ダンシング・ベートーヴェンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ダンシング・ベートーヴェン2016年製作の映画)

BEETHOVEN PAR BEJART/Dancing Beethoven

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:83分

3.5

あらすじ

「ダンシング・ベートーヴェン」に投稿された感想・評価

自分の音楽知識がぺらぺらなのがわかった。
生で公演を観れば違ってくるだろうが、バレエが第九を表現している実感が薄かった。

最後のメッセージが少し長い。
申し訳ないが彼女の言葉は最小限のほうがよかった。
舞台の内容でしっかり感じとりたい。
はるな

はるなの感想・評価

3.5
年内最後の仕事を終え、今年の締めくくりはやっぱり「第九」と、友人達と久しぶりに映画館へ行ったのは2017年の年末。
ベートーベン第九&バレエ&ドキュメント作品、しかも舞台のラストは日本東京。
「これは年末に観なければ」と、勇んで行った甲斐がありました^ ^

ダンサーとしての成功を目指すも、公演を前に妊娠が判り、苦悩するソリスト カテリーナ。

作品を作り上げて行く過程で、様々な人種のダンサーと、監督や振付師との悲喜交々

「あの第九をバレエでどうやって表現するんだろう?」という興味。

様々な要素が詰まった作品でしたが、ラストの東京公演は圧巻!
まるで私自身も作品に携わったかの様な感動を覚えました。
FUJI

FUJIの感想・評価

3.5
モーリス・ベジャール氏はその世界ではかなり有名な方で、これまた有名な第九に振付をしたこのバレエは大変ブームを巻き起こしたものだったんですね。総勢350人にも及ぶダンサー、オケ、ソロ、合唱団を集めた今作に日本人が参加できたことは素晴らしいことだと思います。そして、普通だったらバラバラのものを、一挙に観られるとはなんて贅沢な。映画でなく生で拝見したい。

実際の公演映像を見せてもらったのですが、私にはバレエの知識が無く、よくわからないけど凄い!という感じでした。でもこの映画でダンスの一つ一つにちゃんと意味があり何を表現しているのかを知ったので、その上でもう一度観てみたいなと思いました。
耳慣れた音楽がダンスという形で表現されるのは中々面白いですね。
ちなみに、映画はドキュメンタリーで本番は一部分しか流れないので、ウズウズするかもです。

練習風景とか面白かったです。舞台裏はこうなってるんですね。色んなドラマがあって創り上げられたんだなと思いました。様々な国の人達が手を取り合って「人類皆兄弟」を感じられる作品です。

ダンサー達の肉体は本当にお美しいです。無駄なものが無い!あと、モーリス・ベジャール・バレエ団、美男美女ばっかり!
Urikko

Urikkoの感想・評価

4.2
個より群のエネルギーの力強さをまざまざと感じました。
1つのものを作り上げていく一人一人の情熱たるや!
ダンサーの手の先にまで充満する気の流れというか緊張感というか表現力というか、見事に映像に捉えていて、もしかしたら本番の舞台よりも映画の方が伝わるかもしれない。
これだけの努力と情熱を持った舞台を生で見た人はさぞやラッキーだと思う。舞台見る前にこの映画見たら感動倍増だろうなぁ。
表現や作り上げていく人の「思い」の力が凄く高くて刺激になりました。
よう

ようの感想・評価

-
バレエにはさほど興味ないと思っていたのに、予告の時からずっと気になっていた映画。やっと鑑賞。

鑑賞中、人間ってすごいなーなんてことを延々考える。

実際の舞台を観てみたい。
acco

accoの感想・評価

3.2
耳だけでなく、目でも第九を堪能できるとは。
オーケストラ、合唱、バレエそれぞれの練習風景ですら目を奪われるのに。
本物を見てみたいーー‼︎‼︎と思う。

ちょっと気になったのは、人類皆兄弟だから〜としきりに言ってるけど、それが逆に有色人種を見下してるように思えた。何故エキストラは皆黒人なの?何故黒人バレエダンサーは出演しないの?
三浦氏に、「字幕入れるから日本語で答えて」って、どういう意図なんだろうか。
ひねくれすぎかな(笑)

それでも、楽器、声、肉体、旋律が見事に融合した瞬間は涙が出そうになる。
LOVE肉球

LOVE肉球の感想・評価

4.2
いやあ、圧倒されました。
筋肉の美しさ、洗練された踊り、殆ど合唱パートしか知らない第九の美しさ。
何もかもが素敵でした。
ドキュメンタリーではなく、舞台そのものがもっと観たかった!というのは欲張りすぎますね。この舞台生で観たかったです!
tarupon

taruponの感想・評価

3.7
2014年、モーリス・ベジャールバレエ団と東京バレエ団の共同開催のベートーヴェン第9の公演のドキュメンタリー。ソリストや芸術監督、指揮者のインタビュー、練習の風景とその本番の場面から構成されています。あらためて、ダンサーの肉体の凄さを実感。印象的だったのは、これは第9をバレエで表現するとこうなる(ざっくりの意訳と失礼します)というものだということ。基本的には、バレエは、物語があってそれを表現する音楽がありダンスがあるという認識でいたけれど、これは違うんだなと感じた。これを見て、この第9の舞台そのものをみたいな、第9だけでなくモーリス・ベジャール振り付けのものをもっと見てみたいと思った。
みさと

みさとの感想・評価

3.9
梅芸での観劇後時間があったので鑑賞。
モーリス・ベジャールバレエ団と東京バレエ団が協力して上演されたベートーヴェン第九のドキュメンタリー。
とにかく第一線のダンサーの身体能力に終始ほええとなりながら、この旋律にこの振り付けかーとなるばかり。
ボレロと比べるとなんだか微笑ましい感じの振りが多かった気がする。
ちゃんと通しで見てみたいなぁ
踊るシーンは意外と少ない。でもベジャールバレエ団の日常が伺えるのは良い。
それにもう退団してしまったオスカー・シャコンのダンスシーンがあるのも嬉しい。
まさに映画で撮影されている東京での第九公演を観ているけれど、この映画を観て気になった人にはぜひ生で観て欲しい。映画ではどうしても迫力が削がれてしまうから。でもなかなか公演してくれない作品なので、次回はいつ観られるのやら。