ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書の作品情報・感想・評価 - 313ページ目

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書2017年製作の映画)

The Post

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に投稿された感想・評価

みほ

みほの感想・評価

3.0
親が字幕派なので、字幕で観たが失敗だった。自分は字幕だと文字を追うので手一杯で映像が見れなくなる。しかも内容も難し目で睡魔も…。字幕苦手な方は初見は吹き替えで観て、こだわるなら2回目に字幕がいいと思います。内容は親と話して抜けてた部分が掴めました。

このレビューはネタバレを含みます

国家権力vs民主主義=民意の戦いを描いた作品。
メンツやプライドを守ろうとする者、一貫して民意を守ろうとする者。
物語の途中までどちらが正しいのか分からない。
裁判の日、相手側の「兄が戦争に行ってるの。お願いだから勝って。」
これが民意。この発言が全て。
民主主義の歴史はこうして作られたのかと実感した。素晴らしい。

2018年14本目
やすお

やすおの感想・評価

3.8
本来の報道のあり方を強く感じた。

しかし堅苦しい内容ながら夢中になれたのはさすがは巨匠といったところか、
Newman

Newmanの感想・評価

4.2
面白かったです。でもそれより先に、名優って本当に凄いんだと思わされました。メリル・ストリープとトム・ハンクスの2人とも。圧倒されました。トム・ハンクスのお腹の出具合が少し気になりました。役作りだったのでしょうか?全部内容をきちんと理解しようと一生懸命に観た積もりだったのですが、分からない、納得出来ないところがあったのでパンフレットを買いました。パンフを見ながら、ゆっくりと味わい直すことにします。
r1kyaneko

r1kyanekoの感想・評価

4.0
安定のトム・ハンクスとメリル・ストリープ。新聞の輪転機アクションがカッコイイ。
natsu

natsuの感想・評価

4.0
面白かった

メリル・ストリープとトム・ハンクスがやっぱり良いな〜

この事件をちゃんと知ってるとより面白いと思う
報道の自由とは?新聞社の存在意義とは?という事を深く考えさせられる映画。
スティーブンスピルバーグ×トムハンクスという最高のコンビなだけあって期待は大きかった分、その期待値は越えて来なかった。
もちろんノンフィクションだということもあるが大きな展開もなく、何より登場人物の名前がややこしく、戸惑ってしまう。
もちろんメリルストリープとトムハンクスの二人は安定過ぎる演技でした……
キャサリン役はメリル・ストリープでないと成り立たない。そんな映画。彼女が社主としてニクソン政権との報道戦争に立ち向かうようになる起点を描いているともいえる。

人の決心、決断の時が多く描かれている。弁護士にも弁護士の転換がある。そんな作品です。
「ミスミソウ」の余韻もそこそこに早歩きで、別の映画館へハシゴして観たのが、本作。
コピーを取るだけなのに。電話を掛けるだけなのに。段ボールを開けるだけなのに、紙を並べるだけなのに…どうして、こうもスリリングなのか。
絶妙なカメラワークを実現する行き届いたセットの設計、人物の配置。スピルバーグ組だからこそなせる技、なのだろう。まぁ、テクニック的に巧いのは当然なのだろうけど…。
僕個人としては、こういう“アツい仕事もの”が大好きなので、メリルストリープの決断にグッときてしまった。
明らかにリスクのある行動でもそれが正しいと思えば貫き通す。
ラストの印刷風景を見ている彼女の姿には思わずグッときてしまった。
こういうアツい仕事ができれば良いなぁ、と。
くう

くうの感想・評価

3.7
4月4日

1971年、ベトナム戦争に関するアメリカ国家の重要機密が漏れ、新聞記事として報道される事件が起きた。現代に向けて報道の在り方を問う。

報道は「何に仕えるべきものなのか」がドラマティックに描かれている。

戦地に家族を送り込んできた国民に対して国家から反逆だと言われても真実を伝えるために報道が寄りそう。こういう姿勢でニュースを流してくれている媒体が果たして存在するかしら。マスコミ関連の人たちにこそ見て考えてもらいたい映画。

そして現在、報道よりも早く、思ったままのつぶやきをTwitterに垂れ流しちゃってる大統領に関しても色々と考えさせられる……。

国民を納得させるための真実の報道は自由の元に行われるべきだが世界を混乱させるつぶやきはな……