わさびの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「わさび」に投稿された感想・評価

銀幕短評 (#166)

「わさび」
2017年、日本。 30分。

総合評価 45点。

飛騨高山を舞台にした30分間の短編映画。

どんなものがたりにも起承転結があるのでわたしはどの映画をみていてもついついそれを意識してしまう。
なので「あ いま転に変わった変わった」とおもう。「変わったら どういう転になるかな」とおもう。
転があるていど長くなると「そろそろ結だな結だな」とおもう。ときにはこの映画を何点にしようかしようかとこのときにおもいはじめる。
そういうときは体調がよくない証拠だ。じぶんが純粋に映画を楽しめていないから。

父の最後のことばがよかった。
30分くらいの短編のなかにいろいろ詰まっててとても良かった。

「アンパンマンだって顔を全部食べられてしまったらおしまいでしょ?」

主人公の山野葵が寿司屋を継ぐ決心の朝、飛騨山脈ですかね?真っ白な山脈が朝陽に照らされてるシーンが一瞬入るんだけど、そのシーンからのラストがとても良かった。

「さぁ?愛と勇気だけになるんじゃないんスか?」
ひとりでのバッティングと
監督とのバッティング、その対比。

お母さんの渡したお金が💸
監督との再会に変わり 🤝
監督との会話によって
葵は お父さんとの接し方を変わる。
繋がっていないようで
母から父へ、人を介して
助けがいく構成が面白かったです。

監督役、下条アトムさんの
クサいんだけど
それを感じさせない演技が印象に残り、
芳根京子さんの最後の表情が
とても良かったです。

同監督の作品
此の岸のこと、では
ラストだけが 残念でした。
それが 今作では
余韻のある いい終わり方になっていたので
良かったなと思いました。

ありがとうございました!
kuroD

kuroDの感想・評価

-
わさび、18歳という子供と大人の狭間で揺れる女の子。そして成長の瞬間を撮った映画。

誰かにすがりたくても、結局誰にもすがれない。私はこうなんだよって素直になれない少女のグラグラ崩れていく心情が大好きだった。

子供は心が崩れて成長して大人になったら体がボロボロになっていって、どうしても避けられない現実が厳しいほど美しく描かれていた。
kura

kuraの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

“早く、戻ってきて”

葵(芳根京子)の心からの精一杯の声
色々な事を含んだ言葉

芳根京子さんの演技がとても良かったです
かずと

かずとの感想・評価

4.0
30分ほどの短編だけれど、彼女の芯の強さがキラリと光ってとても素敵です。沁みます。

家族のこと、家のこと、自分のこと、みんないろんなことに縛られてる。選べる道がないかもしれない。それでも頑張らなきゃいけない。辛くてしんどくて涙が込み上げる...。
堪えた涙が零れ落ちる。誰かを想い感情が抑えられなくて流れる涙はなんて綺麗なんだろう。どんな人にもその先に、笑顔があれば良いなぁって思った。
yuta

yutaの感想・評価

3.4
狙いが透けて見えすぎてしまうところがあるように感じた。天邪鬼すぎるでしょうか。此の岸のこと、はドキュメンタリーの様で苦しかった。
たぬき

たぬきの感想・評価

5.0
山葵ちゃんがお父さんにかけた「早く帰ってきてよ」ということばにとても胸が熱くなる。音楽もとても素敵だ。
3つの短編集のひとつめの作品。
どれも人生の苦痛を描きながらも、絵本を観ている様な感覚を覚えた。画が美しいからか、時間が静かに流れているからか…
子どもを捨てた様な形で離婚した母親とその娘の関係とか、ノイローゼになってしまった父親と娘の関係とか、短編に凝縮するには抱えていることが複雑で多過ぎて、辛い映画だった。
朝ドラ女優という印象しかなかったんですが、本作を観て素晴らしい俳優さんだなと思いました。
これ以上にないハマり役という感じで、終始魅力が凄かった。
こういう若手の素晴らしい俳優さんを見ると、いま邦画の主流になりつつある薄っぺらいギャク作品やティーン向けの恋愛モノ、勇気を持って出ないでほしいと切に思う。