ダンシング・ベートーヴェンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ダンシング・ベートーヴェン2016年製作の映画)

BEETHOVEN PAR BEJART/Dancing Beethoven

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:83分

3.5

あらすじ

「ダンシング・ベートーヴェン」に投稿された感想・評価

Urikko

Urikkoの感想・評価

4.2
個より群のエネルギーの力強さをまざまざと感じました。
1つのものを作り上げていく一人一人の情熱たるや!
ダンサーの手の先にまで充満する気の流れというか緊張感というか表現力というか、見事に映像に捉えていて、もしかしたら本番の舞台よりも映画の方が伝わるかもしれない。
これだけの努力と情熱を持った舞台を生で見た人はさぞやラッキーだと思う。舞台見る前にこの映画見たら感動倍増だろうなぁ。
表現や作り上げていく人の「思い」の力が凄く高くて刺激になりました。
よう

ようの感想・評価

-
バレエにはさほど興味ないと思っていたのに、予告の時からずっと気になっていた映画。やっと鑑賞。

鑑賞中、人間ってすごいなーなんてことを延々考える。

実際の舞台を観てみたい。
acco

accoの感想・評価

3.2
耳だけでなく、目でも第九を堪能できるとは。
オーケストラ、合唱、バレエそれぞれの練習風景ですら目を奪われるのに。
本物を見てみたいーー‼︎‼︎と思う。

ちょっと気になったのは、人類皆兄弟だから〜としきりに言ってるけど、それが逆に有色人種を見下してるように思えた。何故エキストラは皆黒人なの?何故黒人バレエダンサーは出演しないの?
三浦氏に、「字幕入れるから日本語で答えて」って、どういう意図なんだろうか。
ひねくれすぎかな(笑)

それでも、楽器、声、肉体、旋律が見事に融合した瞬間は涙が出そうになる。
LOVE肉球

LOVE肉球の感想・評価

4.2
いやあ、圧倒されました。
筋肉の美しさ、洗練された踊り、殆ど合唱パートしか知らない第九の美しさ。
何もかもが素敵でした。
ドキュメンタリーではなく、舞台そのものがもっと観たかった!というのは欲張りすぎますね。この舞台生で観たかったです!
tarupon

taruponの感想・評価

3.7
2014年、モーリス・ベジャールバレエ団と東京バレエ団の共同開催のベートーヴェン第9の公演のドキュメンタリー。ソリストや芸術監督、指揮者のインタビュー、練習の風景とその本番の場面から構成されています。あらためて、ダンサーの肉体の凄さを実感。印象的だったのは、これは第9をバレエで表現するとこうなる(ざっくりの意訳と失礼します)というものだということ。基本的には、バレエは、物語があってそれを表現する音楽がありダンスがあるという認識でいたけれど、これは違うんだなと感じた。これを見て、この第9の舞台そのものをみたいな、第9だけでなくモーリス・ベジャール振り付けのものをもっと見てみたいと思った。
みさと

みさとの感想・評価

3.9
梅芸での観劇後時間があったので鑑賞。
モーリス・ベジャールバレエ団と東京バレエ団が協力して上演されたベートーヴェン第九のドキュメンタリー。
とにかく第一線のダンサーの身体能力に終始ほええとなりながら、この旋律にこの振り付けかーとなるばかり。
ボレロと比べるとなんだか微笑ましい感じの振りが多かった気がする。
ちゃんと通しで見てみたいなぁ
踊るシーンは意外と少ない。でもベジャールバレエ団の日常が伺えるのは良い。
それにもう退団してしまったオスカー・シャコンのダンスシーンがあるのも嬉しい。
まさに映画で撮影されている東京での第九公演を観ているけれど、この映画を観て気になった人にはぜひ生で観て欲しい。映画ではどうしても迫力が削がれてしまうから。でもなかなか公演してくれない作品なので、次回はいつ観られるのやら。
りん子

りん子の感想・評価

2.0
まとまりがない
本場のバレエダンサーと日本人ダンサーを交互に映すのは、、
ベジャールの作品自体は素晴らしい
Kana

Kanaの感想・評価

-
モーリス・ベジャール振付、ベートーヴェンの「第九交響曲」。ベジャール亡き後、再演は不可とされていたこの作品が、ローザンヌの「モーリス・ベジャール・バレエ団」と「東京バレエ団」、そしてイスラエルフィル、指揮者ズービン・メーターとのコラボレーションで一大スペクタクルとして蘇る。公演本番までのドキュメンタリー。

天才振付家モーリス・ベジャールの作品を初めて知ったのは、学生の頃に観た映画『愛と哀しみのボレロ』で。

映画のラストシーン、エッフェル塔の下で繰りひろげられるジョルジュ・ドンが踊るベジャール振付のラヴェル『ボレロ』に釘付けになった。この壮大な絵巻物のようなストーリーを、身体一つでここまで表現できることに衝撃を受けた。

そしてベジャールは、ベートーヴェン作曲『第九交響曲』、詩人シーラの「歓喜に寄せて」に描かれている「人類、皆兄弟」を体現するような人類の遺産ともいえる曲に振付けをした。

肌の色、国籍、言葉、個性がそれぞれ違う者同士が舞台上で手を繋ぎ、人生を象徴するような円になって前進する。それは人類愛を超えた人生讃歌だ。

抱き合おう、諸人(もろびと)よ!
この口づけを全世界に!
兄弟よ、この星空の上に
聖なる父が住みたもうはず

ベジャール・バレエ団の芸術監督であるジル・ロマンは、劇中のインタビューでこう語る。「人間なんて所詮ちっぽけな存在。ただ己と戦うだけなのです」

ベートーヴェンはこの曲を作った時、既に耳が聴こえなかった。どんな思いでこの曲を書いたのだろう。そしてこのバレエ作品を観たらどんな風に感じるだろう。

映画をナビゲートするジル・ロマンの娘が言う。「たとえ世界を救えなくとも、美は人類に必要」と。美を追求して止まないダンサーたちは、様々なアクシデントやハプニングに苦しみながらも、この世界を体現するために己と戦い続ける。

確かに人間とはちっぽけな存在だけれど、このような作品を産み出すのもまた人間で、やはり人間は偉大なのだと思う。

先に述べた映画『愛と哀しみのボレロ」の冒頭で引用されるアメリカの作家ウィラ・ギャザーの言葉が印象的だ。

「人生には2つか3つの物語しかない
しかしそれは何度も繰り返される
その度ごとに初めてのような残酷さで」

人生とは、永遠に旋回する円の中で、繰り返し繰り返し踊り続けるようなものかもしれない。この円の中で、争いや諍いは避けずにはいられないのだろうか。

もしそうだとしたら、ベートーヴェンがこの曲を通して訴えかけた「誰か一人でも心を通わせる友がいるならば喜ぼう。神の下、喜びを共にしよう」というメッセージを大切にして生きていきたい。
ベジャールにも第九にも詳しくないが、ただバレエというだけで見る。
この世界に努力する喜び、完成する喜び、思い出せないけど、様々な喜びが溢れていることを再確認させてくれる素晴らしい映画だった。芸術は何も直接的には産み出さないが、感動と喜びを与えてくれるすごい力があることに目頭が熱くなる。そのために終わりのない努力が存在していることも、明日への力になった。ありがとう。
コーディネーターのコメデイエンヌがバレエ団の重要な構成員の子供というのも、生活のなかのバレエ、芸術を考えさせられてたいへん面白かった。音楽と構成が素晴らしく調和していて、ぜひ第九を聞きたいし、ベジャールを見たいと思った。