バトル・オブ・ザ・セクシーズの作品情報・感想・評価・動画配信

バトル・オブ・ザ・セクシーズ2017年製作の映画)

Battle of the Sexes

上映日:2018年07月06日

製作国:

上映時間:122分

3.7

あらすじ

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」に投稿された感想・評価

実話を元にした話

性に対しての社会への見方を
題材にした作品

貫き通すジーンの強さも魅力的だけど
ボビーも憎めないキャラで魅力的


ただ…
心の内をオープンに出来ないのって苦しい
全米女子テニス大会の優勝者であるビリー・ジーン・キングは、女子の優勝賞金が男子の1/8であることや、他にもいくつもの侮蔑的発言を受けることが増えていて辟易としていた。そんなある日、往年の世界王者ボビー・リッグスからテニス対決をしないかという電話が入り...。

エマ・ストーンが伝説のテニスプレイヤー、ビリー・ジーン・キングを好演。さらにボビー・リッグス役にはスティーヴ・カレルという取り合わせ。
1973年に行われた、通称"Battle of the sexes"(性別の戦い)という、女性の権利の平等を求めて性別を超えて行われた対決を描いた傑作。なによりも本作は"実話"というのが心揺さぶられる...!
女性は男性より劣っている、という当時は当たり前だった信じ難い偏見。これに70年代当時に正面からぶつかり、全世界の女性を代弁してラケットを握ったキングの勇気に唸るばかり。さらに、バイセクシャルでもあった彼女は、私たちの想像以上に時代の荒波に飲まれてきた人物。そんな彼女の葛藤を見事に演じ切ったエマ・ストーンの熱演も素晴らしかったです。(ご本人に限りなく似せたメイクもすごい!)

しかし、さらに特筆すべきはリッグスの描き方。前述だけを読んだら、結局彼のことを悪として描いてる作品なのかな?と思ってしまうかもしれませんが、実は彼自身もこの対決を迎えるにあたり葛藤があった...という部分も克明に描いていて素晴らしかったです。自分の過失により、夫婦仲は冷え切った状態。口では男性の方が優位だと言いながら、今までのキャリアは妻の支えなくして成り立っていないことは彼も実は重々承知。そうは言っても、ステレオタイプな男としてのプライドが許さず、自らの再起をかけてキングとの対決に挑む複雑な過程もしっかり見られて興味深かったです。

最後の対決シーンに至るまで、細部にわたって丁寧な演出が光り、ラストは思わず胸が熱くなる展開。名優2人の熱演は必見なのでオススメです!!
ダイキ

ダイキの感想・評価

3.7
男女平等を描く上で、あまり重くなりすぎず軽快に描いていて、とても見やすかった。
実話ということで、最後に向けての展開運び、瞬間は見逃してはいけない。
Otter

Otterの感想・評価

3.3
女子テニスの賞金が男子テニスのほぼ10分の1だったとか、衝撃的。
それを是正するために立ち上がったビリー・ジーンという人がいたということも衝撃。
事実は小説よりも奇なりな事によって歴史は作られていくのだなあ。
tsumumiki

tsumumikiの感想・評価

3.5
これが実話だったとはビックリ。ビリージーン・キングがテニスのみならず人間としてどれだけ多くの闘いをしてきたのか知ったと同時にエマ・ストーンの新たな魅力も再認識した。いろいろな見どころが詰まった映画だった。
Rufice

Ruficeの感想・評価

3.5
男と女の戦い。
正直テニスに興味はないけれど、これは歴史的な試合だったんだな、と感慨深かった。男女差別を扱っているが、Steve Carellのおかげで暗くならず観れる。
R

Rの感想・評価

3.3
TOHOシネマズシャンテにて鑑賞。

この映画を観る直前に観た映画がB級だったので、ものすごく安心して観られる佳作であった。

キング夫人というテニス選手は聞いたことはあったが、この映画で描かれるようなエピソードがあるとは知らなかった。

この作品が描いている頃は「男女の賞金格差」が大きな問題になっていた。
ビリー・ジーン・キング夫人(エマ・ストーン)はこの問題と取り組み、さらに大きな段階を踏み出すことになる。

年間獲得賞金額が10万ドルを突破した最初の女子テニス選手として紹介される。
しかし、大きな大会の決勝でマーガレット・コート夫人に敗れてしまう。

一方で、キング夫人は男女同権運動のリーダーシップを取り、男子選手たちから離脱した「女性によるテニスツアー」を提唱し、「女子テニス協会」になっていく。

そして、美容師の女性と深い仲になるキング夫人。

更に、キング夫人は当時55歳の往年の男子テニス選手=ボビー・リッグスと「男女対抗試合」を行うことになり、クライマックスへ……。

この男女対抗試合が“The Battle Of The Sexes”(性別間の戦い)として有名らしいが、この映画を観るまで知らなかった。

また、)ビリー・ジーン・キング夫人の名前と、マイケル・ジャクソンの曲『ビリー・ジーン』が関係あるのかな?」と思ったが、無関係のようである(笑)

ちょっぴり感動させてくれる映画であり、なかなかの佳作であった。
やはり、映画はこういう正統派が好みである。
こんな露骨な差別があったなんて💦
女性の立場を変えた試合。素晴らしかった✨
ララランドのエマストーンと別人ですごい
当時の映像は見てないけど、再現度すごいんだろうな
実話ベースだからドラマチックな盛り上がりにはちょっと欠ける
二人の関係が速攻で関係者じゅうにばれてるのがちょっとシュール・・
H2

H2の感想・評価

3.9
実話を元にして男女差別を扱ったテニスの伝記映画
スティーブカレルvsエマ・ストーン
2人とも本人そっくり
ラストの試合に釘付け。鳥肌と感動が凄い

スティーブカレルの差別の考えを持った陽気で憎めないキャラが良かった

エマ・ストーンの今までの役の中ではコレが1番好き

70年代の再現と曲がすごくいい

いつもポール・ダノを起用してる監督だから今回も出して欲しかった
>|