ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の…

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年。国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をNYタイムズがスクープ。アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたキャサリン・グラハム、そしてその部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをはじめとするワシントン・ポスト紙の面々は、報道の自由を統制し記事を差し止めようとする政府と戦うため、ライバル紙であるNYタイムズと時に争いながら連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に出そうと決断する―。

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

撮影がただ単に雑な気がした。メリルストリープより松岡茉優の方が演技上手いのでは...?というか老けたせいなのか分からないけど顔に迫力がない。
sumi

sumiの感想・評価

3.7
ベトナム戦争での苦戦をアメリカの上層部は早くから気づいていたが、それを公表せず次々と若者を戦場に駆り出していた。
この事実がリークされ、ワシントンポストの面々が公表するかどうかという話。

そこまで感情移入できるわけでもなかった。ストーリー自体は別に嫌いではない。
sss

sssの感想・評価

3.9
面白かった〜だけどアメリカの歴史とかポスト誌の立ち位置とか分かってるともう少し入り込めたのか…?感はある
面白いには面白かったのだけどそれ以上でも以下でも無いと言うか。個人的に然程胸アツな展開では無かった。最後のアレは示唆してるモノの内容を知って無いと何のこっちゃ?じゃないでしょうか?
ikumatsu

ikumatsuの感想・評価

4.4
豪華キャストと好きな要素が揃っていたため鑑賞。やっぱり好きでした。

大好きなスポットライトよりも派手でスピード感があり、緩急がハッキリしている。

全てが上手すぎて綺麗に収まった感があるので、あまり後は引かず。

活版がリズミカルに流れていくのも、とても気持ち良かった。
報道機関に睨みをきかせる現政権への批判という予備知識はあったものの、このメンツこのクオリティであまりにもスピーディーにこの映画を撮ってしまったスピルバーグ陣営に驚きと称賛の気持ちが湧いた。メリル・ストリープ、温室育ち感がよく出てました。さすが大女優!
yuppi333

yuppi333の感想・評価

5.0
久々に胸があつくなりました。
1つ何かの決断を下すとき、自分、仲間、その家族の将来、いままでの積み重ね、歴史、いろんなしがらみがある。だけれども、仕事への信念を貫き、正しいと信じる道を選択した勇気とエネルギーがものすごく、心に響くものがあった。
そして、やっぱりメリル・ストリープが好き。
カットバック的な演出などで躍動感を出し、大切なメッセージを込めながらもエンタメ作品に仕上げたスピルバーグ監督の力量光る作品。


「スポットライト」は紛れもなく脚本の映画だったが、本作は脚本も良く出来ているのだが、編集とカメラワークで何ともいえない疾走感やカットバックのような映像の同時進行のうまさが光る。スピルバーグ監督のその力量には、71歳という年齢を感じさせない躍動感が画面にあるのである。

細かな映像での演出、伏線、ある種の群像劇的なそれぞれの人物の事情の見せ方もうまい。

ボールをつぶすようにもつところは、ブラッドリーが決断しないグラハムにもつ感情をシャレードで伝える。
また、序盤の結婚式の話が伏線となっているあたりも流石。
gojyappe

gojyappeの感想・評価

3.5
何で漏れるんでしょうね?
神様のなせる業!!
良心に従うのに命かけてくれる人
ありがたいことです!
日本の気象庁は富士山観測所の記録を廃棄してしまったとか…
みんな正義感に溢れててアツい。最後わかりづらかった、、アメリカ人なら常識なのかな