わさびの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

わさび2016年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:30分

3.9

あらすじ

心の病を抱えた父を守るため実家の寿司屋「やま乃」を継ごうと決めた女子高生・山野葵と、その決断に戸惑い反対しながらも、彼女の人生を本気で背負おうとしない離婚した母・房子や周囲の大人達。そんな葵の前に現れた、彼女がかつて所属していた少年野球チーム「高山メッツ」の監督・梅田庄吉。粉雪が舞う静かな夜、葵は庄吉に野球の勝負を求める。ある事情で小指のない庄吉の投げるボールの軌道を、葵は子供の頃から「魔法」だ…

心の病を抱えた父を守るため実家の寿司屋「やま乃」を継ごうと決めた女子高生・山野葵と、その決断に戸惑い反対しながらも、彼女の人生を本気で背負おうとしない離婚した母・房子や周囲の大人達。そんな葵の前に現れた、彼女がかつて所属していた少年野球チーム「高山メッツ」の監督・梅田庄吉。粉雪が舞う静かな夜、葵は庄吉に野球の勝負を求める。ある事情で小指のない庄吉の投げるボールの軌道を、葵は子供の頃から「魔法」だと信じていた。この逆境の日々の中で、せめて魔法のような力を信じたい・・・老いた庄吉との真剣勝負は、葵に人生の苦みと哀しみ、そして新しい希望を与えるのであった。

「わさび」に投稿された感想・評価

たに

たにの感想・評価

4.0
「わさび」「春なれや」「此の岸のこと」の三作からなる上映作品

友達に連れられて行ったら急遽監督の五分ほどトークショーがあり、より作品にのめり込むことが出来た

30分と思えないほど父親と娘の絆について描かれた物語

音楽もいい

芳根京子さんが出演してる作品は初めてみたけど彼女の演技が光っていた

映画館で見れてよかった、友達に感謝
vanilla

vanillaの感想・評価

3.6
芳根京子さんなんてアップに耐える役者さんなんだろう…。ずっと見ていたい瞳。
評価がこうなってしまうのはこの作品のせいではなく、これの前に見た『此の岸のこと』のインパクトが強すぎたため
ゆっけ

ゆっけの感想・評価

4.5
『映画監督外山文治短編集』8/26より渋谷ユーロスペースで上映。

『わさび』『春なれや』『此の岸のこと』
短編3作品が上映されます。

こちら、自分昨年より追っかけて取材等させてもらってますが、ぜひ映画好きに観て欲しい作品です。(その理由を少し以下にまとめます)

①キャストが超豪華!

『わさび』朝ドラヒロインとして国民的女優になる前の芳根京子が主演。

『春なれや』は、日本を代表する名女優、吉行和子と、若手で今映画界引っ張りだこの俳優・村上虹郎。『恋人たち』で「日本アカデミー賞」新人俳優賞を受賞した篠原篤も共演。

監督の先見性の良さがキャスティングからわかります。みなさん、多くを語らない、自然な演技で見ていて本当に心地いい。芳根京子、村上虹郎ファンならまず必見です。村上虹郎くんの自転車二人乗りが見られますよ。”マジっす”(あと、吉行さんの可愛くて萌えますw)

②音楽が素晴らしい

監督は、映画を作った後に曲を載せるのではなく、まだ撮影していない段階のロケハン段階から撮影場所の写真や、役者のリハーサルに音楽家にも参加させて、曲を作っていく方法を取っています。

だからこそ、作曲家が映像よりもいい音楽を作ろうと妥協しない、思いもしない良いものが出来上がる。多様な価値観やその人の技術や才能を認め合うからこそ、出来上がる奇跡のような映画だと思います。面白いです。

そのあたりについては、以下取材記事へ。
→何気なく耳にしている映画音楽、どう作られている?「音楽家との出会いはヒロイン選びと同じくらい大切」
https://filmaga.filmarks.com/articles/1414/

③主題歌がなんと!アーティストCoccoが提供

『春なれや』の主題歌「Time」という曲です。
Coccoの力強さと優しさが映画と非常にマッチしています。

④とにかく、綺麗な映像と心の琴線に触れる繊細なストーリー

良い意味で日本映画らしさがある、とても繊細な映画です。「わさび」「さくら」どちらも日本的なものですが、少しツーンとする悲しさ(苦味)や、すぐに散ってしまう儚さを効果的に、わざとらしくなく描いています。

海外でも高く評価されたそうですが、日本人が観たら、日本の良さや日本人の良さが感じられる、心が温かくなる優しい映画だと思うかと思います。

⑤実は3番目の『此の岸のこと』が一番心に残る、、、

あまり、言いません。ちょっと前の2作品と比べてみると衝撃を受けるかもしれません。テイストが違うというか、台詞が全くないので。不思議な気持ちがする映画ですが、なぜだかひきつけられる、後をひくような映画です。

⑥なんとこれが、自主制作。外山監督の人望と力量

製作、配給、宣伝も全て監督ひとり(脚本も)
そして、

映画は、どうしても昔からの配給会社や興行会社が経営する映画館が強いかもしれませんが、
これからの映画って、もっと業界以外の人も応援できる仕組みが必要なんじゃないかと思います。

