた時代にフラストレーションたまりまくっていたので、終盤にようやくカタルシスを得られて良かった。これが実話って凄い。
プライベートは色々あったけど、男女差別の撤廃を叫んで自ら行動し、実現したビリージーンは本当に偉大。そしてボビーの再現度高すぎ!
試合の賞金の男女格差が不当と訴え、立ち向かった選手ビリージーンキングの映画
エマ・ストーンが雰囲気ほぼ変えてきてて最初少しわからなかった
LGBTの風潮が強い今だからこそやれた題材かなと思う

このレビューはネタバレを含みます

ビリー・ジーンに自身の思いを託し、人々がその一球を追った軌跡。

「私が勝ったら」と言う自分の言葉にどれほどの重圧がかかっていたのか。テニスの勝敗だけでは変わらないことの方が多いだろうが、引き分けのないスポーツの世界で男性至上主義に勝負を挑み、女性の立場を敬う人々の立場を守ろうとした彼女の強さに感動した。言葉で訴えるだけではなく、世界中の人々が見つめる中で結果を出すというのは彼女しかできない。生き様がかっこよすぎるし、そりゃ大統領も認めざるを得ないだろう。世界を変える流れを作った。

(生きてるだけで苦しかったり、生きづらかったり、理解することは出来ても、どれほど頑張っても根本的に共感することは難しい。でも、人のことを軽視するようなことは必ずしない。)
YU

YUの感想・評価

3.8
男女の関係や差別に関する映画。
最近になってLGBTの意見が増えてきたからこそ、上映されたのかなと思った。
こんな露骨な男尊女卑がまかり通っていたこと、そこから35年も経った今だから映画にできたこと。

それらに驚けるのも、彼女たちが切り拓いた歴史があったからこそ。ただただ敬う。
ボビーの再現度凄いね。男vs女のエキシビションマッチに向けた各々のドラマの構成が見事。まだまだ理解が進まない分野であるけども、こういう極端な時代を垣間見ることで原点というか根底にある問題を理解できて良いかもしれません。
Jo

Joの感想・評価

4.5
この映画のテーマは今撮ることに意味があると思います。今より差別がひどかったであろう時代にこのような勇気ある行動をとったビリージーンキングを尊敬します。
techu0310

techu0310の感想・評価

2.9
スティーブ・カレルとエマ・ストーン、ここまで雰囲気変えられるってなんかすごいよな。

映画はたいしておもしろくなかった。というと語弊があるかも知れないが、この争いを「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」として盛り上がった事実が、時代は違うとはいえ、単純、というか引いてしまう。
アメリカは差別というものに敏感だけど、根本に差別がある裏返しだよ。
>|