映画が好きで、映画愛を持っている人が、もっと良い作品を作るクリエイターの人を応援して、さらに映画を愛する人を増やす循環。

どんなに小さなことでも自分が好きな映画の製作に携わったり、周りの人にその良さを知って欲しくて宣伝したりして、その映画と「つながり」ができるとなんだか嬉しい気持ちになります。

業界に「一矢報いる」ことをした監督に拍手。

→「今まで光が当たらなかった人にも希望を」『春なれや』外山文治監督インタビュー
https://filmaga.filmarks.com/articles/816
試写に呼ばれて観ましたが、、、これは凄い。
30分の短編映画なのに涙なしでは語れない父と娘の絆の物語でした。
なによりテレビで大活躍する芳根京子の演技力がどの作品よりも発揮されていると思いました。心の病を抱えたお父さんを守るために寿司屋を継ぐことを決めた少女の、本音を押し殺して家族を守っていく姿が、私たちの町のどこかにもきっと存在するようで、夢物語ではない現実の厳しさと優しさが映画全編に溢れています。

もしかすると、昔の日本には沢山あった光景だし、きっと今の日本にも沢山あるはずの光景。なのにこんなにも心を苦しくさせてしまうのが、この映画の凄みだと思いました。
わさび
8/26公開「映画監督外山文治短編作品集」の一作ですが、一足早くレビュー。

岐阜県 飛騨高山
寿司屋を営む家庭で育った女子高生 葵(芳根京子)は、鬱で苦しむ父(杉本凌士)を支えながら 進路の決断を迫られていた。
離婚し離れて暮らす母(富田靖子)や教師の言葉は葵に届かず、進学せずに寿司屋を継ぐ決心をさせてしまう。
真に彼女に寄り添う大人が不在の中、葵はかつて所属していた野球チームの監督 梅田(下條アトム)と再会するのであった。
大人になることを余儀無くされた少女の葛藤を通し、切っても切れない家族の繋がりを描いた作品だ。

家族
それは大切で 掛け替えがなくて 絶対的なモノに感じられる
が、時にそれが枷となることだってあると思う

家族だから支え合う
家族だから助け合う
家族だから見返りを求めない

裏を返せば
家族だから突き放せない
家族だから見捨てられない
家族だから見返りを求めてはいけない
葵の場合、全てが後者であった。

優しいヤツが お人好しなヤツが損をしがちな世の中
何事においても因果応報ならいいけれど、その通りだとは思えない現実が多過ぎる
弱きを助け 悪しきを挫く
愛と勇気の塊 アンパンマンのようにはいられない
彼と同じ行動ができたとしても、そこに心は伴わない
数多の自己犠牲を払う葵の笑顔には、常に不安が付き纏っていた。

スクリーンに映る少女は間違いなく女子高生で子どものはずなのに、大人に見える
それも、諦めることを知り 叶わぬことが多いことを知り 抗えない現実を前に沈黙せざるを得ない者の表情をしていた
葵演じる芳根京子ちゃんは間違いなくカワイイはずなのに、カワイイだとかの視点で葵を見つめられない
自分が彼女と同じ年齢であった時、あんな表情をしたことがあっただろうか
あんな葛藤を強いられたことはあっただろうか
他人と自分の家庭問題を比べるものではないが、負い目にも近い感情が湧いてきて 彼女を直視するのがツラかった。

高校卒業と同時にあらゆる可能性を手にする者が多い中、彼女の可能性は限りなく狭まっていく
それを自覚し 受け入れようと 諦めようと 前を向こうと、彼女は懸命に足掻いていた

偶然に梅田との邂逅を果たし、葵はあらゆる想いと決別を果たす
縋れるモノを全て断ち切ったのだと思う
だからこそ、踏み出すしかもう道は残されていなかった
ドン底まで堕ちることができたのなら、後は這い上がるしかない

彼女と置かれている状況が違くとも、目の前の現実にもがき苦しんでいる者にならきっと届くはず
彼女が迎えるラスト
父と交わす言葉のキャッチボールに涙する。

タイトルでもある わさび
人によっては必要だし、人によっては必要ない
その在り方は家族の関係性に少し似てはいないだろうか
子どもの頃は家族がいるのが当たり前であった
家族のありがたみを何も分かっていなかった
反発することもあれば、不必要だと思ってしまうことさえあった
時が経ち親元を離れ 大人になるにつれ、家族のありがたみを自覚する
一度自覚したが最後、無くてはならないモノへと変貌する

一見 今作の在り方とは無縁に感じられるが、冒頭で排水溝へと落っこちたわさびは 無くてはならないモノへと変貌していた
わさび無くしてあのラストは迎えられない。

たった30分の上映時間
ありとあらゆる想い 葛藤が凝縮されていた
短編映画 おそるべし

ぜひ劇場でご覧ください。

青春★★★
恋 ★
エロ★
サスペンス★★★
ファンタジー★★★
総合評価:B